hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

母親の金銭に執着について

回答数回答 2
有り難し有り難し 6

東日本大震災の頃からなのですが、母親の金銭に対する執着に困っております。

「節電」はまだよいのですが、とにかくお金のかかる事を忌避するようになりました。
父の死後それが特に強くなってきたように感じます。
息子である自分にも何かにつけて「育ててやったんだから」と言う理由で金銭を要求してきます。
今朝方も「この家に居る以上は5万円払え!」と般若のような面相で迫られました。
もちろん居候でございますから何かにつけて支払いはしてるのですが…。

いい加減に耐えきれず距離を置く意味で遠距離に自分の居を構えようと考えています。

母親のこの変化はどう受け止めたら良いのでしょうか?
得た金銭で贅沢をするわけではないのですが、ちょっとこの執着は怖いのです。

一度理論的に話し合ったのですがとりつく島がありませんでした。
結果はいつも「自分が居るから無駄金がかかるんだ」で決着してしまい、私もあきれ半分怒り半分で喧嘩になることもしばしば。

当然自己嫌悪に陥って、自分がやはり悪いのだろうか?と寝込むこともあるぐらいです。
良いお知恵を拝借いたしたく。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

歳を取るということ

「東日本大震災の頃からなのですが、母親の金銭に対する執着に困っております」ですが、これはとてもストレートな反応だと思います。

国内、国外を問わず自然災害は多々あれど、お母様にとって、あの震災はホンマに身近に感じられたんだと思います。それまでは、言い方は悪いかもしれませんが対岸の火事でしかなく、「ひどいねぇ」とか「かわいそうに」と感じていてもどこか他人事だったんだと思います。

それは何もお母様だけでなく、皆そうだったと思います。

しかし、あの震災では東京も大きく揺れ、東京はいつ大地震が来てもおかしくないという思いが現実的なものにならはったんではないですか?

さらにお父様がご逝去され、頼るべきものはお金しかないという切迫した思いがとても強くならはったんやろなぁと想像できます。

歳を取るということは、若いうちには想像できないくらい大きく重いことなんやと思います。ボクも四捨五入すれば50歳という年齢ですが、日ごろ接しているお年寄り方や両親からその切迫した思いを感じることが多々あります。

親にいつまでも若く元気であってほしいていう思いは、同じ息子の立場としてよく理解できます。でも、老いた身であるお母様は常に安心感を求める本能的な言動をされているんです。

ボクもようやく、最近になって、日ごろ接している多くのお年寄り方との関係から、親との接し方も特別ではなく同じなんやなぁと思えるようになりました。

こちらの感覚でワケのわからん言動をされても、それを受け入れてあげることが大切なんやなぁと。実際にそうするしないは後で考えて良いと思いますが、理解しがたい言動があっても、けして否定しない、「うん。わかったよ」と言ってあげるだけでお母様の安心感レベルが少しUPします。

あとは日々のそんな積み重ねで少しづつ変化がみられるようになる、かもしれません。聞く、否定しない、肯定する言葉を返してあげることを続けてみていただきたい。ボクもそうしています。ホンマに少しづつ、少しづつですが、小さな変化がみられることがありますよ、きっと。

ひょっとすれば、いずれはわが身、そう思っても良いかもしれません。でも、いただいた命を生きる限り歳を取ることは必然です。震災の事実、ご主人のご逝去、ホンマはあなたをとても頼りにしているからこそ、ある意味ワガママをおっしゃているのでは? と思います。

合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


真宗大谷派寺院で住職をしております。真宗目線でお話できることがあれば幸いで...
このお坊さんを応援する

あなたが息子さんだから怒りをぶつけさせてもらっているだけ

お母さんもどうしてよいのかわからんのでしょう。
本当は老後は静かにご主人(お父様)のしのぎで静かに暮らすおつもりであられたことでしょう。ですが、様々な不運に見舞われ、ご自身を守る事で精一杯なのであろうと思います。
年を重ねてくるとアレコレ体もいうことがきかなくなり、話し相手や理解者も少なくなりますから息子にも怒鳴り当り散らしたくもなるモノです。その心情を理解してあげてやさしい気遣いをアウトプットしてください。(例 本当に今の日本は生きにくくなったねえお母さんのことは何があってもお世話させて頂くから安心していいからね)少しずつですがかならずお母さんは安心するはずです。
ですが、お母さんのいうことももっともだなあと思ってあげてください。
アナタの事をとやかくいうことは八つ当たりでしょうが、他の怒りは受け止めてあげてください。そもそも今の日本はお金がかかりすぎます。
年を取ってからも介護保険料だとか、消費税が7パーセントに上がるだとか、年長者にとって良いこと無しです。年長者の方々も日本を良くしようと頑張ってきたのに、この日本は、お金がないと暮らせない日本になってしまっているではないでしょうか。
なぜ日本は良くならないのでしょうか。
日本を良くする立場の人がその認識に乏しく、適任の人物が大事なポスト、要職に就任していないことが最大の原因です。
あなたも一家の中では大事な立場、要職なのです。
自分の役割を自覚して、お母さんを精神的に支えて差し上げてください。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

「母親のこと」問答一覧

愛情不足

親にことごとく否定されたり、だめな人間だと言われたり、八つ当たりを受けて育ちました。思春期をむかえてから無気力になり面と向かって話さなくなりました。高校のとき引越しをきっかけに転機を迎えて心を開けたんです。たくさん笑ったし、部活もすごく楽しくて、親友もできて、人生で初めて本当に生きてること全てが楽しくて色々なことに感謝しました。母もそれが嬉しかったのか昔のようにあれダメこれダメととやかく干渉しなくなりました。その時間は本当に楽しかったです。その後おかしな男を好きになってしまい、裏切られ、暴言をはかれとても傷ついて依存関係でボロボロになりました。また注意してくる周りを恨むようなり、暗くなって自分から笑顔が消えてしまいました。今でもそのトラウマはのこってます。その頃も母との関係が上手くいかなくて酷いことをたくさん言われました。無理にダイエットしたりして心も不安定になりました。 それで、最近子どもを産んで少しだけ本来の自分がもどってきたような気がして、とても怖くて怖くて、本音を言えなかった母だけどやっぱり昔、可愛がってくれたことを思い出すと、元気なうちに少しでも思い出をつくった方が自分にとっていいのかなって思うようになりました。でも、母に近づき過ぎると母がキレた時に、傷つけられた言葉を思い出して、自分が悪いんじゃないかと自分を責めて苦しむんじゃないかなって思い、八つ当たりされたり家族の悪口を聞いたりするのはやっぱり嫌だしそれで塞ぎ込むくらいなら関わらない方かいいのかもって思ったりもします。だからなかなか心を開けません。でも最近いつも母の笑った声を聞けるのは後どれくらいかな。と思ったり、産後うつをきっかけに、夜に傷ついたり優しく受け入れてもらえなかった小さい自分が泣いているような感覚で苦しみます。できたら、前向きに心を開いていたあの頃に戻りたいし、母や父が元気なうちに、あの頃はごめんって思いたいです。じゃないと、後悔するな。と思います。わたしは本当は人一倍父と母が好きだった。だから喧嘩してる2人を見ることが本当に辛かったし、今もそういう空気を感じると動悸がして息が苦しくなってきます。この感情を満たすためにはどうしたらいいですか?

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

もう生きてるのが辛い。

いつもお世話になってます。 また辛いことがあって気持ちを吐き出せる場所がここしか無かったのでまた来させて頂きました。 先程のことなんですが、母と普通に会話している時に数ヶ月前の事の話になりました。 わたしが仕事でトラブルがあり連絡が出来ずに帰りがいつもより1時間ぐらい遅くなってしまった事があったのですが、その時に母が心配してお酒に酔った状態でパジャマ姿のまま、わたしの職場に来てしまいました。その時に同僚の方も一緒にいて後日その母の事で同僚の方にも心配されてしまい職場に居づらくなってしまいました。何かの会話でその話題になり、その前の事を先程母にこれからもし仕事が遅くなって連絡が無かった場合は職場に1度電話してほしい。職場に来られちゃうと少し迷惑かな。と柔らかいトーンで伝えたんですがそれを聞いた母が泣いてしまいごめんねと謝っても泣きつづけてしまってわたしはどうしたらいいか分からないです。もう話しかけないでって言われてしまってどうしたら良いかわからなくてもう自分の伝えたいことを母に言ったら泣かせてしまう。何も言いたい事が言えなくて息苦しい。もう生きてるのが辛いってなってここに相談にきました。 お忙しい中申し訳ありません。良ければお坊さんのご意見を聞かせて貰えるとありがたいです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

母からの依存が負担に…

いつもありがとうございます。 実家の父が亡くなり2週間が経ちました。 実家は両親が二人暮らしだったので、亡くなる前後から支えになりたいと頑張ってきました。 通夜葬儀はもちろんその後の手続きや母の気持ちのフォローまで、私ができることは何かをいつでも考えて過ごしてきました。 その間に何度も感じたのですが、母は私を父の代わりかのように頼ってくるのです。 不安な気持ち、心細さ、すべて理解できます。けれど私にも家庭はあるし、私自身も父を突然失ってショックも疲れもあります。 母は自分の感情に100%押しつぶされていて、自分以外の人の気持ちを考える余裕はないのでしょうね。 けれどそれは以前にも相談したように、今始まった事でもないのです。 母本来の性格に輪をかけて悲劇の中に浸ってしまっているように見えます。 私も心身ともにギリギリの状態で母の相談役に徹しています。 でも本当に最近では母からの電話やLINEが苦痛になってきてしまってます。 面倒を見てあげたい、私しかいない…と思いつつも、これ以上頼られるのはしんどい!と心が苦しくなります。 今の時期ではまだ母としても仕方がないことだと分かっているのですが、あまりにも自分中心の、あまりにも私を当たり前に頼る姿勢にツラくて投げ出したくなります。 時が経てばまた自立して、元のように自分の生活を楽しむ母に戻るでしょうか…。 私の援助を『当たり前』と思わず、私の気持ちも聞いてくれて気を配ってくれる日が来るでしょうか。 私は今とてもツラいです。 母を少し手放しても良いですか?

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

親から自立できない

34歳実家暮らし男性です。母が鬱病を患っており、私が学生時代の頃は何度も自殺未遂を繰り返していました。当時は父親が単身赴任で不在で仕方なく私が家事など日常のことを支えていたのですが、定年して帰ってきた今でも異常者の面倒は見たくない、できれば離婚したいと母を避けており、また、母も父を見限り私に依存している為、休日でもまともに自分の自由になる時間が取れず、現状未だに実家を出ることもままならず、自立ができません。  このまま恋人も出来ず結婚も出来ず、自分の人生を生きているという実感もないまま40、50歳となりそのまま介護に突入するかと思うと、不安で毎日気が狂いそうになります。 母を見捨てて家を出ることは何度も考えましたが、父と離婚されれば病気で生活能力のない母親の面倒を見なければなりません。 迫り来る恐怖と不安から自分の正気を保つ為に頭を丸め、哲学書やスッタニパータを読んだり、毎日瞑想をしていますが、年々目を逸らしたりコントロールをするのが難しいほど苦しみが大きくなり、自分の人生は自分の物だと証明する為、自分の生を実感する為に死にたいという考えが湧いてくるようになった為、アドバイスを頂きたく思い、初めて投稿致しました。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

家族みんなが明るくなってほしいんです

ご覧いただきありがとうございます。 私の家族が崩壊しそうです。以前ように明るい家族で、ただ平和に過ごしたいです。私にできることは何でしょうか?という相談です。 父はうつ病が治り、最近仕事に復帰したばかり、母は更年期なのか情緒不安定、妹は受験生でストレスにやられ体調を崩しやすい。 ざっくりこのような状態です。 特に母親の情緒不安定さがひどく、困っています。普段はふつうに過ごしているのですが、週に一回くらいの頻度で様子がおかしくなります。 例えば、父の言動に異様にイラつき叫んだり、逆に興奮しているから一旦放って置こうとすると、「私のことなんてどうでもいいんだ」とか急にネガティブになり泣き始めます。ひどい時は物にあたったり自分の腕を引っ掻き傷付けるなどケガにつながるような行動になるので、さすがにその時は無理矢理でも周りが止めにかかります。そして、少し経つと何事もなかったように元の母に戻ります。 本題に戻ります。 母のことはもちろん心配ですが、このことが原因で父がまたうつ病になってしまわないか心配です。妹はすでに母のことでストレスが増え体調をよく崩しています。受験生なので早くどうにかしてあげたいです。 おそらく今は私が一番家族をどうにかできる状態だと思っています。 私に何ができるのか、家族に対してどのようなフォローをすれば良いのか、元のみんなが明るい家族に戻れるのか。 本当に困っています。1人で解決策を考えましたが無理でした。ご回答いただければ幸いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

母との接し方

大学を卒業後、しばらく県外で働いた後、実家へ戻ってきました。 母のことは今ほどそんなに嫌いではありませんでした。 ですが、現在、母の辛辣な言葉に傷つき、どのように母と向き合ったらよいのか分からず、悩んでいます。 先日、高校の同級生から渡したいものがあるからと来てほしいと頼まれ、同級生のご両親が経営されているお店へ出かけました。 当日は同級生のお母さまが対応下さり、「これを渡すように言われたのよ」と「はい、ありがとうございます。確かに受け取りました」程度の会話をしました。5分くらいのものだったと思います。 そのお店は私の両親も利用しています。ですが、高校を卒業してから十数年、私自身は何も関係がありませんでした。本当に久しぶりに伺いました。 同級生とは同じ部活でしたが、その親御さんとはあまり話した記憶がありません。 私は、母に出かけることを伝えていました。 帰宅したとき、母から「どんな感じだった?大きくなったねと言われなかった?」と聞かれました。どういう意味かと聞き返すと「太ったねって、言われなかった?」と。 十数年ぶりに、しかもあまり話したことのない同級生のお母さまがそんなことを聞いてくるはずがありません(と思うのは私だけでしょうか)。 私は母に「そんなこと聞かれるわけないでしょ。失礼だね」と強めの口調で言い返してしまいました。母は「そうだったね、見た目のこと言われるの、あなたは嫌だったね」と頓珍漢なことを笑顔で言いました。ものすごくショックでした。 ああ、そうかと。母は私の見た目が気に食わないのかと、だからそんなに自然に見た目のことが気にかかるのかと。 母の言葉に傷つくことはこれまでにも何度かありました。 そのたびに泣き、しばらく口を利かないようにして、時間が経って私の気持ちが落ち着いたら話せるようになります。でも母はなぜそのような態度を私が取るのか、分かっていないと思います。傷つけたなんて思ってない。 母とは仲良くありたいです。 誕生日は必ず祝い、私が買いものに出かけるときには必要なものを母に聞き、用を済ませてきました。なのに、なぜこのようなことを言われなければならないのかと思うと、接し方が分かりません。 今後、母が年をとり、認知症などを発症したとき、どのような人間に変わるのか怖くて仕方ありません。 母との向き合い方を教えてください。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

娘を亡くした母が重く感じる

今年の2月私の姉が ガンで亡くなりました。47才でした。 10年の闘病生活で 頑張ってきたのですが、頑張りすぎました。 そんな姉をサポートする為両親と同居して喧嘩しながら一緒にいたのもあり  姉が亡くなってから、 母は毎日何をしても楽しくない 美味しくない 気力もなく  ただただ 娘に会いたいと、泣きながら私にいいます。 母を亡くした姪っ子も私も 悲しいけど 寂しいけどぐっと堪えて我慢をしてます。 子供みたいな母なので 抑えきれない事を訴えたいのはわかります。 ですがそれを聞くたびに私も話を聞いてあげなきゃとか優しくしなきゃと思うのですが たまに 私が暗い所に引きずり込まれてる感じがしてきます。 私も子供を持つ母なのでどんなに辛い事なのか少しは分かるつもりです。 ですが毎日のようにそんな事を聞かされると 悲しくて 辛く気持ちが落ち込んでしまいます。 私はどう考えていけば良いのでしょう。 自分の家族にはなるべく迷惑かけないように楽しく生活できるよう 努めてはいるつもりですが。 ふとした時 こころが疲れます。 何を聞きたいのか自分でも良くわからないのですが お話しを聞いて頂きたくて  ご相談させていただきました。 よくわからない文章ですみません

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

母から拒絶されてしまいました。

私は失業する予定であり、とても不安です。 そのため母の声を聞こうとしたところ、話して早々にとても暗い声で「今、とても調子が悪い。」「もういいよ、電話切るね」と言われてしまいました。前回電話したとき、姉との確執から母を責めたためか、母は「もう、この家族は終わった」「もう家族に執着しなくていい」と私に言い、母はとても心が沈んでいました。父は脳卒中で意思疎通できませんし会えもしません、母が唯一の意思疎通できる家族です。私にとって、母はとても大切な存在です。 母の心を変えるのは無理だと思います。私にはもう家族がいないのでしょうか。 前回、ここで相談したときに中田様よりアドバイスいただき、あまり家族に居場所を求めないようにしていますが、それでも母は私の心の拠り所です。 3ヶ月ぶりに母に電話したのですが、上記の様子でした。 失業する不安と、家族を失う不安が同時に襲ってきて、希死念慮もあり、大変辛いです。 まずは自分の次の仕事を見つけることが先決だとはわかっています。 また母と以前のように話せたらと思います。 この気持ちをどのように整理し、不安や希死念慮を解消すれば良いでしょうか。 母との仲はそっとしておくしかないのでしょうか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺