hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人から必要とされない。

回答数回答 1
有り難し有り難し 4

初めて質問します。
私の相談は「誰からも必要とされない」ことです。
地球規模言えばみんな必要とされていないかもしれません。
でも小さいコミュニティでみたとき必ず人から愛されてなにもしなくても生きてるだけで感謝されてる人はたくさんいます。
わたしは必要とされていないです。
幼少より親と不仲で寂しい子供時代を過ごしたからかもしれません。
みんなが幸せそうに見えて
生きているのが惨めに思えます。
どうしたら人から必要とされ、愛されますか。教えてほしいです。

2019年9月28日 2:14

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

視点

hasunohaへの相談ありがとうございます。

御質問文拝読させていただいて、
誰かに必要とされたい。
幸せになりたい。
愛し愛される人生を送りたい。

というお気持ちは伝わりました。

でも、私としては、ゆりさまに
誰かに振り回される人生は歩んでほしくない
都合のいい人と思われる人生も歩んでほしくない
と思う部分もあります。

心理の世界では「ジョハリの窓」という言葉があります。
人は4つの窓を持っている
①みんなに見せている窓、
②自分にしか見えていない窓、
③みんなからは見えて自分からは見えない窓、
④みんなも自分も見えていない窓
という考え方です。
①の窓から「他の人は幸せそう」に見えるかもしれませんが、誰かしら不安はもっているものです。

人のいろいろな面を知りつつ、互いに必要とされる部分を補ったり整えたりすることでかけがえのない存在になり、それが愛情を育むことにもなる。
そのために、たとえば自分や接点のある人の
・いいところ10個
・どう補うといいかの改善案もセットでのマイナス面10個
を書きだすことは可能でしょうか。
すぐには難しいかもしれませんが、これができるようになると他者への観察力やより深いコミュニケーション力が身につき
・この人は何を必要としているか
・この人は何を満たされることで愛を実感できるか
という視点も今以上に持ち合わせることができるかと思います。

仏教での愛は欲望より慈しみの要素が強いです。
それは親から与えられなくても、師や友など人生の出会いの中で育つことも可能です。

生きがいを持った人生を歩むことができるよう念じ申しあげます。

2019年9月29日 19:40
{{count}}
有り難し
おきもち

『壊してしまうのは一瞬でできるから、大切に生きてと彼女は泣いた』 という...

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る