hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

おばあちゃんに会いたいです。

回答数回答 1
有り難し有り難し 13

初めまして。先月より祖母が急に弱ってしまい入院をしてしまいました。
もう食べることもできず、
点滴でのみ栄養を補給してる状態で、
意識があるのが奇跡だと言われています。
86歳で、認知症はなく会話はできるのですが、まだ頑張って生きてるのにコロナ禍のため病院での面会が叶わず、会うことができないのが辛くて悲しくて涙が止まりません。

今出来る最低限のことで、入院してから2回、
伝えたいことをしっかり手紙に書いて看護士さんに渡してもらいました。
祖母が直接読んでとても喜んでいた、と聞いてとても嬉しかったです。
会いたい気持ちが止まりません。

もう覚悟はしています...。
だけど、結婚前は実家で同居してたので、小さい頃からよく遊んでもらったり、旅行に連れてってもらったり、思い出が沢山あり過ぎて、何かと心配してくれた祖母がいなくなるのを考えるだけで本当に辛いです。

いつも優しくてニコニコしてて、感謝の気持ちを忘れない祖母なので、病院でも先生に恵まれ看護士さん達からも大変親切にしてもらっていたみたいです。
まだこのまま居させてもらえたら安心だったのですが、そうもいかず...昨日から一般診療もある療養病院へ転院することになりました。
心配が尽きないです。

もっと実家に帰ればよかった、もっとお話しすればよかった、一緒に写真も撮りたかった...と後悔が溢れてきます。
祖母は心配症で伝えないと気が済まないタイプなので、私も日常で「わかってるよ〜」とイライラしてしまったこともありました。
今になって、祖母から教わったことがいかに大切なことだったか実感しています。

ただただ元気になって帰ってきてほしい。
何をしていても集中できず、
胸が苦しいです。
たとえお迎えが来たとしても、
いつかまた会うことはできるでしょうか...?
来世も祖母の孫として生まれたい。
今はどのような気持ちでいればいいのでしょうか?少しでも強い気持ちを持ちたいです。

長々と申し訳ございません。
どうかご意見の程いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

2021年9月22日 16:18

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お祖母さんのことを胸に生きることも、出会いです。

本当にお祖母さんを大切に思っているのだなと伝わってきました。お祖母さんと会いたいがコロナで会えない状況が続いている。そして、このまま別れることも覚悟している。例えお迎えが来ても、また会えるのか?どのような気持ちでいればいいかという事なのですね。

まず思った事は、コロナで会えない中でもあなたは心のこもった手紙を出し、それをお祖母さんが喜んだという事。あなたの思いはすでに十分伝わっていると思います。今会えないという事なのですが、例えば、I pad等で、看護師さんを通して少しでもお話させていただく事は出来ないでしょうか?ワガママだと思わずに、無理を承知でお願いしてみても良いと思いました。

そしてもう一つ思ったのは、実は私たちは、毎日毎日今日が最後かもしれない人生を生きているという事です。お釈迦様は諸行無常と言いました。あらゆることは移り変わる。私たちはそれを忘れて、また明日も明後日も来年もあると思って生きている。だけど本当は毎日が最後かもしれない出会い。その事をあなたの相談を読んで改めて教えられました。しかし、あなたは毎回その時その時の精一杯の愛をあなたなりに伝えていたはず。それは言葉に成らなくても、お祖母さんに伝わっていると思います。ですから、お祖母さんはあなたの愛をもう十分感じていると思う。
ただ問題は、あなたの心が納得いかないという事なのだと思います。人の想い方は、その場で会うだけではないでしょう。遠く離れていても、想い合うという事があるはず。あなたが、元気で生きていく。お婆ちゃんに教えてもらったことをあなたの人生で大切にしながら生きる。お祖母ちゃんのことを思う時そこに一つの出会いがあります。それがお婆ちゃんを思い、大事にすることになると思う。お婆ちゃんがいないとダメだ…とめそめそ生きることを彼女は望んでいないでしょう?

浄土真宗の教義では、亡き人は教えとなって私たちの所にいつでも到来していると言います。具体的には、本当に大切なものに目覚めてくれという呼びかけとして働いてくれています。ですから手を合わせる所に、亡き人と出会い直すという事があるのです。また、死後には浄土という仏様の国で再び再会するとも説かれます。すでに字数もないので、(字数制限があります)この件に関してはもっと聞きたければまた質問頂ければと思います。中島岳志氏や若松英輔氏の死者論も参照下さい

2021年9月22日 16:52
{{count}}
有り難し
おきもち


浄土真宗本願寺派の僧侶です。 産業カウンセラーの資格を持っています。...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

大変温かいお言葉をいただきありがとうございました。今の心境に的確なアドバイスをいただけて、感動しています。
本当に普段忘れがちですが、一日一日を迎えらることに感謝しながら大切に過ごしていきたいと思いました。
そして、私が悲しくて毎日泣いていることは確実に祖母は望んでいません。。
これからもずっとずっと心で繋がっていると信じています。
明日、病院にも何とかお話しできる方法はないか聞いてみます。教えていただいた死者論もゆっくり調べてみたいと思います。
本当にありがとうございました。
死後についても続けて質問させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「病気と向き合う・看病」問答一覧

手が動かなくなった日

いつもお世話になっています。 4日前の朝から急に手が動かなくなくなり、病院に行くと橈骨神経麻痺だろうと言われて治るのの二、三ヶ月最悪手術が必要と言われました。二週間治る方もいるみたいなのですが 6日経った今も改善の気配がありません。 何もしないよりはと思いリハビリを受けることにもしました。 正直原因もはっきりせず(おそらく寝方が悪かった)本当に治るのか不安で毎日一人になった時は泣いています。 仕事は歯科医なので手が使えないのは本当に辛く、就職して一ヶ月でこんなことになって悪いなという気持ちで一杯です。 院長の厳しい対応もなんとか今までは耐えれましたが、今回の件で生きることが辛いと感じるようになりました。 このまま手が動かなかったらどうやって食べていけるんだろうと苦しい気持ちで一杯です。 今は実家に住んでいるので母親にも凄く心配をかけてどうにかなりそうです。 新卒でこれからという時期に自分は...。って朝起きると胸が苦しいです。 一度休んだほうがいいのでしょうか、それとも乗り越えてなくてはいけないことなのでしょうか? 左利きで左手が使えないので日常生活も辛いです。 悪いこと(前回の質問参照)した自分への報いなんでしょうか? 文章が支離滅裂になってしまい申し訳けありません。 不安でどうになかなっているかもしれません。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

母が脳梗塞で倒れました

いつもありがとうございます。 同居している母(82歳)が、脳梗塞を患い病院に緊急入院しました。 右の脳が発症して、現在左に麻痺が出てきているようです。 もともと右足が不自由で歩くことが困難な状態ではありましたが、現在は車いすに乗るのも看護師さん3人がかりで動かしてくださっているようです。 だんだん顔にも麻痺が出てきていて、言葉がはっきりしなくなり少々呂律が回らなくなってきている状態です。 命が助かってくれたのはとてもありがたいのですが、これからのことを考えるととても不安になってきます。 元気に退院して家に帰ってほしいと願っておりますが、その反面後遺症が残るような状態になるのならば、いっそのことと考えてしまう恐ろしい自分がいます。 許されるわけがない思いだとわかっているのですが、一人で考えてしまいます。 誰もが通らなければならないことだと、自分に納得させようとはしています。 母は病院が嫌いで、ほとんど病院通いをしてはおりませんでした。 そのつけが出たんだとは思っておりますが、母方の祖母はくも膜下出血を患い、半年間意識のない状態で病院にいてその後亡くなりました。 母も祖母のように意識がない状態のほうが苦しくはないのでしょうか そんなことを考える娘は許されませんよね。 申し訳ありません。愚痴のようになってしまっておりますが、 何か一言助言を頂けないでしょうか。 お願い申し上げます。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺