お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

「疲れたくなさ」に執着してしまいます。

私は昔から体力がなく、エネルギーをすぐに消耗して疲れてしまいます。

子供の頃も周りについていくのがやっとで、いつも余裕がなく、学校から帰るとまず寝て、それからご飯を食べ、宿題をするという感じでした。

大人になった今でも、体力はなく、肉体的にもすぐ疲れるし、人との関係にも疲れやすく、寝る時間もとても長いし、1日動きすぎたら次の日は寝込む、という感じです。

自分のそうした性質とうまく付き合おうと、仕事や家庭、趣味の活動を無理しないように調整して生活しているのですが、これまでオーバーワークで寝込むことを繰り返してきたせいか、疲れることを恐れ過ぎてしまうところがあります。
スケジュールを入れると、それが終わるまでのあいだ憂鬱な気分がぬぐえないのです。

楽しい遊びや趣味の予定すら義務に感じてしまいますし、週3日の負担の少ないパートの予定でも、それがあると思うだけで、パートがない日でも心が毎日休まりません。
PTAの仕事など積極的にやりたくない予定なんかだと、疲れさせられる!という被害者的な気持ちになり、かなり強い怒りが湧きます。

スケジュールが白紙になった時が一番心が安らぐので、気がつくと、疲れないことを目的に生きてる状態=ひきこもり状態になってしまったことも何度かありました。

でも、スケジュールを白紙にしたまま生きるというのはもう今の生活では成り立ちません。

この元来の疲れやすさともっとうまく付き合ったり、そこから派生している疲れたくなさへの執着を手放す方法や考え方があれば知りたいです。

よろしくお願いします。

心構え・生きる智慧
有り難し 15
回答 1

質問投稿日: 2019年5月6日 23:09

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

身体のサインだから、無理はせず 自分のペースを知る。

体質もあるでしょうね。年齢的にも。
これから疲れが取れにくい更年期にも近づいてきます。(私もです(^^; 小柄で背も低いので、活動したあとは、よく寝ます。それだけエネルギーを使い、小さい身体には負担なのでしょうね)

あなたの 活動のあとの疲れやすさや、疲れるであろうことを想定して活動が影響するのも、わかる気がするなぁ。

身体のサインだから、無理はせず 自分のペースでいくのが一番ですね◎

また、疲れにくくする身体作りも大切かも。
例えば、休息や睡眠の質を高めるとか、リラックス出来る生活環境、締め付けない服装、食事に気を遣い、ストレスをためこまない、適度な運動など。
体質改善も期待できるかも。

そりゃ、疲れた後がしんどいのだから、脳は学習して、疲れないことに執着していきますよ。
ですから、疲れても回復するペースを知ることが◎
それと上手く付き合うことですね。

4ヶ月前

「人生・生きるのに疲れました」問答一覧

  • 人生に疲れてきました。もしかしたら飽きてきたのかもせれません。 55歳で...
  • 幼い頃からずっと地元で生きていくつもりで生きてきました。 仕事に関しては...
  • 疲れが取れない 女性 20歳代
    こんばんは この前相談させていただきましたが、 あれから母を精神科に入...
  • 31年間、これといってやりたいと思えることもなくただ漠然と日々を過ごしてき...
  • 疲れました。 男性 40歳代
    妻の数々の不倫で、妻の方から離婚を切り出され今は独り身です。 周囲の...
  • はじめまして。 娘が重度障害で持病も複数抱えてること、私自身も幼少気...
  • 辛いことがあり心身ともに疲弊しました。 もう何も考えられません。 子供...
  • 助けて下さい 女性 40歳代
    いつもお世話になっております。 私は私なりに必死に日々生きていると思って...
  • 何度もご相談させていただいております。 ありがとうございます。 心...
  • 精一杯 女性 50歳代
    お仕事でお忙しい中 私達のお返事を丁寧にしていただき ありがとうございます...
「人生・生きるのに疲れました」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ