hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

真言宗僧侶と神主の資格は両立できますか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 3

僕は仏教と神道が大好きで神様と仏様を同じように尊い存在として崇敬しています。
明治以前両者の距離は極めて近くほぼ同じ存在と言ってもよい状況でした。
僕はそれこそが仏教、神道双方の良い所でありそれが自然な形であると信じています。

今は失われてしまった神仏習合を実践しこれから先神道と仏教の距離を少しでも近づけることができるように、また双方の立場から物が見れるように僧侶兼神主になることが僕の目標です。

僕の家も寺院なのですが父にこのことを話すと家の宗派ではこの夢を実現するのは難しいと言われました。
そこで僕は真言宗の僧侶になろうと思っています。
そのための具体的な道筋もある程度決めてあります。

真言宗の大学に通い僧侶の資格を取った後、神主の養成学校で神主の資格を取り将来的に神社本庁の神社で働くという感じです。

寺院ではなく神社の側で働くのは、鎮守社や権現様をお祀りする形でどちらかと言えば神道の要素に寛容な仏教に比べ神道は明治時代に徹底的に仏教要素を排除した状態のまま基本的に変わることなくそのまま今現在まで続いており仏教以上に神仏習合の下地が出来ていないからです。

宗派として真言宗を選んだ理由は元々真言宗に興味があった事と歴史上真言宗は他宗派や神道など他の教えに対し積極的に共通点を探し共に進んでいく姿勢を持っていたからです。

しかし一つ問題があります。
真言宗における僧侶の資格と神道における神主の資格、この両立が出来るのかが分からない点です。

先ほど書いた通り僕は神社で働きます。
その状態でも僧侶の資格を持ち続けることは真言宗では可能なのでしょうか?
知り合いに真言宗のお坊さんや信徒の方がいないため聞いて確かめることも出来ません。

勿論お金や労力など神主の仕事をしながらも宗派、教団のために出来ることは全て果たしていきたいと思います。

2020年4月15日 15:24

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

両立は出来ると思います。

初めまして、今日は。

とても素晴らしい志ですね!宗教とは・・抜苦与楽(ばっくよらく)の為にあるのです。私は過去にとても言葉では言い表せない絶望の中を必死に出口を求めていました。神も仏もないとあれほど憎んでいた仏の弟子になりました。

仏教の教えはとても素晴らしく、生きる為のヒントが散りばめられています。そして神宮さまも同じだと思います。今、空き寺問題などもあります。

それぞれの宗派様にはそれぞれのストーリーがあり、何千年と開祖様から引き継ぎ引き継がれその中で様々な困難を幾度も乗り越えて、今日があるのです。私たちはそれらを引き継ぎ、引き渡す為の懸け橋となり未来に託された事を引き渡して行く役目があるのです。

様々な宗教は、元を辿ると・・一つの所から家系図のように分かれていっているのです。それぞれの宗派さまを立場を尊重するべきだと思っております。それぞれの宗教は人種の役に立つ可能性を持っていて、異なる宗教は私たちに考え方の幅を与えてくれると思っております。これが私の考え方です。

私たちの身体は、何千年と続いている先人の生き抜いた証であり、父母の願いと思いがプラスされ過去でもない、未来でもない、この瞬間を生きているのです。

大切な気付きを与えて頂けたことや、夢や希望は捨てない限り逃げては行きません。結果をすぐに求めようとせずに、一つずつ丁寧に問題をクリアして目標に向かって行って欲しいと切に祈っております。

私も、在家から必死に40代でサラリーマンから僧侶となり、自宅の一室をお寺として開山をして、この困難の中を無一文と同じ生活を強いられていますが、これも与えられた試練です。私を必要とする誰かの為に、志をぶれず曲げず諦めず、負けずに守り貫く覚悟で挑ませて頂いております。こんなにも弱い私でも夢を実現させることが出来たのです。

決して頑張らずに・・ほどほどが一番丁度いいのです。あなたにはあなただけにしかない良さがあります。その良さをプラスに変えて、自分自身も、人生も、運命もちょっとの勇気と行動でいくらでも変えられます。あなたらしく人生と言う長い冒険旅行を仕合せに歩めますように、お祈り致しております。

南無大師遍照金剛

合掌 礼拝

2020年4月15日 16:56
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


永寛
皆様、初めまして。ストレスの多い現代・・お寺とはご葬儀や法事のみではなく、...

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます!
ご自宅の一室をお寺として開山されたというお話にすごく感銘を受けました。
散り散りになって久しい神仏習合に挑戦していく中で僕も自分の家の一部屋から始めるつもりで志をぶれず曲げず諦めず、負けずに守り貫く覚悟で挑んでいきます。

インドでお釈迦さまが説かれて以来たくさんの方々のお力によって伝わった仏教と生まれて以来日本にあった信仰である神道が一つに融合し完璧に調和していたのも永寛さんの仰る通り一つの所から家系図のように分かれていったからだと思います。
その両者を合わせて最大限人々の役に立つ可能性を広げていこうと思います。

ほどほどというのはまさに中道の教えですよね!
僕は中道の教えが大好きで生活の中でも中道を意識しています。
僕の良さ、長所はあるんだろうかという思いが常々ありましたが仏教と神道を積極的に勉強したいと思うこの衝動こそ自分の良さだと思ってプラスに変えていこうと思います。

本当にありがとうございました
南無大師遍照金剛                  
                                  合唱

「真言宗」問答一覧

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る