お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

自分の中の敵とのつきあい方

大人になっても人間は失敗したり、怒られたり、嫌なことって誰にでもあると思います。

心もしっかり成長した大人なら、いちいちくよくよせず気持ちをうまく切り替えたり、引きずらなかったり、ぐっと堪えて割り切ったりできるのだと思うのですが、私にはそれがなかなかできません。
堪えて割り切ろうと思っても、私はこうしたい、これはどうしても納得がいかない、と私は私はという気持ちに心が占領されます。

そのせいで、いつまでも1つの出来事に執着し、1日中考えてしまい家事が手につかなくなってしまうほどです。

自分を責めたり、時に関係者を心の中で責めたりして、自分の中であれやこれやと深読みしてはへこみ想像してはへこみの繰り返しです。

そうなるとなかなか抜け出せなくて、悪い事が起こると雪だるまの様に自分の中で大きくしてしまい、かなり落ち込んだり自分を責めたりしてしまいます。

事実だけを見て、素直に反省したり、割り切ったりできればどれだけ楽なのだろうと思うのですが、それがとても難しいです。

全く関係のない人に相談するのは自分の気持ちの整理もつくので聞いてくれて有り難うという気持ちになりますが、関係者に伝えない事には始まらないと思い、関係者に話したりもしますが、後になって変な言い方しちゃったかなとか、悪口みたいになっちゃったかなとか、話さなきゃよかったかもなどとまたごちゃごちゃと別の所に執着して考えはじめてしまいます。

でも、自分の中で色んな想像をして1つの出来事を必要以上に大きく捉えてしまうのをやめたいです。
でもやめ方が分かりません。割り切り方も分かりません。
そのままでいると悩みが膨らんで限界がきて、一気に爆発して人間関係を壊してしまったり、仕事も行きづらくなったりして後悔やまた自分はだめな人間だ、わがままだと責め続けて臆病になり前に進めず、また壁にぶち当たった時に心の中で悩みの雪だるまを作って爆発して…の繰り返しの人生になってしまいそうです。

自分が一番の敵です。
自分に勝ちたい、もしくは自分の中の本心の自分と表面上の世間と関わっている自分とで、うまく折り合いをつけて生きたいのです。
どうしたらいいでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

有り難し 5
回答 1

質問投稿日: 2018年11月21日 17:15

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

慈眼

雪だるま本当にある?

思いの雪だるまを作ってしまうのですね。それは妄想を相手にしているということです。妄想はリアルではないのですよ。あなたの頭の中でこねこねやってる雪だるま。
つまりあなたが作り上げた妄想雪だるまで自らを苦しめているのですよ。
リアルに目を向けたら、そんな雪だるまどこにもないことにも気づくでしょ。

誰かの思いなんてわからないし、なにを考えているかもわかりません。だから無駄なことはしなくていいのです。多分相手のためになるであろうことをしてあげるというだけです。

リアルは目、耳、鼻、舌、身から感じ取っている当たり前の様子です。その当たり前の中に救いがあるのです。もう雪だるまは捨てちゃいましょうね。どこにもないものです。捨てる必要さえないことに気づいてもらえたら、最高です。

4ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答有り難うございました。
自分の中であーだこーだと妄想すると自体が無駄なことですよね。
雪だるま、捨てられるように心がけてみます。

「人との距離感・付きあい方・接し方」問答一覧

「人との距離感・付きあい方・接し方」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ