hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お参りを拒否される事はあるのでしょうか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 22

こんにちは。お忙しい中、私の質問を見て頂きありがとうございます。

おかしな話かもしれないので投稿を悩んだのですが、類似状況が何度か起こっている為、気になってしまい質問させて頂きました。

前々から「●月●日はお参り(寺社仏閣や先祖のお墓参り)に伺おう」と日にちを決め、準備を順調に進めていました。

ところが、前日 あるいは当日になって、以下のような事が突然起こり、お参りに伺えなくなるという事が何度も起こっています。

※肉体面での体調不良→起き上がれない・動けない程の頭痛や腹痛など。或いは歩行が辛く感じるような外傷的な痛みなど(真っ直ぐ立てない、或いは長時間電車に揺られるのが困難な膝や腰、脚の痛みなど)

※精神面での体調不良→(現在重度のうつ病を患っており、治療と社会復帰に向けたリハビリに取り組み中の状態ですが)お参り前日や当日にショッキングな出来事に遭遇し、精神的にパニックを起こし、その後 全く動けなくなるという事があります。
医師から処方された薬を飲んで動こうとしても、ショックの度合いが強すぎる時は心も体もついていかない事が多く、結局「寝たきりで過ごす」事が多々あります(時間をかけてクールダウンすると治る、というか症状が収まるのですが、当初予定していたお参り当日に伺う事はできなくなります…)

以前、知人にこの話をした時に『そんなのはお前が弱いのが悪いんだよ。肉体的にも精神的にも強くなるしかないじゃん』と言われたことがあり、自分でも『やっぱり、私の弱さが全て悪いんだろうか…』とも思いました。

ただ、一方で…『もしかしたら、こんな状態の私がお参りに伺う事を神仏やご先祖様が嫌がっているのではないか…?』という気もしてしまうのです。

もしかしたら、私が未熟すぎるから、何か許しがたい非があるから、肉体的または精神的に問題があるから、『今のあなたの状態では来てはいけません。出直して来なさい』と示されているのではないか…?と。

そこでお坊様に質問をさせて頂きたいのですが『神仏やご先祖様から、参拝をお断りされる事』はあるのでしょうか?それとも、このような事は考えすぎなのでしょうか?

支離滅裂な文書で恐れ入りますが、お知恵を拝借頂けますと幸いです。お忙しい中恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

2019年10月30日 12:33

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そのようなことはありませんよ。
体調などが良い時にお参りくださいね。

2019年10月30日 15:09
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

あなた次第です。

>神仏やご先祖様から、参拝をお断りされる事

などはありません。そんなことをしたら、あなたの意思はどうなるのでしょうか。
それよりも、あまりにもそのことを意識し過ぎてのことでしょう。
次回は、もう少し楽に考えましょう。

2019年10月30日 18:42
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


日蓮宗のお寺で、名古屋市南区にあります。 ”お寺は生きている人のためにも...

質問者からのお礼

三宅 聖章様

初めまして。この度はお忙しい中、私の質問にお答え頂きまして、どうもありがとうございました。

三宅 聖章様が『そのようなことはありませんよ』と明言して下さった事に大いに安堵し『体調などが良い時にお参りくださいね』と、こちらの体調をお気遣い下さる優しさに嬉しさを感じました。本当にありがとうございました。

実は本日もお参りに伺いたかったお寺様があったのですが、体調不良で泣く泣く延期にしてしまいました。
そのお寺様は、私が何度かご挨拶をさせて頂いている場所であると同時に、今は亡き伯母が『いいなぁ、一緒にお参りに行きたいなぁ』と笑顔で語っていたお寺様です。
残念ながら、伯母が抱えていた病の進行が早まった為、共に参拝する事は叶いませんでした。
なので伯母の四十九日の間、私が伺える時に何度か「ご供養」の思いでお参りをさせて頂いておりました。

そして先日、何とか伯母の四十九日法要と納骨が完了いたしました。
なので 本日、先に記載したお寺様に『無事に四十九日を迎える事が出来ました。四十九日の間、お参りをさせて頂きありがとうございました』とお礼をお伝えしに伺いたかったのですが、まさかの急な体調不良で断念する事に…。

それだけではないのです。
四十九日法要と納骨を終えて数週間後のある日のこと。たまたま家族全員が揃う日があったので『●月●日にお墓参りに行こう』という話になりました。当然私も行くつもり満々で、お線香を事前に用意しておりました。
(※因みに、お墓参りは私の先祖(祖父と祖母)と伯母の2家を予定していました。先祖と伯母の墓所は同じ霊園内の、目と鼻の距離…即ちすぐ近くにあるのです)

ところが、前日になって私だけが体調不良。当日は私一人が欠席する形となり、用意していたお線香は家族に託す形になりました…。
(※因みに、お墓参りに参加した家族いわく「今まで見たことがない大きな黒い蝶々と出会った!他にも花が咲いている場所は沢山あるのに、家のお墓(先祖の墓)とおばちゃんのお墓の所だけをずっと飛んでいたよ。最後はおばちゃんのお墓から空へと飛んでいってしまった。あのような光景は初めて見たよ」と言っていました。あれは先祖か叔母だったのかな…と話を聞きながら思ってしまいました)

とはいえ…お墓参りにせよ、お寺様へのお礼参りにせよ、立て続けに自らの体調不良で欠席や延期にしているのは事実。
なるべく早くお参りやお礼をお伝えしたい。でも体と心がついていかない…。
これでは亡くなった叔母や先祖にも、お世話になったお寺様にも申し訳がない。なので自らの情けなさに落ち込んでおりました。
と、同時に「もしや 知らず知らずとはいえ、何か私は大きな間違いや無礼をしていたのではないか…?だから『来てはいけません』というサインを示されていたのだろうか…?」という考えが頭をもたげてしまったのです。その為、今回質問をさせて頂きました。

質問をするまでは様々な不安感で一杯だったのですが、三宅様の明晰かつお優しい回答に、心がホッと和みました。
お陰様で「心身の体調をきちんと整えた時、心を込めてお参りをさせて頂こう!頑張ろう」と思う事が出来ました。本当にありがとうございました。

今週末から11月となり、いよいよ本格的な冬の到来が目前に迫っております。冬は空気も澄み渡り美しい季節ですが、寒さが一層こたえる時期でもありますね。三宅様も何卒お体ご自愛下さいませ。
今回はどうもありがとうございました!

鈴木海祥様
初めまして。この度は私の質問にお答え頂きまして、ありがとうございました。
そしてご回答を頂きましたのにお礼をお伝えするのが遅れてしまい申し訳ございません。

鈴木海祥様の『次回は、もう少し楽に考えましょう。』こちらのお言葉に、心が軽くなったのを感じました。暖かなアドバイスを頂き ありがとうございます。

私の悪い癖の1つですが、どうしても『考えすぎてしまう(特に悪い方に考えすぎてしまう)』というものがあります。

勿論きちんと考えなければならない事もあるのですが、時には他人から「いやいや、それは考えすぎ。そこまで考えなくても良いんだよ」と注意を受ける事もあるのです。

もしかしたら、この悪癖は 現在私が患っているうつ病に由来するものもあるかもしれません。(医師からもそのように言われた事があります…)
ですが、病を言い訳にはしたくないですし、何より「うつ病を治したい!寛解を目指したい!」と治療&努力中なので、これからは『もっと考え方を軽やかにする』よう心がけていきたいと思います。重要な気付きを教えて下さり、ありがとうございました!

数ヵ月前までは夜になっても蝉の鳴き声が響き渡り 汗が流れ続ける「熱帯夜」でしたが、今はそれが嘘のように、静かで ひんやりとした風を感じる夜になりましたね。
季節の変わり目ですので、鈴木海祥様も何卒お体ご自愛下さいませ。この度はご回答をありがとうございました。

「お寺に参拝・訪問」問答一覧

お寺に通うことは可能ですか

3度目の質問になり恐縮です。 新型コロナがおさまった後の話ということで、ご相談させていただけますか。 タイトルのとおり、お寺に通うことは可能かどうかについてです。 私は子供のころ、比較的お寺に親しんで育ちました。 法事以外でも、近所のお寺でご住職様のお話を伺ったこともありますし、仲の良かった友人の実家もお寺でした。 両親は、お寺の方を信頼し、お墓参りなども大切にしていたと思います。お寺の静けさと、さりげない人の気配に、子供時代の私は安心したことを覚えています。 その後、私の実家のお墓は兄が守ってくれることになり、私は地元を離れて結婚しました。 夫の実家は、事情があってどの宗教からも距離を置いており、夫の両親も夫も、今後お墓を持つ予定はないそうです。 そのため、私と家族は今、お寺や神社、教会といったすべての宗教と縁のない生活を送っています。 しかし、私は近年、年を重ねるごとに様々なことを考えるようになり、また子供のころのように、時々お寺に行ってお坊様のお話を伺ってみたくなりました。夫は「自分は宗教にはかかわらないが、君が一人で行くぶんには構わない」と言ってくれています。 少し地域のお寺を調べてみましたが、檀家でないのに一人でふらりとお寺を訪れるのは少し敷居が高い気がいたしました。法話の会も開催されているようですが、檀家の方や年上の方ばかりだと少し気おくれしてしまいそうと感じたり、一人で参加するのが不安であったり、いろいろなことを気にしてしまいます。 それならば一人で仏教を勉強しようかとも思いましたが、私は仏教を学びたいというよりは、どちらかというと、お寺やお坊様とつながりを得たいのだと思います。 私には今、ふと心が迷ったときに、自分の家以外に向かう場所がないからです。 お坊様に個人的に悩み事を相談するために伺いたいわけではなく、ただ、お堂でしばらくの時間座らせていただくだけでも十分気持ちが安らぐ気がいたします。 もちろん、自分の家は安らぐ場所ですが、ずっと引きこもってばかりです。 社会との接点として、お寺とつながりを持ちたいというのは、あまり一般的な考えとはいえないでしょうか。(ふさわしくない場合は、はっきりご教示くださってかまいません。申し訳ありません) 御多忙な折に、読んで頂きありがとうございました。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

お坊さんに対して怒り出す参拝者

こん◯◯わ!以前私がお参りに行った時に、話をしてるのを聞いた時に思ったことです。別々のお寺で何人かタイトルの質問通りの方がいました。 1、お寺で御朱印をいただいてクレームを言う方 そこのお寺さんは書き置きの物しか渡せないお寺さんでした。受け取られる前に、お坊さんがせつめいしてるのに、参拝の方は頂いてから、返品すると言っていました。お坊さんはそれに対して、 これは貴方が最後まで持つ物ですよ。返品は出来ないからやるならお焚き上げですね…と言っていました。 御朱印帳に直に書け!と怒り出すお参りの方… 御朱印を何のために貰っているのでしょうか…私は疑問でしょうがないです… 2.お願い事の相談に来て、参拝のやり方や、その他お寺さんとの付き合いがわからないので、説明してくださいと言うお参りの方 お願いごとをする時にお守りが良いのか、絵馬が良いのかというお話でした。 絵馬でお願いする際に名前を書こうとしたようで、友人?の合格祈願がお願いだったみたいです… 友人の名前で書いても良いのでしょうか?というお話でした… 又、友人にお守りをお渡ししても良いですか?という質問もされていました。それに対してお寺さんは それは貴方のお願い事であって、友人が本当にそれを望んでいるかと言うことはわからない。そして、友人に頼まれたわけでもないのに、友人の名前を書くのはやめた方が良いのでは? との内容の回答をしていました。又、お守りに関して、 日本は宗教の自由が憲法にあるから、渡して嫌がられてしまうこともある…と言う内容のお話をしていました。 この話の後に参拝の方が、お前にはお守りや絵馬なんて必要ない!と感じたのか、お寺の別の方に罵声を浴びせていました。 宗教で戦争が起こる、宗教上の理由で食べられない食べ物がある。など日常生活で溢れていることですし、高校の社会科教師の友人は歴史の授業で宗教関連と国関連の話をする時には物凄く気を使う。ということを話していたくらいです。 私はこの話をきき、理解できないということは恐ろしいことだと思います。お寺さんが細かいところまで心配して説明してるのにもかかわらず… 上記二点について、お坊さん方が遭遇したらどのようにご対応されるでしょうか? 正直、金を払えばなんとかなる!がお参りの考えですかね? 又これらのような場合第三者の私はどうすれば良いですか?

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

弟がお参りに行きたがりません

何故だろうと私の中で不思議に思っていたことがあったのですが、今日親戚とお話をしていてそれを思い出し、その答えがとても気になってこちらに質問させて頂きました。 私には二つ下の弟が居ます。 弟は実家で両親と祖母と暮らしているのですが、数年前仕事が嫌になり仕事を辞めてしまいました。辞めて3年程になります。 就職もせずです。かといって引きこもっているわけではないのですが、明らかに仕事をしっかりしていた時期に比べると覇気はありません。 そして私ともなかなか目を合わせなくなりました。心の中を見透かされるのではと怖がられている気がします。 そんな弟が仕事を辞めてからだと思うのですが、家族でお正月に神社にいったりしても気がついたら私達について来ずお参りをせずに階段の下でいるんです。 たまにお坊さんのお話を聞いたりもするのですが、その時も気がつけば一緒におらず、一人でささっと何も言わずに下で待っているんです。私はおかしいなと思って何度も一緒に行こう?と言ったのですが、異様な程に頑なに嫌がるんです。 以前の彼はそうゆう場に行っても普通についてきて他の一般の方々と一緒で普通にお参りをしていました。 今日その事をふと思い出して少し気になりました。異様な程の拒否感にとても引っかかっております。 そういった方は他にもいるのでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

神社に参拝しに行きました

昨日、受験に関するお祈りをする為に学業にご利益のある神社に参拝しに行きました。 だるまも買って、矢?も買って、絵馬にも書いて、大体4000円くらい?使ったと思います。 ここまでは良かったのですが、問題は、それから一気に勉強への意欲が失せてしまったことです。元々判定も過去問の点数も良くなかったのが、神社に行ってから本気で「今更どうにもならないから神頼みしかない」と考えるようになってしまい、今年の春休みから今まで朝から夜遅くまで集中して勉強出来ていたのが昨日、今日で勉強を殆どせずにYouTubeを見たり別のことを考えるようになってしまいました。情けない話です。受験の倦怠期というのもあるのかもしれませんが、参拝して安心してしまったのが主な原因だと思います。 高校受験でも参拝しに行きました。 高校受験の頃の自分は怠惰を図にしたような人間で、受験勉強という受験勉強をしておらず、親の目を盗んでゲームばかりしていました。 塾の先生にもここは受からないだろうと言われていたのですが、結果的に偏差値が自分とは10も違う第1志望に受かってしまいました。奇跡としか言いようがありません。親にも未だに勉強をしていなかったことは話していません。 そういった体験もあって、甘えの感情が出てきてしまっています。しかし、神様というのは頑張っている人にのみ願いを叶えて下さるんですよね? 散々サボってしまいましたが、今からでも遅くないでしょうか。神様は私を見放していないでしょうか。部屋に買っただるまを置いているのですがなんだか監視されている気分です。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る