hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お寺さんとのお付き合いの事です

回答数回答 3
有り難し有り難し 14

よろしくお願いします。
私の妻の家は檀家なのですが3年前義祖父が他界いたしました、その際の葬儀の時に妻から色々お寺さんの話を聞いてみると義祖母は「お寺に今までお布施等を納めた事は無い」(多分寄付の事だと)と言っていました、私の感覚ではお寺さんとのお付き合いは法事や葬儀、お盆以外にも寄付等があると認識しておりました。
その後祖母と一緒に同居する様になり、ある時本堂建て替えの為の寄付の案内が届きました、祖母は「節目節目で色々贈り物をしてるからいいんだ!」と言い寄付をしようとしません、そこまで高額では無かったので納めた方が良いとも思いましたが私が口を出すのもと思い結局納めませんでした。 ですがその事実を知ってから私自身がお墓参りも行きづらい気持ちと他の檀家さんに申し訳ない気持ちです。
今後の事も考え妻と話し他の檀家さんと同じようにお付き合いをしていきたいと思っているのですが10年20年近くお付き合いもせずに今更ご住職様になんと言うべきか分かりません。

2020年3月20日 16:06

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

喜捨とは無理に行うものではないと思います。

初めまして、今日は。

それぞれのご家庭の事情などにもより、喜捨を無理に強要するものではないと思います。

喜捨とは・・ブッダさまの時代からありました。そのころのお坊さんは・・亡くなった方の服やいらなくなった布で衣を作っていました。今で言いますお布施とは、食べ物や寺院を作るための木や、お坊さんの衣のために布を喜捨していました。それが、いつからかお布施=お金となったのです。

文字の如く・・・

喜んでお授けする事です。神社やお寺でお賽銭を喜捨されるときにも当てはまりますが、未練があったり・・これだけお布施をしたのだから!それ相応な見返りがありますように!と思って、喜捨をすることではありません。仏様は、見返りを求められることが嫌いなのです。

お布施は、お寺様のご本尊様に喜捨をさせて頂く事です。そして、その喜捨とは金額ではないとも思います。義祖母さまではなくても、あなたでも喜捨をさせて頂く事も出来ますが、決して無理をせずです。

ご本尊様、このお金で困っている方をお救い下さい・・と願って喜捨をすると、大きく帰ってくるのです。お寺などで、祈る時・・どうしても自分の事を祈ってしまいますが、そうではなく・・地域の方、職場の方、ご友人・・・と他の方の事を祈り致す事も同じです。そうして、誰かがあなたの事を思って祈っているのです。

お布施=喜捨とは、金額ではないことや、見返りを求めずに純粋な思いでご本尊様にさせて頂く事・・心の片隅にしまっておいて頂ければと思います。

喜捨をさせて頂く時は、無理やりではなく”笑顔”で見返りなくさせて頂いてください。

あなたらしく人生という冒険旅行を仕合せに歩めますように、お祈り致しております。

合掌

2020年3月20日 16:43
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


永寛
皆様、初めまして。ストレスの多い現代・・お寺とはご葬儀や法事のみではなく、...

なかなか大変ですねぇ

 御質問ありがとうございます。最近社会情勢の変化があり、家庭においても多くの問題があるのが実状です。
 さて、お寺との付き合いについてですが昔は本当に檀家さんはいろいろ頂いておりましたが、(財施)なかなか頂く事が少なくなっております。よくお参りにはお金でなくお米のお寺がございます。お寺として有難く頂いております。この事とは別にお寺の寄付等をお願いする場合には、門徒さんだけでなくお寺も出す様にしないといけなく思います。寄付等は強制的でなく気持ちでございます。御布施は納めなかった気持ちと今後のお寺とのお付き合いについてですが、自宅のお仏壇や菩提寺の本堂で祖母さんの年忌を執り行われる事で、少しは気持ちが落ち着くのではないでしょうか。決して今まで御縁がなかったという事ですが、少しは御縁頂けると思います。 合掌

2020年3月21日 9:48
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


山寺の住職です。他の仕事と兼務してます。

無理の無い範囲で寄付されたら、如何でしょうか

寄付は決して強制では無いと思います。但し、お寺さんとしても、本堂建替えを行うとなれば、檀家の役員と何度も協議したと思います。一般の檀家さん向けの説明会を開いたりしたと思います。そういう手順を踏んだ上での「寄付のお願い状」だったのではないでしょうか? 可能な範囲でご寄付いただければ、お寺さんは有難いと思います。


私の感覚ではお寺さんとのお付き合いは法事や葬儀、お盆以外にも寄付等があると認識しておりました。

寺の住職と言う立場からみれば、全部の檀家さんがhiroさんのような認識を持ち、寺の維持運営を協力していただければ有難いです。

 現実問題として、お寺の維持運営は檀家さんたちから戴く御布施によって成り立っております。檀家数が多い寺院は少数派です。大多数の寺院は限られた布施収入の中で如何に維持運営し、後継者を育ていくか、結構苦労しています。本堂や庫裡を建替えるとなると、正直言って寺の貯えと通常いただく御布施だけでは難しい場合が多いんです。奥様の実家のお寺様の事情はわかりませんが、檀家さんからの寄付が全く無かったら、建て替えを進めることは難しいでしょう。

 我が寺では、12年前に庫裡を全面的に建替えました。いずれそういう時が来ると思い、其の20年ぐらい前から檀家さんからいただく御布施はなるべく定期預金にするように努めてきました。私個人としても長年貯えてきた預貯金からかなりの金額を出しました。寺の預貯金と私の預貯金だけでは足りませんので、檀家さんからの御寄付もお願いしました。快く寄付に応じて下さった方々が居られ、ほぼ目標の金額が集まり、庫裡会館は完成しました。経済的な事情から、標準よりも少ない金額の寄付の方も居られました。残念ながら、全くご返事がいただけない方も居られました。
 我が寺では、全部の檀家さんに建設の趣意書や寄付申し出書や振替用紙を送る際、趣意書2部と申出書3部を同封しました。その家の代表者の方が御高齢であり、其の御家庭の収入は息子さんや孫さんが担っている場合も多いからです。

 ですから、hiroさんが寄付をだしてあげても、何ら支障は無いと思います。義祖母には黙っておいて、お寺さんにも「祖母には黙っていて欲しい。寄付芳名等に公開しないでもらいたい。」と言っておけば良いと思います。

2020年3月21日 16:51
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

「お寺全般」問答一覧

お寺について

お寺についていろいろ教えて下さい。 こちらのサイトで同じような内容で何度か相談させていただいた時に「くよくよしてないで説法でも聞きに行ってみては」と言われました。 正直常に小さい子供を抱えている状態で、場所見知り・人見知りがあり知らない場所や人がいると泣き叫ぶ子供を連れて行く勇気がなく、まだ足を運べていません。 なのでやはり悩みは尽きず、いっぱいいっぱいになってきています。 そこで質問なのですが、説法というのは一体どういうものなのでしょうか? 大小関わらず全てのお寺でやっているものなのですか? 悩んでないで説法を聞きに行けと言われましたが、説法で悩みが解決するようなものなのでしょうか? 他にも説法を聞きに来ている方もいらっしゃると思いますが、永遠に泣き続けるような子供を連れててもいいのでしょうか? そしてこれは個人的な意見なのですが、私が関わったお寺はそんなに多くはありませんが、正直儲け主義・自己中心的なお寺ばかりだったように感じています。 1 保育園併設のお寺でしたが、住職さんのお誕生日には園児1人につき1000円を徴収し、かなり高めのお誕生日プレゼントを購入しないといけない。他にも何かと金銭を徴収されることが多かったです。 2 こちらも保育園併設のお寺でしたが、私の妹が保育園の先生として就職した際なぜか住職さんの奥様に嫌われたらしくイビリ倒されて心を病んで泣く泣く退職。 3 母方の祖父のお葬式などでお世話になったお寺でしたが、母が「お葬式が初めてでお布施にいくら包ませていただいたらいいか分からないので、申し訳ないのですが平均的なお値段を教えていただきたい」と申し出たところ、平均の2~3倍の値段を言われていました(後で他の方に聞いたみたいです)。 といった感じで、あまりお寺にいいイメージがありません。 できればこういったお寺ではなく、こちらのサイトで色々な方々の相談を親身になって聞いてくださっているような住職さんから説法を聞きたいと思っています。 何か見極める方法などありますでしょうか?

有り難し有り難し 57
回答数回答 5

お寺とお坊さんについて教えて下さい

お寺での生活や、僧侶として従事する方の日頃の暮らし、なぜ仏門に入られたのかきっかけ等に興味があり、件名の通りの質問をさせていただきます。 不躾な質問でしたら申し訳ございません。 お寺や宗派によってもまた違うかと思いますが、できるだけいろんな方の回答を伺えたら幸いです。 質問数が多くなってしまい大変申し訳ありませんが、差し支えのない範囲でご教示いただけますと幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 ①一般的に、住宅街にあるような比較的小規模な寺院には、住職以外のお坊さんは大体何名ほどいらっしゃるのでしょうか? ②お坊さんが一通りの修行を終えたとされるのはどのような段階ででしょうか? ③修行を終えたのち、学校職員など他の職業と兼任しながら、お寺に住み込みで役僧や僧職員として住職のお手伝いをして暮らす言うことはあるのでしょうか? ④お寺に住み込みで働く場合、住職にご家族がいらっしゃる場合、同じ場所で暮らすのでしょうか?別棟などが用意されてるのでしょうか。 ⑤実家がお寺で家業を継ぐ以外で、お坊さんになられた方がいらっしゃいましたら、なぜ仏門を目指されたのかお話を伺えますと幸いです。 以上です。 もし失礼なことを伺っていたら申し訳ありません。

有り難し有り難し 39
回答数回答 4

ふとしたときに休めるお寺ありますか?

カテゴリわからずその他にしてます、、 疲れました、 なにがとはないですが、少しやすみたいです、 心をどこかに置きたいです ゆっくりしたいです 好きなことや散歩の前に、あまりにも心にガスが溜まっていっぱいで、体を動かす力がでず、感情、感覚がなくはないですが不感症ぎみで鈍くなってきてそれらじゃ、 いやな気持ちではなく、まだマシな気持ちで時間が過ぎているような感覚で、休まりません 心が疲れた時はもう外が、人が億劫なため、景色がいいところに行っても、人が少ないところにいっても休めないし少しも気持ちが晴れないです 家でも少し休んで回復できたらその分すこし家事をして、また休んで、、 自分の気持ち、考えを見失ったりなにかに強くしがみついたり、てことはあまりない分自分の中ではまだましな方なのですが それも疲れてどこかで耐えきれなくなって支障が出そうです できることなら一度でいいのでどこか、心休まれる場所で。安心できる場所で、なにも考えなくてもいい、なにもしなくてもいい、表の?礼儀やマナーがとりあえずなっていなくてもそのままで受け入れるところで少し休みたいです もともとストレスはたまりづらく自己処理してきたのですがそれも なにかがあまりにもたまり過ぎてなにかがうまく作動してくれないような、、 お金もないのですが、 何かあったときに、疲れたなぁて思ったときにふらっと駆け込めるお寺はありますでしょうか? 少しの間いるだけでいい、よっぽどじゃない限りマナーとかとりあえず一旦おいといてそのままの気持ちでいてもいい場所、少しの間休めるような そんな場所、お寺はありますでしょうか? もしあればそれはどう探したら良いか、どこにあるか知りたいです また外から見た時に門が開いてるところはお寺の中に入っても大丈夫のような特徴などあれば教えてほしいです そんな都合のいいところはなかなかないと思いますがなければないでもちろん構いません、 もし何かあれば切実に知りたいです このような状態が5年ほど続き今までどこに相談したらいいか、またここのサイトを見つけて半年ほど経つのですがなんとなくいいのかな?と思い書き込めずにいました 今もどうしたらいいのかとこれを書きながら涙がこぼれます もう全て停止してもいいかなぁと虚妄もします笑 長々と、読みづらい、どこか文がおかしいとかありましたらすいません

有り難し有り難し 41
回答数回答 2

お寺を移る場合について教えてください

一年前に父が急に亡くなり、本家に勧められるまま本家当主と住職が古くから友人関係としての付き合いがあるお寺(臨済宗になります)にお世話になることになりました。 つい先日、父の一周忌を終え、節目としてお寺を移りたいと考えています。 理由としては、昔から本家筋から難癖や高圧的な行動を受けることが多く、折り合いが悪いという状態にあります。本家と付き合いがあるお寺さんでこれからもお世話になると本家関係で不都合が生じてしまい(この一年で実際に何度かありました)、出来ることであれば避けたいと思っています。 移らせていただきたいと考えているお寺さんには事情などを説明し、受け入れていただくという話はついています。 なので、質問としては、一年お世話になったお寺さんに移らせていただきたいという旨の話をしっかりとつけるべきかどうか。つけるべきであれば電話だけでいいのか直接伺うべきなのか。お気持ちとして包ませていただいた方がいいのか。など、寺を移ることに関して、行った方がいいことなどを教えていただきたいです。 なお、お墓はまだなく、今のお寺さんに遺骨や位牌などは一切預けていない状態です。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る