hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

主人とわたし、何が違うのか…。

回答数回答 2
有り難し有り難し 16

先日、主人にわたしの職場での出来事について話をしていました。

毎回残業中の人がまばらになったタイミングで、同じ部署内で二人の同僚が悪口合戦を繰り広げます。体制がどうのこうのとか、上司が無能だとか、最後は他の同僚の人格を否定するような(馬鹿だとか仕事できないだとか、いい大学を出てないとか、生理的に嫌い、臭い)話になります。聞くに堪えない話なのでいつも無心になっているのですが、先日は本当に切羽詰まった残業だったので、仕事がしづらくて困った…他の同僚たちも同じ思いを抱えていて、なんだかなぁという話になったんだ…という話です。
そんなに深刻な感じではなく軽い雑談で話をしました。

主人は一言「つまんねぇ奴らだな」と苦笑して、その後一呼吸置いてこう言ったのです。
「…俺ってそういう場面に遭ったことがないんだよね。なんだろう、きっとそういうやつはいるんだろうけれど、俺の視界には入らない。俺の周りにそういう人はいない。不思議だよね。俺の周りだけいなくて、あなたの周りにはいるなんて、そんなことないのにね。」

その後おどけて「まぁ俺が高尚な人間ってことか!」と言っていましたが、なんだかもやもやっとしました。
確かに、主人から職場の人間関係で困っているという話は聞いたことがありません。ほとんど楽しい話です。
一方、わたしは、苦労することが多いです。
年上の女性同僚から理由もわからず無視をされることもあったり、前述のようなイヤな場面に出くわすこともあったり、職場をかき乱すようなトラブルを起こす人がいたり、何かしらあります。
同業種の男女問わず友人知人と、お互い職場の人間関係で悩んでいることを話す機会はあるので、同じように悩んでいる人は他にもいるんだなとは思います。
しかし、主人は、わたしの話を聞くたびに「俺はそんな場面に遭ったことはない」と言います。主人も同業者なので、同じような環境で働いているのですが、職場は桃源郷のようだと言います。
(ちなみにわたしは悩みこそありますが、職場自体に不満はありません。)

こうなってくると、本当に主人が高尚な人間なんだろうなと思えてきます。
そうすると、いつもトラブルに巻き込まれたりトラブルを目の当たりにしたりするわたしは、どこか人間性が欠落しているからなのかしら…と落ち込んでしまいます。

主人とわたし、何か決定的な違いがあるのでしょうか?

2020年1月25日 8:58

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

内因外縁

ご相談拝読しました。

以前のご相談も読ませていただきましたが今はご夫婦としてまた共に歩まれている様ですね。その中でもやまはりまだ悩みは尽きないといったところでしょうか。

さて、

>主人とわたし、何か決定的な違いがあるのでしょうか?

とのことですが、まず基本的に全部違います。
違う人間なのですから違うのが当然です。生まれ持った素質、育った環境、経験した出来事、であった人…、その中で自分が何を思い、何を語り、何を為したのかによって自分というものが形成されていくのです。

とはいってもただ単に「全部違う」だけでは取り付く島もないですから、一点考え得るものを挙げるならば、物事の見方が「事実ベース」か「評価ベース」かの違いでしょうか。

内因外縁(ないいんげえん)と言いますが、人間が苦しむのは自分の思いに苦しみます。自分の外側の状況(人間関係や出来事)は縁です。縁それ自体に苦しむのでなく、縁について自分がどう思うかということにより苦しむ、それを内因と言います。

ある出来事があったら万人が万人それに同じように苦しむのでない、平気な人もいればいつまででも忘れられず怨む人もいる、それは物事の見方、つまり評価が違うから。
逆から言えば物事それ自体に良い・悪いの評価が固定実体的に付属しているのではない。悪い出来事や良い出来事があるのでなく、ある出来事を自分がどう評価しているのかの違いです。

人間である以上は評価する心がなくなるわけではない。死ぬまでそれは逃れられない。
だからご主人だって

>きっとそういうやつはいるんだろうけれど

と言う。思い当たるところはあるのでしょう。

でもその評価を中心に物事を取り扱わない。ただある出来事があったという事実を中心にみて、それについて為すべきことを為す。それに集中しあとは流す。

評価を中心に取り扱うと長引く、評価はその時々の自分の都合で変わるからです。コロコロ変わり定まらない。

これはご主人が高尚であなたが欠落という話ではないのです。それこそまさに評価です。
たまたまご主人がそのように自然と物事をみる縁にあったのでしょう。そしてあなたも今そこに気がついた。

問題の所在はいつも自分。その気づきこそが大きな一歩です。

2020年1月25日 12:03
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

感受性の違い

すみれ さん
こんにちは
拝読させていただきました。

ご主人との思いや感覚の違いで悩まれていること、家族であり、日々の生活のことですので、ご苦労、お察しします。

さて、先にご主人とすみれさんの決定的な違いは、何かとの問いに、私は、「感受性」の違いだと感じます。人間が高尚であるかどうかは、たいしたことではない気がします。衆生は皆、煩悩まみれで高尚な人など、なかなかいるものではないと思いますよ。

個人的意見ではありますが、総じて男性より女性の方が、大人より子供の方が、感受性が強いと思います。すみれさんも感受性が強く、周りの皆の声が心に響くから、悩みを生むのだと思います。
世界で起こっている事件・事故も自分事と思えば心が痛みますし、対岸の火事、他人事と思えばどうでも良いことなのかもしれません。

また、すみれさんが皆さんの声が聞こえるということは、その分、仏性が磨かれ心がセンシティブな可能性があります。鬱や心が病むのも方々は、社会の闇の圧力に押され、センシティブな心が悲鳴をあげているのでしょう。

すみれさんは、衆生の声が聞こえ、センシティブな分、悟りには近いのかもしれませんね。それは、すごくラッキーで豊かな可能性もあります。私事ですが、歳を重ね苦労するが故に、うまくいかない方や悲痛な声をお持ちの方々のお気持ちが少しはわかるようになってきた気がします。その分、歳をいって涙もろくなってきたのかもしれませんが、今では鳥の声、風の息吹にも涙します。何と豊かなことかと感謝しているところです。

そして、ご主人を責めることもされないでください。皆、仏性はあります。ぜひ、すみれさんがご主人の感受性も豊かにしてあげてください。ご自身の心がもっともっと豊かになれば、周りの皆さんもそれは伝播するはずです。

応援しています。
ひとつの参考になれば幸いです。

2020年1月25日 11:42
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


質問者からのお礼

お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
お二人からの丁寧な言葉に感激していました。
自分自身の転勤やらなんやらでここまで遅くなってしまったことをお詫びします。
そして、本当にありがとうございました。

「不思議なできごと・夢を見た」問答一覧

死のうとしたら大嫌いな蜘蛛に助けられた

閲覧ありがとうございます。 神様や仏様、亡くなった祖父母が姿を変えね、または他の存在を利用して、私の命を助けてくれたと思って良いのでしょうか? 先日仕事で悩み、突発的に死にたくなって10階建ての建物の階段登っていました。 そうしたら半分くらい登り終えたところで、階段に大きな蜘蛛の巣が張っていて、小さな蜘蛛がいました。 私はもともと蜘蛛恐怖症なので蜘蛛を見て怖くなり、気がついたら蜘蛛から逃げるために1階まで階段を駆け下りていました。 そして1階まで階段を降りた後、ふと気持ちが冷めて、死ぬことをやめ帰宅しました。 今になって冷静に考えれば自分でも死ぬ覚悟があるならば蜘蛛などどうでも良いし、そもそも1階まで駆け下りて逃げる必要も無いと思うのですが、その時は必死でそのように思いませんでした。 蜘蛛の糸と言う話がありますが、私の場合は蜘蛛が大嫌いで今まで蜘蛛に対して酷いこと(見たら怖くて殺してしまうなど)しかしていないのに、大嫌いな蜘蛛に命を助けられました。 今では、神様や仏様、亡くなった祖父母が、蜘蛛という存在として、または利用して、私の命を救ってくれたのかなと思って、頑張って生きようと思っています。 分かりにくい文章ですみません。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

勝手な思い込みかもしれませんが。

いつも、お返事ありがとうございます。 毎回、お坊さま方々の優しいお言葉に励まされ、何とか生きています。 我が家には、お仏壇があります。 朝晩にお茶、お水、ご飯をお供えし、出掛けてる時には行って来ます!帰った時にはただいま!と声をかけています。 最近なんですが…。朝の挨拶で「いつもありがとうございます。今日も一日頑張りますので宜しくお願いします」と呟やきながら、義父母の遺影を見ていると、「○○、今日も頑張って!大丈夫!大丈夫だからね!」と言う言葉が、胸の中にスーッと入って来たのです。 きっと、自分の勝手な思い込みなのかも知れませんが。 挫けて涙が溢れて。生きていく事に疲れて。もうダメだ。もうダメだ。って思う事も沢山ありますが。 お仏壇?義父母?からの大丈夫!大丈夫!と言う言葉に救われてもいます。 娘の遺影も優しく笑いかけてきます。 私は、弱くて頼りなくてダメな人間で、死にたいと言う想いもいつも頭の片隅にありますが。 何だか、まだ大丈夫!死ぬにはまだ早い!大丈夫!きっと幸せになれるって励まされている様な気持ちになります。 ホントに勝手な思い込みでしょうが、お仏壇に手を合わせることで、何となく私は救われていると思います。 纏まりのない話しで申し訳ありません。 亡くなった人達と心と心で繋がっているって思ってもいいのでしょうか。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

不思議な現象

お忙しい中、いつもご回答を頂き、ありがとうございます。 再び質問をさせてください。 過去の質問にも書かせて頂きましたが、 今年3月に母が他界いたしました。 それから3ヶ月が経過した6月のことです。 家にいても寂しさなどでおかしくなりそうだったので どこに行くという宛てもなく散歩に出掛けたのですが、 気付いたら母が入院していた病院に来ていました。 自分でもビックリで自然と足が向いていておりました。 もちろん母がいるわけではないので帰宅しましたが、 それから数日後、今度は自分の周りを黒い影のようなものが 通り過ぎていくのを3回程、体験いたしました。 初めは虫がいたり、気のせいかなどと思っていたのですが、 今、改めて思うと違うような気がしています。 そして、つい数日前の最近のことなのですが、 雨の降りが強くなり、自宅の二階窓から外を眺めた時、 人が近くにいかないと点灯しないはずの隣家のセンサーが 点灯し、数秒程ですが明かりがつきました。 夜中でしたので人どころか猫一匹すらもいませんでした。 翌日、隣家の方に事情を話して確認したのですが、 やはり誰も出入りはしていないとのことです。 このように身近で不思議な現象が相次いでいるのですが、 亡くなった母と関係あるのでしょうか? 霊感もなく、今までこのような体験は一度もありません。 わかりにくい質問・文で申し訳ありませんが、 ご意見よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

何がしたいかわからない中悪夢に魘されて

前回の回答から自らと向き合い亡き人より教えられたことを信じ 私自身で心の中で決別の意が固まり希望が持てました必死に亡き人の分まで生きて行こうと しかしそれから数ヶ月 私は死にたいとは思わなくなったものの 何がしたいのか何がやりたいのか自分でわからなくなってしまったんです いろんな苦難がありました言いがかりを付けられたり上手くいかないこともですが必死に最愛の人が遺してくれた命でありあの人ならと思い出しては考えて対応し解決してきましたですが必死に頑張っても自分が何がしたいのかわからなくなるばかりか最近あんなに大切な人だったのにそれすらも時間が経過し薄れてきてしまいました とても私は情けなく感じてますあんなに側に居たのに忘れてしまうなど… そんな不安な中でさらに悪夢まで見るようになりました 自ら命を捨てて他を助けて死んでしまう夢 人が私のことを忘れられ孤独に生き死んでしまう夢 人に腹を立て物を壊しながらその人を殺ろうとする夢 人に裏切られて自殺してしまう夢です 多くあるのは人に腹を立て物を壊しながらその人を殺ろうとする夢です何でこんな夢を見るようになったのか なぜ自分のことがわからなくなったのか なぜ私はあんなにいつも側に居た恋人の思い出が薄れてしまうのでしょうか とても怖く感じてます不安なのです 私はどうなってしまったのですか

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

父の死後の夢

はじめて投稿させていただきます。6月に父親が亡くなりました。病気だったのですが、突然死のようなものです。無事葬儀を終えて、父の死後20日経過したあたりで不思議な夢を見ました。普段夢はみても覚えてないのですが、その夢だけはハッキリと今も覚えています。 夢の中で父と暗闇の神社かお寺の砂利道を歩いてる時に父にお酒は控えた方がいいよと言ったら父は悲しい顔をして、父が持っていたお猪口を砂利道に立っている机の上に置くとそこからロウソクとおりんが出てきて、おりんを2回鳴らして 南無阿弥陀 南無大師遍照金剛 南無妙法蓮華経 と唱え その後に私の名前を読んで仏像の意味と名前をノートに書いてちゃんと勉強しなきゃな。と言われました。また、父はポケットから引換券を出してあそこで交換してきなさいと言われ、交換所で9か12のマスになった梵字の長方形の掛け軸のようなものをもらい、そこには私たちの名字も上に記載されていました。 父がそれを手に取り、僕の名前を呼びこれは大切にしなきゃなと言って しばらく経ってから夢が覚めました。変な感覚で起きて父親にあったと実感しました。 そこで父の言うように仏像様の本を買ったら一つ一つ意味があることを知り驚き、今は勉強中です。 梵字がマスに9個か12個におさまった掛け軸はまだ見つかりませんが、それもいつか見つかる気がしています。 これは父が現れてきたのでしょうか?すみません。おかしな質問ですがその日からずっと気になっています。 僕は無宗教というか、あまり関心がなかったのですが父の死で我が家の宗教というものを勉強している最中です。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る