皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

自死遺族の気持ちと、自殺したい気持ち

私には数年前、姉を自殺で失う経験をしました。
自殺されて後に残った家族の悲しみや苦しみを味わいました。
それなのに、私は今自殺したい気持ちがあります。
生前、姉と死にたいとお酒を飲みながら愚痴る事でバランスをとっていました。しかしその姉が亡くなり、苦しみ、悲しみの中に先を越されてしまったという思いもありました。

母親を1人にはできないという思い、自立しようと色々格闘してもうまくいかない現実、光が見えず真っ暗な中でバランスがとれず右往左往しています。
死にたいです。

その他
有り難し 117
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自死で苦しみから解かれるわけではない!

たまさん

私も以前、自死(自殺)遺族の方が数年後同じように自死を選んでしまった、という経験があります。うつ状態であったご遺族の方と何度も長時間お話ししましたが、結局自ら決着をつけてしまいした。
たまさんも実感があるでしょうが、自死を選ぶ人は今の苦しみが死によって逃れられると思っています。しかし自死した結果、その今生の苦しみはそっくりそのまま、たまさんの様な遺族や親しい方に引き継がれてしまい、苦しみが増幅します。
「苦しみ、悲しみの中に先を越されてしまった」
この感情は正にお姉さんの苦が、たまさんに引き継がれたからでは?
あなたが自死すれば、その苦は、また最も親しい方に残してしまう事になります。

この世界は、生老病死、常に苦しみが付きまとっています。親鸞聖人は「生死の苦海ほとりなし」とおっしゃっています。逃れる事はできません。

何かのために、誰かの為に生きる事を考えて下さい。たまさん自身も誰かのお陰で生きている、生かされているのです。このサイトの「有り難し」ボタン。誰かに助けられることは有り難い(ありえない)ご縁のお陰なので、「ありがとう(有難う)」と感謝のこころを伝えるのです。

苦しみの中でも、ありがとう、と言える瞬間を大切にして下さい。

こんな語り合いの場にも参加してみて下さい。同じ想いの人々との語らいで生き抜く道が見つかるハズ!
◎自死遺族の分かち合い 『いのちの集い』
http://www.bouzsanga.org/share.html

よく耐えてこられました

たまさま
なごみ庵の浦上哲也と申します、よろしくお願いします。

数年前、お姉さまを自死で亡くされたとのこと。
家族が亡くなるだけでも悲しくつらいことなのに、それが自死となると、ほかにも様々な苦しみが沸き起こってまいります。本当によく耐えてこられたと思います。

その苦しみが積み重なって、背負うのがつらくなったのでしょうか。また、苦しみを打ち明けあっていたお姉さまが亡くなり、バランスが取れなくなったのでしょうか。
今、たまさんは死にたい気持ちになっているのですね。

お話しをお聞きしていて、人には心を開いて話す相手が必要なのだ、と感じました。
今たまさんには、そんな相手はいらっしゃいますか。

身近にいらっしゃるにこしたことはありませんが、各地に自死遺族に関わる会があります。僧侶が関わる会も、各地にありますので、ご紹介させて頂きます。よろしければ、HPなどご覧になってみてください。

自死・自殺に向き合う僧侶の会
http://www.bouzsanga.org

自死に向きあう関西僧侶の会
http://www.inochinohi-kansai.com

いのちに向き合う宗教社の会(名古屋)
http://inochi.in

自死に向きあう広島僧侶の会
http://www.inochinohi-hiroshima.com

自死に向きあう九州仏教者の会
http://kyuushuubutsukyou.com

回答僧

常在

やることがないとロクなことを考えない

日常を忙しくして考えないようにしたいものです。
もし働けるなら無我夢中でお仕事を。
働けないようでしたら資格試験の勉強でもするとか。
暇があるから死にたいなどと考えてしまうのです。


関連する問答
このページの先頭へ