hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

何を言われても死ぬと思います。

回答数回答 4
有り難し有り難し 52

去年の12月に夫が救急車で運ばれ、1月に小腸がんの発覚、1か月の余命宣告を受けました。抗がん剤治療をしてうまく合っても5か月程しか生きられないと言われ、本人がしないという選択をしました。
夫は当時35歳でした。
1月で私は仕事を辞めて、毎日病院にお見舞いに行っていました。
その後緩和ケア病棟を経て在宅医療を受けています。
最初のうちは良かったのですが、体調がどんどん悪くなり、痛みがひどくなり、今はもうトイレもベッドで行い、自分で寝返りを打つこともできません。

介護は義母と2人で行っています。義両親とは物理的に距離が離れているところに住んでいたので、年1-2回しか会うことはありませんでした。
今回共に介護をしてみて、考え方や生活スタイルが違い、ストレスを感じています。

そうは言ってもトイレにも行けない相手を一人で介護することはできないため、なんとか頑張って暮らしています。

夫は食べると腸から出血が増すため、点滴で生きているのですが、その点滴の中に今日から睡眠薬を混ぜて眠らせることにしました。
痛みがひどく、モルヒネや座薬などではもう効果が少ないための、最後の手段です。

痛みが酷い以外にも、私や義母を呼びつけてお願いをされるため疲労が蓄積してしまったことも、混注に踏み切った一因です。(本人了承済みですが)

きっとこのまま、どんどん状況は悪化していき、いつか旅立ってしまいます。

本題です。
私は自分も後追いしてしまいそうです。
今は職もないし、夫の介護が生きてる意味になりつつあります。
介護はとても辛いです。
私は親族と絶縁しているため、頼る身寄りもなく、子供もいません。
義母とは争うこともあるので、義父母に頼ることはできません。

友人はいますが、友人がいたからなんなのでしょう?
私が死んだらきっと悲しむでしょう。でもきっといつか忘れます。

生きる意味を探しているのではありません、もう何をすることもできません。
苦しまない自殺があったら、確実に行っていると思います。

死ぬ気になればなんでもできると言いますが、なにかを始める気力がありません。
将来私は1人で死ぬのであれば、今死んだ方が遺骨も夫の墓に入れてもらえるしいいのではないかとしか思えません。

相談したところで、何か解決できるわけでもありませんが、書き込んでみました。

2020年5月20日 13:34

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたには神仏の慈悲がさしています。

ご質問拝読させていただきました。
愚僧も辛くなって、
思わず涙がこぼれ落ちました。
本当に、本当に、
つらいですね。
でも、あなたの上から、
神仏の慈悲の光明が、
明るくさしているのが、
わかりませんか?

あたなに万が一のことが、
あった時に、
御供養はだれがしるのですか?
年老いた義理のご両親や、
ご自身のご両親が
ご主人さまと、
あなたさまの御供養を
することになりますね。

それでいいのでしょうか?

あなたには、
あなたの気持ちは、
どうしようもない自分を
助けて欲しいという、
魂の叫びだと、
愚僧は考えています。
そんなあなたにこそ、
神仏の救いがあるのです。

この身今生の魂ではありませんよ。
生まれ変わり死に変わり、
ご主人さまが、
先に浄土に還られるとます。
あなたが後を追って、
行ったらどうなりますか?
ご主人さまは、
今世の御寿命です。
あなたさまは、
途中離脱ですよ。

ご主人さまに
ご迷惑をかけることに、
なりませんか?

あなたの御寿命は、
まだまだこれからです。
生き抜くんです。
生き抜いて、
生き抜いて、
年老いて、
白髪になり、
歯が抜け、
腰が曲がり、
もういいかい?
とその時に、
ご主人さまに、聞いてください。
まあだだよ!
と言われたらまだ生きる。
もういいよ!
と言われたら、
ご主人さまを先頭に、
阿弥陀さまはじめ
諸仏諸尊が、
五色の雲に乗って、
お迎えにきてくださいますよ。

それまでは、
生きなさい。

南無阿弥陀仏

2020年5月20日 19:52
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...

道理

お気持ちお聞かせいただきました。

私には察するに余りあるものですが、あなた自身もあなたの言葉になる以前の気持ちそのものを上手くは表現できないのではないでしょうか。

そしてその気持ちをなんとか言葉として絞り出したものが「何を言われても死ぬと思います。」ということなのだと思います。

それをどうして私が勝手に否定できるでしょうか。

もちろん私個人としてはあなたに生きて欲しいと願います。それが人情です。でも人情では人を救えません。

だからあなたにはあなたが本当に願うようにしてほしいです。

さて、

>「何を言われても死ぬと思います。」

という言葉について別の視点から考えますとこれは道理です。ご主人だけでなく、あなただけでなく、私にも全ての人にも当てはまる道理です。人はいつか死ななければなりません。そしてその死はいつであろうが一人で受け止めていかねばなりません。

経典にはそうした私たちの姿が「独生 独死 独去 独来」と説かれます。これは厳しい事実です。

でも、人は死んで終わりではないのです。

死によって生まれるものが二つあると言われます。一つは「亡き人という存在」、もう一つは「亡き人と共に生きる私」です。

そのことをあなたがどう感じるか、どう受け止められるか。どう確かめていくか。
あなたがどんな歩みを選ぶかは私には強制することは出来ません。そしてあなたもまたそれはその時の縁の中ではじめて選びうるものなのだと思います。

仏様なら「そのまま来い」と、どんなあなたをも受け止めるのでしょう。私にはそのことをあなたと共に味わうしかできません。

南無阿弥陀仏

2020年5月20日 17:03
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

旦那様と一緒に

拝読させて頂きました。
旦那様が病に苦しまれている中あなたもとても辛い思いをなさっておられることと思います。そのお気持ちは全はあなたしかわからないかもしれませんが、あなたのお気持ちを心よりお察し申し上げます。

旦那様は今あなたと一緒にこのいっとき一時を全精力を傾けて一生懸命に生きていらっしゃるでしょう。見ているのも辛いかもしれませんけれどもあなたも旦那様に寄り添い一生懸命に生きていらっしゃるでしょう。このひと時ひと時はかけがえのない時間です。

見ていられなくなったり、疲れ果ててしまうこともあるでしょう、そんな時にはちょっと休憩なさりあなた自身の心も体も休めて下さいね。睡眠もできるだけ取り、栄養あるものをしっかりと召し上がって下さいね。そしてあなた自身の気力も体力も充実させて下さい。

旦那様はあなたと一緒にそのかけがえのない人生を生き抜いていかれます。どうか可能な範囲でそばで旦那さんをサポートなさって下さいね。

旦那様はあなたと出会い、あなたと一緒に喜び合い楽しみあい、分かち合いながら幸せに人生を今も生きています。あなたも旦那様とのかけがえのない出会いや時を過ごして幸せに生きているのです。
どうかこの時々を大切に共に過ごして下さいね。

私達はあまたのご縁に恵まれて命を与えられて生きています。私達は有限ですから必ず天寿を全うする時が来ます。その天寿を全うする時には仏様や神様やご先祖様方や沢山の親しい方々が優しく迎えて下さいます。私達は決して独りではありません。
あなたも旦那様も今も沢山の方々に見守られて生きているのです。沢山の方々から支えられ励まされて寄り添って頂いて今生きています。
そしてあなたはこれからも旦那様と一緒にあなたに与えられた命や人生を生きていきます。

もし宜しければあなたのお気持ちをここでも教えて下さい。或いは心の中で旦那様や仏様や神様やご先祖様方にお話なさって下さいね。
あなたのお気持ちは必ず旦那様や仏様や神様やご先祖様方が必ず受けとめて下さいます。辛い思い悲しい思いをどうかありのままお伝えなさって下さい。

あなたは大切な方です、そしてこれからも旦那様と一緒に生きていきます。あなたと旦那様のご縁はころからもずっと永遠につながっています。

2020年5月20日 16:28
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

貴女をサポートする方が顕れます

ちかりん 様 苦しく辛い中、投稿していただきありがとうございます。

「私は自分も後追いしてしまいそうです。」
は、本当は、後追いしたくないので、何とか生きる方法を探したい。
これが本心でしょう。
あなたは、そのことに今は気づかないかもしれませんが。

ターミナルケアやグリーフのケアをする僧侶やセラピストがいます
一人で抱え込まずに、その様な人に相談してください。
きっと貴女をサポートする方が顕れます。
そのことを覚えていてください。

今後、ご主人の意識が薄れて、意思の疎通ができなくなるかもしれません
貴女は辛い悲しみの中にいるかもしれません。
それでも、貴女にはサポートする方が顕れます。
哀しみ中から立ち直る力を人は持っているという事を教えてくれるでしょう。
それを心の片隅にでも覚えていてください。

心に寄り添えるようにいたしますので、
どうぞ、ここへの相談など、続けてください。
一礼

追伸:「私達は記憶という媒体があるからこそ、生きていられる。その記憶には限りがあり、忘れてしまう。忘れることによって得られる幸せもあるのでしょう。でも夫と過ごした時間と、遺された時間を過ごす今。私にはもう1つの選択肢として、死ぬことによって永遠にしたいのです。」
記憶に限りがある。ってそれは、私はそうは思えません。潜在意識には忘れた記憶が残っています。そして死ぬことによって永遠になるかどうかは答えがない事も、お伝えしておきます。私にはあなたが居るからこそご主人の事が永遠になる様に思いますが。
あなたは、わかっているのです、とよく返答をしているようですが、わかっているのは、表面だけかもしれませんね。ご主人とのことも、貴女がそう思うようにあなた自身があなたをそう思っているのでしょう。そこには実は、大きな希望があるのではないですか?それは、優しさかもしれません。愛情でしょうか。それとも自分とご主人との愛にもっと思いやりを向ける事でしょうか。もしかしたら奇跡でしょうか。かなりお疲れと思います。仏様にすがるという事もあるでしょう。それでもあなたの居場所はあると思います。
追追伸:再お礼メッセージありがとうございます。泣くだけ泣いていいのです。字数制限の為これまで。もしメール(honsyoji.sk@ddknet.ne.jp)いただければ、心のケアのお手伝いをさせていただきます。再々礼

2020年5月20日 21:04
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


お寺の法務(法事などのご先祖の供養)と 唱題行・写経・法話・カウンセリン...

質問者からのお礼

Kousyo Kuuyo Azuma様

私の拙い文章にお答えいただきありがとうございます。
きっと突然の別れを経験した人からすると、介護が辛いことよりも一緒にいることができる時間があるからいいではないかと思われるでしょう。

私も出来れば夫に長生きしてほしいのです。1か月の余命宣告を受けた夫が今を生きていることはきっと奇跡だと、わかっています。
それはもしかしたら、私のご先祖様や誰かがもたらしてくれているものかもしれません。

病気が発覚した頃も今も夫は、自分が死んでもそばにいるよ。化けて出てくるよ。来世でもずっと一緒にいるよ。と言ってくれています。

でも私はどうしても信じることができないのです。

未来ほど不確かなものはないとわかっているからです。

母は自死していますが、母の気配など感じたことがありません。小さな私を残して死ぬくらいなので、母はこの世に未練はなかったのかもしれませんが…

昔から私は1人で生きていくと決めていました。そのために、人一倍強さを身につけていました。
だから結婚もしないと思っていました。
でも夫と出逢い、幸せを知ってしまったのです。
幸せを知ったことで、「1人で生きていく」強さを失いました。

私に幸せを与えてくれていたのは、夫だけなのです。

病気が発覚した当時、一緒に死のうと夫に伝えていて、納得してくれていました。
私はそれができれば一番幸せだと、今でも思っています。

でも夫はもう話すことも辛そうなくらい、病に蝕まれているのです。
到底一緒に死ぬことなどできません。

私は夫のために死ぬのではないのです。
自分のために死ぬのです。
未来が怖いから、生きていても今以上に幸せなことがないことがわかっているから。

時間が解決してくれると経験者は言うでしょう。
でも私は夫のことを忘れたくないのです。
時間が解決してくれることは忘れることだと知っているから。
全てをわかっている今だからこそ、生きていられないのです。

少しだけ気持ちを書かせていただきました。ありがとうございました。

吉武文法様

私の拙い文章にお答えいただきありがとうございます。

そうです。タイトルを決めるときに、何にすればいいのだろうと考えた結果、きっと私は誰に何を言われても、この先生きてはいけないだろうと思ったのです。
お坊さんに助けてもらうために、ここに書き込んだわけではないのです。
この先もう生きていけないということを私は決めてしまっているのでしょう。

他人の人生について誰かが何かを決めるとことは、おかしなことです。
アドバイスや意見を聞いて、決めるのは最終的に本人なのですから。

死んでみないとどうなるかはわかりません。
仰るように生きていたとしても、いつかは私は死ぬのでしょう。
私が死にたいと言うことをここに書いた理由は、誰かに止めて欲しいからではないのです。
ただ書くことによって、自分の頭の中を整理してみたかったのです。
私は今まで試練であろうものを沢山乗り越えてきました。
きっと私に与えられた課題が今世であるのでしょう。
ほんとうは私は今の辛い経験も乗り越えて、未来の誰かのために生きなければいけないのでしょう。
そういうこともわかってはいるのです。でももう投げ出してしまいたいのです。
覚悟が決まってしまっているのです。
ありがとうございました。

花山雲吉様

私の拙い文章にお答えいただきありがとうございます。

そうですね。まだわかりませんが、私はきっと遺体が発見されない状態で死ぬでしょう。
行方不明者として届出をされ、誰かに心配されつつ忘れられていくのだろうと思います。
もし遺体が発見されたとしたら、夫と同じ墓に入れてほしいですね。

お墓は生きている人のためにあるものだと私は考えています。
死んだ人はお墓にはいません。
供養をしてほしいとは思っていません。
私の遺骨も海に流してもらってもいいのです。
私も誰かの中で生き続ける必要もないのです。

きっともっと他の方法もあるのでしょう。

私が死んだとしても、もしかしたら今の人生と同じものを永遠に繰り返すのかもしれないと、薄々気づいてはいます。
きっと人生の課題をクリアしなければ、次のステージにいけないのだろうとわかってはいるのです。

でも私は何でもいいから、途中離脱したいのです。
夫も巻き込んで苦しませてしまうかもしれません。

ただわたしは傲慢なのです。
1%の幸せと99%の幸せがあったとして、1%の夫との幸せを選びたいのです。

涙も頂戴して、申し訳ないです。
私がここに書いてしまったことで、苦しめてしまいましたが、いつか僧侶様も私のことなど忘れますので、ご安心ください。

釋 孝修様

私の拙い文章にお答えいただきありがとうございます。

一般的に辛いことがあったとしても、生きる目的を見つけることができれば、なんとか辛い経験を乗り越えていけるだろう。ということは私もわかっているのです。

きっとこれまでやこれからの経験は、人生の中でも貴重な経験で、糧となっていくだろうということは想像はつくのです。

ただ私は糧にしたくないのです。
辛い想いをすることで得られるものはほんとうに必要なものでしょうか?

私は哀しみを乗り越えて強くなりたくないのです。
そんな強さを求めていないのです。

夫が病気になって、約半年いろんなことを考えました。勿論その中には、どうにかして生きていくと決めたこともありました。
家族がいなくなっても、1人で生きていくことはできるし、友人に頼ることもできる。
きっと探せば再婚することもできるだろうし、まだ30歳なので子供を産むこともできるだろう。あの時死んでなくてよかったと思うこともあるんだろうと。

でもわたしは全ての可能性を棄てて、旅立ちたいと今思ってしまったのです。

グリーフケアやカウンセリングをすることで、自分の中にないアイデアや実際に経験した方の話を聞いて今の自分にできることが何かを考えることも、きっと私に必要なことなのでしょう。

でも求められないのです。
一時的な辛さなのかもしれません。
そんなことわかっているのです。

私達は記憶という媒体があるからこそ、生きていられる。その記憶には限りがあり、忘れてしまう。忘れることによって得られる幸せもあるのでしょう。

でも夫と過ごした時間と、遺された時間を過ごす今。私にはもう1つの選択肢として、死ぬことによって永遠にしたいのです。

だから私は今を大切にします。ありがとうございました。

釋 孝修様

追伸もいただき、ありがとうございました。
きっと私は未だに夫が死ぬであろうことを受け入れられないだと思います。
そこには希望があるのでしょう。
未来への恐怖が強いのです。
今日はもう、夫は話すこともできず、目も合わせることができない状態になってしまいました。
弱い私は泣くことしかできません。
泣いて何かが変わるわけではないんでしょうけど…

わたしは疲れてるんでしょうね。
今は何もかもにも絶望しかできません。

「大切な人が危篤・余命宣告」問答一覧

在宅ケア余命宣告受け止められない

前にも一度母の事で相談させて頂きました。末期癌で余命がほとんど無いと宣告され、母の希望で在宅ケアにして1週間経とうとしてます。在宅の医者にも看護士にも今月もっていい方で、とか言われて戸惑ってます。お盆の一時帰宅には自分で歩いて少しですが私達家族と食事も出来ました。なのに数日で容態が急変し、寝たきりになり食事もしなくなりました。母の希望通り帰宅して良かったですが、実家は両親二人だけ住んでいて、私も弟も別に住んでいます。それぞれ1時間程で通える所に住んでます。 私は主人を置いて今は実家に泊まってますが、いつ母が急変するかわからないので離れる事も出来ず、でも家に戻って少しは家事と自分の気分転換もしたいのです。父には申し訳なく贅沢な事だと思いますが、ずっと不安でストレスもたまり、しんどいです。でもそれは高齢の父も同じだと思うし、父は他に行くところがないので、私だけ自分の家に戻るのも気が引けます。そんな思いで毎日モヤモヤします。弟は働いてるのでなかなか実家に来れません。母は帰宅したら少し元気になるかもと期待してたようで、こんな事になってかわいそうでありません。だから少しでも一緒にいようと思うのですが、それとは別の気持ちで少しだけ離れたいのもあります。わがままですよね。1人残る父の今後の事を考えても不安になります。私も母がいなくなるとどうなるか、気がおかしくなりそうです。弟はとにかく夜しか時間がないのであまり助けにはならないです。このモヤモヤな気持ち、どうしたらスッキリするでしょうか。母の事もかわいそうでほんとに苦しいです。こんな心が弱い私に何かアドバイス頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

余命宣告の親と今後の自分の人生

私の78歳の母親は約20年間癌治療をし、3年前から色々不調が出て来て今年になってさらに悪化しました。コロナ関係でなかなか面会行けない中、余命宣告もされ不安毎日を過ごしてます。父親も80歳越え1人で生活してます。弟は1人で車で30分以内に住んで、私は結婚して車で高速使い1時間程のとこに住んでます。母が家の事も全てしていたので今後の父親も不安ですし、私は自分の心も壊れそうで不安です。私は過去ばかり後悔して、今の結婚生活も満足していなくて子供も恵まれず、他人を羨んで自分は夢も希望もない人生だと日々思いながら幸せ感じれず生活しています。母親と電話や、たまに実家帰って色々話をするのが幸せに感じていたのに私の味方の母親がいなくなると今後、私は心のよりどころがなく、どうしていいかわかりません。子供のいる人は毎日子供で忙しく、自分の新しい家族が一番なので私のような悩みになりにくいかと思います。子供の為に生きようとか思うでしょう。私にはそういう生き甲斐もありません。旦那とは普通に生活してますが夫婦生活もなく子供もなく、虚しく思います。旦那は夫婦生活や子供が無くても不満には思わないようです。何度も話しました。いつかは親がいなくなるのはわかりますが、私の人生は続ける意味があるのか?といつも考えてしまいます。無理ですが過去に戻ってやり直したいです。24歳の時に別の男性への気持ち抑えて結婚やめなければ良かったとか、その男性と不倫し、子供出来ましたが彼の言うこと聞かず産めば良かったとか‥こんな事ばかり考えてる私はどうすればいいのでしょうか。すごく期待されてた孫も見せれず、病気で必死に闘ってる母親にも申し訳ないです。自分の今が本当に嫌です。どうすればいいでしょうか。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

自分になにができるのか、叶えたい願い

 自分には大切な人がいます、その人がいるからなんとなく生きていた人生を自分のために選択して生きようと思わせてくれた、なにをすべきかではなく自分が生きるためにどうしたいか考えさせてくれた、恩師のような人です。 :  その人は今余命を受ける病気になっています。 ですがこのままでは、というような言い方でした。 : :  自分はそんな恩師になにをしてあげられるのだろうとずっと考えていますが ショックで受け入れられず、今も冷静でいられている自信がありません。  助けたいと強く思うのになにをすればいいのか自分がどうしたいのか霧がかかったように先が見えず、混乱しています。  恩師の今の状況を理解して受け入れて、救える言葉をなにかけられればいいのに、気持ちが焦って、嫌な想像をして、恐怖して、ちゃんと恩師自身を見れているのかと嫌になります。  また、それどころではないとわかっていながら寂しさを口にしてしまうこともありました。 :  自分が落ち込み恩師が一番辛いのに恩師を困らせ逆に大丈夫だよ、と励まされてしまいました。自分がしたいことはこれではない、とものすごい罪悪感です。 自分はその人のために何ができるでしょうか、物理的に遠く一緒にはいられない状態です。 : :  恩師の気持ちを理解したいのに自分にはない経験で考えても考えても理解できないことも苦しいです、ずっと今、なにを考えて病気と戦っているのだろう、と体と共に心も心配で毎日心臓が潰れそうです。 :  自分は人を大切にするということがまだはっきりとはわからない未熟者ですが恩師を大切にしたいです。 :  また宗教やお坊さまは人の心を救うもの、魔法などではないと素人ながらに理解はしているのですが 願い、叶うのならばとすがりたい気持ちが強くあります。 どうか恩師が幸せで健康に生きられるために私ができることはありますでしょうか。 :  お願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

緩和ケアなのに会えない

お世話になります。 実家の父が末期癌となり余命1〜長くて3ヶ月。治療を終え緩和ケア施設への転院を予定しています。 しかしこのコロナ禍により親族の泊まりの込みはおろか面会謝絶となっており困惑しています。 県外にいる私達はまだしも、ほぼ山あいで隔離されたような田舎にいる母や祖母すら面会できない…頭では理解しつつもこのコロナ禍の影響をダイレクトに感じ、やるせない思いです。 母は、他の患者さんとの兼ね合いもあると気丈な返事をしますが、家のガスや新聞を止めて泊まり込みを計画していた母の気持ちを考えるとこんなことがあっていいのかと納得し切れない気持ちです。 また、同じように断腸の思いで家族との最期を迎えようとしている同じような方々を思うとこんなことがあっていいのかという思いと、なかなか収束しない現状、油断しましたと語る感染者(あくまでクラブなどで遊んで感染した人達です)、全てが憎くて仕方ありません。 人は肉体を合わせられることが同じ時代を生きている1つの証拠だと思います。 残された時間にただ体温を感じたいだけなのにそれが叶えられないなら緩和ケアは崩壊していると思います。 頭では理解できても気持ちが追いつきません。 しかし父の病状が良くなることはない以上、せめて今の状況の中で最善を尽くすしかないのだと思います。 現場で頑張っている医療関係者に憎しみを向けてしまう前に、この現状にどのような心持ちで過ごせばいいかお言葉をいただきたいです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

最愛の人の死について

最愛の彼とのお別れが近づいています。 彼の余命が数か月ということが、先日わかりました。 私は独身で、彼とは20数年の不倫の関係でした。 彼は緩和ケア病棟に入院していて、コロナの影響で親族以外は面会禁止のため、会うことができません。 奥様に、彼と私の関係がバレてしまい、ラインのやりとりもできません。 彼は、私にたくさんの愛情と心地いい安らぎを与えてくれて、私を大切にしてくれました。 つらいとき、楽しいとき、いつも私を支えてくれました。 私の人生の半分は彼と一緒に過ごし、ほんとに幸せでした。 不倫でしたが、私は彼にいっぱい愛され、私も彼をいっぱい愛しました。 そんな彼を失うという、絶望、恐怖、悲しみ、苦しみ・・・いろんな気持ちが津波のように押し寄せてきて、胸が締め付けられるくらい辛くて毎日号泣してしまいます。 わがまま言ってケンカもいっぱいしたけど、感謝の気持ちしかありません。 彼に、私の気持ちを伝えることも出来ず、最後に一目会うことも叶わず、お別れをしなければならないのは本当に辛いです。 こんな終わり方をするとは、思いもしませんでした。 何もできず、時間だけが過ぎていくことが辛いです。 不倫の代償なのでしょうか。 どうか私の気持ちが、彼に届きますように。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

母の余命が僅かです

80歳を迎えた母が、先月、癌に侵され余命半年と宣告されました。 母1人で私と弟を育ててくれたシングルマザーです。 苦労ばかりしてきて、やっと今母自身が望む生き方ができています。 今私は母と同じマンションの違う階に1人で住んでおり、子供もおらず生活の為に働くことも必要ではありません。 母の弟である叔父が母の生活費や、私自身持病を持っている為、私の生活費等の面倒を見てくれている為です。その面では叔父にとても感謝しています。 叔父と母は9歳の歳の差があり、祖父祖母共に早く亡くなったので、叔父からしても私の母は叔父の母代わりでもあるからです。 母は孤高にして慈愛に満ちた女性です。しかし孤高であるが故に在宅医療を選び、自宅で最後を迎える事を選びました。 側について支えているつもりですが、正直私が母に諭される事が多く、母の前では泣くまいと思っても涙を見せてしまいます。 今後母の最後のその時まで寄り添うつもりですが、その後母の存在が召された後、自分がどう生きていけば良いのかわかりません。 いっそのこと一緒に召されたいとさえ思ってしまいます。 母は芯の強い女性です。誰にも愚痴など言わず、誰にも何も求めず、ただ静かに愛情を分け与える女性です。 私など足元にさえ及ばない孤高で慈愛に満ちた女性です。 そんな母の無償の愛情を今更ながら感じ、感謝している反面、母の死後どうやって生きていけば良いのかわかりません。 共依存しているのは分かっていますが…。 先にお伝えした通り、私には持病もあり、働くこともままなりません。 何を生き甲斐にしていけば良いのかすらわかりません。 自身の身体の不調にも腹が立ちます。 どうか母の死後にも強く生きられる心構えをご教示して頂けますようお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

親不孝なのでしょうか

拝見していただきありがとうございます。 3日前に祖母が急に倒れ意識が戻らない、もしかしたらもう危ないかもしれないと 妹から言われました。その時初めて祖母が今年に入り癌が見つかり、治って元気になっていたことや、抗癌剤の後遺症で心臓部に負担がかかっていて、脳に酸素がうまく運べていなかったのでは…と聞きました。 自分は性同一性障害で 戸籍上女性で見た目や声などは男性で 男性として生活していますが、一家全員偏見の目を持っているため、父親母親しか知りません。今も納得はされていません… 祖母や祖父にいったらショックで体を悪くするから絶対いうなといわれておりました。精神的に苦痛で生きていることも辛くなったため 1年前に関西に引っ越してきました。連絡も取りたくなくてあんまり連絡とっていなかったから、良かれと思い今回の祖母の件は黙っておこうと思ってたそうです。 妹から聞いた時なぜ言ってくれなかったのかとショックが大きく、思い出が蘇り涙が止まりません…。 妹からは長女なんだからといわれ コロナウイルスでも関係ない来るべきだ、感染しても仕方がないだろうといわれました。長女だからという言葉さえも聞きたくなく憂鬱になりました。 大事な祖母の最後を見届けたい気持ちは本当にあります。ですが周りを感染させてしまう可能性もゼロではないのと、正直自分一人で祖母とお話がしたいと思っています。身内に自分の容姿や声などをいわれたくないです…祖母は自分の容姿をなにもいわずありのままを受け入れてくれる優しい方でした。女性だからそういうのは変とも記憶上いわれていません。 母親は気を遣い、無理に来なくて大丈夫。金銭的にも大変だからといってくれていますが、奇跡が起きない限りそのまま目を覚まさないまま、息を引き取るかもしれない状況だそうです…。 祖母とは2年前の元旦以来会えていなかったですが、忘れず自分のことを話してくれていたそうです。一人関西で生活して偉い、元気にしてるのかななど心配してくれていたことを聞き、電話が終わった後堪えきれず、涙が止まりませんでした… 会いに行けない自分は親不孝でしょうか コロナウイルスでもいくべきだとわかっていますが、誰かを感染させまた誰かを失うのは耐えきれません… おばあちゃん子だったのもあり、祖母に本当の自分のことを聞いてほしかったです。 長々と申し訳ありません。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

父の死が怖い

父が末期ガン、余命わずかで来月いっぱいはもたないと言われています。 私は一人っ子で遠方に嫁ぎました。 若気の至りで遠方にいてそのまま、という感じです。 親には何度も、こっちに来てほしいと言われていました。 ですが嫁ぐ事になり、父は私が幸せに穏やかに暮らしていれさえいればそれでいい、と言ってくれていました。 だけどやはり心残りはないと言えば嘘でした。後悔もしていました。 そして月日が経ち、、現在に至ります。 コロナの関係や諸事情で、会いには行けず次に会えるのは残念ながらお葬式になってしまいます。 私には子供も生まれ、帰省の際には思い出をたくさん作り、毎日のように子供などの写真を送り、父も毎日のようにそれを見てくれていました。離れていても、そんなやり取りで繋がっているのが嬉しかったし安心できました。つい最近まで、私や孫の事を色々気にかけてくれていたし夏には帰省できないだろうから何か送るよ、と言ってくれていました。 そんな矢先でした。 それから毎日、なんとか受け止めなければと考えますが、やはり受け止める事ができません。 何をしていても頭の中に父がいて たまに父の声が聞こえてくるような、ずっと頭にもやがかかっているような状態です。 何かをしている時はまだましなのですが、ふっとやってくるんです、、波があります。 本当なら今すぐに会いに行きたい気持ちです。 父が亡くなっても、私は受け止められるでしょうか。 先が見えない真っ暗なトンネルにいるようです。正直怖いです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る