お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

母の死

先日母が心不全で急死し、後悔、罪悪感、寂しさでいっぱいです。

とても優しく献身的で尊敬すべき母でした。自らの祖母の介護、結婚後は両親を含む家族の面倒、子供達の世話、子供達が巣立ってからは母の介護と看取り、夫の半介護と、生涯にわたって温かく献身的に家族を支えて来ました。

なのに私は、自ら家庭を持つことで改めて母の偉大さを感じ取ってはいたものの、晩年、特に半要介護状態となったいわゆる昭和の亭主関白な男である父との関係など色々と悩みを抱えていたことを知りつつも親身になって支えてあげるでもなく、また長年の家族への献身で体も疲れ切っていた母の状態に気づきもせず、近々訪れるであろう父の看取りが終わったらいよいよ母にたくさん親孝行しよう、などとボーッとした考えで、同居していないとはいえ母が限界に至る前に手を打つことができませんでした。

寿命を伸ばすことが出来たかは、多分出来たはずだとの思いが強いですがはっきりとは分かりません。ただ、早めに何らか少しでも手を打っていれば、少なくとも晩年辛く寂しい思いをさせずに済んだと思うと、自分の無能さ、薄情さが悔やまれてなりません。太陽のように明るく活動的で優しかった母の息子とは思えないほどに、優しさ、状況をしっかり感じ取る能力と行動力に欠けていました。自分の生活を維持することばかりに目が向いてしまっていました。

母の無念さを思うと涙が止まりません。

私自身が今取り返しのつかない後悔を抱え悲しい思いをしていること自体は、自業自得であり、一生向き合っていこうと思っています。

せめて母は、死によって全ての苦痛から解放されたのだと、今は天国で安らかに眠っているのだと信じて、母の供養をひたすらにし続けたいと思います。

質問になっておらず恐縮です、今からでも何か母のためにできることがありましたら、ご助言いただけましたら大変幸いです。

身近な人の死
有り難し 9
回答 1

質問投稿日: 2019年3月14日 5:38

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

すべてわかっておられるようですよ

身近な人の死というものは、ホントに悲しいものですよね。
他人に慰められても、本当の哀しみをしっているのはご自身だけだと思います。
ましてや、自分を奇跡的にこの世に産んでくれた母のことならなおさらでしょう。
先日ニュースで、この親の元に生まれる自由を選ばせなかった親を訴えたというような話がありましたが、いったい何をどうすればそうなるのだろうと悲しくなりました。
自分がここに生まれてきたのは奇跡としかいいようがないからです。選んでもいないし生む方も選んでいない。しかしこの両親のもとに生まれてきたのは奇跡です。

それはさておき、貴兄はすでにお母様のために何をすればいいか、充分おわかりのようです。
そのままでいいと思います。
ご自身のこれからの一生を大切にして生きていって下さいね。

4ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お言葉いただきありがとうございます。
現世では母とはもう二度と会えないという圧倒的な絶望的な事実を前にして、悲しみ、心の震え、足のすくみは止まりませんが、生前の母との思い出を胸に刻み、また母の人生を幼い息子に引き継いで行けるよう、母と同じように息子に無償の愛情を注ぎ続けるよう、覚悟を決めて歯を食いしばって生きていこうと思います。

「身近・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧

「身近・大切な人の死・亡くした後悔」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ