hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

元恋人について、愛とはなんなのでしょうか、執着と別れるには

回答数回答 1
有り難し有り難し 19

私は最近恋人と別れてしまいました。

自分の中では一番長い付き合いで、この人以上の人はいないだろうとも考えていました。

最初のうちは、こちらの愛情にあちらも答えてくれるという感じでした。
しかし、いつの間にかそれが身近になり、慣れてしまい、相手に思ったことを言わなくてもいいのに言ってしまったり、傷つけてしまったりが日常に・・・。
おそらく、この人を誰にも取られたくないという思いがあり、このような行動に移ってしまったのだと思います。
そして、恋人には愛想をつかされ、嫌われ、恋人を深く傷つけてしまったという結果だけが残り、気づけば自分は、自分が一番嫌う人間になっていました。

今までに感じたことがない大切なものを失った悲み、後悔、自分の性格が捻じ曲がってしまった事に、心がものすごく苦しいです。
幸せから一転、本当に過去の自分を酷く憎く感じています。
少し立ち直った現在でも、思い出すだけで仕事も手につかなくなってしまいます。
生きる意味を突然なくしてしまったと感じてしまうのです。

愛とはなんなのでしょうか。
私が感じていた恋人への感情は、愛ではないのでしょうか。

現在、彼女は別の男性とお付き合いしていると思います。
彼女の幸せを切に願いたいと思う自分がいる一方、自分は独りになってしまった、奪われてしまった、別の人間を愛しているのか、という思いのが大きく、邪魔をし、素直に喜べません。

彼女にはまだ自分が思う愛を感じています。しかし、これは愛ではなく執着なのでしょうか。
執着だった場合、どうすればこれとお別れすることが出来るでしょうか。

お見苦しいねちねちした文章になってしまい、申し訳分けございません。
どうかご回答、よろしくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

愛は執着。新しい刺激に意識を

「愛」という言葉は色んな意味がありますね。
しかし、あなたが言う愛は、おっしゃるとおり執着心でしょうね。
ちなみに、恋は欲望(もっともっと)だと思います。
嫉妬・悲しみは怒り(嫌だ)でしょうね。
仕事が手につかないのは、集中力を出していない「怠け」です。
やるべきときにやるべきことをする、忘れるべきことは忘れる、これには集中力が要ります。
欲・怒り・怠けは、集中力を邪魔します。
集中力を失うと、正しい判断(智慧)も邪魔されます。
人間は、快でも不快でも、とにかく強い刺(苦)に心がひきつけられます。
今の「愛」よりもっと大きな刺激(苦)があれば、愛は忘れます。
今、家が火事になったら、彼女(もう恋人ではない)のことも忘れて逃げるはず。
ずっと同じ彼女に執着するのは、別の刺激がないからかもしれません。
集中力を使って意図的に別の刺激に意識を向けましょう。いつまでも過去を妄想しないで、目の前の現実の刺激に向き合いましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

おっしゃる通りだと思います。
いつまでも過去を妄想しないでということにハッと気がつくことができました。
ありがとうございます。

「恋人と別れ・失恋」問答一覧

振られてから毎日無気力で生きていたくない

20代後半の女です。1年半付き合った結婚しようと思っていた彼に振られました。彼は浮気のようなことをしていましたが、それでも私は大好きで依存しているような状態でした。 その彼にだいぶ前から好きじゃなかったと振られ、それから1ヶ月半くらい経ちましたが、彼氏がいない自分は誰からも愛されない、誰からも必要とされていないのではないか、という気持ちになってきました。 友達がいない訳ではありません。電話してくれる友達や、旅行に行ってくれる友達もいます。 それでも、世界に置いてけぼりにされたような不安な気持ちになります。 仕事は、好きで始めた仕事ではなく、安定しているからという理由で選んだ仕事です。特に楽しくもなく、ただ仕事だからという理由だけで仕事をしています。一応行きたいという部署には行かせてもらえるようになっていますが、流れで行きたいと言っただけで、どうしてもこの仕事がしたい!というわけでもありません。 周りから見たら、彼氏がいないだけで友達も居る、仕事もあるのに……と思われるかも知れません。贅沢を言いすぎた、と言われるかもしれません。 でも、何が楽しくて生きてるか、なんのために仕事をしてるかが分かりません。みんな結婚して子供が生まれて、仕事と結婚を両立している人だっているのに…… 働いて、結婚して出産して、みんなが当たり前に出来ていることが、私には当たり前にできません。 仕事に行って1人でダラダラ休みを過ごして、寂しくて辛くて時々死んでもいいんじゃないかなという気持ちになります。 このまま一生1人で生きていくのではないかという不安と、孤独に押しつぶされそうで、生きていたくありません。 長々と申し訳ありません。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

また失恋、失恋しかしていない

私は生まれて一度も男性とお付き合いした事がありません。 理由として、小学4〜5年で男子から壮絶ないじめを受け、未だにそのトラウマが克服出来ていないから。また、両親が見合い結婚でお互いの愛が小さい頃から感じられず、人を愛すことが未だにわからない。 学生時代良い感じになった男性もいました。しかし、付き合うまではいきませんでした。 過去に私から告白した人もいましたが、見事に振られました。 本題に入ります。 両想いかな?と思った人も付き合う前に自然消滅しました。しかしその人の事が心残り。3〜4年経って最近その人から誕生日おめでとうのスタンプがきました。なので、「ありがとうございます、最近いかがですか?」とLINEしましたが既読無視。 ショックでした。私は価値のない女だと突きつけられているようでした。 思えば私は職場関係の既婚男性しか未だに寄ってこず、同期や職場男性はほとんど結婚しています。職場に出会いなどありません。今は付き合いのない女性の友人からはもっと出会いを、もっとおしゃれしなさいと言われてばかりでした(やってるよ...)。 かといってやはり自分が結婚するイメージが未だに全くつきません。 友人達はほとんど彼氏がいて順風満帆。私が話を聞いていいな〜と羨ましがるばかりです。もういやだ。 自分が好きになれず自信がないのも原因の一つです。 今はコロナで合コンや出会いの場が限られていますが、正直人と会って話すのが気を遣いすぎて会いたくありません。 人疲れしてるのだとおもいます。 失恋さながらショックで毎日号泣しています。こんな事一度もなかったのに。 コロナで旅行など楽しみもなくなり、職場と家の往復の毎日...。未来に希望なんてないように感じてしまうようになりました。 私は女性として愛される事もなく独身のまま職場や色々な人から「あいつ独り身」「独特だからね...」と後ろ指刺されるのでしょうか。 どうしたら立ち直れるでしょうか。 この三連休では自分がいなくなるべきなのでは?という考えが頭をよぎってしまいました。何のために私生きてるんだろうと自問自答する毎日です。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

好きだけど別れる、苦しいです。

わたしには1年半程付き合った彼氏がいます。でもその彼とは別れることになりそうです。 わたしにとっての彼は初めての恋人でした。喧嘩もしましたし、こんなに家族以外の人に自分をさらけ出すのは初めてなくらい心を許していました。今でも本当に大好きです。 先日、彼から、今の仕事を今年いっぱいで辞めて、上京して学校に行きシステムエンジニアとして働きたいと言われました。彼は20代後半で、このままでいいのかなと思うようになったみたいです。したいことをして自己投資をしたいと言っていました。東京に行くということで、わたしがついて行くなら別ですが、遠距離になるなら別れることになるだろうと話されました。彼は地元に戻る気持ちはないみたいです。 わたしは地元を離れて東京で住む勇気はなく、彼について行くことはないと思います。彼もわたしが好きだけど、自分のしたいことをしたいと言っていました。 彼が東京で自分の夢を果たせるように応援しようと思っています。別れるのも仕方がないことだと心で分かっています。でも、本当はとてもとても辛くて今までの思い出とかを考えると涙が溢れます。こんなに人を愛したことはありません。これから先もきっと出会えないと思っています。彼は別れるからといって会えない訳じゃないと言いますが、わたしにとっては相手がいなくなってしまうのと同じに感じてしまいます。 わたしは漠然と結婚願望や子供が欲しいという夢があります。でも、彼とは難しいと思いました。こんなに好きな人はこの先現れるのか、こんな辛い思いは癒えるのか。この先彼との将来はないんだと思うと心が潰れてしまいそうです。こんな気持ちを軽くするにはどういう風に受け止めたらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る