hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

これは偶然ですか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 4

父の法事の後の食事の時に、和紙を加工して燃えない和紙をお鍋にした、鍋料理が出されました。皆が食べ終わった頃、姉の鍋だけがモクモクと黒い煙をあげて焦げはじめました。私はそれを見た時、思わずぎょっとして目が点になりました。「祟りじゃ~」と心の中で思ってしまいました。
その他、姉は今までに家族での外食時にお料理の中にガラスの小さな破片が混入していて口に入れた段階で気が付いたそうです。それがそれぞれ別のお店で合計3回あったそうです。
その話を聞いた時に「へ~」と言いながら心の中で「祟りじゃ~」と思いました。
私は理不尽だなとか、不公平感を感じる事はあっても姉やその他の人の事を呪った事は一度もありません。

仏教では「祟り」や「呪い」はどのように考えられているのでしょうか?
教えてくださいませ。

2019年10月31日 1:23

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

祟り呪いはありますが。

お姉さんの、和紙の器が燃えた、これは水分が無かったことでしょうね。
さて、祟りとか呪いとか、昔から言われいますが、すべて、祟られる、呪われる原因があってのことです。そうなるとお姉さんは、誰に、どうしてなのかという事です。余程何か、原因になるようなことをされたのでしょうか。

ぴょんこさんは、お姉さんを呪ったことがないと言われていますが、そのようにお姉さんの不幸?出来事を、そのように解釈すること自体が、まるでそれを楽しんでいるかのように聞こえます。それはどうなのかと思います。

又、厳密に言えば、祟りと呪いは違うものです。祟りは、大まかに神仏とか人間界を超えた世界のことで、少々説明が必要かと思います。
呪いは、どちらかといえば人の執念、執着、怨念、いわゆる積み重なるマイナスの思い、悲しさ、辛さ、悲惨さ苦しさがエネルギーとなって、その人を思う(呪う)
とういうことでしょう。そうせざるを得ない、原因があってのことです。
人間関係において、そのような状況になることは否めません。また、相手側はそう考えていなくても、勝手に思い込みをしてそうなる場合もあるでしょう。

ゆえに、祟りとか呪いは、エネルギーとして存在はしますが、その影響を受けるのは、受け取る側に原因があるということです。
ゆえに早期にその原因を究明し、反省し懴悔することが、解決の方法です。
この事案については、さらに詳しく説明される、お坊さんもおられるでしょうから、お聞きください。

~追伸~
なるほど、それほどまでにお姉さんは、世間様にお迷惑をお掛けしているのですね。それは、そう思いたくなるのも仕方ありません。又、お坊さんに謝る必要はありません。
ともあれ、お姉さんの不良行為は、自らその報いを受けて頂くことになります。そういう意味での呪いは発生するのかもしれませんが、それでも私たちがどうこう思わない方がいいでしょう。

2019年10月31日 11:50
{{count}}
有り難し
おきもち

日蓮宗のお寺で、名古屋市南区にあります。 ”お寺は生きている人のためにも...

質問者からのお礼

鈴木海祥様
ご回答ありがとうございます。姉の不幸に対して不謹慎な文章を書いてしまった事をお坊様にお詫びします。
姉の昔からの人を人とも思わない悪行を知っている私は、現実的になんのおとがめもなく、のうのうと暮らしているところに世の中の不条理を痛いほど感じるからです。
そして姉の被害にあった人々が全員、警察に通報するなり、両親に苦情を言うなり、何の手だてもしなかったのです。姉の被害者のうち一人だけ、私に「やめて」くれるように伝えてくれと言いました。なぜか、両親さえ姉に教育的指導ができなかったのです。

「不思議なできごと・夢を見た」問答一覧

旅行の直前になると必ず病気になります

来年手術を受けることになり、それまでの間病院に通って治療しています。 治療が進み、症状がかなりマシになり、医師からも「もう酷くなることはない」と言われていました。 この数年色々あって自分や自分の人生を変えたいという思いが強くなっていて、体調も良くなったので、居住地からかなり離れた所で開かれる、ある交流会に参加することにしました。 交通手段や宿やチケットなど全部用意していよいよ旅の3日前。突然今まで消えていた症状が復活。日常生活も送れないほど酷いので旅はキャンセルに…。 実はこれが初めてではなく、少し前にも同じことがありました。 今回と同じように、新しい人達と出会って自分の居場所を見つけたいという思いから交流会に参加する予定を立てていて、その数日前に症状が出て今回と同じくキャンセル。 単なる偶然と言えばそうかもしれませんが、何か見えない力が「行ってはいけない」と警告しているような気もします。 そういうことってあるのでしょうか? (交流会に参加できなくて人生を変える一歩が今年中に踏み出せなかったのはとても残念ですが、なぜか旅に行くことにしていた時より気持ちは平穏です。やはり行ってはいけないという暗示だったのでしょうか)

有り難し有り難し 36
回答数回答 2

お祓い後の不思議な現象

数年前のお話です。 あまりにも不幸な事が続くので、近くのお寺に行きたいと何週間も前から考えていましたがなかなか行けませんでした。 急に用事が入ったり、体調が悪くなったり、天候だったりと様々です。 そんな中、ある朝突然「行けるかも」と思う日がありました。 身を清めてから1人で歩いてお寺まで向かいました。 そこのお寺は普段は住職さんもおりません。掃除の時くらいです。小さな田舎町の小さなお寺です。 私がたまたま訪れた時、住職さんと地域の方々2人が掃除をしていました。 私は普通に参拝し、帰ろうとしました。 その時、住職さんに呼び止められお話をすることになりました。 「あなたが来た時、良い風が吹きました。お祓いしていかれますか?」 私は相談も身の上話も一切していませんでしたが、お祓いして頂けるとのことでとても嬉しく思いお祓いしていただきました。金銭も何も求められませんでした。 お祓いが終わり、感謝し、そのまま普通に帰ろうとお寺の敷地を1歩出た瞬間。 なぜか目から涙が出てきたのです。 そのあと家に帰るまで一人で歩きながら15分間涙が止まりません。悲しい気持ちにも、泣くような出来事も一切ありませんでした。 なんで涙が出てくるのか不思議で仕方なかったです。 そして、その後不幸な出来事はぴたっと止まりました。 お祓いには効果があるのでしょうか? お祓い後に何も考えていないのに勝手に涙が止まらなくなることはありますか? とても不思議な体験だったので、気になっています。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

夢の中で瑠璃観音菩薩のような女性にあった

私は霊感などはないのですが、私の母は近しい人が死ぬ数日前に動物(母が子供の頃に飼っていた犬)に噛まれる夢を見るようで、夢が醒めるまで噛まれて離されたらひどい怪我をして、噛まれて離さなかったら死んでしまうのです。 この話を聞いた時に嘘だと思っていたのですが、小学生や中学生の時に母が動物に噛まれる夢を見たというと本当に1週間以内に誰かに不幸が起きて怖いというか信じられなかったので、不吉なこと言うなとよく言っていました。 私自身はそういう事がないので悠々自適に寝れるわけですがこの前に凄く変なというか警告のような夢を見ました。 この話をする前に 私の趣味はダイビングや釣りなどで海や川に行く機会が非常に多いです。 夢の中で私は定食屋のような場所のカウンターの席に座ってご飯を食べていました。ですが、この定食屋の客層は少し変わっていまして、皆が江戸時代のような服装で浮浪者のような格好でした。 定食屋をやっている女性はとても優しい女性でその定食屋のお客さんに無償で沢山の食べ物を作って食べさせてくれていました。(夢の中の私もまた浮浪者の一人だったのかも知れませんが) 定食屋の女性は遠慮してなかなか料理を食べない私に「いっぱい食べなさい!」と様々な料理を勧めてくれるのです。 そこで申し訳ないなと思う私がカウンターの中をたまたま見ると洪水で流された様な、苗字部分が掠れた年代物の様な家の表札が沢山置いてあるのです。 その表札を見た後に女性の名前の札のような物が見えました。そこには日本の漢字では無いような瑠璃閑に近い漢字が書かれていました。(夢の中で私はるりかんと読んでいました) その名前の札を見た後、私は宙に浮いて空の上から大きな瑠璃閑のような文字が記された提灯を見ました。 そのあと、誰かに足を強い力で揺さぶられ、引っ張られ目が覚めました。 そのあと、あまりにもいつもとは違う妙な感覚だったので「るりかん」を調べたら水難の観音様とされる瑠璃観音菩薩が出て来ました。 私の趣味が水に関わる事でアルバイトも水に関係する事をしているので非常に驚きと畏敬と何かの知らせではないかと思いました。 私の見た夢は何だったのでしょうか? 何かの知らせなのか。何でもない夢なのか。ただただ今までにあまりないタイプの夢でしたので相談しました。 長文となってしまいましたが、お答えいただけると幸いです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

24歳上の悪遊を亡くしデジャブを経験

亡くなった悪友は51歳という若さで単独事故で亡くなりました。 「関係性」 相手には家庭もあり、愛人も数人居るような元気な方でした。愛人ではないが、時間が合えば出かけたり体の関係もあり遊んだりしていた仲でした。 私が再婚して連絡回数が減り1年に3回程になっていた。 何故か久々に連絡を取りたくなりめ連絡先したが返事が無くて、共通の友人に連絡とりたいと話しして伝えておくね!と翌日亡くなりました。 「デジャブ」 そして葬式準備していたら、ふと自分が喪服を着る自分の夢を思い出した。 この姿、手に持っているもの同じでした。この断片的な夢は数カ月前見た夢で何か記憶に残る動物が出ており、目が冷めた後夢占いで調べたので記憶にかすかに残ってました。 その夢占いには、「試練、大切な人が亡くなる」と言う書いてありましたがそんな事あるはずないとスルーした事がありました。 この出来事が気になり調べていたら ここの仏教の教えをしることになり楽になりましたが、仏教の教えではあり得ないが 私の様な出来事があると、この人の運命は決まっていたんじゃないかと思いました。 私が経験したデジャブのような事は 「なぜ、ひとも特定して事故死する事を見れなかったんだ、」など悔みました。 だか、ここの悟りを読んで 私に対して「試練」がくるよと教えててくれただけでもありがたいと思えるようになりました。 「疑問」 この出来事はデジャブと言うのか、守護霊さんか何かが教えてくれたのでしょうか? この方は、亡くなる運命が決まっていたんじゃないかと思えましたがどう思われますか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る