hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

生まれてこなかった子が、護ってくれることはあるのでしょうか。

回答数回答 2
有り難し有り難し 21

夢を見ました。

墓石が端に積み上げられた、墓場だったと思われる場所を、掘り返しています。
やがて中からきれいな棺桶が出てきて、中から巫女装束のぬいぐるみが出てきます。
彼女はとても綺麗で可愛くて、てとてと歩いて、私のそばに来て言いました。
「ずっと一緒にいるよ。」

嫌な気配も気持ちもしませんでした。
むしろ、ポカポカと、優しい空気に包まれていました。

普段あまり夢を見ないので、その夢のことは強く印象に残っていました。

しばらく経って、もしかしてあのぬいぐるみは、
私の子供だったのではないか、と思ったのです。

私は16年前に、恋人との間に子供ができました。
が、恋人が元彼と浮気をしていた為にどちらの子供かわからず、
「私の子供なら絶対に堕ろすな」という私の制止を振り切って、
彼女は堕胎してしまったのです。

私はその時、母親にも、元彼にも、名前を貸した友達にも、望まれなかったこの子供を、
せめて私の子供だったと思おうと、紬、という名前をつけて、時々思い出していました。

占い師さんに聞いてみたところ、
彼女は「私がいろんな人に護られているから大丈夫だよ」と伝えたかったという事、
人形だったのはその方がいいから、というちょっと曖昧な理由でしたが…。

もし私の子供だったなら、ちゃんとした墓のない棺桶から出てきたことも、
体がなく人形だったことも、私のそばにいることも、
全てつながるような気がするのです。

私は、子供を見殺しにしました。
そんな私を、子供が護ってくれるなんて、あるんでしょうか。

でも、護られている気がするんですよね。
車道の真ん中で倒れて意識を失った時も、気づいたら道端に居たりして。

今は、あの子だったらいいな、と思っています。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人はいろいろなものに護られています

人は目には見えない いろいろなものに護られていると思います。

仏に護られ、先祖に護られ、国に護られ、自然に護られ…

ですから、生まれなかったお子さんに護られても不思議無いと私は思います。

良い夢をご覧になりましたね。
その思いを大事になさってはいかがでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

水子様

まこと様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は誠につらい経験をなされましたね・・

「紬」・「つむぎ」さん、誠に良いお名前を付けられましたね。紬は繭から紡(つむ)いだ糸から作られます。正確には詳しく調べないとわかりませんが、「つむい」だものであるから、「つむぎ」ということが語源ではないかと思われます。「紡ぐ」というのは繋がりのことでもあります。まさに、まことさんとその水子様との繋がりを思います。

夢は夢として、良いものであろうが、悪いものであろうが、あまり気になさられることもないかとは存じております。

問い「不思議な夢を見ました」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1005313381.html

「・・良い夢であろうが、悪い夢であろうが、あまり囚われないことが大切であり、いずれにしても良い夢を見てもあまり慢心を起こさないこと、悪い夢を見ても、変に落ち込む必要もなく、菩提心と空性理解の滋養、あるいは慈悲・利他心の滋養へと繋げることが肝要であるのではないかと存じております。・・」

いずれに致しましても、これからも水子様の御供養をお続け頂けましたら有り難くに存じております。

水子供養につきましては、下記各問いの拙回答もご参照頂けましたらと存じます。
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_323269.html

「・・この世は縁によりて成り立っている縁起なる世界・・縁が調わなければ難しいことはいくらでもございます・・その子は僅か数日の命だったかもしれませんが、確かに二人の子どもとしてこの世に現れてくれたことは紛れもない事実です。それは何か大切なことを気づかせに来てくれたのだとお考え下さいませ。もちろんまだまだ難しいことかもしれませんが、拙生はやがてそのように思うことができ、有り難くに感謝致して、水子ご供養を申し上げて、乗り越えていくことができました。その気づきはもちろんそれぞれで異なるでしょうが、真摯に「いのち」と向き合うことによって得るものは、それぞれ大きいのではないかと存じております。・・」

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

ありがとうございます。やはりそんなこともあるのですかね。
生きていれば16歳、そんな年に私に会いに来てくれたのかと思うと、
とてもうれしい気持ちになります。

実は今、私は病気を患っています。その夢をみた時期はいろいろ辛かった。
きっと彼女は、それを感じたのですね。だから。
なにもしてやれなかったのに、とても優しい子になってくれました。

彼女はずっと私の子、そう思っていようと思います。
お嫁には出したくないな(笑)

「不思議なできごと・夢を見た」問答一覧

母が亡くなった時の出来事はあり得ない?

2月15日に最愛の母が74歳で亡くなりました。 弱った身体に追い打ちをかけるように病気が増え、 半年間の壮絶な入院生活でしたが、母は本当に頑張ってくれました。 母が亡くなった日の夜中、実家でぼーっとしていると 突然電子音のような音が短く聞こえました。 葬儀場の安置室に居る時、小さくチンとおりんのような音がしました。 通夜が終わり母のお棺の側にずっと居たのですが、 突然プロジェクターが光り、母の遺影の上辺りを照らしました。 「斎場のサプライズでスクリーンで何か映すの?!」と思い、 天井に取り付けてあるスクリーンを見たり、 プロジェクターと青い光が当たってる部分を交互に見てました。 5秒くらい?で光が消えました。 もちろん斎場は真夜中にいきなりそんな事するわけなく。 お経をあげて下さったお坊さんに話しましたら、 『仏教には非科学的な事はありません』と言われ。 そうだよね・・・と思いつつも、 マスクをしてるのに突然はっきり線香の匂いを感じる事があります。 側に居てほしいと願い過ぎて、私がおかしくなったのでしょうか。 何年も闘病して苦しんだ母には 苦痛がない極楽でご先祖様と一緒に最高に幸せでいて欲しい。 朝晩、南無阿弥陀仏を十回お称えしています。 でも私の側にいつも一緒に居て欲しい。 わたしがいつまでもそう思っていると、 私のせいで母は極楽で幸せになれないのでしょうか。 私がずっと側に居たのに、母を助けられなかった。 母に『絶対にこのまま死なさないから!』と言ったのに。 私がもっと早くもっと詳しく、母の病気を調べていたら 母は今も生きていたかもしれない。 時々、母のお世話が大変だと思ったりしてしまった。 そんな事ばかり考えているから不思議な現象が起きるのですかね・・ 私がおかしくなって幻聴幻覚なのでしょうか。 母が『ここは最高だよ!お母さんすごく幸せだから心配しないでいいよ!』 とか言って出て来てくれたら良いのに・・・と思ってばかりいます。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

不思議な出来事の意味を教えて下さい

こんばんは。 よろしくお願い致します。 今日は不思議な出来事だらけでした。 行ったことのない神社の階段を下った直後に左足がガクガク痙攣した夢を見て目が覚めました。 起きた直後も痙攣していましたが、再び目をつぶりました。 今度は眠ってはいませんでしたが目を閉じているのに全く同じ映像が見えて、また左足が痙攣しました。 驚いて目を開けましたが、何故かそのまま目を閉じました。 今度は自分のスマホで何かを検索している映像が見えました。 その後、隔週で行っている父方のお墓参りに父と行きました。 普段はお墓の前で手を合わせると手と頭が少し前後に揺れるのですが、今回は初めて何もなく驚きでした。 いつも起きていることが普通ではないのでしょうが、慣れている僕には何もないことが普通ではありませんでした。 帰宅後に考えごとを楽しんでいたら、突然強い睡魔と頭痛に襲われて眠りにつきました。 また夢を見ました。 知らない人(?)に笑顔で強く肩を叩かれました。 自分より若いであろう男の子でした。 起きたら左肩に痛みに近い感触がありました。 直後に小学時代からの親友から電話があり、飲みに誘われました。 普段は断っても無理やりに連れ出されるのですが、今日は素直に引き下がってくれました。 少し雑談をしていたのですが、普段は「○○○をしろ。」と説教されてしまうことが多いのですが今日は「✕✕✕をするな。好きなことだけをしろ。」と言われ、違和感を感じつつも電話を切りました。 しばらく頭痛はひどかったのですが、突然治ったと思ったら視界が明るく感じ、1人で部屋にいるのに周囲から視線を感じます。 しかし怖くはなく、何故か安心します。 特に頭上からの視線には両親以上の愛情(?)を感じます。 また寒気のような感覚があるのですが、体調不良のようなものではなく温かい寒気のような感覚です。 僕はこういった不思議な体験は元々疑ってはいませんでしたが、心のどこかで(自分は体験することはないだろう。体験した人も少し大袈裟な表現をなさっているのではないか。)と考えていました。 体験してわかりました。 不思議なことはあるのですね。 差し支えなければ、このできごとの意味を教えて頂きたいです。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 2

見知らぬおじさんからやたらと絡まれます。

特定の年代・性別の人からやたらと絡まれるのは、何か理屈では説明できない理由があるのでしょうか? 私の場合はおじさんなのですが、道端、駅のホーム、レジ待ち、駐車場で車内、車の走行中などなど、本当に呪い?と思ってしまうくらい、見ず知らずのおじさんに、こちらが何もしていないのに絡まれるのです。 例えば駐車場ですが、ただコンビニの駐車場で車を止め携帯電話を見ていただけなのに、ま隣の車内から電話をしながら見ず知らずの老人が真っ直ぐに私の顔をじーーーっと見ていたことがあります。 隣なのでかなり近い距離でギョッとしましたが、その後私が店内に入る時もまだずっと電話をしながら睨まれていました。 他に、いきなり身に覚えのない暴言を吐かれたりゼスチュアをされたりなども、数えきれないくらいたくさんあります。 以前何かの記事で、日本の男性は男尊女卑で視野が狭いため老人になると「老害」化しやすいと読んだことがあり納得しましたが、それにしてもなぜ私ばかりこんなにも狙われるのでしょうか。 私はいつも男性みたいな恰好をしているし服の色も黒っぽい色が多くて派手好きでもありません。 私の場合はたまたま男の中年~老年ですが、たぶん世の中には特定の性別・年代の人からいつも身に覚えのない被害を被っていて、なぜなのか分からないという人が他にもいると思うのですが、それって呪いと言うと大袈裟ですが、何かそういう理屈では説明できない力が働いているのでしょうか? 当然腹も立っていますが純粋に不思議で仕方ありません。 また、絡まれないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

一周忌法要後のちょっと不思議なこと

昨日、自宅で母の一周忌が終わりまして、自分の中で少し不思議なことがあったので質問と言うか書き込みさせていただきます。 お坊さんも帰ってくつろいでいたとき、トイレにいきたくなってトイレに行ったら、煙草の匂いがしました。妻は昔から、私も同居の親父も病気を患ってからはここ3年くらいは止めて吸っていませんが、亡くなる前まで母は吸っていました。親父が吸ったのかと思って聞いたのですが、「吸うわけないだろ💢」と言って怒ってきたのを見て「あの怒りかたは嘘言ってないな」と思いましたし、服等からも煙草を吸った匂いがしてこなかったので、吸ってないことは本当だと思いました。妻も私も吸うはずもなく、仮に親父や私が隠れて吸うとしてもトイレで吸う必要性がなく、庭やキッチンの換気扇のところで吸うはずだと思います。 で、実際に隠れてトイレで喫煙してたとしたら、換気扇を回してたとしてもかすかに廊下に匂いが漂ってわかると思います。で、じゃ外から換気扇等を伝って入ってきたのでは?という線も浮かびますが、トイレの換気扇の排気口は公道まで6m以上離れてますし、公道より2m位高いとこにあり、公道も人通りがほとんどないので、可能性的には物理的にもゼロだと思います。 当然今までそんな煙草の匂いがするなんてことはありませんでした。 なので妻が「お義母さんがお礼を言いに来たんじゃないの?」なんて話してました。私自身霊的なものや死後の世界などスピリチュアル的なものには懐疑的ですが、母の死をきっかけに浄土真宗に触れ、そうであって欲しいという気持ちもあって「お袋が見ててくれてるのかな」とも思いました。 浄土真宗の考え方とはずれますけど、「あの世というものがあるなら、この世の苦しみから解放されて母には安らかに過ごしてほしいな」と思っています。 今回の件は、お坊様方はどう思われますか?お袋がいて存在を残そうと生前好きだった煙草でサインを送ってきたのでしょうか?

有り難し有り難し 30
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る