hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

大学受験がしんどい

回答数回答 2
有り難し有り難し 10

現在高校三年生で、大学受験のために勉強をしています。
自分が目指している大学は地元で有名な難関校で、全国的にもトップレベルの大学です。

ですが、模試の判定はずっと前からE判定ばかりで、いい加減しんどくなってきています。

元々、小中学校の頃は学校の中でも比較的勉強できる方だったのですが、高校に入ってから授業についていけず、ズルズルと今の成績まで落ち込んでしまいました。

また、模試で基礎的なことができていないせいで一切解けない分野があったりするのですが、そういう問題に出会うと「もうだめだ」とか「どうせ受からない」みたいな気持ちになってすごく落ち込みます。

自分の悪い癖として、このような何か少しでも嫌なこと、不安になることがあると自暴自棄になって将来がどうでもよくなります。
しかもそれが極端で、「いっそ死ねばいい」みたいに思うことも少なくないです。

もちろん実際に死ぬのは怖いし、そんなことできないとも分かっているのですが、一度そう考えるとその日一日は勉強が手につかなくなります。

本当はそういう時間を勉強に当てた方がいいとわかってはいるのですが、それもなかなかできません。

幸い、親は「一年浪人してもいい」と言ってくれているのですが、「このままだと浪人したって受からないんじゃないか」、「受からなかったらどうしよう」といった考えが浮かんで、また不安になります。

今の大学を諦めて他の大学を目指したら?とも周りから言われますが、正直他の大学に行くことは全く考えられません。

自分が行きたいと思っている大学は、親や周りから「君ならいけるよ」と昔から言われていたようなところで、自分自身幼い頃から今までずっと魅力的に感じています。

プライドが高いとか、学歴にこだわりすぎと言われればそれまでなのですが、それでも諦めきれず、かといって実力が伴っているわけではない現状がとてもしんどいです。

正直、自分でも何を目的として質問したかは分かりませんが、なんでもいいのでご意見をお聞かせいただけたらと思います。

2022年9月24日 17:26

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

努力の根は苦いが、実はとても甘い。

拝読させてもらいました。

不安と戦いながら、未知のことに挑戦していくのが人間であり、開発であり、新たな境地を知るチャンスです。

不安のない人は、一通り経験をされた方だけに与えられるご褒美です。

一通りの経験の中には、「失敗」「後悔」も含まれるのが経験です。今、難関であろうが目的・夢・希望など自身が前身するためにあるべき試練は、これから大きな課題が人生にある人に与えられる試練であり、努力を乗り越えられるか試されている人生の通過試験渦中です。

誰もがチャレンジするときには、不安は隣り合わせで付きものであり、不安はときとして邁進させるための薬でもあります。

▪️空海(弘法大師)の言葉に。
『医王の目には途に触れて皆薬なり
解宝の人は鉱石を宝とみる。』

※現代訳)名医は道に生えている草の中からも薬を見出し、宝を解する達人は普通の石の中にも宝石を見つけるということです。

 努力をして未知のことを習得した人は、大切なことを見逃さないこととも繋がります。
 いま諦めそうになる気持ちが芽生えたりすることは誰にもあり、当たり前であり、自分だけではないのであると強く思ってください。

 病気などは誰もしたくありません。しかし、病気をすることで医療の有り難さ、周囲の心配してくれる思いやりなどを知れる機会でもあります。

 かの三重苦を伴われたヘレン・ケラー(1880〜1968)は、このようことを述べています。
『世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。』
『結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。』
『もしもこの世が喜びばかりなら、人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう。』
『あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、あきらめずにがんばれば、うまく行くのです。
そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう。』
『何か素晴らしいことを達成するための努力というものは、決して無駄にならないことを覚えていなさい。』

このように苦労の中から努力を継続し、世界を共感させたヘレン・ケラー氏の言葉を借りましたが、何か心に火をつけるヒントになりましたらと存じます。

合掌

2022年9月24日 19:26
{{count}}
有り難し
おきもち


祈るこころに佛心が宿る。 変化多き時代を生きる私たちにできること、それは...
このお坊さんを応援する

挫折は金なり

雫有希と申します。
昔あるところに、将来を期待され、地方の進学校出身から成績が芳しく無くなかったものの、紆余曲折を経て、福沢諭吉大先生の創設した大学を卒業しました人がいました。

その人は、学歴があれば、人生はすべて思い通りに生きることができると親からも学校の先生からも言われ、やっとの思いで手に入れた幸せへの切符を手に入れました。

しかし、合コンに行けば○○女子大学の友人はめちゃくちゃ受けがいいのに、その人の大学名を聞いた男性たちは「うわ、負けたわ」などなど口にして見向きもしないどころか笑いのネタにされて毎回泣きながら帰ったようです。「ガクレキイミナイジャン」てね。

さらに彼女は未だに独身! 
親からも周りからは、結婚もしない、子どもも産まない、役に立たない女の烙印を押され早数年が経過し惨めな思いをしましたが、負けてはいけないと。
彼女は一念発起し起業し見事成功したそうです。
彼女は言いました。
挫折があったからこそ、成功したと。

ごめんなさい、その彼女って私です(笑)

結論何が言いたいかというと、視野を広く持ってほしいのです。大切なのは学歴ではなく何を乗り越えてきたかが大切です。
さらに社会に出てからは挫折こそ有利になるのです。

もちろん現役で志望校に入ることはとてもいいことです。でも、絶対的な正義じゃないし、すべての人生がうまくいくわけじゃない。

某福沢諭吉の大学の学祭のゼミ研究発表ですら「留年をした生徒について」の研究が発表されていました。
さらにそのゼミ研究発表で知った話ですが、一浪や一流をする生徒=ちょっとしたことにもめげないとみなされ就職を優遇してくれる会社があるとも発表してました。

私が知る、何億稼いでいるすごい人も、めっちゃ社会的地位のある人も順風満帆にいきている人なんかいなくて、結局何らかの挫折を経験し、そこから乗り越え、今に至っているのです。
その挫折を乗り越えたストーリーに人は感動してしまって、起業家の中には敢えて挫折を探す人もいるくらいなんです。

長くやりましたが現役で合格しようと浪人しようと人生変わりません。
いかに自分の人生に対しまぁどうにでもなるさと楽になれることが大切です。
もちろん、プライドをもって受験に挑む姿勢もオッケー。何をしてもあなたの人生はだいじょうぶだから!

応援してます!

2022年9月25日 2:24
{{count}}
有り難し
おきもち


雫有希(占い専門僧侶)
占い師、タロット講師、心理カウンセラー、女子プロレスラーの顔を持つ浄土宗の...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

遅くなりましたがお二人ともありがとうございました。
もう少し頑張ってみようと思います。

「受験・テスト・進路」問答一覧

受験勉強と、母とのすれ違い

私は浪人生です。受験までの残り日数も少なくなり、追い込みの時期になっています。 ただ、私が普段部屋で勉強していると、10〜30分おきぐらいに親がリビングから私を呼びます。呼ばれたらすぐに行かないと怒られるので勉強を中断して席を離れるのですが、そんなことをしているので集中もできません。 親が私を呼ぶ内容は本当に些細なことで、わざわざ呼ばなくても1人で出来そうなことや、何回も呼ばなくても一回でまとめて言えそうなことばかりです。 そんな調子なので、まとまった時間が必要な勉強(過去問など)は、夜中に親が寝静まってからやるようにしていました。 ただ、それをするともちろん寝るのも遅くなって朝起きられない事が多いです。 どうにか頑張って起きても、日中眠すぎて勉強しても全然頭に入った気がしません。 親は私を起こそうとするのですが、どうしても起きられなくてめちゃくちゃ怒られます。 私の言い分としては、日中親に呼ばれて中断するのは仕方ないと思って親に合わせて色々助けてるからこうなってるのに、起きる時間ぐらい自由にさせて欲しいです。 でも親は、朝起きるという当たり前のことも出来ないなら勉強どころではない、辞めてしまえ。という考えらしいです。 どうにかお互い納得できる方法はあるでしょうか? またそれをどういうふうに伝えたら良いのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

受験生としてのメンタルの保ち方

現役受験生です 先日総合型という受験方式での結果が出ましたが、不合格でした。第一志望の大学だったので、とても残念です。志望理由書も何回も書き直し、面接練習も何回もしました。そして試験当日も緊張せず自分の伝えたいことを伝えきることができたのにも関わらず、どうして落ちてしまったんだろうという気持ちでいっぱいです。そして今まで応援してくれた人達にも申し訳なくて、どうやって報告すればいいのかわかりません。  その志望校にはこれからも2回ほど受験する機会があるのでそこに向けて頑張るつもりで、浪人も視野に入れているのですがやはりショックです。テストの点数で決まる一般受験と違ってどこが良くなかったのかも知ることができないので、上手く気持ちを入れ替えられません。  最近は推薦で進学先が決定した人を見て無駄に焦ってしまいます。テレビ放送される受験生に向けてのCMも、見ると余計に辛くなります。また、受験に落ちる夢も見てしまい、体調がすぐれない時も多くなりました。 今回の結果は、いつかは自分のためになる、無駄にはならないとわかっているはずなのに、やはり今が苦しくて、どうしようもありません。 私はこれからどのような気持ちで受験に立ち向かえばいいのでしょうか

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

受験 孤独 苦しい

看護学生です。 今国試間近で勉強しているのですが孤独感が半端ないです。 友人関係のトラブルで数名無視され親しい中から除外されたりフォロー外されたりして落ち込んでいました。 当初は国試の勉強を頑張ってもその件に引きずられ成績が伸びず勉強にも集中できない日がありました。 今それを克服して国家試験合格しようと勉強を頑張っています。 けど周りの友人は彼氏が出来て幸せそうで受験にも余裕がありそうでいいな〜と思いつつ、ふと1人になった時孤独感が半端なくなります。 そしてネガティブ思考になったりします。 友人関係のトラブルに関しては助けてくれた友人もいます。親も周りも味方になってくれます。 しかしふとひとりになった時孤独感が半端なく人恋しくなります。 受験からのストレスから来ているというのはわかっています。 でも焦りと伸びない成績などが色々あり限界が来そうで鬱になりそうです。 夜も寝付けが悪く勉強も思うように捗らず焦るばかりです。 恋人欲しいとかを考えるのは今じゃないとも思います。 でも周りは恋愛も上手く行き、勉強も上手く行きですごく羨ましいです。 自分は勉強も上手くいかず克服しようと頑張っているトラブルについてもまだ引きずっている自分がいて嫌です。 こういうのがあって彼氏欲しいと思ったりするけど今じゃないしまず勉強疎かにするなって思っているんですけど、ふと1人の時に孤独感が半端なくなって死にたくなりそうです。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

大学生 後悔

こんにちは。 大学三年生、女です。 上手く言えないのですが最近ずっと後悔して、気持ちが落ち込んでいます。 私は高校生のときに特にやりたいことがなく、色々考えた結果入れる大学に推薦で入学しました。また、コロナ禍での入学だったため一年のときはほぼオンラインで行い、考える時間が多かったために私はあることに気づきました。自分は、この学科で学べることに興味が無いと気づいてしまいました。 そこで転学なりすればよかったものの、ずるずると大学三年生になってしまいました。 また、特に親しい友人もいないため、毎日大学に行き一人でぼんやり授業を受け、すぐに帰宅する毎日です。誰とも喋らない日も多いです。 目標や夢に向かっている人や、学びたいことを学んでいる人がとても羨ましく、輝いて見えます。それに比べて私は大事な貴重な学費を無駄にしてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。 大学も、私の学科は少し特殊で○○コースみたいに特定の職業へなりやすいコースのため私の学科には同じ職業を目標とする人が殆どで、授業を受けていても温度差を感じ、なぜ自分はここにいるんだろうと考えてしまいます。 もっと考えて入学すればよかった。○○学科に入学すればよかった。ああすればよかった……と考えては仕方ないことを考えてしまいます。 就職活動も、少しだけ見えてきた私のやりたいことがものづくりなどの理系寄りなため、どの方向に進めば良いのか分からずにいます。 大学の単位はほぼ取れていますし卒業はできます。だけど毎日死んだように生きている気がしてなりません。ときどき、どこかに逃げ出したくなります。ずっと辛いけど、嫌なことがあるわけではないので何が辛いのかも分からないです。 長文で申し訳ありません。 ぜひ人生の先輩に少しでも助言をいただけたらと思います。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

進路について

大学一年生です。 現在、カウンセラーになるために心理学部に在籍していますが、進路を変えようかと迷っています。 幼少期から今まで辛いことが沢山あって、ずっと耐えて苦しんで生きてきました。(詳しくはプロフィール欄を見て下さい) 環境から身につけてしまった自分を追い詰め辛い方向に持っていく考え方の影響で、苦しみが増えたりずいぶん楽しい機会を逃してしまったと思います。 高校三年生の時、ついに今までのストレスが決壊し、重い精神病を発症しました。その時出会ったカウンセラーさんが随分私の心の整理を手伝ってくれて、私はそのことがきっかけでカウンセラーに憧れるようになり、進路を決めるのに少しの時間しかなかったこともあり、心理学部に決め、無事大学の心理学部に合格しました。 大学に通い始めた頃、我慢して耐えて頑張って心理の勉強をしていました。私のように心に沢山の問題を抱えた状態だと、心に向き合う心理学の勉強をすると、自然と自分の心を追い詰めることになります。でもその時は、自分が凄く辛くて苦しくてもこんな大変な状況を克服して自分が立派な心理士になれば、誰かの力になれる、それが私の人生の唯一の正しい道だと思い込んでいたのです。美化していました。 私は最近、薬のショックで死にかけたり、余命5年の大病であると誤診されたりすることがあり、自分の人生を振り返り生き方について真剣に沢山考えました。 このままでは死んだとき辛い思い出しか残らない、思い残しばかりになってしまう。そんな危機感がします。 心理職は、普通の仕事に就くよりもずっと自他の心に向き合い続けなくてはならない仕事です。心理職に就けば自分の幼少期にも向き合い続けなくてはならないでしょう。私は凡人です。心に向き合うのが苦しいのに、どうしてその仕事に就くのか?自分が辛くて苦しくてどうしてその状態で誰かの力になれるでしょうか 私はもう随分回復して、心理の勉強をしなければ鬱でもありません。 私は自分が幸せになれる進路に進みたいと思うようになりました。 人生を幸せに生きたい。もう苦しむのやめよう。わざわざ自分が苦しむ方向へ行く必要なんてない。 アドバイスや、意見をお聞かせ下さい。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ