hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お墓についての質問です。

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

先月父が亡くなり、まもなく四十九日を迎えます。その父の遺骨をどうするかで家族で意見が分かれています。私たち家族は母と三人姉妹で、亡くなった父は長男でした。
我が親族には、父の兄弟で建てたお墓があり、祖父祖母そして先に亡くなった叔父が納骨されています。
姉(長女)は、私たち姉妹(三人)は女ばかりなので、墓守ができないから、父の遺骨はこのお墓には入れられない、お寺の納骨堂に入れるしかない。入れると後々も法事などで関わりができてややこしくなる。自分の子ども達にそれを背負わせたくないから。と言います。
確かに、娘が嫁いでいないからということで、お仏壇は父が5年程前にもうひとりの叔父に託していました。
しかしお墓に関しては、母も私(次女)も、父の遺骨はここに納めるものと思っていましたし、父自身も、いずれ自分も入ると思っていたと思います。だから入れてあげなければかわいそうな気がして、私も母も姉の意見には納得がいかず、反対しています。
娘ばかりを育てた父の遺骨は、本当に親族のお墓に入れることはできないのでしょうか?入れると後々どんなややこしいことが起こるのでしょうか?教えてください。宜しくお願い致します。
宗教は浄土真宗の西本願寺派です。

2021年9月24日 15:57

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お父さんの遺志を全うすべき

こんにちは。

まずはお悔やみ申し上げます。
お悲しみのことでしょう。

「親族のお墓に入れることはできないのでしょうか」とのご質問です。
文面を見る限り、「お墓に入れること」ができると思います。

「父の兄弟で建てたお墓」なのだから、お父さんもご自身が入るつもりでもあったでしょうし、資金も共同で出しているのだから、むしろ権利があると思います。加えて、あなたとお母さんも「父の遺骨はここに納めるものと思ってい」るのですよね。そのお墓に入れることの方が最も自然のように思います。

ただ一つ、反対している長女さんが何を言わんとしているのかが今ひとつわかりません。あなたは「後々どんなややこしいことが起こるのでしょうか」と尋ねていますが、詳しくはご本人に訪ねてきちんと納得できるまで説明してもらうのが一番です。

「入れると後々も法事などで関わりができてややこしくなる」とあります。
「ややこし」い内容は、親戚づきあいという「関わり」が嫌なのでしょうか。それとも「法事」などの仏事を営むこと自体を厭っているのでしょうか。

いずれにせよ、あなたとお母さんには、「ややこし」くないのに、長女さんが何かを「ややこし」いと感じているから、「ややこし」いと主張して「ややこし」くしているだけのように思います。私には、「ややこし」い要素が見当たりません。

お父さんは、娘さんばかりであることを見越して、「お仏壇は父が5年程前にもうひとりの叔父に託して」いたのでしょう。この辺りは、お父さんは計画的に先を見越していたと思います。お墓に入ることも、「祖父祖母そして先に亡くなった叔父」が先に安置されているところに自分も、という計画性があったと思われます。

あなたも「母も姉の意見には納得がいかず」ということは、そもそもが「納得」できない主張なのでしょう。正当な理屈がなく、単に自分に不都合な何かがあることを別の理由をつけて表向きもっともらしく説明しようとしている。しかし、それができていないから、理屈の筋道も立たないし、「納得」できない、となっているのだと思います。

ここは、やはりお父さんの遺志を全うすべきと思います。

2021年9月24日 17:13
{{count}}
有り難し
おきもち


釋 悠水(しゃくゆうすい)
浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...
このお坊さんを応援する

10年20年、50年100年後の事を考えて持続可能な方法で

こんにちは。お父様のご逝去にお悔やみを申し上げます。
私は曹洞宗ですので、もしかしたら浄土真宗さんとは考え方が違うかもしれませんので、参考程度にお読みください。

 整理しましたが、質問文だけではわからない部分が多く文脈から想像します。
・お父さまの兄弟で建てたお墓がある
・そのお墓にはお父様の父母・亡くなった弟さま(独身か)が納骨されている。
・仏壇はもうひとりの叔父(父の弟)(既婚・子供有りか)が管理
・あなたを含めお父様の子供は3人全て女性(姉既婚・子あり あなた含め2人未婚・子供無しか)

 お仏壇は、叔父様が管理しているようなので、墓地の管理(管理費の支払いやお年忌の執行)も叔父様が行っていると思います。ですので、お墓に入るか入らないかは、叔父様の判断になると思います。もしお墓がお寺の墓地でしたら、お寺の許可も必要です。すでにお葬式を済ませてあるようなので、お葬式は祖父母様と同じお寺でおこなったのでしょうか?もしそうでしたら、そのお墓に入る前提があっての事とも想像できます。

 想像される「やっかい事」としては、
・あなたのお母様がお亡くなりになった時にどこに入るのか?叔父様の管理するお墓に入るのか?
・あなたたち姉妹は亡くなったらどこに入るのか?叔父様の管理するお墓に入るのか?(既婚でしたらそれぞれの夫さんのお墓に入ります)
・今後、お墓の管理費や、お父様のお年忌などの御布施は、どなたが納めるのか。(管理費は管理者が叔父様なので、叔父様が納めることになると思いますが、これではあなたがた姉妹に何の負担もないことに叔父様はどのように思われるのか)
・お寺との窓口は叔父様になると思います。あなた方姉妹でお年忌したいと思ったら、叔父様を通して連絡してもらう、などの流れが予想できます。

 上記の点で、あなたがたにというよりは、叔父様に「やっかい事」をお願いしてしまう可能性がある、という事になると思います。

 ご質問だけでは詳しい事情がわかりませんが、10年20年、50年100年後の事を考えてみて、どうするのが良いのか、叔父様や菩提のお寺様と一緒に考えてみると良いと思います。

2021年9月24日 17:56
{{count}}
有り難し
おきもち


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

釋 悠水 様
お礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした!!
ご回答有難うございます。冒頭に「お墓に入れることができる。権利がある。」と言って頂きホッとしました。母にも話すと、とても安心していました。
このご回答についてまだ姉とは直接話せていないのですが、姉は七日参りの際、お寺さんの前で母や妹に、変わらず自分の意見を主張していたようです。お寺さんは父には入る権利はある(お金も出しているので)と考えられるので、叔父さんと話して了承得られればお墓に入れることはできますよ、とそして、納骨堂に入れた場合のことも話してくださり、急ぐ必要はないのでよく話し合って皆さんが納得して気持ちが定まってからにされるといいです、と言われたそうです。
父の遺志を尊重したいとは思いますが、遺されている訳ではないので、どの様にも解釈できてしまう気がします。色々な角度から考えて考えて…一時、私自身よく分からなくなっていましたが、やはり最初の気持ちに戻ってきました。家族で冷静に話し合うことができればと願っています。有難うございました。

光禪 様
ご回答有難うございました。お礼が遅くなり申し訳ありません。
10年20年、50年100年後のことを考えて持続可能な方法…とはどういうことなのか…を考えていると、あまりにも重くて、自分自身の中でも考えがまとまらないでいるのですが、思いもよらなかった点を示唆するものとなったように思います。有難うございました。

「お墓」問答一覧

愛人がお墓を継ぐことについて

80代男性と愛人関係にある、50代独身女性です。彼の九州の実家の家(老朽化したのを建て直している)と土地とお墓を継いで欲しいと言われ、合意しています。お子さんはおらず、不仲でほとんど交流がない独身の妹さんがいます。奥様は東京の方で、ご実家のお墓に入られるので、夫の実家もお墓もいらないとのこと。 弁護士に相談し、公正証書遺言を作成し、遺贈と祭祀承継について指定してもらおうと考えています。 自分が祭祀承継者となった場合に必要な手続きや経費について、質問内容上身元を伏せて、彼の実家の菩提寺(浄土真宗本願寺派)に問い合わせたところ、ある程度覚悟はしていたものの、予想を超えた失礼な態度で回答拒否されました。 彼本人が訊いた時も、要領を得ない、納得のいかない対応をされたそうです。 教義上、またその地域の保守的で閉鎖的な土地柄上、そのお寺の住職さんが、自分のような立場の人間に失礼な態度を取ることは、理解できますが、奥様が祭祀承継したくない以上、彼や彼のご両親の霊を弔い、供養を引き受ける人間がいるのは悪いことではないと思うのですが。「当寺には墓地はありません」などと、見え透いた慇懃無礼な嘘までつかれました。 法的効力をもつ遺言で祭祀承継者を指定したとして、菩提寺に拒否権はあるのでしょうか。 法的効力があるからといって、無理矢理お寺側に私が祭祀承継者であると認めさせても、円満な関係は築けず、不快な思いに悩まされるだけだと思います。 彼が離檀や別のお寺や墓地への改葬などしない限り、そのようなお寺とは関わらず、墓参するだけにして、実家にある仏壇だけを引き受ければよいのでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

訳あって相続放棄しました。

数年前に自営業だった主人が多額の負債を抱えたまま急死し、自己破産及び相続放棄しました。 ようやく個人所有の整理が始まり、自宅売却に向けて弁護士先生が自宅の仏壇は?と聞かれ、私自身お金もなく正直、生前からの主人の事や亡くなってからの多額の借金の発覚他、未だ許せなく子供達も独立してるので、受け継げませんと伝え業者がきちんと処分して頂いたようです。 問題はお墓です。 主人所有だった土地に先祖代々のお墓があり先生に相談したところ、買い手がつかないので、そのままでいいと。 私が1番心配だったのは、お墓を継承し生きてる間は私が面倒みられますが、亡くなった場合、子供達ができるのか?また、お墓の横が道路で周りに木があり倒木等で事故を起こしたら私や子供達に賠償責任があるとの事で、そのままの状態です。 許せない気持ち、もう関わりたくない気持ち、生前辛かったけどいい事もあったな気持ちで複雑ですが、そのままの状態です。 1周忌の卒塔婆供養は嫌だったけどしました。 2周忌以降は上記のため、できそうにありません。 ほっと安心感もありますが、本当にこれで良かったのかと… 長文で申し訳ありません。

有り難し有り難し 31
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺