お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

後悔

後悔は、どうしたらなくなるのですか…?

後悔・自己嫌悪
有り難し 111
回答 2

質問投稿日: 2018年6月18日 2:58

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

淨流寺

転落院

転悪成徳

あれはあれでよかった。
あれはあれで必要だった。
あれをバネにここまで来た。
あのおかげで今日の私がある。
あの時は苦しかったけど、今は心から感謝している。

そういえるように生きればいい。

1年1ヶ月前
回答僧

けんじゅ

後悔しても良い

HANA様こんにちは。拝見させていただきました。

「後悔」ということで、人間生きていれば後悔しちゃう事って確かにありますよね。「あの時ああしていれば」とか「あの時の選択を間違っていなければ」とか。

私自身も後悔を持ちながら生きていた時期があるのですが、その時よくよく自分の「考え」を見つめてみたら「偏り」や「傾向」があることに気づいたのです。後悔している自分、あるいは後悔している人は「選択しなかった未来」が「かならず今よりも上手くいっている」と無条件に信じているのです。よくよく考えてみれば「あの時ああしていても」結果は変わらなかったかもしれないし、逆にもっとひどくなっている可能性も十分あるのです。でもそこは「考えない」「見ようとしない」のです。それはなぜか?原因があります。

原因は、満足していない「今現在」の責任を過去に求めているからです。過去の自分や他人、環境に責任をとらせようとしているからです。私は役目柄様々な人に会いますが、今を満足して生きている人は過去の後悔に悩みません。今に満足できない人は過去の後悔に悩みます。

ただ、間違えないでいただきたいのは、後悔する自分を責めないことです。後悔しちゃう自分が出てきても否定せずに「後悔しちゃうよね~あるよね~」と自分で自分の状態を認める事です。まずこれが第一段階です。次に、できたら「こういう言葉をかけてもらったら嬉しいな」と思う言葉を自分で自分に言う練習をすることです。心のリハビリです。

次、HANAさんは時間は「過去→現在→未来」と流れていて、過去が今の自分を作っていると思っているでしょうか?実は違います。時間は「未来→現在→過去」と流れています。ですから「こんな気持ちで過ごしている自分だったら嬉しいな」という自分を想像して、その未来の自分に「未来の私、今の私を導いてよね」とお願いしましょう。未来の自分への「過程」を生きていきましょう。未来が自分を作るのです。未来への過程としての今を生きること。しばらく実践してみていただけたらと思います。応援しております。

1年1ヶ月前

「後悔から抜け出したい」問答一覧

「後悔から抜け出したい」問答一覧をすべて見る
関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ