hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

隣の芝生が青く見える

回答数回答 1
有り難し有り難し 11

この春から転職することになりました。

未経験の業種ですが、自身の長所を生かすことができそうで、また興味のある仕事につけることになりました。
新しい仕事に不安半分、ワクワク半分という気持ちです。

転職するにあたり同期に会いました。
その同期は希望した部署に異動になり、
希望のエリアで新しく彼氏もつくり
私から見ると順調な日々を送っています。

この同期のことは
友人として大好きなのですが
私が行きたくても行けなかった部署に行き
将来安定な彼氏をつくり
年収も転職した私より高く
羨ましくて少し嫉妬してしまっています。
自分で選んだ道なのに。

久しぶりに会ったときも
同期が眩しくて、自分に自信がなくなり
少しへこんでしまいました。

やっぱり転職しなきゃ良かったかな、とか
この先後悔しそうだなとか
差がついちゃいそうだとか
色々あれこれ考えてしまいます。

このように比べても仕方の無いことを
比べてしまったり、勝手にくよくよ悩み
将来に不安になる自分がすごく嫌いです。

私は私!で割り切って目の前のことに
前向きに取組みたいです。
なんだかとっても嫌なやつで恐縮ですが
どんな心持ちで私らしく
前に進んでいけばいいでしょうか。
似たようなご経験はありますでしょうか。
アドバイスいただけますと幸いです。

2022年4月14日 2:05

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そう思いますよね

拝読させて頂きました。
「隣の芝生は青く見える」というのは誰でもそうだと思いますよ、あなただけではないと思います。新年度に変わり職場も仕事も新しい中ですから同期の人達や年齢の近い方々の仕事ぶりやプライベートの充実度も確かに目に入ってきてしまいますからね。あなたがその様に思ってしまうお気持ちもわかるような感じがします。あなたのお気持ちを心よりお察しします。
とはいえ人間明日のことはわからないに等しいです。毎日当たり前のように過ごしている生活のように感じますが、実際には先のことは誰もわからないのです。というか一寸先は闇なのが現実です。そのような中でも私達は様々な巡り合わせの中で恵まれながら生きているのです。ですから人をうらやむよりも先ずは自分自身が今生きていることに目を向けていくことの方が大事なことですよね。
当たり前かもしれませんが、人生ですからものごとうまく運ぶこともあればなかなか思い通りにいかないことも沢山ありますし、全く思ってもみなかったことに突然遭遇してひっくりかえってしまうこともあります。
「人間万事塞翁が馬」でもありますよね、「なるようになる~先のことなどわからない…♪」というものですからね。
いずれにせよ、あなたはまた新たな一歩を踏み出していくのです。そこでは新たな出会いも仕事も待っているでしょうからね。どうか決してあわてないで落ち着いて目の前のことを一つまた一つと学び経験なさって身につけて行って下さいね。
あなたがこれからの未来を素晴らしい出会いに恵まれて一つ一つ学んでいかれて成長なさっていかれます様にと、そして充実した毎日をご縁ある方々をこれからも生き抜いていかれます様にと切に祈っています。そしてあなたを心より応援しています。

有難うございます。
あなたの未来はこれから開けます、沢山の素晴らしいことや出会いが待っています。そしてあなたは成長していかれます。どうかあせらずに適度に頑張って下さいね!(^^)

2022年4月14日 11:01
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

Kousho Kuuyo Azuma様
ご回答ありがとうございます。
人生不安に思っても何も分からないのだから限りある時間で、ご縁のある周りの人や自分をまずは大切に。目の前のことにコツコツ取り組んでいこうと思います。

私もKousho Kuuyo Azuma様のことを心から応援しております。

ありがとうございました!

「嫉妬・人の幸せを喜べない・不幸に喜ぶ」問答一覧

いとこが羨ましくてしょうがないです

いとこは家族関係も良くて、家族みんなでご飯を食べていたり 家に帰ればお母さんが待っていて勉強を見たりしてくれていました。 テストを頑張れば抱きしめてくれて点数が悪くても「よくがんばったね!」と褒めてくれていました。 でも、私は親が離婚していて、離婚する前も仲が悪くて家族みんなでご飯を食べたこともないです。 家に帰ってもひとりっ子だし一人ぼっち、 友達もいなかったです。 私は、成績はいい方でテストも頑張っていい点数をたくさん取っていました。 でも昔からそうだったのでそれが当然だと思われているのか何も言われません…。 なんで私といとこでこんなにも違うのか。 そう意識するようになったきっかけがこれです。 私は小学四年生頃、お父さんといとこの家に遊びに行きました。 そこには上に書いたような、私にとってはありえないことがたくさんありました。 私は幸せそうな生活をたくさん見せつけられ、限界が来てその場で大泣きしてしまいました。 お父さんからは、私がお母さんと離れてしまって寂しくてないているものだと思われましたが、私はなんでいとこがしてもらえていることを何一つしてもらえないのか、いとこと私でこんなに違うなんておかしい!と思って泣いていました。 私のほうが褒められるようなことをしているのになんで私よりもいとこがたくさん褒められるのかと思うと今でも涙が止まりません。 今はいとこにはいとこにしかわからない問題もあったんだろうな…とか思っています。 でもやっぱり納得できません 割り切ることができずにこのもやもやがずっと心の奥にあります。 この状態を少しでもよくするにはどうすればいいですか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

嫉妬心に囚われ無い様に生きるには

お世話になります。MOMOと申します。 最近私は嫉妬心が強く、辛い毎日を送っております。 嫉妬してしまう対象の人は様々です。(会社の同僚・上司・後輩や昔からの友人、何かの有名人、道ゆく通行人まで) 皆、何かしら、優れた面を持っています。仕事が出来たり、話が上手だったり、お洒落だったり、何かで成功してたりしています。 その反面、自分には優れた面がありません。仕事も出来ず、話し下手であり、ダサい格好で、何にも成功していません。 優れた面を持っている人は、それだけの努力もしているし、それぞれの悩みがあるのは分かります。 ですが、努力が出来る、という所にさえ、嫉妬してしまい辛いです。 最近は趣味の方にまで、その傾向が出ています。 自分は絵を描くのが好きで、上手くなりたいと思い、毎日練習しています。 ですがSNSにアップしても、良い反応が貰えず、その反面、有名なイラストレーターさんが活躍しているのを見ると、好きな絵でさえ、上手で無い自分と比較し、嫉妬心で辛くなります。 20歳代後半になってから、同世代の人が活躍しているのが多くなり、 自分にも優れた面が欲しい、という思いが強くなっているのですが、それと同時に何の才能も無い・努力もしてこなかった、という事が分かり、絶望もしています。 今更努力したところで、今、活躍してる人に追いつけないと思うと、努力する意味があるのか、分からなくなってきました。 嫉妬心に囚われず、自分のやるべき事に集中して生きるにはどうしたら良いでしょうか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

嫉妬心とは、自己肯定感とは

嫉妬の感情、主に恋愛感で発生する嫉妬心をなくすには、自分の目に映る、目の前の恋人だけを信じればいい!と、以前、自分なりに答えがみえたのですが、それができません。自分の答えなのに綺麗事だなと今は思います。 可愛い子にもスタイルがいい子にも嫉妬します。恋人が女性と話しているのを想像するだけで涙がでて、怒りさえ感じます。 どうしてこう嫉妬心が強くなったのかを考えると、前の恋人に浮気をされた経験、それに伴い自己肯定感が低くなった、または低いことに気づいたことが原因かと思います。 友達に同内容を相談しても、それぞれで良いところがあるんだから比べなくてもいいんだよ。と言われました。優しく慰めてくれましたが、比べてしまうことは社会に生きてる人間であればごく自然なことなのかなと思います。なのでやはり、人と比べた後にそれをマイナスな気持ち(嫉妬心、怒り、悲しみ)に変換してしまうのは、自分の感性のせいだと思います。「みんなちがってみんないい」と、思えるようになりたいです。しかしまだそうは思えません。「みんなちがってみんないい。けど私は圏外」と思ってしまいます。 嫉妬する心も、自己肯定感の低さも、もはや、このまま一生お付き合いしていかなければいけない感情なのでしょうか。何かアドバイスや、これを思い出せば楽になれるよ……なんて言葉や考え方があったら教えてほしいです。 長々とすみませんでした。

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

嫉妬しない心を持つ方法が知りたいです。

私には高校からのとても仲の良い友人がいるのですが、その友人は私の1番嫌いな友人と仲が良いのです。 嫉妬してしまいます。 なぜその友人が嫌いなのかといえば、彼女(以下B)はとても横暴で猫型ロボットアニメのガキ大将のような人なのです。仲の良い友人(以下A)はいつも、BのものはBのもの、AのものもBのもの、というように色んなものを取られていました。 Aは私にとって大切な友人です。AにたかるBが許せなかったのです。 だからといってAがBを不満に思っていない以上、私から何かを言うことはできませんでした。 高校を卒業してAは他県へ引っ越しました。気軽に会えない距離になってしまいましたがそれでもAとの交流は続いていました。 それから数年経って今に至るのですが、私とAは同じアイドルを好きになりました。 今度そのアイドルのイベントがあるのですが、私はAに一緒に行こうと誘いました。 AはBと行く予定だそうです。 Bに鈴音も混ぜてって頼んであげようか?と言われました。 以前からBも同じアイドルが好きだとか、グッズを一緒に買いに行ったとかはAから聞いていました。 その時はなにも思わなかったのですが、今日は違いました。 なんで私と一緒に行ってくれないの???と 誘われた順番……といえばきっとそうなのです。Aは友人に優劣をつける人間ではないと思います。 3人で一緒に行けばいいのです。 もしかしたら成人してBは変わっているかもしれません。 それでもAと2人で行きたかったなぁ……と思ってしまいました。 「頼んであげようか?」と言われたのも嫌でした。 とはいえAに、私と行ってよ!!!と我が儘を言えば私の嫌いなBと同じ横暴な人間になってしまいます。 結局私は「今は良くても会ったらまた喧嘩して迷惑かけちゃうだろうから笑」と断りました。 今は嫉妬で心がいっぱいです。 Aはまた行こうと言ってくれましたがきっとこれからずっとBがセットなんだろうなと思うとモヤモヤします。 子供のような悩みで恥ずかしいのですが、どうしたら心を静められるでしょうか。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ