hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

坐禅

回答数回答 1
有り難し有り難し 5

ここ6年ほど坐禅を早起きして、ほぼ毎朝45分している者です。
坐禅の最中には、リラックスできて気持ちが楽なのですが、
日々の生活では、色んな考えが浮かんで思うように成らぬと落ち込んでします。
どうすれば坐禅を行なっている時みたいに、仕事や人間関係にリラックスしてのぞめるようになるのでしょうか?もっと御坊様みたいに摂心のように坐る時間を増やせば良いのでしょうか? よろしくお願いします。

2019年6月17日 16:47

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

師が必要かもしれません

お気づきになられたようですね…
そうなんですよ
いわゆる「座ってする坐禅」を離れた時にどうなるか
ここが肝要なんですよね

坐禅をされているほとんどの方が、日々の生活において「愚痴、喧嘩、嫉妬」等のしがらみからやはり抜け出せないままでいます
特に人間関係の悩みは現代人の共通問題であります

正直その大事なところに気付かないままの方が多いなか、
ひげおやじさんはそこにお気づきになられました…それだけでもすばらしいです!

可能であれば是非お近くのお寺様にご相談のうえ、坐禅そのものを考え直してみてください
おそらくそのままでは詰まるところ自己流な坐禅になってしまう気がします

自分は坐禅に何を求めているのか、そもそも坐禅とは何なのか
お教えをいただける方からの直接的な正しいご指導があれば、その悩みは必ず解決しますよ!

2019年6月19日 8:55
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


TAIKEN(FDN)
アラフォー若僧の超個人的なボヤキだと思ってくだされば幸いです。 いろ...

質問者からのお礼

なんと的と得たご回答を感謝いたします。
誠におっしゃる通りだと思います。
私も1、2年前から師にあたる人を探していたような気がします。

最近では座る事に慣れてしまって、
最初の頃の気持ちが薄れてしまっていると思います。
坐禅を始めた頃は、仏性というか世の中の全てがありがたく感じる気持ちが湧いて
きて散歩の途中にスキップをしたい様な感覚が多々あったものですが….

仕事柄、月に一度しかお寺の坐禅会には参加できませんが、、今度、老師様にお尋ねして
みるつもりです。

ありがとうございました。

「坐禅について」問答一覧

坐禅接心の警策で師から痛打された理由

接心会で老師が検単に回られた時に警策で痛打されたのですが理由が判りません。 もちろん坐禅における警策について承知しているので打たれた事を云々言うつもりはないです。ただ通常より強く打たれたので意味があるのでは・・と思っています。 30代女。坐禅歴約10年。 臨済宗の某寺の接心会に一日だけ参加させていただきました。 約10年ほど地元のお寺の座禅会に通ってますが、初めての接心坐禅の参加で戸惑い周りを見ながらも何とか一日が終わろうとしてました。 最後に老師が検単に回られた時に出来事が発生しました。 老師が禅堂内を回られる時に一人の若い雲水と私の前に札を置いて行きました。 何??と思っていると、一周回った老師が札を置いた若い雲水の背中に警策を押し当てると思いっ切り振りかぶって背中を何発も激しく痛打しました。通常の警策は左右二発でしたが十発以上は打ってたと思います(正確に数えてません) そして私の元にも歩み寄り「体にさわりが無ければあなたも強く打ちますがいいですね」と確認があり、頷くと私にもおそらく十発以上の強い警策が打ち下ろされました。背中が壊れるかと思うほどの強い連打に声が洩れて早く終わって欲しいと願う程でした。 帰り際に周りの人に聞いても「女性にあんな警策するのは驚いた」と話すばかりで肝心の理由は教えてもらえませんでした。 老師を訪ねて直接聞けば良いのですが勇気がありませんでした。 心当たりは「痛かろうが足はしっかり組みなさい」とお声掛けがあったのに坐禅の足を結跏趺坐にしたり半跏趺坐にしてたこと? しかし、結跏趺坐の指定はなく隣の人はずっと半跏趺坐で坐っていたので違う気がしますが心当たりはこれぐらい。 一般論で構わないので私の状況で強く打たれた理由を教えてください。 厳しい言葉でも構いません。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る