hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人生の選択

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

現在、癌をわずらいお仕事探しも止め実家にいます。

人生を振り返ると途中からいいことなかったなって思ってます。
Australiaへ留学して沢山の友達ができて前向きな性格になり
帰国しました。

帰国してからストー力ーに合ったり、しかもスピード離婚しています。

人のこと言えないですが彼は駄目な男性で私と離婚した後再婚し
また離婚したそうです。

この前相談させていただいた元彼も重たい人でした。
2人とも職場で出会ってます。

なんでしょうか。世の中出会なければ悲しい思いしなくても
いいこともあるのにどうしてあの人達は思いやりより
自分だけが良ければいい考えなのでしょうか。

1人は借金男でしたし、元彼は学生時代ご両親のお金
でパチンコ行ったり。

出逢わなけば良かったって最近思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

2014年6月20日 20:56

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

出会いはわたしたちの「はからい」の外からやってきます

おつらい事と存じ上げます。

縁とは我々の「はからい」の外からやってくるものですが、
それに対して、内側の「わたし」がどう応じていくのかを、
修行するのがほとけの教えなのであろうと感じます。

私自身もそうですが、やはり自分本位というものを、
捨てきることは出来ません。そのために、
内側のわたしをしっかりとコントロールするための
ほとけさまの教えを学んでいるところです。

坐禅であったり、読経であったり、お掃除であったり、
法務、法事などであったり。これらが「わたし」を
コントロールするすべであるとして、務めるものであります。

お付き合いをされた方々の自分本位の姿にあなたが
辟易されたこともまた、「はからいの外の縁の姿」と存じます。

御病気も、これからの出会いも、あなたを不安にさせて
しまっているものと伺いますが、

未来は誰にとっても「不安」なものであります。

今、すべきことは、その未来において、
どのような出会いがあろうとも毅然として向き合える
「わたし」を自分のなかに見つけることであります。

みな誰しも、不安なこころをもつ、いわば弱いこころを
持っています。
だからこそ時として、悪いこころがすり寄ってくることに
疎くなったりするのです。

どんなときにも、一歩うしろから自分を見つめ、しっかりと
毅然とした思いをもって応じているかを確かめる、
そんなもうひとりの自分でわたしを見つめること。

それが、すこしづつすこしづつ、わたしを安らかに
していくのではないでしょうか。

不安は外からくるのではなく、
自分の中から湧き上がるものです。
外の煩わしい事に流されない、或いは気にしないこころを
御自身で持つことが、今のあなたを変える力になるものと
思うのであります。

参考までに。
一日にほんのわずかな時間で構わないですから、
ちょっと正坐して、深呼吸。
そして自分を確認しましょう。
「おはよう!元気?」「元気です!」
「最近、色々辛いことあったけど、それも人生の糧だと
思って、頑張れる?」「つらいけど、なんとか歩いていきます」
「だれも見てなくても、わたしはあなたをみているからね!」
「はい!」

こんな感じです。

でも辛くなったら、またここに書き込んでくださいね。
さちあれ。さちあれ。合掌

2014年6月22日 23:49
{{count}}
有り難し
おきもち

心のより善い変容へと向けて

みかん様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は、癌を患われておられるとのことにて、とにかく養生第一に、治癒にまずはご専念下さいませ。

人間、生きていく上で誠に色々とございます。良いことだけでなく、悪いことも含めて、失敗や反省、後悔することなどももちろんです。

ただ、同じような出来事をそれぞれが経験したとしても、受け取る人の心の持ちようそれぞれにおいて捉え方も異なってくることがございます。

例えば、雨が降るという出来事は同じであっても、それを受け取る人の心の捉え方次第で異なって参ります。日照り続きで作物が気になっている農家の人においては、恵みの有り難い雨となり、花火大会を楽しみにしている人においては、恨めしく嫌気する雨となってしまうことでしょう。

雨そのものは、ただの自然現象で当然に悪気も何もありませんし、善悪も関係のないものであります。しかし、それを捉えるそれぞれの心の状態において、その雨が、良いものとなったり、悪いものとなったりしてしまう場合もございます。

人生における様々な出来事も実は無数の織り成す縁によりて、善くも悪くも色々と展開されていくものですが、それを扱う人の心、それを捉える人の心次第で、それぞれが善くなったり、悪くなったりとなってしまう側面もあります。もちろん、自業自得として己の悪い行いが招いた悪い結果であるならば、慚愧、反省し、二度と同じ過ちを繰り返さないこと、償いや贖いが必要であるならば積極的に善い行いをすることが必要にはなりますでしょう。

とにかく、心の状態をこれからのいかなる出来事に対峙してもできるだけ善きものとして調えていけれるようにするためには、心の状態を上手にコントロールするための修習や善い行いに努め励むことが求められることにはなります。

前回のご質問の拙回答の最後にて、「みかん様がより良く幸せに過ごすことのできるお相手と巡り逢えるご縁のありますことを祈念申し上げます。」と述べさせて頂きました。

あまり過去の出来事にいつまでも囚われてしまわれずに、是非、これから先の善きご縁へと向けて、ご養生と共に少しゆっくりと英気を養われてから、少しずつでも心のより善い変容へと向けて取り組まれていかれましたらと存じております。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

2014年7月20日 15:55
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

僧侶様
心癒されるお言葉ありがとうございます。
私自身本当に弱いダメな人間でして、現在心理療法士
さんのカウンセリングを受けています。
心の持ちようだと存じていながらまだまだ癒やしきれない
心の傷が残っているのに気づいているのに向き合うのが
怖いのです。心の整理するのが怖いのです。

ご相談のっていただきありがとうございました。

お礼申し上げます。今の世の中インターネットで暖かいメッセージをいただけて嬉しく思います。私は残念ながら去年にしばられて生活していたように思います。私自身を大切にできず自分を押し殺して男性とお付き合いしておりました。嫌われるのが怖かったのですね。癌は手前だったようで細胞を削り完治いたしました。これからは自分を押し殺さなければならない男性ではなく私が笑顔でいられる方を探したいと思います。
見ず知らずの私に暖かいお言葉お礼申し上げます。

「人生の選択・岐路・決断」問答一覧

迷って決断が下せない

私は結婚をきっかけに会社を退社をして、今は専業主婦をしています。 仕事をしていた時に、毎日夜遅く不規則な生活をしていた為なのか、うつ状態と自律神経失調症になり、病院に通い治療中です。 そんな私に、勤めていた会社から、また戻って働きませんか?、というお誘いをもらいました。 仕事内容や人間関係に不満は無かったので、独身の私なら迷わず戻りました。 でも、今の私は結婚をして家庭があり旦那さんがいます。 仕事に戻ったら前のように帰りが10時過ぎるのは決まっていて、休みもシフト制で旦那さんと休みがバラバラ。 すれ違い生活になります。 家事も今までのように出来なくなり、おろそかになると思います。 もちろん夜ご飯は作れないので、スーパーやコンビニで買ってきてもらう事になります。 今までのように旦那さんのサポートは出来なくなります。 でも、悪い事ばかりでは無く、旦那さんから自立をして、年金や健康保険を自分で支払えます。 家庭の金銭的にも余裕が生まれ、不安な老後の為に貯金が出来ます。 会社に戻り、旦那さんや家庭を気にせずに前のようにバリバリと働くのか。 それとも、もう少し休んで体調を整えてから、扶養内で無理しない程度で働くのか。 迷ってしまって、決断が下せません。 こういう時は何を基準にして考えたり、どういう風に考えたりすれば良いのでしょうか? 自分ひとりでは迷ってしまって、決断が下せません。 アドバイスをよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

どの選択がベストなのか

こんにちは。 いつも暖かい回答ありがとうございます。私は1年浪人の上、大学2回生になったのですが、どうしてもいきたい大学があって在学中もずっと勉強をしていたのですが、今年もだめで今、受かった大学へ通っています。これも縁ですし、仏教の大学ですのでお坊さんの暖かい話なども聞けてありがたいのですが、この大学は私がいきたい大学と目と鼻の先にあり、家はいきたい大学の近くで、在学中大学へ向かう時にはいつもその大学の近くを通らないと大学へは行けません。 数人の友達もできましたか、皆んな目標があってこの大学に来たくて勉強を頑張っているのに私はまだいきたい大学の方面をむいてしまいます。 私は受からなかったことも後悔してなりませんし、かといっていつまでも引きずってはいけないとも思っています。 バイト先も皆さん本当に優しくて、私の行きたかった大学へ私以外皆さん通われています。大学どこ?と聞かれても秘密にしてしまいます。 学歴が全てではないと、就職課の方もおっしゃるのですがひっかかってしまいます。かといって、2020年受けて合格したとして、1回生で22歳。就職課する頃には25.6歳です。企業は組織に染まりやすい若い人を欲しがるので、歳をとった人を取るメリットがないとネットで書いてあることも複数見ました。 私が目指していたのは法学部で、私の住んでいる地域では有名大学。今行っているのは、俗にゆうFランといわれるところです。 このまま就職すれば、23歳で出来お金も入るかと思います。 しかし、大学にコンプレックスを持ち続けることになるかもしれません。 反対に3年遅れになれば現役より約600万ほど稼げないことになります。新しい大学へ行ったからといって、良き友人やたのしいキャンパスライフが送れるとも限りませんし、友達ができるかもわかりません。 受験勉強を続けて受かってから考えればいい!と思いなが進めてきましたが、やはり勉強中も先のことを考えてしまいます。 どうか、こんな私にアドバイスをいただけないでしょうか。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

人生の決断をする時の迷いについて

こんにちは。 何時もありがとうございます。 気持ちが定まらないことがあるので、お話を聞いていただけると幸いです。 新元号となり、周りの人たちも変化を積極的に享受しているような気がします。 私も、人生の転機になるかもしれない決断をしました。 親元を離れ、離れた土地で暮らし働くことです。 おそらく、家でも職場でも私が居なくなることは想定外だと思います。 今後を任せると期待をかけられているのを感じているからです。 最近、離れた土地で自分を試してみたいと思うようになりました。 それは、10年ごしの病気からの立ち直りでもあり、自分の人生に責任を持つことでもあると思います。 だから、色々な人の期待を裏切ることになるだろうけど、決断しようと思いました。 父親に話したところ、後のことはなんとかなるだろうから応援すると言ってくれました。 本当に幸せなことだと思いました。 有難い親の後押しをもらえたことは、これから離職についてのいざこざを前向きにとらえる力になりました。 ただ、決別を決め、気持ちはスッキリしましたが、いざ両親を置いていくと思うと、申し訳なさでいっぱいです。 この人たちの犠牲と恩に報いることなく、自分の勝手を通して良いのだろうかとか、出ていく以外に道があるんではないだろうかと思います。 このままの生活なら、自分が力に成れることもあるからなと、親との決別を反故にしようとしている自分もいます。 そのような生活だと自分の全力が出せない環境で、それに耐えかねての決別であったはずなのに、本末転倒な結論に着地しそうです。 きっと、結果として、出ていけなかった、戻ってくることになったとしても、それはそうなることだったんだと思うでしょう。 ただ、その結果に至るまでに、自分の意思で動いた、頑張ったという過程がなければ後悔し、周りを恨むという八つ当たりをするだろうと思います。 そのような心持ちになりたくないので、しっかり闘おうと思うのですが、実家に後ろ髪を引かれる思いも強いです。 私の心にふと影を落とす、親、家族を見捨てるのかという苛めは一体なんなのでしょうか。 その気持ちに向き合うのが怖いです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

もし、あのとき、別の選択をしていたら

お坊さま、お正月をお忙しく過ごされていることと思います。 このメールをお読みいただき有難うございます。 寂しい、です。 自分が選択してきた道が、うまくゆきませんでした。 もし、あのとき、別の選択をしていたら・・・と百万回くらい悔みました。 だいぶ落ち着いてきたところだったのですが、 このお正月の休みで、またグルグルと考えが回ってしまいそうです。 過去は変えられないと、何人もの方々から言われました。 ごもっともです。 ですが、だからこそ、つらいのです。 受け止めきれていないのでしょうね。 失ったものより、もっているものに目を向けましょう。 これも、頭では分かっています。 でも、すぱっとは切り替えられないものですね。 時が薬になる、とも聞きます。 そうかもしれません。 2年前にくらべれば、少しよくなりました。 気持ちが沈まないように、することを見つけて工夫もしているのですが、気が付けば、過去に自分がした選択を悔いる気持ちに占領されます。 自分が選択した道が、生き甲斐だったのです。 でも、うまくゆかずに、生き甲斐を失いました。 心に穴が開き、ぽつんとしております。 私に残ったものは、なんだったのでしょう。 読んでくださってありがとうございます。

有り難し有り難し 82
回答数回答 3

すでに過ぎたことの選択があっていたのか考えてしまいます

近々結婚を予定している者です 前提の話がややこしいため長文になることをお許しください 以前付き合っている彼女に浮気をされました 一時期私のココロの方の問題で鬱屈としているときに4名の男と体の関係を持ったそうです それが発覚し、4人とのその関係を絶たせ私との関係を継続しました しかし、その後そのうちの一人と未だに関係を持っている事が発覚しました 2回目の浮気に関して補足しますが 彼女はいわゆる多重人格を持っています(医師による診断等はしていないと思います) それが2回目の浮気の人物に好意を持ちそれを通常の彼女が補助したようです。 彼女とその人格いわく結婚の話が出たらすぐに関係を断つつもりだったとのこと。 多重人格の件に関しては疑ってはいません。以前から知っていたことではありました ですがやった事自体はどんな思いがあれ浮気という実害であり、それにより私は今でも彼女を完全には信頼することは無いと思います。 それでもなぜか私は彼女との結婚を決めました それ以降の素行は特に何事もなく見えます 私はこのことをそれこそ墓に持っていく気で誰にも話したことはありません しかし今になって2回に渡り浮気をした相手側の人間達とその人格に対してどす黒い感情が湧いてきます ここに書くのがはばかれるほどのことを考え、そして自分の胸のうちにしまっている状態です。 このまま普通の生活を送れるか怪しいです。 私はどうすればよかったんでしょうか? 許さなければよかったんでしょうか? 彼女もその人格も相手共もみんなまとめて焼き払ってしまえば私は納得したんでしょうか。 長々と失礼しました。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

私たちの選択は正しかったのかどうか…

少し込み入った内容なのですが、答えは初めから自分で分かっています。その上で、それでも少しでも安心したいと思い、投稿しています…。 とある話の流れで少し年上の友人A(女性)とアメリカで年越しをすることになりました。その際に宿泊先を探していたんですが、あまり持ち金がないため民宿サイトから少し安価な家を事前に見つけ、滞在が決定しました。 その民宿は男性オーナーで、ただ古い履歴があるので大丈夫だろうと判断しアプライをして、決済しました。 決済後から数日経ったある日、サイトを通してオーナーより、「実は同性愛者で、貴女達が滞在する間はボーイフレンドも来るかもしれないから、その時はよろしくね」と連絡がありました。 私はその内容を受け入れるのに少し躊躇し、よくよく考えるとオーナーは男性であり、一緒に少なくとも数日は滞在することになるんだということを改めて思い知ったというか… Aはもちろんこのことを知っていて、Aは海外経験は私よりも豊富で一人で色んな場所を滞在して渡り歩いて来た(それこそ今回のような場所でも平気)度胸のある人なんですが、一応私達は女であり、今回の滞在先はゲイとはいえ男性宅…。 もしゲイではなく、そうカミングアウトに見せかけて実は違った…なんてことはないのか…と考えてしまいます。しかもボーイフレンドまで連れてくると相手から返答があり、ボーイフレンド(恋人ととしての)であるかも分からないですし…。 Aは全く不安ではなく、むしろ楽しみにしていて、逆になぜ相手を受け入れられないのか、と言われます。 そもそもが、男性宅を選んでしまった時点で私達はどうなのかという感じなんですが、ゲイをカミングアウトする意味はあったのか、私には疑問でしかありません。 むしろ不安になりました…。昨今の海外でのそういった事件を思い出し、急に不安に…。 しかし、今更変更はできません。そこに滞在するしか方法はありません。出発まであとわずかなので、今更引き返せないのです。 安全なホストであることを祈るしかないし、私自身が自分達の身の回り(特に寝ている間など)をきっちり守っていかなければならないんだと気を引き締めるしかないです…。 楽しんでいるAとは真逆に、不安が募る私。果たしてこれからの旅がどうなるのか、無事なのか…。どうかこの愚かな未熟者へ喝を、頂ければ幸いです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る