お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

心から感謝できるようになるには

約一年前、突然、彼から「30分前まであった愛情がなくなった。嫌いになった。俺の人生にお前は不必要。もう、いらない。」と婚約破棄されました。

彼とは、くっついたり離れたりでしたが、20数年のお付き合いでした。
彼はアスペルガー症候群で、お付き合いしていく中で、わたしはカサンドラ症候群になりました。
昨年、ようやく様々なことが整い婚約し、彼との子供を妊娠しましたが、流産しました。
わたしは、子供がお腹から消えた悲しみを、心無い発言を繰り返す彼に、これでもかというくらいぶつけました。
そして、上記の言葉で婚約破棄されました。
子供がお腹からいなくなって、1週間後のことでした。

わたしは彼の老舗店で働いていましたが、即日解雇となり、無職になりました。
わたしは心身ともに、疲れていました。
悩みを友達に相談しても、一見「普通の人」に見える彼に、わたしがわがまま攻撃しているだけに見える。と、友達に言われ、もう相談することもできなくなり、悲しみをこらえるしかなくなりました。
そんな中、それでも前向きになろうと、以前から気になっていた学校に社会人枠で通い始めました。

学校に通っている間も、流産の処置をして貰った後日に、1人で供養して貰ったお寺に毎週のように通っていました。

お腹の中にいた子を忘れたことはありません。
そして、その子の父親だった彼のことも、忘れることができません。

『縁がなかった』
『これでよかった』
と、何度も、何度も、何度も、自分で自分に言い聞かせているのに、
誰にも言えないようなドロドロとした汚い黒い思いがどうしても消えません。
そういう憎しみのような感情を持つことが、もう苦しいです。

どうしたら、本心から穏やかに、前向きに生きることができるのでしょうか?
どうしたら、「自分は今、幸せ」と、あらゆることに心から感謝できることができるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

心構え・生きる智慧
有り難し 3
回答 1

質問投稿日: 2019年8月12日 18:01

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お悔やみ申し上げます。
南無阿弥陀仏。
彼から離れて生きていくことが、流産となったお子さんの望んでいることかもしれません。
お子さんの為にも彼に囚われずに前向きに生きてくださいね。
お子さんはきっと浄土でご先祖様達に導かれていることでしょうから、心配しないでくださいね。

1ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ