豪雨被害にあわれた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

平成30年7月豪雨緊急災害支援募金 [Yahoo!基金へ]

私は間違っているのでしょうか?どう考えれば楽になりますか?

私は大学生で、勉強がかなり大変な学部にいます。現在試験前です。私大学では、過去問を教授の方からもらえますが、答え等はもらえず自分で考えて解いてわからないところがあれば、教授の部屋まで訪ねて聞くというシステムです。
私は周りに勉強をすごいしてるというイメージで認識されています。
なので、その過去問を考えるのが面倒くさいから私にその過去問の答えを見せてと頼まれます。
私はその過去問をやるために何度も考え、何度も教授の部屋に訪ねてやっとできた答えです。
私にとってみれば、大袈裟かもしれませんが頑張って育ててきたものです。
それを、楽をしたいから見せてと言われてるようでとても憤りを感じてしまっています。
私だって誰かに見せて貰って楽ができれば良いとよく思います。でも、人に頼らず自分で頑張ろうと思ってやってきました。
この友人には全部ではありませんが、答えは見せてあげています。ですが、先日、あなたは人を蹴落として上に行くタイプだよねと言われました。
全て見せないことがそんなに悪いことなのでしょうか?私は間違っているのでしょうか?
自分で考えることだってためになるのに、私はそんなに悪いことをしているのでしょうか?

他人・友人関係
有り難し 27
回答 3

質問投稿日: 2018年7月9日 21:42

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

友人気にせずに、自らの思う道を歩みましょう…

 考え方は二つあります。
 全く深く考えずに寛容?に、回答を見せてあげることです。減るものではないので、あなたが損をすることは無いでしょう。問題点は全く同じ回答を教授が見たときにどちらが回答を写したのかと疑問を抱くことでしょうが、あなたは真面目に勉強をしていることをご存じなワケで、心配の必要はありません。
 ただ当然、答えを見せてと言って来た友人にはペナルティーが科されることでしょう。教授の目をすり抜けて合格点をもらうことは出来るかも知れませんが、今後の人生もそうやって生きていけると思ったら大間違いで、これからずいぶんと痛い思いをすることでしょう。ただ、現在その友人がそこまで将来を真剣に考えていることは無さそうです。
 あなたが友人を憎むのなら、「平気」で「どんどん」写させてあげて下さい。ただ、もちろん一切の見返り(何かおごってもらうなど)は求めても、受け取ってもいけません…このことだけは守って下さい。
 もう一つには、友人に以上の様な正論を話して、納得してもらい、自分で問題に挑戦するように説得することです。これは本来当たり前なのですが、今の友人にはこのことを理解してもらうのは難しいかも知れません。
 結論申せば、あなたとその友人の関わりは現在の数年間だけのことになると思われます。それなら、あまり深く考えないで、なあなあ・適当に対応していくのが一番かも知れません。
 絶対写させる、写させないでも無く、時に文句を言われながらも今の関係を続けていく…どうせ長くはない関係、どうでもいい友人ならそれでも良いのではないでしょうか…。
 問題は、このことであなたが悩んでいることであり、それは大切な人生の時間を「不毛・無駄」なことに遣っていることになってしまいます。
 その友人…要りますか? まずは御自身学びを深め、教養を身に付け、素敵な人になることが重要だと思います。そうすれば、人はあなたに(あなたの過去問解答ではなく)興味を持って近寄ってくる来るようになりますよ。
 まずはあなたの思う道をしっかりと歩んで下さい…仏様が支えて下さっています。

7日前
回答僧

大慈

良い悪いではなく、多様性

私の学生時代はケースバイケースでしたね。

まず、ロクに頼むこともせずに目で「宿題見せて〜」って訴えかけてきた女子5人くらいのグループは、その視線1発で4年間関わるまいと決めました。厚かましいにも程がある。せめて口をきけ。挨拶も交わさない仲でした。

それから他人の課題は見たがるくせに、自分は何の貢献もしない寄生タイプの連中とは距離を置きました。挨拶はする程度の関係です。

同じくらいの学力で、持ちつ持たれつの関係にあった某君とは協力関係にありました。欠席した講義のノートの交換はもちろん、課題での協力もしました。一緒に遊ぶわけでもありませんが、お互いに一種の同盟関係のような意識を持っていたでしょう。彼から私の成果が寄生タイプに流れるのは気にしませんでした。同盟関係を維持するために必要なコストです。人は時に貿易摩擦みたいな大人の事情で譲歩せにゃならんのです。でも、こっちまで巻き添え食らいそうな要件は断りました。

親友やゼミの仲間には無条件で協力しました。彼ら彼女らは狡い要求をする連中ではありませんでしたし。逆にね、浅い関係…言葉を選ばなければ、どうでもいい関係だから狡い要求を出来ちゃうということもあるのですが。

別に正しい間違いの問題じゃないと思いますよ。世の中には色んな人間がいて、色んな考え方があって、色んな生き方がある。それを学ぶ場が大学です。

あなたを悪く言う人間は、あなたが悪いからそう言っているのではなく、それがその人の生き方だから悪く言っているだけです。そんな人とは今後も幾度となく出会うでしょう。それを気にして生きるのも1つの生き方、気にしないのも1つの生き方。課題を見せるのも見せないのも1つの生き方。友達にしても広く浅く付き合うのも、狭く深く付き合うのも1つの生き方。

ただ、行いには必ず結果がある。あなたはどんなビジョンを狙い、どう行動するか?色々やってみればいいと思いますよ。その手の試行錯誤は若いうちにやっておいた方がいいです。それも1つの人生経験であり、きっと将来のあなたの生き方に集束していきます。

6日前

因果応報

拝読させて頂きました。
因果応報、あなたが頑張って答えを見つけて回答したことはあなたに必ず帰ってきます。そしてあなたはこれからも社会に出たときも頑張って答えを見つけ出すことができるようになるのです。
対して友達はどうでしょう。最終的に自分でできるかどうかが必ず問題になってきますからね。
些細なことは気にすることはありません。
あなたはあなたの正しい道を生きれば良いかと思います。

あなたがこれからも決して諦めないで自ら努力なさっていかれて挑戦して自分なりの答えを見つけ出していかれ心から豊かに充実した毎日を歩んでいかれますようにと心よりお祈り申し上げます。

これからも適度に頑張ってくださいね。あなたを必ず誰かが見ていますからね。

6日前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ