hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

儒教道教の本を読むのは憂さ晴らし?

回答数回答 2
有り難し有り難し 18

大学まで出ましたが社会に溶け込めずやめてしまい
25で統合失調症だと診断され休職中のものです
社会に溶けこむためには精神からだと思い儒教道教の本を手に取り今も読んでおります
哲学にも手をだしました

久しぶりにあった知人にこのことを話したら「あなたは仕事ができないから憂さ晴らしをしているだけだ」と言われました
確かにやるなら大学で勉強してお寺に入るなり教授になるなりしてやらなければ遊んでるだけという知人の言葉もわかるのですが
自分としてはやる前よりはまともにはなったと勝手に思っていただけにショックです
昔は真実やらなんやらたどり着けるとうぬぼれてた時期もありますが毎日が楽しく感じればなぁと思い
又感じられてると思います
やっぱりたんなる憂さ晴らしなんでしょうか?
たんなる憂さ晴らしならほかにやれることありますか?
やってることは歩行禅と
ブッタのことばの暗記と
四字熟語の暗記
老子を読書を繰り返し読んでおります

2019年8月31日 12:19

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

学びを続けましょう

ご相談拝読しました。

あなたが一生懸命に取り組んでいることを

>「憂さ晴らしをしているだけだ」

と切り捨ててしまうその知人さんは中々ひどいですね。でもその人がそう思った事と、実際にあなたにとってどうなのかは違いますから、あなたの中で大切だと感じているのならそのまま学びを続けてください。私としてはとても素敵な事だと思います。

さて、社会復帰を望まれているようですので、そうした個人の趣味嗜好の学びの他に大事なのは医師など専門家のアドバイスでしょう。

頼れるところを頼れば職業訓練や就職支援や社会生活の練習など取り組める環境がきっとあるはずです。

社会において遭遇するシチュエーションの反復練習などは大事なことだと思います。医師の指導の下で取り組みましょう。

それから歩行禅とブッタのことばの暗記に取り組まれているのなら、是非ともその教えや気づきから自己を見つめるものとしてください。
仏教は自分が何かを取り入れてより良くなろうとする教えではなく、今この自分を明らかに知り、過酷な現実に対しても主体性を失わずに臨んでいける力をいただく教えだと思います。

是非そうした学びも続けてください。

でももしその学びが混乱を生じ、病状を悪化させる気配があるのなら休んでくださいね。

あなたの健やかな生活を念じております。

2019年9月1日 11:27
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

自分のやり方で見返してやってください

今日、お参りに行って檀家さんから面白い話を聞きました。息子さんが小学生だった頃、クラスにイジメっ子いて、しょっちゅうイジられていたそうです。しかし、息子さんは黙ってされるままにしておられたそうです。見かねてやめさせようとした先生に、「あいつはアホやからほっとくんです」と息子さんが答えたので、先生が感動なさったそうです。

第三者としてなんか言うやつの言葉は気に留めなければよいです。親身になって、こんな勉強をしたら、とか、こんな勤め先があるよ、とかと世話をしてくれる人は大事にしなきゃいけないけど、言いたいだけの奴らは責任取らないんだから、無視すりゃいいんです。言うだけで何もしてくれない人間なんていないのと同じでしょ。いないとの同じ人間の言葉も無いのと同じという理屈になりますよね。

でも、言われっぱなしはイヤだということでしたら、何か形にする必要があります。老子や荘子の老荘思想というもともとあった考え方を用いて仏教を理解したのが中国仏教という側面があります。それが日本に輸入されてジャパニーズテイストを加えたのが日本仏教ですね。私たちの宗祖、親鸞聖人も魏の曇鸞大師の影響を大きく受けておいでになります。

読むところから書いてまとめるところへとシフトしていかれたらよいし、それがいきなり大手出版社に認められることは難しくてもブログ上で発表することは誰にもできます。動画やSNSの流行により、ブログから撤退していく会社が多くなっていますが、消えない媒体だと思います。もちろん動画でもよく、こちらの方はご存知のとおり将来性も高いでしょう。トライしてみる価値はあると思います。

2019年9月1日 11:40
{{count}}
有り難し
おきもち

私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

質問者からのお礼

ありがとうございました

「宗教について」問答一覧

他の宗教を学ぶという事

私は…スピリチュアル的な物(パワーストーンとか占い)にハマった→流行りの御朱印集めにハマった→神社とお寺の参拝にハマった(その過程で神様や仏様と摩可不思議過ぎるご縁を頂きました!)→現在、神道と仏教の知識(書籍やネットが主)を学んでいるといったプロセスを踏んでいる者ですが… そんな私が「イスラム教」や「キリスト教」など世界の宗教を“なんとなく書籍やネットで学んで”良いのか…“仏教のお坊さんに”教えて欲しいです 何でそんな事聞くかと言うと…うまく説明出来ないのですが “神道の神様や仏教の仏様”に「こいつ異国の宗教に浮気しやがったな!?」って思われたり「こいつが我々に抱く信仰心はこんなものなのか…」って思われないか…どうか ちなみに何故私が日本にあまり馴染み無い宗教を学ぼうと発想したかと言うと単に他国の神の考え方捉え方を知りたくなった…それと 【高次元の存在は確かに存在するのだろうが、仏教神道といった宗教という人間の作った1つ2つの枠組みには捉えきれないものであろう、より多くの宗教(高次元の存在の考え方)を学べば、より高次元の存在と近しくなれるのではないか?詳しくそれらの存在を定義が出来るのではないか?そもそもその宗教に高次元の存在はいるのか】と発想がふと浮かんだからです こういったある種の実験(?)または知識欲の充実を図りたいのですが…どのような結果が付きまとうのか不安なんです “影響されやすい自分”が新たな知識や信仰を得てどのように仏教と神道を見直すか、場合によってはどのような報い(天罰とか仏罰)を受けるのかとか… あまりこんな事言うべきじゃないと思うのですが宗教は教義の違いからともすれば互いを否定しがちですもんね 私はそもそもお坊さんではないし在家信者の定義にも当てはまらない只の“神道仏教ファン”に分類されると思うので失礼は承知なのですが… 恐らくお坊さんの中には私と同じ事を発想された方がいらっしゃるのでないかな?と もしかしたら私のようにビビってまごついてる前に実践された方もいらっしゃるのでないかな?と思って質問させてもらいました どうか回答お願いします

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

宗教脱退したあと

4年程前にこちらで宗教についてご質問させて頂きました。ありがとうございました。 その後についてご相談させて頂ければと思い質問させてください。 私自身、夫が入っていた宗教へのトラウマは徐々に前向きとなり、試行錯誤で歩んでおりますが、脱退した(夫は脱退させられた気持ちが強いかもしれません)夫自身はそうでなかったようです。 私がどれだけ気持ちを前向きに変えようとも、夫自身は私でも息子でも埋められないぽっかり穴があいてると言われました。宗教を失うことによって、仕事も何もぶれる、お前自身は辞めたら幸せになれるって言ったじゃないか!!と言われ、今更ながら夫に宗教を辞めさせた私がいけなかったのかと、私がぶれてしまいます。 結婚してから入信してることを知り、人は死んでも死後硬直しない、太陽が直視できるようになる、地獄に落ちるから宗教の内容や名前は言ってはいけないなど、特殊な宗教で、我が家の場合は家庭が壊れてしまうと思ったので、辞めてもらった?辞めさせるようした?のですが、あれから何年経っても、夫は心に穴が空いたままなのが分かりました。 私自身、身内がお坊さんなのですが、人を労る気持ちや感謝の気持ちなどごくごく自然に教えてもらったのですが、夫自身は家族以外に頼れるものを失った気持ちが強いことが伝わってきて何とも言えません。 このままめげずに心を持って暮らしていけば夫の心の穴は埋まるのでしょうか?? 

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

信心するしないは、幸せに関係しますか?

いつも、ありがとうございます。 時々、疑問に思う事を質問させて下さい。 私の母は、昔から凄い信心する人で、私が思うに母が若い時に死ぬような病を祈願してもらって助かったことから、信心するようになったのかもしれません。 私が小さい時、お地蔵さんにお参りなど一緒に連れて行ってました。お寺や神社、お地蔵さん、ほんとによく通ってました。 私達が無事に過ごせますように。とのお願いをしていました。よく聞きますが、自分が年をとって人の手を取らなくていいように…のお願いもしていました。 そして、現在は私に依存しきってます。どんな時も私にです。人の手を取らなくていい!なんて有り得ません。とにかく私は、母の依存に疲れてます。年取ったから仕方ないとは思ってますが、仕事も忙しく、家事もして実家のことまで…それに適応障害の弟の事まで。 信心して、あれ程祈ってたのに。なので私が思うに人の手を取るとかは、自分の心の持ち方で変わると思います。そんな母の幼稚さ?になんだか悲しくなったり… 母は今では全く信心の気持ちは無くなってます。なんで、あんなにお参りしたんだろう?何もならんかった。と言ってます。 それに比べて私の友達の家は全くの無信心です。お父さんが亡くなって初盆でも和尚さんも呼ばずにお経もあげてません。 けれど、お母さんは、いつも前向きで 一人暮らしですが楽しく生活していて、娘(私の友達)に依存する事なく自立しています。 生きていくうえで信心していれば幸せになる、無信心だとご先祖様からも応援してもらえない。 なんて事は、関係ないのでしょうか? それは私の小さい頃からの思い込みでしょうか? 母からの依存は年だから仕方ない、後何年生きるかも分からないから、色々不満を持たずに接して行こう!とは思う時もありますが、ほんとにほんとに疲れます。 体が不自由になった訳でもなく、歩く速度は遅くなりましたが何でもできるのに、ヘルパーさんの仕事に買い物を頼んでるのに、週1は必ず私が買い物に連れて行かなくてはいけない事、それを母は当たり前と思ってる事も…ほんとに疲れてます。 母が亡くなるまで、こんな事が続くのかと思うと何とも言えない気持ちになります。 そんな気持ちを母に言っても何とも思っていません。 こんな私に何かお言葉をお願いします。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

新興宗教の人に業が深いと言われたのですが

おはようございます。 業が深いと言う言葉を昔から聞くのですが、結婚前にしつこく新興宗教に勧誘してくる女性がいました。 私は生まれつき持病がありますが、薬を飲んでコントロール出来て普通に生活をしています。 ある日突然新興宗教の女性に(近所に住む方)会ってしまい、また勧誘されました。 私は仏教徒ですとお断りしていたら「あなたのお母さんは業が深い」と言われました。突然言われ意味を聞くと「あなたのお母さんは前世から悪い行いをしてきたからあなたに持病などがでるんだ。だからうちの宗教に入信すれば大丈夫」など普通他人に言わないであろうことを平気で言われました。 最初は腹も立ちましたが今は母親のことをそんなふうに平気で言われたことが悲しいです。そういう宗教の人なので気にしない様にと思っていますがやはり自分自身が病気をしているのに何故母親のことを言うのか… そして、この方には散々勧誘されつづけ、引っ越してからやっと勧誘が無くなりました。今は自宅や、お寺などでご先祖さまに手を合わせたりお寺でも感謝の気持ちと共に自分の家族をよろしくお願いしますなどお参りさせてもらっています。 そして肝心な仏教では「業が深い」から家族が病気になるや、苦労するといったことはありえますか?よく前世の行いなどで来世で苦労するとは昔から聞くのですが、そうなると病気をしている方は前世で悪い行いをしていることになりますよね…? 肝心な私の母は昔からも何も問題なく暮らしています。私の持病にも普通に前向きですが… そして勧誘してきていた女性の新興宗教はまず神社に行っては行けない、他の仏教や宗教は全て邪教であるのでダメ等など… 業が深いの本当の意味やお坊さん達の解釈はどうなのでしょうか?

有り難し有り難し 82
回答数回答 4

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る