hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

悟りとは..............?

回答数回答 3
有り難し有り難し 31

こんにちは。お世話になっております。僕は真理を求めて仏法を学び、座禅の修行も行っている在家信者です。
僕は印可を受けたとされるお坊さん(名前は書きません)の本や法話を聞いたことがあります。
※この方は禅宗の方です。
僕は、そのお坊さんの言っていることを「なるほど」、「たしかにそうだ」と深く納得することができます。僕が悟りを得ていると言うと、明らかにおこがましいお話です。
ですが、個人的には若干な手応えがあります。
これは曹洞宗でのお話ですが、「修証一致」という言葉、これは「修行させてもらっている」と言えると思います。なぜ修行できるのか、それは生かされているから。修行していることが仏法の中に生きている何よりの証拠、ということから修証一致思想が出来たのだと思います。
だとしたら、草木国土悉皆成仏も理解できます。草木や国土さえも、仏法の中にある命そのものなので、仏そのもの。成仏は仏に成るというよりも、仏に成っている、ということだと思います。これが「無功徳」や「無智亦無得」だと思います。自己そのものが仏法なのだから、得るべきものがない。
この身心さえも、自己を超越している。眼耳鼻舌身意、これら全て苦です。見えるというより、見えてしまう。聞こえるというより、聞こえてしまう。意識だって、考えたくなくても座禅をしていると勝手に雑念が出てくるものです。「自己」と定義できるものはどこにもない。このことから、自己(妄想)と法を分けることができないのは明らかです。自分の五感を通して物事を認識していると考えますが、事実はその身心も仏法の働きです。
ですが、ここからがよく分からない。僕のは結局、理屈に過ぎないんじゃないか?と思っています。もちろん、理屈では自分は仏だということは分かります。しかし、それを実感できていないのです。現段階では、「自分が無い」というより、「今まで自分自分って言ってたけど、自分って何?」
「自分」というものが分からなくなった感じです。ここからが本題ですが、悟りというのは本当に実感として自分が無くなる感覚になるのか?ということです。つまり、悟りというのは「境地(特別な心境)」なのか、ということです。
仏教に詳しい方、ぜひ教えて頂きたいです。

2020年9月25日 21:11

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

"本当に実感として自分が無くなる感覚になるのか?"

「     」

というわけなんだよ。

<追記>
"悟りは言葉では表せない、という事でしょうか"
んーまぁなんというか…。

有るわけでもない。無いわけでもない。
でも、有るわけではないこともないんだけど、
やっぱり、無いわけではないこともないというか。

ところで、キミなら「  」の中に何を入れる?

hasunoha.tenrakuin@gmail.com

2020年9月26日 2:00
{{count}}
有り難し
おきもち


【公認心理師】 【レンタルお坊さん】活動中。 とりあえず何でも相談して...
このお坊さんを応援する

自己とは、悟りとは

こんばんはー。

理屈は、

対象と自己を分けています。

観察対象とかの対象です。いま、悟りも考察対象になってるので対象です。

自分という法が対象という法を観察する。

すべて法だ。しかし実感がない。

古代からの仏教徒の悩みみたいですよ、それ。

よく勉強され、よく考えていますねー。

では単刀直入に行きます。

さてまず、自分←これはじつは自分というイメージです。

これは感じたもの、考えたものをつなぎ合わせて作り上げた頭の中のイメージ。

無我はこの「自己イメージ(我)」に対して、いいえ、あるのは瞬間瞬間の感覚や考えのみですよと教えてくれてます。

自己イメージを守ったり、落ち込んだりの執着からはなれて、丁寧に今の感覚、思考を観察し、それらに気づいた上で、巻き込まれず流していきましょう。
これが瞑想だと思います。

次に悟り。

脳内と外界は決して「=」になることはないのに、我々は「=」と無意識に思って生活してる。

感覚、考え、感情、気持ち、概念、これらは皆、観察対象との接触から
作られた脳内のものです。

脳内は外界や対象と「=」ではありません。

女の子が彼氏について考えた時、その考えは彼氏とは違います。

ですから誤差を減らすために相手を知っていくのですが、

仏教では究極それは=になることはないと説きます。
だからそんなにクヨクヨしないでいいんだよというんですね。

悟りについて考えた時も、それは悟りではありません。
では、自分とは、悟りとはなんなのか?

私の現時点での答えは、

生存の中で喪失への恐怖から、ぎっちり握っている「手」の中のものを、
手放すこと。

そして、手放せるからこそ、適切な時に適切なものをまた握れる。
結果、生きやすくなる。

何かを得られるのが悟りじゃない。
無智亦無得
これを境地というなら流れるような境地かもしれません。

手放すものの中に先程の自己イメージも当てはまりますね。

そして、最後に、
自分がなくなる感覚になるのか?

宗派によって考え方が違うようです。

私たちが感じるのは体を持つ限り、
眼耳鼻舌身意をとおしてしかありえません。

この等身大の感覚そのままが法界を感じてるということで
いいと私は思ってます。

この感覚を捨てずして自分は大きな世界の一部と思ってます

gensyudo@gmail.com

2020年9月25日 23:09
{{count}}
有り難し
おきもち


人生も階段ばかりじゃしんどいです。 たまには踊り場で一緒に泣きません...
このお坊さんを応援する

ツォンカパ大師の二諦説

斉木さま

「悟り」とは、菩提心を原因として、智慧と福徳が条件となりて、結果として得られるものとなります。

特に智慧は「空」について知る力の集積、福徳は功徳の力の集積となります。

やがて智慧の力が、仏陀の法身へと繋がり、福徳の力が仏陀の色身へと繋がることになります。

円満なる悟りへと向けては智慧と福徳をバランスよく修習していくことが求められます。

さて、もしも、皆がそのまま、あるがまま、もともとで仏であるのだとしたら、既にこの娑婆世界における衆生の苦しみは一切なくなっているはずです。

ならば、hasunohaへの投稿などもないはずです。

しかし、現実は全くそうではありません。皆、一様に苦しんでいるままです。

では、どうして、そんな誰でもわかるようなことであるにもかかわらず、正反対なことが論じられてしまうのか・・

要は視点の違いについての誤解からであります。

仏さまの立場から観る世界と我々凡夫の立場から観る世界を混同させてしまっているのであります。

仏さまの立場から観る世界は、全てが真理(空性)として映えており、この娑婆世界も清浄なる世界と映えられておられます。その立場からであれば、草木国土悉皆成仏とも言えなくもないでしょうが、この表現自体も正確には間違っているものであります。

いずれにしても、我々凡夫の立場からでは、智慧と福徳の修習に努めていかない限り、迷い苦しみの世界である現実に変わりはありません。

とにかく、皆がそのまま、あるがまま、もともとで仏である、悟っているというのであれば、それは要は仏教無用論でもあり、仏教を根底から破壊してしまうものであります。

凡夫のモノの見方と仏陀のモノの見方の正確な違いについて学ばれたいとなりましたら、ツォンカパ大師の二諦説について学ばれることをお薦めさせて頂きます。

特に下記の論文はあまりに秀逸過ぎて、拙生が稚拙な論を論じるのをブログ等で辞めたきっかけにもなりました。

「ツォンカパの後期中観思想における二諦説の研究」拉毛卓瑪氏
https://bit.ly/3mSF6CG

川口英俊 合掌

2020年9月26日 13:51
{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

沙門一緒様、回答ありがとうございます。
なるほど...。自己は法だということに気付いても、実感がない。これで悩んでいたのは僕だけではなかったんですね。一つ、スッキリしました。

理屈だけだとやはり「私」が法を観察していることになってしまうのですね。実践あるのみ、ということですね。

「手放す」というのが凄くしっくり来ました。今までの知識を一度封印し、五感を通して事実に触れていくことが大切なのかもしれません。

転落院さん、回答ありがとうございます。「 」とは、悟りは言葉では表せない、という事でしょうか。
以前、見性体験したと思われる方の言葉に、「何もかもが無だった。いや、無も無かった」という言葉があり、「ん?無も無い?」と疑問に思ったことがありましたが、やはり悟りというのは悟った人にしか分からないものだな、と思いました。それくらい難しいのですね。

追記回答ありがとうございます。
とても難しいですが、敢えて言葉で表すとするならば、「空」だと考えています。まさに、「有るわけでもない、無いわけでもない。 」
たしかに今この瞬間には有るが、次の瞬間には無い(無常)。いや、そもそも物事は独立して存在できない(縁起)から無いのか?いや、有るだろ。いや、有るわけでもないのか...。
.......。まあ、「空」としか表現できないという感じです。

川口英俊様、回答ありがとうございます。
おそらくそれは、解釈や教義の違いだと思います。曹洞宗では、衆生は元々仏であると解釈しています。自らが仏であることに気付くのが「悟り」とされています。おそらく、この「仏」自体の解釈が違うのではないかと思います。僕は「仏」を「悟った人」ではなく、「いのちの働き」だと解釈しています。
仏に成るのではなく、仏に成っていることを確認する。「生死というは即ち仏の御命なり(道元)」ということです。
仏法はそれを教えてくれるとても尊い教えです。無用なんてどうやっても思えません。
もちろん、苦しみがあるのは事実です。けれど、この世の根元は「苦」です。「苦(無常)」だからこそ、生かされているのではないでしょうか。そう考えると、苦しみは当たり前です。苦しみがあって善いも悪いもない。事実です。苦しい時はひたすら苦しむ。それが苦しみからの唯一の解脱だと思います。
川口様の言う、ツォンカパ大師さんがとても気になるので勉強も兼ねて調べてみたいと思います。

「悟りとは」問答一覧

悟りと諦めの違い。

以前自身の周辺環境の事を憂いてご相談させて頂きました。 父からの性的虐待や盗撮、 塾教師にされた暴行。 それに伴うメンタルの上下の事などです。 黙する事を決め、未だ家族には言っていません。 離婚した父をずっと恨み仕返しをしようと常に何かを考えている母とは少し距離を置き、 父を赦し自分は誰も恨まず、 過去は終わっていてもう今とは関係ないから大丈夫、 仏様は見ているし良い事をして自分が良くなる事に努めればいい、 と、一時期良い方向に物事を考えられるようになりました。 ブラック企業に未だ在籍、あい変わらず園長は理解できないですが、頑張って続けています。 今年度は信頼できる先生と組む事ができ静かに保育を学んでいます。 ふいに、自身の生育環境のアレや子どもに寄り添えない気持ちを相談したくなりますが、話してはいません。 話したところで事実は変わらず、自分の保育の姿勢への正当化にもならないからです。 自分が子どもが苦手であるという情報は、保育士には不利な情報であり、誰にも理解されないとも思っています。 諦めがついた、 怒りを隠せるようになったのか、 子どもに対しての姿勢は穏やかになれましたが、 未だ、やはり子どもが苦手であり、話しているだけ、接しているだけで心身ともに痛みを感じることが毎日のようにあります。 一時期体調を崩した際 独り言が出ていたのですが、 「なんで?どうして。」「助けて。」 という、自分の今までの何かや周りに対する疑問が出ている事が多かったのですが、 最近は 「痛い痛い」とひたすら不調を訴えるものに変わりました。 いずれ生き物である限り、人は皆無事死ぬし、浄土で救われる。 と思っているのですが、 最近の自分の心情は、 恨んだところで、怒ったところで何も変わらない、静かにしていれば、人に優しく穏やかにしていれば大丈夫、と思いながら、 心身ともに不調が続き、どこもかしこも痛みがあります。 子どもが光であるとも思えず、抱きついて私を刺してくる針のように感じ、また、子供を尊く思う保護者や教育者の心情にも寄り添えません。 子供が欲しい気持ちもなく理解ができず、孤独を感じます。 欲しくないとも言えません。 絶望のような、どこにも行けず、生きている限り地獄である、と思うような事もあります。 諦めと悟りの違い、どうすれば穏やかに過ごせるか、お力添えを宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

無欲と悟りと病気の違いは?

近頃、さっぱりと欲が無くなってしまいました。 食欲がありません。食べてたまに吐き戻しています。 眠れません。薬を飲んで寝ています。 性欲はもとから少ないです。でも、人の温度は好きでした。今はなくても平気です。 買い物が好きでした。今は欲しいものがありません。 行きたいところが沢山ありました。今は近所のスーパーがやっとです。 未来にいっぱい、「欲しい」「やりたい」「こうなりたい」がありました。 自分一人の力でどうにかなるものは手に入れました。(アクセサリーなど) 自分一人の力ではどうにかできないものは諦めました。(友達、家庭など) ちょっと前までは悲しくて、不安で、仕方なかったんです。安定や、優しさがほしくてたまらなかった。 長い間いっぱい努力しました。でも手に入らないんだって気付いて、そうしたら憑き物が落ちたように、心が穏やか?になりました。 今は、人に迷惑をできるだけかけず、死ぬ準備を進めています。 世の中の全てが愛らしく感じます。私に縁が無かっただけで、素晴らしいものが沢山あると、本気で思っています。 これは悟りに近い感情なんでしょうか? それとも、薬の飲み過ぎで、頭がおかしくなってしまっているんでしょうか?

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

人間の悟り(覚り)とは

こんばんは。僕は仏教を学んでいる者(迷走中)です。 僕は真宗を中心としていままで学んできましたが、最近では曹洞宗や黄檗宗、臨済宗など禅宗にも興味を持っています。 そこで大きな疑問が湧きました。悟り(真宗では覚り)についてです。 悟りは超訳すると、「煩悩が消えて物事をあるがまま観ることができる境地(無分別智)」ですよね。 曹洞宗の道元禅師は、正法眼蔵に「唯仏与仏」という言葉を残していますが、意味は「悟りの境地は仏にしか分からず、人間には分からないものだ」と理解しています。 僕が間違っていなければですが、道元禅師は悟り(一体どんな意味の悟りなのか定かではありませんが)の境地に至った人だと理解しています。黄檗宗の隠元も悟ったと理解しています。 真宗では「煩悩具足」と言われ、「人間は煩悩そのもの。煩悩は消えない」という前提で説かれています。ですが、真宗でも「覚り」という表現をする。 人間には悟りを開けない。これは、結構理屈で考えても分かりますよね。煩悩は消えないし、誰でも人間の本性(自己中心性)は無くならない。 歴史上では、仏陀(ゴータマ)が悟りに到達したみたいですが、仏陀に関してはそもそも人間ではなく仏なので悟ることができたのではないかと思います。 ところが、人間である道元や隠元、良寛など悟りに到達した人物が存在するみたいです。 これはどういうことでしょうか?いわゆる「生死即涅槃」や「煩悩即菩提」に到達したということですか? しかし、基本的には煩悩が消えた状態の悟りを目指すべきですよね。だからこそ、浄土系の仏教では死後の成仏に救いを求めるはずです。 仏教の目的とも言える「悟り」に到達できないという問題は、仏教の存在意義も問われる問題だと思います。 仏陀の悟りと禅宗や真宗などの悟り(覚り)とは、どう違うのか分かりやすく回答していただけると有難いです。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

悟りが得られないです

執着も捨てましたし、友人も恋人も物も殆ど捨てました。 生きていて色んなことを学んでもこちらで質問しても納得する回答は得られず日々悶々としています。 まず命への執着を手放す以外に残るものは今ありません。 しかし苦しみは消えません。 嫌な毎日です、それすら執着を手放しても苦しいままです。 1秒を我慢し続ければ耐えられると此方のサイトで言われましたが耐え続ける人生に何の安寧があるのでしょうか。 嫌な事も受け入れて、執着を捨て、全てを捨てて、あとは自分で死ぬだけです。 その死なない間にも嫌な事が沢山あります。 こんなに受け入れて、何も動じず、ただあるがままの苦しみを受け入れてるのにまだ苦しいです。もはや悟りなんてないのでは??? 例えるなら親を目の前で殺されて、まっいっかというレベルで執着を捨てていても苦しいままです。 誰か助けてほしいです。 悟りなんてないんじゃない? 私は科学ガチ勢だけど、死んだら解脱とかも無理じゃない? ただただ生まれつき運が悪いか、良いかの違いなんじゃない。 知的な障がいが脳にあればそもそも解脱する事は不可能です、それと同じで生まれつきの知能が低ければ高度な思考すらできません。 世の中運が良ければこの世界に満足して死ぬわけです。 つまり解脱も悟りもなくて、この世界で運が悪かった人が負け惜しみでそういう概念を思いついただけじゃね? ああ人生って意味不明すぎる。 このまま色んな人に説教されるか、曖昧な表現で反論されてこのまま人生続いていくんだろうな。。そしてその曖昧な表現の人たちもそのまま何の答えも得られず死んでいくんだろうな。

有り難し有り難し 83
回答数回答 4

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺