お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

うつ病の家族を支えること

たびたび失礼致します。

現在、夫が過労から来るうつ病で会社を休んでいます。
私自身、先月まで産後うつで通院していました。

毎日、夫の衣食住をととのえ、責めるような言葉を言わないようにしてきました。
それでも、鬱の原因から離れて休める夫を羨んでしまうこともありますし、金銭的にも支援を受けていても不安になってしまい、そんな風に考え込む自分が嫌でたまりません。

自分が鬱で、夫に負担をかけたばかりに、うつ病にしてしまった。夫が仕事で思い詰めていることに気付けなかった。
私のせいでもあるのに、うつの毎日がどんなに辛いか体験しているのに、夫に不満を感じるなんて、自分勝手が過ぎます。

今できることは、夫に不安を与えないように、穏やかに毎日を過ごすことだと分かってはいるのですが……。
喝をいれていただければと思います。

有り難し 8
回答 1

質問投稿日: 2018年7月30日 16:31

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

慈眼

思うのは自由です

鬱を乗り越えるのは自分自身です。人にどうこうしてもらうことではないです。旦那さまに対して不満や羨ましい感情を抱いてもいいじゃないですか。思っているだけなんだから^ ^攻撃をしなければいいのです。旦那さまの鬱も人にされたのではないですよ。あなたのせいでもない。言葉や物事に触れた時に、自分のせいにして捉えたり、極端な0か100の思考で生きているから、疲れちゃうのです。当たり前です。本当はそんなことでないことを捻じ曲げて捉えて自分で自分を苦しめているのですから。事実は事実のままでいいのです。あなたも、わざわざ自分を責める必要もないですから、いいんです。辛い時は辛いと言いましょう。子育ては大変です。抱え込まず、頼れるものや人はどんどん頼りましょう。子育て支援センターのようなところも活用して、助けてもらいながらうまくやっていきましょう^ ^

10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

回答ありがとうございます。

極端な思考……昔、親から言われていた事を思い出しました。
事実は事実として受け止める。溜め込まない。
自分の考え方の癖に気付けるよう、考えを一歩引いて見るように、日常的に意識してみたいと思います。

前回の回答に引き続き、本当にありがとうございます。

「うつ病・鬱の症状」問答一覧

「うつ病・鬱の症状」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ