hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

起業したいと考えているのですが、決心がつきません

回答数回答 3
有り難し有り難し 15

これからも会社員として働くとしても、ふと気づけば、会社員人生もあと10年程となった今、幸いにもようやく出来た自分の子どもの育児を通じて、人に何かを教えて学んでもらう事がとても楽しいと感じています

自分は、元々高校の教職免許を持っていた事もあり、いつかは教える仕事をしたいと思っていました。

そこで、去年、学生に対してスピーチを教えたり、知人経由で保育園の先生にプレゼンを教えたり、という仕事を無償で始めたところ、とても好評でした(ボランティアだったので、無報酬です)

その後、何度考えても、自分がやりたいことは人に何かを教える仕事、新しいスキルや知識を身につけてもらう仕事、あるいはそういう場を創り提供することだと思い至りました。

一方、自分の子どもの将来のためには、今の仕事を可能な限り続けて、家族の収入を維持するべき、という考え方もあります。

幸い、妻は正社員の仕事をずっとしてきているので、私の起業には理解を示してくれていますが、今までお金に苦労させた事もないので、起業がどんなにリスキーな事かはあまりよく分かっていないと思います。

私が勤める会社にはベンチャーなので退職金制度はなく、定年も定められてはいますが、実質的には役に立たなくなったら追い出されるだけです。

これから年齢を重ねるごとにリスクは大きくなるので、なおの事やるなら今か、あるいは起業などはやめて今の仕事と人生を過ごしていった方がいいのか、決心がつきません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

悩ましいです

煩悩パパさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。
奇しくも、私も中高の教員免許を持っております。

さて、質問文を何度も読み返してみましたが、とても悩ましいですね。
自分のやりたいこと、家族のこと、現在の勤め先の状況…どれを考えても、パッと決心はつきそうにありませんね。

私自身のことをお話しますと、一般家庭出身で縁あってお寺に勤めるようになり、10年ほど経って独立をしました。「お寺で独立?」と驚かれたかもしれませんが、布教所、開教所といわれる、いわゆる「お寺のタマゴ」のようなものです。ベンチャーお寺と言ってもいいかもしれません(笑)。

私もずいぶん悩みましたが、背中を押してくれた大先輩がいたこと。
また煩悩パパさんとは家庭環境も、やることの内容も違いますので、ハードルは少し飛び越えやすかったかもしれません。
飛び越えてみた結果、なんとかなっています。

とは言っても「だから煩悩パパさんも飛び越えてみて下さい!」とは言えません。
特に質問文の「学生に対してスピーチを教えたり、知人経由で保育園の先生にプレゼンを教えたり、という仕事を無償で始めたところ、とても好評でした」という部分が気になります。

厳しい言い方ですが、無償だったから好評だったのではないか、有償であっても同じように受けてくれるか、そこを見極めないといけないのではないか、と思いました。

どの道を選ぶにしても、奥さまと充分お話しになり、ご決断頂ければと存じます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

素晴らしいですね。

ご自身が本当になさりたい事がのビジョンが見えたのでは有りませんか。
それなりの手応え、自信も文書から感じます。

機が熟し、チャンスは今なのかも知れませんね。

ただ、家庭がいて生きていかなければならない事も、事実ですよね。

例えば、休みの日や夜なとに、まず、講座や、セミナーなとを開催してみて、まず、マーケティングや実績を積むのも、一つではないでしょうか。

個人としてではなく、キチンと任意活動団体としてならば、ほとんどの自治体で、会議室やセミナールームが、無料や格安で使用できますよ。

もちろん、会社や社団法人などの形態も良いでしょうね。

私も、その様にして活動、実績を積み、今年、NPO法人を設立して活動をしております。

せっかくのチャンス活かせると、良いですね。

応援しております。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


長谷雄蓮華 (ラジ和尚)
ラジオ パーソナリティ 『 命の 相談会 』開催 愛知県愛西市...

今の自分の選択が真実を語っている

「本当はわたしはこの人と結婚する気はなかったんですが」という方がおられますが、それでも一緒になっておられるという事は、その人と一緒にいることを脳が選択した、選択し続けているのです。
質問者様も「本当は起業したいのですが」とおっしゃられますが、本当に、本当のところはどうでしょうか?
今、自分がとどまりたい安全地帯に住することを選択しているのが今の真実なのではないでしょうか。
定年後安定して暮らしたいという気持ちもあって起業するのであっても、起業してリスクまみれ、赤字赤字でお金を失ってしまっては結局起業しなかった方が良かった、ということにもなります。
それはいわゆる直観です。本当に起業するつもり、エネルギー、ガッツがあればとっくの父ちゃんに起業していると思います。
迷う、ということはその危険性もきっちり考慮している訳であります。
大きな決断ですので安易に結論を出すべきではありません。
起業するための条件、スキル、広告発信力、チーム、人材など一切がそろえばむしろスッと、迷わず行動に出ると思います。
今は本心が出している答えに随う方が得策かと存じます。
起業するまでのエネルギーを今の会社で注いで頂ければスキルもアップし評価・給料も上がり一石二鳥、いや一石二、三、四鳥です。余ったらその落とした鳥で焼き鳥でもおごって下さい。(笑)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

質問者からのお礼

長谷雄蓮華 和尚様

とても温かくも、地に足がついたご助言、心より御礼申し上げます
確かに、この教育という分野は、単なる知名度よりも確度の高い実績によってのみ
信頼が積み上げられるという傾向があります。

私自身、「起業する」事や「自分のやりたいこと」をすぐにでも始める事そのものを、
最優先に考えていたように思います。

ただ、それにも増して大事なのは、お客さまから注文を頂く事、そしてリピートされる事で
ビジネスとしてきちんと回ることですね。

どんな環境にいても、まずはそういう品質のサービスを提供出来るようになる事が
大事なのだと、改めて気づかせて頂きました。

本当に有り難うございました!

「起業・独立」問答一覧

会社員に向いていない?起業すべき?

はじめて投稿させて貰います。 これまで2度転職し、現在3社目。順調にキャリアアップできていましたが、現在の仕事内容、社風に合わず、不安な毎日を過ごしています。 ネガティブになっているのか、自身のことを考えるようになりました。自己分析の結果、とにかく、人に迷惑かけるのが嫌でストレスの元。全て自分の責任にしたい。自分で完結したいという性格なのです。迷惑かけるのが、赤の他人ならなおさら…。 家族に相談もしました。会社で迷惑かけるのなんて普通。ミスを恐れるな。死ぬわけじゃないと、アドバイス頂けます。 頭では分かってるつもりなのです。でもミスや迷惑をかけてしまうとってことが、頭をよぎると不安で止まりません。寝れなくなります。仕事も積極的に動けません。今すでに、会社から逃げようとしています。 これまでも迷惑かけるのを嫌がって生きてきました。迷惑かけそうになる前に逃げるのが習慣になっているのかもしれません。会社員に向いていないのかもしれません。起業も考えました。これやったら面白いのではという案もあります。もちろん、起業しても迷惑かけることもあるのは承知しています。でも、自分の責任に出来るなら色々チャレンジできるのではとの期待も持っています。 ただ一方で、家族もあり、家庭もあり、年齢もあり、そんな事を考えると、起業なんてしてはいけないと思っています。  会社で迷惑をかけることに慣れるか。 起業して自己責任で生きるか。 どちらが良いのか、最終判断は私自身だとは思いますが、アドバイス頂けませんでしょうか?? また、会社員(人)として生きる上で、迷惑をかける事について、考え方を変えるアドバイス頂けますと幸いです。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

『家業』という特殊な悩みについて

実家は福祉施設。父が経営者、母が事務で一緒に働いています。 私も大学で福祉を学び、やりがいのある仕事と感じています。卒業後は自分に自信なく、どうしてもすぐには手伝う気持ちになれず関東で福祉職に。社会人5年目です。 先日父から「そろそろ家業を手伝うのか、答えを聞かせてほしい」「いきなり経営者になれとは言わない。ただ、地元に帰ってくる気があるなら家業の手伝いをしたり、支援するから新たに起業して理想の施設を作ってみたらいい」と言われました。 客観的に見れば恵まれていると思います。父が作ってきた施設やサービスは誇りです。苦労して働いて育ててくれた感謝、年老いていく両親に孝行したい気持ちもあります。 しかし、そこに親のコントロールが入ってくるのでややこしいのです。 親に逆らうとは何事だ!という家庭文化で、私が素直に従わないと「勘当」まで言われます。 父と話す時は小さい頃から機嫌や顔色を伺いながらで…そのせいか今も真面目な話や腹を割って本音を話すことがどうしても怖く、見えない壁、圧力を感じるのです。 なので今回の家業の件も、自動的に頭の隅で『親に言われたから手伝わないといけない』と思っています。 ですが1人の人間として、どう自分を納得させるか葛藤しています。 家業についての心配は ・今は手伝うだけでも継ぐことになるのか? ・父は頑固な昭和オヤジ。家業を手伝っても私に対して強く出て『ああしろ、こうしろ』となり、それに心労する自分が想像できる… ・福祉の現場で働くことが好きで、経営や経理事務には興味なし ・家業には10年以上勤務している従業員もいる中で、娘の私が手伝い始めたらどう思われるか ・子供の頃から親が帰宅しても事業の課題を話しているのを見聞きしているので今後の家業が成り立つのか? ・将来の結婚相手に家業について理解してもらえるか? など…杞憂といえばそれまでですが、今のわたしにはとても重要な心配です。 家業は介護、私は障害者福祉で、同じ業界なので家業に移ってもキャリアとして組み立てられなくはない。 でも『自分のたった一度の人生なのに親に言われたから手伝うでいいのか?』との葛藤もあり。実際、今の職場は給与も環境もよく、離れがたい。物理的にも精神的にも親と程よく距離があり、心地良い… お坊様、どのようにして気持ちの整理をつけたらいいか、お知恵をかしてください。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

きれいごと・・・ですか?

今日、個人事業主として開業してちょうど一年経ちました。 まったく異業種からの参入で無い無いづくしの出発でしたが、ありがたいことに同業の方から手一杯だから代わりにやってくれとお仕事を頂いたり関連する業種の方からお仕事を頂いたりしてなんとか乗り切ることができました。 今年は2年目に入ったので、去年お仕事を回して頂いた方からまた回して頂けるように努力しながら、自分でも大元の発注者の方から直接仕事を取ってこられるように、また自分自身も今年から発注する側の業種についてもスタートするので自身で仕事を作り出せるように頑張らないといけないなと感じています。 この内容を経営者の方の集まりで今年の抱負として話したところ、「最初は泥臭いこともやらにゃいかん、何をきれいごと言ってるんだ!!」と一喝されてしまいました。 正直一体何がきれいごとだったのかわからなかったので、ただ批判されるのを黙って聞いているしかなかくてかなり落ち込みました。 日を置いて考えてみると、実際はどうなのかわかりませんが新米のくせに自分で仕事を作り出せるようになんて言ったからかなというのが一番大きいような気がしています。下請けの仕事はしたくないというふうに伝わってしまったのかな?と思ったり… 以前勤めていた職場の社長やお世話になっている同業の大先輩から「仕事は人からもらうだけじゃダメ。発注する側に何かあったときに共倒れになる。だからそうなったときに立て直せるように自分で仕事を作ってきて自分に発注できるように早いうちからやっておきなさい。」と言われていたので事業をするうえですごく大事なことなんだなと感じました。 特に社長はとても尊敬していた方でしたので10年以上経ってもずっとあのとき会議室で話した光景が頭から離れません。 私の気持ちは去年のようにお仕事を回してもらうための努力も大事、自分で仕事を作るための努力も大事。その両方をしっかりこなしていこうという思いなのですが、ひょっとしておかしいのかな?と思ってしまいました。 そのあと一喝した方とじっくり話をしていないので真意はわかりませんが、朝から気分が沈んでいます…

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る