hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

いじめのトラウマに苦しんでいます。

回答数回答 1
有り難し有り難し 20

【色々な意見をお聞きしたいです】

私は現在40歳男性です
中学1年の頃、半年間ほど
クラスの男子生徒ほぼ全員から無視、陰湿な嫌がらせ等を受けました

原因は、当時私のクラスに障害を持った女の子Aがおり
そのAに対する執拗ないじめを私が止めたことです

無視等を率先したのは、
当時一番仲良くしていた男子生徒Bでした

その後、半年ほどして
Bから謝ってきたのですが
一度の軽い謝罪で忘れられるような
心の傷ではなくなっていました

ほとんどの男子生徒が障害をもった女の子が泣いてるにも関わらずいじめ続け、
それを静止した私に対し集団で陰湿なイジメを繰り返した事実。
私は人の良心のなさに絶望しました

その後、心の傷にフタをし高校、大学へと進んだのですが
いつも心のどこかに深い悲しみがありました

そして成人式でBと再会したことで
その蓋が開いてしまったのです

成人式から半年ほど経ったころ、
お酒に酔った私はBへ
「お前を許さない」「〇してやる」と
罵詈雑言を電話でぶちまけました

翌日から、連日B本人、Bの父親から電話があり
「お金はいらないか?」「毎日電話をして罵倒して欲しい」等
金銭目的の脅迫、ストーカー行為へ誘導するような言動が繰り返しあり
なんとか私から言葉を引き出し、
電話内容を録音することで私を陥れようと企んでいたようです

最終的には、
心の傷と向き合い
腹を割って話そうと提案した私に対し

あろうことか話し合おうとした私の優しさを利用して
再度、陥れようと親族一丸となって画策してきました
それもかなり悪質な、私の気持ちを踏みにじるやり方で。

当人どころか子を導く立場の親が
そのような人間性というのも信じられませんし
なぜそんな人間が親をやっているのか理解できません

今も許すことはできませんし、毎日思い出さない日はありません
法が許すなら〇めているかもしれません

この憎しみや苦しみ、どうにもならない感情と
私はどう向き合っていけば良いのでしょうか?

お力を貸していただきたいです
宜しくお願いします

2020年9月20日 14:28

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

後出しジャンケン

"【色々な意見をお聞きしたいです】"
では、同じ年頃に同じような目に遭ってきた者として、私はあえて苦言を呈します。

"罵詈雑言を電話でぶちまけました"
これが大間違いでしたね。
酒が入った状態で、なぜ大切な話を?
しかも、どうして罵詈雑言を?

あなたは「腹を割って」「私の優しさ」と言いますが、罵詈雑言を浴びせかけて、どうして建設的な話し合いができるのでしょうか?Bさんからすれば、ある日突然、血迷ったかつての同級生が何か企んで、過去の話を口実にユスってきやがった、タカってきやがったとでも思ったのではないでしょうか?

当時、謝罪してきたBさんを赦す心を持たなかったのは、あなたの問題でしょう。ちょっとくらいの謝罪では到底納得できなかったと今更言うくらいなら、なぜその時に納得いくまで徹底的にやり合わなかったのでしょうか?真正面からぶつかっていくのを恐れ、釈然としないままにしたのは、あなたの選択だったはず。

あなただけが、まだ中1のままでいるようです。かつてのBさんの蛮行はたしかに間違いだった。しかし、未だに過去の思い出を整理整頓できていないのは、Bさんではなくあなたの問題でしょう?もうお互い中学生ではありません。大人同士の喧嘩は、子どもの喧嘩とは違い、ドロ沼化するのはある意味至極当然です。現在、あなたは思わぬ反撃を喰らっているのかもしれませんが、とっくの昔にフェーズが変わっているのに、<後出しジャンケン>というやり口で先に喧嘩をふっかけたのは、あなたのほうなのではないでしょうか?

【怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息むことがない。】釈迦

hasunoha.tenrakuin@gmail.com

2020年9月20日 22:55
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


となりのトトロの世界のような山奥の田舎の小さな小さなお寺の住職をしています...

質問者からのお礼

転落院さま

早速のご回答ありがとうございます

”お酒の入った状態で罵詈雑言”
おっしゃるとおり、
大間違いと言わざるを得ないです 笑

わかりにくい書き方になってしまいましたが
「腹を割って」「私の優しさ」というのは
その後の話です

当時、釈然としないままにしたのは私ですが
13歳という年齢、当時の状況から
冷静に徹底的にやり合う(人に対して何を思えばいいのか)ことすら
わからなくなるほど、心が傷ついていました
20歳になり、やっと自分の傷を知れた

あと出しじゃんけんと言われますが、
心の傷、トラウマとはそういうものではないでしょうか

転落院さんは同じような経験がお持ちとの事ですが
色んな考え方があるものですね
参考にさせていただきます
お忙しい中ありがとうございました。

他のご意見をお持ちの方がいれば
ご回答いただけると嬉しいです
宜しくお願いします

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る