hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お坊さんにも後悔や葛藤はありますか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 21

随分、ご無沙汰していまして…久しぶりにココに来てみました。

今の私の立ち位置は、障害年金で生活している精神疾患の患者です。

病気の者が、他人にアドバイスをして大丈夫なのか?と思う事もありますが、あるサイトで最近、回答者として、いろんなジャンルの質問と向き合うようになりました。

質問に向き合う事で、自分と向き合っている感じがしています。

絶対的な正解などないと思いますが、一度、お坊さんの想いや意見を聞いてみたいです。

もし、お坊さんがココに来た人に「絶望によって、それまでの生にあった矛盾が炙り出されたことはありますか?」と聞かれたら、どんな答えや考え方を示されるでしょうか?

私には、正直、よく分かりません。

なので、私が思った事を、そのまま書いてみたいと思います。

正解・不正解とかも、私には分かりません。

私の数少ない体験談です。

私に自殺願望がある状態の時、いつも私を気遣ってくれていた先生が自殺しました。

先生が気にかけてくれていたのは、何処かで先生は生きているもの(生きていける人)という前提で、自分を気遣ってくれているのだと思い込んでいたので、先に死なれて、順番が違うよ…と感じました。

死ぬほど苦しんでいたなら、私の声に耳を貸すだけではなく、先生も私に弱音を吐いてくれれば良かったのに、何故…と?

「生きてさえいれば」なんて言えるなら、生きて欲しかった。

絶望によって、生にあった矛盾が炙り出されましたが…時すでに遅しです。

お坊さんでも、「時すでに遅し」と思った事がありますか?

私の勝手なイメージですが、お坊さんはいつも冷静さを保っている感じがするので、何となく「時すでに遅し」までには至らないのかな?などと思ったりしています。

最近でも、「あ…しまった…」となった事がありましたか?

後戻りできない時、どうやってモチベーションを回復させるているのですか?

教えていただけるとありがたいです。

2022年7月22日 2:54

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたの優しさが、誰かに届き、広がっていきますように。

人は、いろんなもの(事情)を抱えて生きていますね。いろんな人に出会って触れて。それでも見ている部分は、その人の一部分なのだと思います。見た(見たと思い込んでいる)一部分だけで、その人を判断し、ときには非難・誹謗中傷する人もいて、悲しくなることもありますね。人を分かりきることは、不可能なのかもしれない。誰かを評価したりすることも、その人の物差しでしかないのだろうと思います。誰かを傷つけてしまうよりも、その人を丸ごと愛していける人間でいたいですね。

あなたの最初の質問。これは、経験してみないと出せない答えだろうね。

あなたの体験談ですが、
あなたにとって先生だったその方も、周りにはわからない何かを抱えておられたのでしょうね。支えだった人が、突然目の前からいなくなる、自死を選ばれたことは、本当に辛いですね。(私も大切な人を自死により亡くしています。いまだに答えも出せず、忘れたことはありません)

「時すでに遅し」
そうですね。亡くして(失くして)気づくこともありますね。永遠なんてないのに、いつまでも続くように思い込んでいて、今この瞬間を大切にすることを忘れがちになるのが人間ですね。そんな経験を通して、大切なものが何なのかを、知っていくのでしょうね。

私は、お坊さんは「悩める人」だと思っています。悩み苦しみを知っているから、向き合おうとする、耳を傾けようとする。それは、仏様に対してもだし、今を生きる人に対してもだと思います。満たされている人は、救済は必要ないのですものね。救済を求めるということは、悩めるからこそ。

冷静さを保っている感じがするのは、受け入れて生きようとしているからではないでしょうかね。もがいて煩悩を燃やしても、自分が燃えてしまうだけです。周りの炎をもらっても、それは同じ。仕方のないことは、受け入れたり、流したり、これからをどうするのかを考える。

何かによって傷ついても、自分に向けられる優しさや あたたかさに手を伸ばし、支えられて生きる方が幸せよね。

あなただから、できるアドバイスもあると思います。あなたの声を待っている人や、あなたのメッセージに支えられている人も、きっといると思うわ。あなたの優しさが、誰かに届き、広がっていきますように。

2022年7月23日 1:33
{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 教善寺 住職として、母親として...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。
お坊さんも「悩める人」なのだと知り、とても人間らしい人が身近にいるだなと感じました。
私は自分が病人なのに、他人の質問に答えていて、こんな意見、本当に役に立つのだろうか?と思っていました。
「死にたい」と質問に書く人がたくさんいて、その人に私の言葉はどううつるのか、余計に苦しみが増さないか、悩みに対し悩んで回答している自分に、ふと不安や迷いを感じることがあります。
本来ならそこまでする必要はないのかも知れませんが、私は不器用な人間なので、どんな質問に対しても、一緒に悩んでしまうぐらいに、まるごと受け止め、何度も自問し、回答できる状態に(自分が)なるまで待ちます。
なので、回答も遅れがちです。
お坊さんでも悩むのだぁ…そりゃ私なんかが悩まない訳ないな、とお返事を読んで思いました。
率直なご意見を、どうもありがとうございました。
少し心が休まったような、澄んだ安堵感に包まれています。
質問してみて良かったです。

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

お坊さんってどんな人?

私が思うお坊さん像は、厳しい修行をして葬式等で活躍する、お話が上手でいろんな相談に乗ってくれる頼れる方です。 最近、自分の身に起きたことや、友人から高額なお布施を請求された、あそこの坊さんは酒飲みで遊び人だからやめた方がいい等といった話をよく聞くようになり、お坊さんへの不信感を抱くようになりました。 また、先日妻の叔父が亡くなった際に枕経からお願いしたら、最近は通夜と一緒に努めることが多いからそうしてくださいと言われました。そういうものなのかと納得しましたが、あろうことに枕経を断られた日にジムに入っていくその坊さんの姿を見かけました。妻の親族は「あの人はそういう坊さんやでな~」と苦笑いしてましたが、私には信じられないことでした。 SNSで発信をしているお坊さんも多く、生活が垣間見れる方もいたりいい意味でいろんなお坊さんがいるのだなと感じています。だからこそ、自分が思っているお坊さん像と違うとお坊さんはどんな人なんだろうとより一層思うようになりました。 大変な修行をされてきた方々ばかりだとは思いますが、自分のお寺に戻ってきたら何をしてもよいのでしょうか。 戒律のお話もお聞きしたことがありますが、守らなくてもよいのでしょうか。 一体お坊さんとはなんなのでしょうか。 お坊さんが大切にされていることは何なのでしょうか。 わかりにくい文章で申し訳ございません。 ご教授お願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺