hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

墓じまいと仏壇じまい

回答数回答 2
有り難し有り難し 28

私と兄は一度も結婚しておらず、子どももいません。兄は仕事で転勤があり、私も自宅から通える会社(客先)はないようです。
そんな事もあり、母は墓じまいや仏壇じまいをしようと考えています。母にとっては、
・さんざんな思いをした姑と旦那様(私の父)と死んでも一緒は嫌だ。
・子ども2人が、この実家にいない(いなくなる)、もしくは実家にいたとしても仕事をしていると墓や仏壇の世話は、しんどいだろう。
この2点から、「○○じまい」を考えています。
ただ、私は何だか寂しくて。
お墓に行くときは、どの花にしようかしら?とお花を選ぶのも楽しいもの。
仏壇があれば、お坊さんとの関わりがあります。
母は、自分が死んだらお骨は全部、捨ててしまい、その気があるなら菩提寺に手を合わせに行くが良し。と言うものの、やっぱりどこか寂しい。
どうするのが一番良いのか悩みます。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

最近多いですよね。

墓じまいや仏壇じまい、後を継ぐ子孫がいないならばしょうがないとしても、後継がいらっしゃるのに、ご先祖様がいらっしゃってこその私のいのち、と感じる機会を与えて下さる場を、をわざわざ無くしてしまう意識が理解できません。
よく聞くのが、子供に負担をかけたくないからという言葉ですが、御本尊やご先祖にお参りする機会をご自分が負担に感じていたという事でしょう。
しかし、古くからの格言などに、子供を甘やかせろというものは存在しません。
可愛い子には旅をさせろ、若い時の苦労は買ってでもしろ、貧しい家庭からは孝子が育つ、など
つまり、負担に感じるような事でも、何かしら学ぶ事があったり、人格形成に役立つ事があるからでしょう。

私の師が家庭にお仏壇があるかどうかで、子供の育ち方が全然違う、と仰っていた事を思い出します。
幸いドキンちゃんさんは〇〇じまいには抵抗があるようなので、本当に後継が居なくなった時までは先延ばしにしても良いように思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


浄土真宗本願寺派 忠専寺 住職 同宗派 特別法務員 同宗派 布教使 ...
このお坊さんを応援する

できる範囲で

拝読させて頂きました。
親子の縁も袖触れ合うも何かの縁です。自分だけ独りで生まれ生きてきた訳ではありませんから先祖や親や兄弟や家族親族や友人知人との縁も自分のできる範囲にてつないでいきご供養なさっていけば良いかと思います。

◯◯しまいは何かしら時代の流れのように勝手に作り出されてきたようにも思います。
国や社会や企業や組織が積極的に作り出してきた一極集中政策にも原因がありますし、その結果もいかか゛かとおもいます。

親も子も自らつながりを切ってしまっていくことが本当に良いことなのかを見つめ直してみることが必要かと私は思います。

あわてずにお寺さんやご家族やご親戚の方々ともじっくりとご相談なさってみてご判断なさってくださいね。

昔はみんな貧乏で四畳半で家族や親戚や困っている人達と肩を寄せ合ってひもじいながらも分け合って助け合って生きていました。お葬式ができればどんなお宅にもみんなで協力し合いながら大切な人を送り出したものです。村八分でもお葬式と火事の二分はお世話焼いたのです。戦争で焼け出された都会の人達も疎開してみんなで生き抜いていきました。国は戦争することばっかりで人々を押し付けましたけれども、みんなで助け合って乗り越えていったのが親の世代の人たちです。今日明日食べるものにも困る中で宿借りする中でなんとか生き抜いたのです。今食べるものには困らない生活になったのですが、人々の心は余計に満たされない状況になってしまっています。
私達一人一人が人とのご縁や助け合って生き抜いていくことを見直していくことが大切かと思います。そのよりどころになるのが仏壇や神棚やお墓かと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

釋 智篤さん
お返事、有難うございます。
私たちの代までは大変でも、お墓と仏壇はそのままにしたいのですが、心配性な母が私ひとりでは大変だからと諦めモードです。
大変なのは母を説得する方です。

Kousyo Kuuyo Azumaさん
お返事、有難うございます。
人間のあたたかさは時代の流れに流され、薄情な世の中になっていく気がします。
相談できる親戚もおらず、お寺さんは忙しくしていらっしゃいますし、孤独です。

「お墓」問答一覧

お墓をどうするか

私の家は、所謂「本家」になり、私はその長男となります。 私の実家や、現在の私の住まいの近くには、先祖から続く墓があり、私は両親から「墓を守っていってほしい」と言われ続けてきました。 私は結婚しており、2人の娘(長女は中学生、次女は小学生)がいます。 私の正直な気持ちを申し上げますと、将来、長女又は次女が婿を迎え入れ、墓を継いでくれれば一番だと思っています。 しかし、このことについては、妻が反対しています。 墓を継ぐために子供たちの就職先等が縛られ、活躍の場が制限されるのは絶対に嫌だというのです。 私は、両親からの言いつけもあって、事なかれ主義的な気持ちで、娘に婿を迎えるのがベストと考えてきましたが、妻の言うこともよく理解できます。 昨今においては、女性天皇、女系天皇の問題をよく耳にします。私の家は、地方都市の中流家庭で、皇室に準えることができるような立派な家柄ではありませんが、この問題を我が家に置き換えてみますと、娘に婿を迎え入れて墓を引き継いでいっても、無意味なのかなという気持ちにもなってしまいます。 私は、このことに非常に頭を悩ませており、時々一人で墓参りに行っては、お墓に向かって謝っています。 そこで質問なのですが、墓じまいというのは、御先祖を思えば、絶対にやってはいけないことなのでしょうか? また、そうすることで、御先祖の怒りを買ってしまい、私は死後も御先祖に顔向けできない存在になってしまうのでしょうか?教えて下さい。お願いします。

有り難し有り難し 17
回答数回答 3

改葬しましたが…

一般墓地に父の遺骨だけが入っていましたが、この度後々のことを考え都内の納骨堂に改葬しました。 その納骨堂は浄土真宗のお寺が管理運営しているとのことですが、何処の宗派でも問題ないと言われたのでこれからお世話になる葬儀や法事のことを考えると改宗したほうが事がスムーズに運ぶのではないかと思い、真言宗だったのですがさほど抵抗もなく改宗に至りました。 今までの宗派も父が亡くなるまでわからないくらい無知でしたので… ①家にある仏壇のご本尊はどうしたら良いのでしょうか? 納骨堂の方はそのままにしている方が全体の7割です、皆さんのお気持ちに従って下さいと言われましたが… 家では今までの大日如来様で納骨堂の本堂では阿弥陀如来像に守られて…って何となく頭の中が?マークなんです。 それから、②父の戒名は真言宗のお坊さんにつけてもらっていますが、母が夫婦位牌が良いというので片側が空いています。 これも母が亡くなったときは浄土真宗のお坊さんに、戒名ではなく法名を戴きますが夫婦位牌に宗派の違う戒名と法名を彫っても良いものでしょうか? 納骨堂の方は全て問題ないと言われましたが… 以上、二点ほどどうしたら良いのかわかりません。宜しくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ