お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

安心感を忘れた?

色々と大変なことがあり、今後のことについて悩んでいました。そのことを彼に話したところ、なにもない。大丈夫。と言ってくれました。
そのことを信じて、なにもないんだ。
もう大丈夫なんだ。と自分に言い聞かせていても、すごく心配してしまいます。何も不安の無かった日常に戻りたいです。安心を忘れてしまったのでしょうか?ずっーとずっーと不安でたまりません。起こるかもわからないことに悩んでいます。忘れるな、幸せになるな、ということなのでしょうか?そして、どうすれば安心できるのでしょうか。

心構え・生きる智慧
有り難し 10
回答 1

質問投稿日: 2018年11月4日 20:38

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大慈

disらないで。不安を

法事とかの席でよく「どうやったら正座に強くなるのですか?」と聞かれます。
私はこう答えます。「慣れるしかありません。座れば座るほど脚が鍛えられて血管や神経が太くなり、痺れにくくなるそうです。でも、それ以上に痛い状態に慣れるんですね。最初の頃は『うわあぁぁぁぁ痛いぃぃぃ!!!もう無理!もう嫌だ!』という感じだったのが、だんだん『うん、痛いな、うん、痛い。』という風に痛さ自体に慣れてくるんです。」

心も一緒だと思います。何やっても安心している人なんかいません。オリンピックに出るようなトップアスリートでさえも不安はあります。お坊さんでも不安になります。だって、人間は不安になるように進化してますもの。
情が湧けば不安になるのは当然です。昔は不安ではなかったのに今は不安なのは、情が深まったことの裏返しです。不安は心の欠陥ではありません。不安でいいんです。不安もあなたの一部です。あなたの不安ちゃんを嫌わないであげて下さいね。

8ヶ月前

「心穏やかに・優しく過ごしたい」問答一覧

「心穏やかに・優しく過ごしたい」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ