お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

この先親の死を迎えるのがとても怖いです

こんにちは。
私は父を亡くし、母と暮らしています。母はすでに80歳をこえて、持病もあります。
私は現在ひきこもりのようになっており、親しく話せる友達もいません。小さい頃から女ですがマザコンといえるくらい母が好きで、友達のようにいろいろ話したりしてきました。
親の年齢が年齢なのでどうしても最期を考えてしまい、毎日気が重く苦しくなっています。いざそのときが来たら私は気絶でもするのではないか、してももう誰も助けてくれる人はいない、などどんどん悲観的になってしまいます。
母は定期的に病院に通っており、本人は楽しく明るく毎日を過ごしています。こうして母が毎日楽しく過ごせるのは私にとっても嬉しいですし、親に私が先にいく不幸を絶対味わってほしくはないですが、こんな歳なのに親が死ぬのがとても恐ろしいです。

これからどういう心構えでいけば多少なりとも心が強くなれるでしょうか?

心構え・生きる智慧
有り難し 20
回答 2

質問投稿日: 2018年10月1日 1:19

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大忍貫道

別れを知っている私たちの取るべき態度

ご質問を拝読させて頂きました。
いくつになっても親と子の関係性が変わるわけではありませんので、何もおかしな事はありませんよ。
ずっと元気で居てくれたら良いのですが、やっぱりそうはいきません。
私自身も親が老いていく姿に淋しさと不安を感じることがありますので、あなたの気持ちはよく分かります。

しかし、愛しき者でも憎き者でも別れは訪れます。
別れを知っている私たちが取るべき態度とはいかなるものでしょうか。
それは、未来を憂いる事ではなく、
大切な人との「今」を大事に過ごすことです。
二度とないお母様との今を不安に駆られた気持ちで過ごす事は勿体がないです。

それと、世の中には親に対して、あなたのように思えない人が少なからず居ます。
親御さんとの別れを辛いと思えるのは、あなたが愛されているからです。
あなたは恵まれていますね。

11ヶ月前

拝読させて頂きました。
あなたとお母様とのご縁はこれからもずっと続いていくのです。お母様は永遠にあなたと共にあるのです。
今でもそしてお母様が天寿を全うなされても、あなたが天寿を全うなされてもそのつながりは続いていくのですからね。
いつでもどこにいてもお母様はあなたのことを思い見守っていてくださるのです。
そしてどうぞそのご縁を感謝なさりながら日々や一時ひと時を共に和気藹々と仲良く心豊かにお過ごしなさってくださいね。かけがえのない時であり、経験であり思い出ですからね。

11ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

回答をくださったお二人のお坊さんへ。
どうもありがとうございます。これまでこのようなことを誰にも相談できずにいたので、回答と温かいお言葉をいただいて涙が出てしまいました。
もしもの時のことを今から考えてしまっていて、その不安や悲しみが襲ってきていて今まだ生きているのにもういなくなったかのような気持ちになりがちでした。

せっかく一緒にいられるのだから、かけがえのない今をもっともっと大事にして日々過ごしていこうと思います。心を押してもらった気持ちになりました。本当にこちらで聞いてよかったです。
どうもありがとうございました。

「死ぬのが怖い」問答一覧

「死ぬのが怖い」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ