お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

親を許せません

親を許せません。
どうしたら許せますか。
また許せないままの私は許されますか。

私は思春期の時にいじめられてました。
孤独と自己嫌悪で、荒んだ態度を母と兄にはにはどうしてもっと朗らかにいられないのかと責められました。
父は苛立ちや不満をすぐに大声で怒鳴る人で、家にいないことが心の安らぎでした。

仕事に就き、父のような怒鳴り声をあげる同僚に小突かれることに耐えかね、
うつになり職を変えて今に至ります。
鬱になったことは家族には言いませんでした。

母と一度会った時、些細なことで意見が食い違ったことがありました。
なんとか言葉で意図を伝えようとしましたが、母はヒステリックになり泣いて、私が折れる形になってから、

ああ。こういう親だったなと
何かがプツリと途切れて、
それからは連絡を取ってません。
安否の心配や、帰省しないかと言われますが、
それはもはや足枷にしか感じないのです。

愛されたいと思う時期を過ぎ、
支えが欲しいと願ってかなわなかったことを超えて、
ようやく、
愛されなでもいい。愛されなかったのだと諦めがついたのに。

親に会うことも怖いのです。
機嫌によって親の都合で渡される愛情を信じていない自分がいます。
そんな薄情に育った自分のまま、
親の前では、あたかも幸せに育った娘で過ごすことこそが、彼らの望みだと知ってます。
自分に嘘をつくことでしか、親の前にいられないのが苦しいのです。

親は私に、人を愛し、親を家族を思いやる心の優しい人柄を望んで、
それから逸脱するとお前が悪いと責めるような人であることは、10代の頃に嫌という程知ってます
夢を応援されたこともありません

親が完璧でないのは知ってます
ただ彼らを愛せない薄情な娘を誰かに許してもらいたい。
親だから愛しなさいと責められたくない
自分にさえ、責められたくない

友達に友達の親の話を聞きました。
大好きだそうです
関係は良好だそうです
明るい親でと、教えてもらった一つ一つが胸に刺さりました
愛されたかった
辛いとき寄り添ってほしかった。
過去は変わらない
私を愛さなかった親を許せません。
人から愛されても、失うことを恐れて、突き放したくなるようになります。
自分など嫌われて当然だと思って育つことしか、納得して生きてこれなかった。
そんな自分に気づいてくれなかった親を
どうしても許せないのです。

後悔・自己嫌悪
有り難し 23
回答 2

質問投稿日: 2019年4月9日 12:25

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

願誉浄史

怒りはストレスにつながる

誰かに許されるとか許されないとかではなく、怒りはストレスの原因になる、怒りは悩み苦しみの原因になるという法則があるのです。
だから、親に対してでも他の人に対してでも、怒りや恨みがあれば、あなた自身の苦しみは増えます。
親を許せれば、あなたの苦しみは減ります。

浄土宗では、南無阿弥陀仏と念仏を称(とな)えれば、誰でも極楽浄土に往生できると解かれます。
だから、親を許せても許せなくても、南無阿弥陀仏で、阿弥陀様の力で、あなたは必ず救われます。
人生のハッピーエンドは南無阿弥陀仏で確定です。
しかし、まだしばらくはこの世で生きていく時間があります。
その間の苦しみを減らしたい場合は、怒りを減らした方が良いのです。
あなたは、親の怒りの煩悩の被害者です。
だからこそ、あなたは、怒りの煩悩に反対の立場、慈悲を重視する人間になった方が、楽に生きられます。
慈悲は強さです。
あなたの親は、弱い人間だった。たそれだけです。

4ヶ月前

愛するということは、とても難しいことです。能力も知識も経験も必要なのです。
あなたの母があなたを産むために10カ月の間そして出産の痛みに耐えたのは、あなたを愛していたからではありませんか?
オムツを替えてくれたり、ご飯を食べさせてくれたり、お弁当を作ってくれたり、テストや絵などを褒めてくれたり、誕生日にケーキを買ってくれたりしませんでしたか?
ただ残念なことに、母は思春期で反抗期だったあなたに対してどう接していいのか分からなかった。あなたに笑顔でいて欲しいけど、接し方が分からずに強要してしまった。
ヒステリックな父のせいか、うつ病のせいか、遺伝のせいか分かりませんが、母はあなたの言葉を落ち着いて聞き入れる能力が無かった。あるいは、混乱していてあなたの言葉が理解できなかった。
それだけのことではありませんか?
今でもあなたの安否を心配しているのでしょう?
母はあなたを愛していると思います。
ただ愛し方を間違えていただけだと思います。
無理に実家に帰る必要はありませんが、手紙などで今後も継続的に接してあげてくださいね。

3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答ありがとうございます。
親の怒りの煩悩の被害者という一文を見て、涙が出ました。

許せない怒りを忘れるために、無関心でやり過ごしてきた私は
許すとはどんなことなのかを、知りません。

愛を得たくて、いい人を装ってきた私は
慈悲とはどんなことなのかを、知りません。

ただ途方も無い気持ちで、誰にも話さない胸の内を書いた文に、丁寧に返事をいただいたことに、
胸が温かくなりました。

親を許さない気持ちは、深く刺さった杭のように胸に突き刺さったまま、
簡単には許せそうにありません。

けれど、少しずつ世の中の温かなものに触れて、
自分が慈悲とは何かを知って、
いつか誰かに心からの愛を持って接していけたらいいなと思いました。

慈悲は強さ。
声に出して噛みしめました。
ありがとうございます。少し心が軽くなりました。

「親のこと」問答一覧

「親のこと」問答一覧をすべて見る
関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ