hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

おばあちゃんに会いたくて苦しい

回答数回答 1
有り難し有り難し 8

こんばんわ。

先日もこちらで投稿させていただき、その際はお言葉をいただきましてありがとうございました。

大好きで大切だったおばあちゃんが旅立ち、告別式がおわり、通常の生活に戻ったのですが、ふとしたときにおばあちゃんに会いたくてお話ししたくて、苦しくなります。

おばあちゃんは生前からピンピンコロリといきたいと言っていたそうで、本当にその通りの最期だったのです。虚血性心不全の突然死でした。

しかし、こちら側としてはあまりに急すぎて、受け止めるのには時間がかかりそうです。
まだまだ、おばあちゃんは元気だとおもってました。なにも病気をしてなかったので100歳くらいまで生きて、ひ孫を抱かせることができると本気で思ってました。

90歳という年齢で、最期までほとんど周りの力を借りず、自分で料理や洗濯、身の回りのこともこなして生活をして、頭もはっきりしていて、ずっとニコニコしていて、かわいくて、本当に立派で尊敬できるおばあちゃんです。

でも、急すぎて伝えたいことを伝えることができませんでした。大人になってから1人でおばあちゃんちに遊びに行って、喜んでもらおうとおもっておばあちゃんにご飯を作ったりもしましたが、たったの2回しかできませんでした。もっともっとしてあげたかったです。大好きで大切で尊敬しているということを伝えたかったです。

おばあちゃんの遺骨や位牌やお線香などは実家にあるので、離れて暮らしてるわたしの家には小さい遺影しかありません。
わたしがおばあちゃんに対して思ってることを伝わるようにと思って、毎日遺影に話しかけています。ご飯も一緒に食べています。毎日お菓子やお水などもお供えしています。これからお線香をあげられるような小さい仏壇も買おうと思っています。棺にも思いを書いたお手紙を家族で書きました。
おばあちゃんにわたしの思いは伝わっているんでしょうか。伝わってると信じてますが…

また、わたし以上に辛いのがお母さんだと思います。わたしたちの前ではあまり弱い姿を見せないのですが、本当はすごく辛いと思います。
わたしにできることはなんでしょうか。

また、おばあちゃんに会いたくて会いたくて仕方がないたきはどうすればいいですか。

長文乱文乱筆で申し訳ありません。お言葉をいただければ幸いです。

2020年7月8日 21:30

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

おばあちゃまに見守られ導かれて、生きていける

 ゆーさん、おはようございます。大好きで大切だったおばあちゃまとの急な別れで、いろいろ心残りを抱えていらっしゃるのですね。だからこそ思いを届けたくて、毎日お写真に話しかけ、ご飯は一緒に食べ、お供え物もされているのですね。心より、お念仏を申しあげます。仏さまとは、私たち人間の限界をはるかに超えた存在で、私たちのことを全てご存じのうえで、私たちを見守り導いてくださる存在です。ですから、仏さまとなられたおばあちゃまは、ゆうさんの思いも、そしてお母さんの思いも充分汲み取って おられますよ。安心してください。
 
 さて、大切な方とのお別れを経験した方を支える取り組みとして、「グリーフケア(もしくはグリーフサポート)と呼ばれるものがあります。遺族の心身の変化や周囲の方がどのようにご遺族を支えることができるかということを研究されているものです。その学びを参考にすると、(他にも様々な分類がありますが)ご遺族の心身の変化には大きく4つの段階があると説明することが出来ます。
初期-パニック・ショック・心の空白
中期-怒り・自責・無力感・こだわり・孤独感・混乱
受容期-あきらめ・受容
回復期-立ち直り・新しい希望
ですから、告別式が終わってもしばらくその悲しみや苦しみは続く、と捉えておいた方が安心です。どれだけ手厚く介護や看護が出来た方であっても、後悔は必ずあるものです。人それぞれの違いはありますが、一周忌や三回忌が一つの区切りになったと受け止めた方が多いようです。悲しい時にはキチンと涙を流し、楽しい時には思いっきり笑いながら、お母さんと一緒になって、おばあちゃまとの思い出話をしてみてください。思い出話をすることで、人生のヒントをたくさん教えてもらうことができるでしょう。

 そうです。ゆーさんは、これから仏さまになったおばあちゃまに見守られ、導かれて人生を歩んでいくことが出来るのです。きっと、大丈夫です。安心してください。このハスノハも応援しています。

2020年7月9日 7:52
{{count}}
有り難し
おきもち


1971年生まれ。本願寺派布教使・源光寺第14代住職 別名「絵本のお坊さん...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。げんさんがご回答をくれるのは2度目で、とても嬉しく思いました。
辛くなったときは何回ももらったお言葉を読み返して心を落ち着かせています。

仏さまとなったおばあちゃん。仏さまの存在は人間の限界をはるかに超えるというお言葉を聞き、わたしが想像してるよりもずっと、わたしたちの想いはおばあちゃん届いてるんだと思うと、おばあちゃんの存在をすごく近くに感じるようになりました。
ふと寂しくなる時もあるけど、そんなときはたくさんおばあちゃんに話しかけて心を落ち着かせたいと思います。

いつも本当に助けられています。ありがとうございました。

「亡くなった・死んだ人に会いたい」問答一覧

亡くなった祖父に会いたいです。

じいちゃんにまた会えますか? 先日祖父が亡くなりました。菩提寺は浄土真宗です。 亡くなる1ヶ月前に入院してコロナの面会制限の影響でそれきり会うことはなく、そのまま亡くなってしまいました。 久しぶりに会ったじいちゃんは目を開けないし、喋らないし、冷たかったです。 亡くなって2週間ほど経ちました。 祖父母の家に行っても、じいちゃんはいません。仏壇に手を合わせて話しかけますが、じいちゃんから返事は返ってきません。 家中探してもじいちゃんは出てきてくれないし、もういないです。 じいちゃんの亡骸が火葬される前にまたねって声をかけました。 きっとまた会えると思ってまたねと言いました。 でも、実際会えないとなるとやっぱりすごく寂しいです。会ってもたくさん話すことはなかったのですが、会って手を握って話したいです。 叶うわけのない願いなのですが、願ってしまいます。 いつか自分に死が訪れた時にはじいちゃんに会えるかもしれないから頑張って生きていかなきゃいけないのは分かっています。そうしないとじいちゃんが悲しむのも分かっています。 だけどどうしても悲しくて、じいちゃんに会いたいです。 何を質問したらいいのかわからないのですが私はどういった心持ちでいたらいいのでしょうか?

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

亡くなった夫に会いたいです…

心不全で入院、手術を受けて順調でしたが先月、急変し意識不明になりそのまま亡くなってしまいました‥今日、四十九日を迎えたのですが寂しさ、悲しみは増すばかりで本当に辛いです。亡くなっただけで悲しくて辛いのに、夫には10年以上も前からお付き合いをしていた人が居た事を夫が亡くなった後に知ってしまいました。信じられず苦しくて悲しくて惨めな気持ちで押しつぶされてしまいそうです…夫とは楽しく過ごしていましたし、私が我儘言ったり言う事を聞かなかったりして夫を怒らせてしまう事もありましたが夫は私を思いやってくれていたし、心配してくれていたし優しかったのでお付き合いをしている人がいるなんて全く分かりませんでした…なのでなおさら辛くて悲しくて苦しいです…恨む気持ちはありません。悲しいです…それでも入院中は私が毎日来院して会いに来るのを楽しみにしてくれて、私を頼りにしてくれていたと思っています。そう信じてます。私が支えになるから一緒に頑張ろうね。と夫に言った時夫は、涙を浮かべていました。あの時の涙の意味は何だったのでしょうか…心から私の事を思ってくれていたのでしょうか…私を思いやってくれたり優しくしてくれた事は夫の心からの気持ちだったのでしょうか…夫はもう亡くなってしまったので聞く事も出来ず辛いです。悲しいです。亡くなった夫に会いたいです。話がしたいです。 毎日悲しくてさびしくて辛くてどうしたらよいのか助けて下さい。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

亡くなった母のために何も出来なかった。

昨年末、母が亡くなりました。 今月で10ヶ月経ちましたが、会いたくて会いたくて、話したくて仕方ありません。 がんと分かってから8年半以上、母は頑張りました。 最後の2ヶ月弱は緩和ケア病棟にいましたが、後半の15日間は脳梗塞のような症状で意識障害でした。 家族の泊まりの許可が出た4日間は意識が戻っているようで話せはしなかったけど、手を握って意思表示をしたり、付き添いの申請書を出してくるねと言ったら手を出したので渡したら読んでいました。父が撮った写真も手に取って見たりと奇跡のような時間を過ごしました。 はっはっはっと笑って私たちに伝えようともしました。 調子がいいとのことで再度付き添いの制限がされ翌週、週に一度の面会の時には明らかに意識を失い元の状態に戻っていました。 そこから2日間ほどの頑張って苦しそうな母を見て、もうゆっくりしていいよという感情でしたが、最近その8年半で病気の改善のために何も出来なかった自分がとてつもなく醜いものに感じてきました。 病気が分かってから手術や抗がん剤をしていましたが、それ以外にも保険適用外の治療や漢方、自然食品などを調べてなぜ実行に移さなかったのか。 最初の頃、漢方のお店に行って自然食品が1ヶ月で10000円と知り、厳しいなと思い諦めてしまいました。 今思えば、年で12万、10年で120万です。 母が最後に残してくれた貯金はそれ以上でした。なぜ私は自分を守ってしまったのか。 母のために費用がかかってもいいから色んなものを試さなかったのか。 その後悔がすごく、自分の私欲に反吐が出るような気持ちです。 母がもっと生きられるように、自分を犠牲にしなかった自分でこれから先自信を持ち正しく生きることが出来るのでしょうか。 どのような考えを持てば誰かのために自分を犠牲に出来るのでしょうか。 抽象的な質問で申し訳ありません。 母は保険治療で大丈夫だ、母だけは死なないと思って油断していたら突然がくっと来てしまい、今となってはあの頃に戻らせてくれという気持ちしかありません。 ご助言をいただけると幸いです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

父が亡くなりました。

昨年年明け間近に父が他界しました。 死因は不明です。 6年ほど前に父のアルコール依存症から来るDVで離婚してます。 その後精神科に入院し二、三年後に退院できるようになり以前アルコール依存だった人たちの集まりにも参加していたようです。 しばらくしてから私と母に会うようになり父の気持ちが"またみんなと一緒に暮らしたい"気持ちになったようで母に伝えたのですが母はもう同じ思いをしたくなかったらしく断り続けていました。 そして、大晦日に母と父は一緒に家で年明けをしたそうで、1月1日の日に父は自分の家に帰ったようで着いた途端寂しくなったのと一緒に暮らせないことが原因なのか母に『睡眠薬を2週間分飲んだ』との電話が入ったらしく母は『その場で吐きなさい』と言ったみたいですがそのようなことはせずそこで会話は終わったらしく、その次の日に母から『お父さん自殺しようとしたよ』と言われ私が『電話する』と言ったら母が『昔から構って欲しくてそういうことを言う人なの無視して』と言うので電話はせず5日経ち母が父からの連絡が全く来ないことに異変を感じ役所の方に安否確認をお願いするよう電話を入れたらしく役所の方が家に行ったところ亡くなってしまっていたそうです。死後2日でした。 司法解剖の結果も自殺の欄にチェックが入っておらず死因が未だに不明です。 悔しいです。せめて成人式の振袖姿は見てほしかったです。出来るのなら昔みたいにまた話したいです。私はお父さんっ子でしたので姿だけでもいいからみたいです。 可能なのでしょうか。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺