hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人生の待ち時間

回答数回答 1
有り難し有り難し 7

どの扉を叩いても、押しても引いても、うんともすんとも言わない時。
何もやっても集中出来ない時、上手くいかないと感じる時。
達成感のかけらもなく、生き甲斐もなく、夢も希望もありません、な時。
または、そんな人生。

そういう場合、焦らず倦まず「待つ」ことが大切だと様々な場所で見聞きしました。世間のいろんな人がそれについて語っていますが、他のご意見も聞いてみたくて質問しました。

宜しくお願いいたします。

2018年5月10日 22:42

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お釈迦様は、死を待つ時間も瞑想で遊んでいた

人生には、色んな場面で、「待ち時間」があります。
大小、長短、さまざまな「○○待ち」があります。
待ち時間を楽しむことができれば、きっと、人生の楽しみが何倍にもなります。
「待ち」は辛い時間ではなく、遊ぶ時間です。

やるだけのことをやったのだったら、あとは遊びながら待てばよいのです。
私達人間は、最高のゲーム機を持ち歩いています。
それは、私達自身の肉体と心です。
肉体と心をゲーム機として遊ぶことができれば、どんな辛い待ち時間でも有意義に使えます。
その方法は、仏教の瞑想や修行です。
仏教の瞑想や修行は、道具なしにいつでもどこでも誰でもすぐに遊べるゲームなのです。
お釈迦様は、ご自身が亡くなる瞬間まで瞑想をされていました。
しかも、お釈迦様は、
平安に亡くなる(ニルヴァーナに入る、入滅する)ために必要なレベルの瞑想をすればよいところを、
わざわざ、もっとハイレベルの神様レベルの精神統一状態に一回入ってから、また平安に亡くなるためのレベルに戻ってきて亡くなったのです。
つまり、お釈迦様は、ご自身の死を待つ時間にさえ瞑想の境地で遊んでいたのです。

2018年5月11日 0:48
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

ありがとうございました。

「人生の生きがい・楽しみが欲しい」問答一覧

これからどうすれば…

生き甲斐といいますか、人生の目標が見つかりません。 その歳にもなって何を言っているの?と言われてしまいそうですが、本当に、毎日ただただ生かされているだけなのです。 少し前まで、早く結婚して子供が欲しいとばかり思っていました。 同級生の紹介も、婚活も上手く行かない。 それが何年も続きましたし、鬱々とした気持ちで20代を過ごしてしまいました。 その間周りの人たちは、結婚したり子供ができたり…順調に幸せを掴んでいる人ばかり。 なんで私は上手くいかないの?と悩んだり、周りを羨んだりしてしまい、毎日のように自己嫌悪に陥り、情緒不安定が続きますし…もう滅茶苦茶でした。 友人とも連絡を取らなくなり(元々友人と呼べる人もいなかったかも…)、一人で過ごす時間が多いと、どうしても暗い気持ちになりがちです。 周りと自分とを比べて落ち込み、悩み、泣いて、少し立ち直って、また落ち込む。そんな負の連鎖に囚われて抜け出せなくなってしまいました。 私に結婚はそもそも向いていないのでは? 誰かと暮らすことなんて、私にできるの? そもそも人を好きになれない! 最近になってようやくその事に気が付きました。それでもまだ、不思議と結婚したいという気持ちは残っています(諦めかけているだけで、完全に諦めきれてはいないようです)。 長くなりましたが…要は、何かこれからの自分のためになることがしたいのです。 悩んでばかりで、貴重な時間を無駄にしてきました。この先ひとりで生きることになっても大丈夫なように、何か身に付けたい。 大学で習ったこと、興味のあること、色んな本をあたってみましたが…何がいいのが、分からなくなるばかりです。 これだという、たった一つのものをどうすれば見つけられるでしょうか? 魅力のない自分を、少しでも変えていきたいのです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る