hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

そばにいると感じるには

回答数回答 3
有り難し有り難し 64

9月に主人を亡くしました。
寂しくて悲しくてたまりません。
でも泣いても怒っても何をしても主人は帰ってきません。わかっているのに、心がついていけずほとんど毎日泣いてしまいます。

だけど、主人の成仏を願って毎日手を合わせ
南無阿弥陀仏と朝夕唱えています。

主人はそばにいる。見守っていると言われますが、感じることが出来ません。
どうしたら、主人がそばにいてくれていると感じられるようになりますか?
主人の気配を感じて生きていきたいです。

2018年11月23日 23:00

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたを離しはしない。それが阿弥陀様。今もご主人と生きている

そうですよね。。。大切な人を、この身、肌で感じたい、また会いたい、と思うのが自然なことでしょうね。

前回の質問も読ませていただきました。
頭で理解しても、心がそうはさせてくれませんよね。なぜ 死ななければならなかったのか、あの人に会いたいって。

人間の能力では、そばにいるもの、はたらいている力、が見てとることはできないんです。
だから、寂しい。悲しくて苦しくて仕方ないんですよね。会いたい人がたくさんいるのに、みんな、私を置いて先にいってしまってね。

そんな気持ちになる私たちのことまで、ちゃんとわかっていてくださる阿弥陀さまだから。
私の名前(南無阿弥陀仏)を呼んで、そのたびに、そばにいることを感じて、いつでも みんな一緒にいると気付いて、必ず会わせてあげるよ、と。気にかけてくださっていますよ。

あなたが唱えるお念仏は、
阿弥陀さまの あなたと一緒よの願いとして、
あなたの耳に返ってきています。

私は、そうして、たくさんの人の別れの悲しみを、阿弥陀さまに支えてもらっています。
いつの日か、必ず会いたいから。
私を離さないで,阿弥陀さま、と。

一緒に、手を合わせていきましょう。
大丈夫、あなたを離しはしない。
それが、阿弥陀さまだから。
今でも、ご主人があなたのお側に。
阿弥陀さまとともにね。
今も、一緒に生きているのよ。

2018年11月24日 11:21
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、中学生の息子の母親...

これからもご主人様がそばにいて下さいます

拝読させて頂きました。
ご主人様がお亡くなりになられて本当にさみしく辛い思いをなさっておられるのですね。
あなたにとってご主人様はかけがえのない方ですしそのようなことでご主人様がお亡くなりになりあなたにとってその死を受け入れることは本当に苦しいことでしょう。あなたのその辛いお気持ちを心よりお察し申し上げます。

あなたがおとなえなさるお念仏は必ずご主人様に届き、仏様のお耳に届いています。
今ご主人様は仏様のもとで心から安らかになられています。
そしてあなたの心や生きている姿をしっかりと優しく見守っていてくださっています。

あなたはいつもご主人様と一緒にいらっしゃるのです。
さみしい時悲しい時辛い時にはどうぞご主人様に心から語り掛けて下さいね。その悲しみ苦しみをしっかりとご主人様にお伝えなさってくださいね。
あなたの思いをご主人様は全て余すことなく受けとめて下さいます。
あなたの心の中に必ずご主人様のお声や優しさが伝わってきます。
ご主人様は片時もあなたを忘れずに離れずに守っていて下さいます。

またあなたがその天寿を全うなさる時にも必ずご主人様が迎えて下さいます。
そしてその時喜びを分かち合うことでしょう。

どうかそれまで心から仏様やご主人様にお向き合いなさり、真心込めて南無阿弥陀仏なむあみだぶつとお念仏おとなえなさって下さいね。
私もご主人様にお向き合いさせて頂き心からなむあみだぶつとお念仏おとなえさせて頂きます。

死は決して人を別け隔てるものではありません。あなたとご主人様とのご縁はこれからも深く濃くなっていくのです。

これからの未来あなたはご主人様と一緒に生きていくのです。あなたのそばにはいつでもご主人様が支えていて下さいます。

あなたがこれかもご主人様に守られながらお子様達と共に心から穏やかに幸せにその人生を生き抜いていかれます様心からご主人様や仏様にお祈りさせて頂きます。

2018年11月24日 12:39
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして8年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

あなた自身、ご主人が語る世の無常に耳を傾けていきましょう。

こんばんは。亀山純史と申します。

「ご主人はそばにいて、いつもあなたのことを見守ってくださっている」と、何故、そう言えるのでしょうか。それは、あなたのご主人は、大いなる命の働きの世界―これを私の宗派(浄土真宗)では「阿弥陀」と言っています―に還っていかれただけだからです。この大いなる命の働きの世界は、私たちの命にも働きかけてくださっている世界なのです。
しかし、この世に生きる私たちと、ご主人が往かれた世界との間には、大きな隔たりがあるのもまた事実です。ご主人が往かれた世界を悟りの世界と言うならば、この世は煩悩の世界だからです。ですから、「ご主人があなたのそばにいてくださっています」「あなたのことを見守ってくださっています」と言われても、ご主人の「気配」を感じることは難しいことでしょう。そこで、これからのあなたの人生において、ご主人と出会う道は、「ご主人の死を無駄にしないこと」だと思います。決して、これでご主人の「気配」を感じるようになれるわけではありませんが、ご主人の死を無駄にしないことで、ご主人はあなたに微笑んでくれるでしょう。泣いてばかりの人生では、ご主人はあなたに微笑んではくれないでしょう。
そうして、「死を無駄にしないこと」とは、あなた自身が仏さまのお話に耳を傾けていくことです。まずは今もやっているお仏壇に手を合わせ、ご主人と対話をしてください。そして、ご主人が語る世の無常に耳を傾けてください。

以上が私からの回答です。まだまだお辛い時期が続くことと思います。何度でもこのハスノハをご利用なさってください。

2018年11月24日 16:36
{{count}}
有り難し
おきもち

hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

「亡くなった・死んだ人に会いたい」問答一覧

亡くなった父に会いたいです

先日ガンで父を亡くしました。55歳でした。 辛い闘病生活の後でしたのでそれなりに覚悟はありましたし、亡くなった直後は「やっと楽になれたね、良かったね」と思っていたのですが、 やはりとても寂しく辛い思いでいっぱいで、毎日遺影の前に座っては泣き、父の使っていた食器や布団を見ては泣き、父が好きだったテレビ番組を見ては泣いています。こうして文章を打っている今も涙が止まりません。 「いつまでも悲しんでいてはお父さんが成仏できないよ」とか、「乗り越えて強くなりなさい」とか、葬儀の時親戚の人に言われました。自分でもそんなことぐらいよく分かっているのです。 それでも、(こんな事を言うと怒られると思いますが)成仏なんかしないでいつまでも私と母の側にいてほしいとさえ思ってしまいます。 父も私も無口で口下手なため、元からお互い交わす会話は多くなく、私が働き始めてからは同じ家にこそ住んでいるものの関わりはあまりありませんでした。 そこにこのような出来事があり、私はこんなに父の事が好きだったのかと自覚しました。それならもっと話しておけば良かった、こんなことになるなんてとまた泣いてしまいます。 私も勿論辛いですが、最愛のパートナーを亡くした母はもっともっと辛そうで、私がいなければ後を追っていたかもしれないと思うほど悲しんでいました。そんな母を見ていると私も悲しくなってしまいます。 父の死を乗り越えるにはどうすれば良いでしょうか。時間が癒してくれるのを待つしかありませんか?

有り難し有り難し 220
回答数回答 2

恩師に会いたい。死を実感できない。つらい。

ログインできなくなり新規登録させて いただきました。今まで何度か質問した 恩師の死についてです。余命を言われ、 私が出産で入院する日に会い、小さな声で 頑張ってと言っていただきました。 無事に出産してボイスメッセージで報告すると 意識が朦朧とする中で唯一、私の声に反応して 返事をしてくれました。なんとなく、 1日早く退院して産後すぐの体で恩師に 会いに行きました。もう意識もあまりなかった けど、声をかけると頷いてくれました。 私のことを待ってる気がすると、身内の方に 言われました。そしてその日の夜に亡くなりました。私の人生を変えてくれた人でした。 亡くなる直前も、私のことが可愛い、 1番気になる存在だと言っていたそうです。 半年以上が経ちますがまだピンときません。 お盆の夜中に心の整理をつけるため、 恩師の家の前を通りました。もういない、 存在しないことを理解するために行ったのに 電気がついていました。きっと身内の方と 思います。でも、私にはそばにいるよと 言って下さるように感じました。 別の日、家族で外食をしたかったけど お店が予約で埋まっていて、別のお店に 行くことになりました。そこは恩師と食事 して以来、行っていないお店でした。 私は複雑で、できれば行きたくないし 心の準備ができませんでした。でも、恩師の 死を実感するいい機会と思い、腹を括って 車を降りると電話が鳴り、最初のお店から でした。今席が空きましたと。私は、 恩師が無理しなくていいよと言って下さって いるように感じました。きっと、たまたまで 偶然のことでそれ以上でもそれ以下でもない。 でも、たしかに恩師を感じます。 会いたい。さみしい。もっともっと恩師に 教わりたいことがあるし、もっともっと恩師と 一緒にいたかった。頭から離れる日は ありません。今も心から尊敬し、大好きな人。 私の心の支えです。今何してるのでしょうか。 私のことはもう忘れてしまったのかな。 なぜ恩師はこんなに早く私から離れてしまったのか。会いたい寂しいつらいです。 実感もないし涙も出ない。夢に出てきてほしい。 言葉にできない寂しさがあります。 どこで何をして私のことはどう思ってるのかな。 あの世とは何かな。恩師は寂しくないのかな。 私は寂しいのに。死を実感できないし あの世が見えるわけでもない。ただ消えてしまったの?つらいんです。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る