hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

こんにちはm(__)m

回答数回答 2
有り難し有り難し 27

特別な言葉をかけてくれなくても、
ただ覗いて話を聞いてくれるだけでいい。
味方でいてくれるだけでいい。
黙って背中を支えてくれて、
黙って背中を押してくれる人。
そんな人がいたらいい。
そんな人になりたいです。

いつも大好きな人たちが、自分にしてくれてるみたいに、私も大好きな人たちの役に立ちたいし、喜んでくれることをしたいです。

中々うまくできなくて、結局助けてもらってるから、どうしたらちゃんと役に立てるでしょうか?

2019年9月26日 16:58

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

【回向発願心】自他ともに極楽へ

”私も大好きな人たちの役に立ちたい”
この一点において、すでにあなたも立派な大乗の菩薩だ。
ようこそ。

南無阿弥陀仏 拝

2019年9月26日 21:51
{{count}}
有り難し
おきもち

となりのトトロの世界のような山奥の田舎の小さな小さなお寺の住職をしています...

一杯のお茶。

お盆やお彼岸などで、檀家さんのお宅にお邪魔して、ご先祖様のご供養をして歩くことを、棚経(たなぎょう)といいます。

今年もお盆にたくさんのお宅にお邪魔して、ご先祖様のご供養をさせて頂きました。

暑い最中なので、お邪魔したお宅からは、「暑い中、ご苦労様です。」と一杯の冷たいお茶を出して頂きます。

私たちはそのお茶を有り難く頂き、次のお宅に向かうのですが、考えてみれば、棚経を回っている私たちは、出して下さったお茶を頂き、喉を潤すことで次のお宅でも、大きな声でお経をお唱えすることが出来て、その家のご家族からも喜んで頂ける。

お茶を出して下さる方は、目の前のお坊さんに、暑い中来て頂いて、ありがとうという気持ちと、喉を潤して欲しいというお気持ちでお茶を出して下さるのですが、実は、出して下さったお茶は、目の前のお坊さんにだけでなく、次のお宅でも、またその次のお宅ののためにもなっている。

実は自分が気がつかないだけでも、何かの形で役に立っていることって色々たくさんあるのだなぁ、と気づくことが出来ました。

人に知られようと知られまいと、誰かの役に立てることって、素敵なことですよね。

人の気持ちに、そっと寄り添えるような坊さんに、私もなりたいと思います。

2019年9月27日 13:08
{{count}}
有り難し
おきもち

宮城県仙台市宮城野区福室にある、小さな家を直して、小さいお寺にしました...

質問者からのお礼

三浦さん、転落院さん
役に立てるか、わからないですが、喜んでもらえるよう努力したいです。

回答ありがとうございますm(__)m

「前向きに生きたい・前に進みたい」問答一覧

不安と焦燥感が常にあります

お世話になっております。 先日息子が生まれ、姉になった娘と共に二児の母となった私も、葛藤を乗り越えながら新しい家族の 形を築いていこうとしています。 産後2ヶ月、授乳や抱っこに娘の心の揺れ等心身は疲労しますが、育休中で現在実家におり、子供の事に専念できる恵まれた環境です。 そんな中、不安と焦燥感が消えません。考えても仕方ないのですが、大事な大事な子供達に不幸が起きないだろうか、この先満足な生活をさせてやれるだろうか…と、取り留めもありません。 私の子供時代に比べ、インターネットの利便と危険、他人を許容できない世間の息苦しさ、国の経済的な見通しの暗さ(理解できない政治への憤りも)等、漠然と暗い未来を描いてしまい、その中を自分とこの子等は生きていかなければいけないのかと感じてしまうのです。 自分(と我が子)の身は自分で守らなければと思いながら、しかし賢くもない自分に守りきれる自信もなく、結果不安と焦燥に駆られ、苛ついたり他のご家庭を羨んでしまったり… こんなに家族が愛しくて幸せなはずなのに、幸せに暮らしていこうという前向きな気持ちより、どうにか不幸は回避できないかという余裕のない気持ちに比重がいってしまいます。 とりあえずは明日の衣食住を心配しなくて良い程度の暮らしはできているのに。幸せだな、と思った次の瞬間にはもう不安です。 どうしたら心に余裕が、将来に希望が持てるでしょうか。どうかお知恵をお貸しください。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

繊細な私が生きる道

6年半働いた接客業を退職しました。私自身二浪して大学を中退し、初めて社会人として働きました。何か働かなければと思い、苦手な職業と思われる接客業というものに試しに頑張って踏み込んでみました。 辞めたいとも何回も思っていました。仕事もある程度パートとしてのレベルが最高のランクまで高くなり、無理不自由なくここ1.2年は働いていました。 そして7月に他で成長したらどー?将来的には社員になれば?ということで初めて異動することになったのです。その時は自分自身成長しなきゃいけない、実家出て自立しなきゃいけないと思っていました。 社員になるかどうかもう後にも先にも行ってみないと分かんないから異動してみようとその時は思いました。 でも内心は社員になりたくない、異動も別にしたくなかったんだっていうのは異動した後に心が付いてきたのです。そしたらここで働いていく意味はもうないんじゃないか思った途端張り詰めていた糸がブチっと切れてしまったんです。なので異動したことで自分に分かったのでおそらく社内の方はワガママなと思っているでしょうし、6年間半社会人になって初めて逃げ出すという事が出来たんです。 気がついてみれば幼い頃から、周りのことばかり考えて、自分の意見は後回しで後からそのことに気付いてまた落ち込んで自暴自棄になっての繰り返しで自分が何なのか分かりませんでした。 今退職して自分を29歳にしてしっかり見つめていく中で色々調べるとHSP(ハイリーセンシティブパーソン)という生得的な特性として当てはまる部分が多々あることに気づいてより自分というものがどういう性格なのか向き合えるようになってきました。先程の異動した話の中でもあなたなら大丈夫よと言われるとやらなきゃと考えさせられるのもこのHSPの顕著なところで腑に落ちました。 これからの適職、恋人、お金、考えることたくさんはあるけど、前に進みたいという気持ちは次第に大きな楽しみへと変わっていってます。 ゆっくり歩めば良いんですよね?希望と失望のその高低差を大きく感じる自分は凄いと思います。 けど目には見えないから、自分に合った生き方に届きそうなのかまた離れていくのか怖いです。人生今まで生きてきて成長した、頑張ったと思うことが全くありません。実感したいんです。残りの人生華やかな物にしたいんです。こんな私に背中を押すお言葉頂きたいです。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る