お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

ずっと暗闇の中で抜け出せません。

初めてご相談させていただきます。今私は心に闇を抱えています。去年の5月頃私は子供を妊娠しました。

しかしその子は現在お付き合いしてる彼(38歳)の子では無いかもしれませんでした。しかしながら、彼の子でもあったかもしれなかった。そんな中でも私は身ごもった子供を産みたかった。彼は頭を下げ下ろしてくれと言ってきました。お互いの意見は食い違いました。

現実的な話をすると私はてんかん持ちで薬を飲んでいたから健全な子が生まれてくるとは限らない、そしてお互いに貯金やそだてる為のお金の余裕もありませんでした。

沢山話しをした結果、下ろすことになりました。その事により私は悲しみにくれました。当時仕事をしていた人間関係も上手くいかず辞めることにもなり、今現在仕事は出来てません。

一時期は食事も取れなくなり、外にも出れなくなりました。

そんな中、今でも彼とはお付き合いしてます。別れる話を私は沢山しました。けれども彼は別れようとしません。

子供を見たり、テレビで、子育てを見たりすると辛くて辛くて、もう1ヶ月もしたら今頃子供を産めてたと思うと下ろしてしまった子供に申し訳なく、気づくと涙を流し謝り続けています。

これから先私はどうしたらいいか分かりません。
どうしたらいいのでしょうか?

後悔・自己嫌悪
有り難し 21
回答 1

質問投稿日: 2019年5月10日 21:29

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

辛かったら一緒に涙しよう。ひとりで泣かなくていいように。

そぅ。。。そんなことがあったのですね。

あなたの言葉を読みながら、どんなに辛かっただろうか、苦しかっただろうか、いっぱい悩んで、彼に下ろしてと懇願され、そのときの あなたを想うと、堪らなく無力感に絶望し、息もできないほどに、悲しかっただろうと思います。

そして、今も。
孤独の中で子どもを下ろし、懺悔と心の傷に、今も苦しんでいるのよね。あのとき、あなたのそばにいてあげたかったわ。今も、こんなに苦しんでいるのだもの。
あの日、あなたを支えてあげたかった。
一人で行かせたくなかったわ。
よく、ここまで、自分を保ってきたわね。
なんとか、なんとか、彼にも支えてもらってきたのかしらね?

1年ね。忘れたことなど 無かったと思うわ。
母親って、そういうものよ。
あなたは、母になったのよ。
今も、あの子の母よ。
仏様の国で、あなたを待っていてくれるわ。
いつの日か、あなたの手に抱く日まで、
これからは、私も あなたを支えます。
だから、辛かったら、一緒に涙しよう。
あなただけを、ひとりにしたくないわ。
そして、一緒に手を合わせていきませんか。
それが、あの子が救われていくために、あなたがしてあげられることなのよ。
私も一緒に手を合わせますからね。
あなたが、ひとりで泣かなくていいように。

3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

こんな風に言ってくださるとは思わなくて、今文章を何度も読み返して涙が止まりません。でも私があの子のために手を合わせて泣いてもいいと言ってくださったその言葉があって今、私は救われた気がします。忘れよう忘れよう、あの時の事は忘れようと…自分を保つので今は精一杯ですが、いつかちゃんと面と向かってあの子の事を思って手を合わせられる時が来ますように…。お話が出来てよかったです。ありがとうございます。

関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ