お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

亡くなった元彼への対応

現在、小学生の子供を2人もつ主婦です。

最近、子育てが一段落してきたせいか、以前付き合っていた交通事故で亡くなった元彼のことをよく思い出すようになりました。

元彼とは丁度ラブラブな時に亡くなってしまい、正直今でも彼のことは好きです。

独身の時は時々お墓参りに行っていましたが、結婚して子供が産まれてからは忙殺されて全く行っていませんでした。

私の今の立場からして、亡くなった元彼に対してどのような対応をするのが一番いいでしょうか?
例えば、年に一回ぐらいはお墓参りにいってもいい、誰にも知られないように心の中で想ってあげる、またはもう忘れた方がいいなど…。

正直、元彼のことは忘れられませんし、誰にもわからないように元彼のことは忘れないで自分の心の中で想ってあげたいとも思います。

よく故人を忘れないのが一番の供養とも聞きますし。

どうするのがいちばん私にとっても元彼にとってもいいのでしょうか?

どうすることが元彼に対しての一番の供養になり、喜んでもらえますか?

ちなみに元彼のお墓はお寺にあり、元彼の母親、祖父母、叔母が2人一緒にはいっています。

私の立場からして元彼のお墓参りにいってもいいと思われますか?

どうぞ宜しくお願い致します。

有り難し 7
回答 1

質問投稿日: 2014年8月17日 1:22

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

可能な限り、お参りしてみてはいかがでしょうか

小生は仙台におります。
東日本大震災時、停電のまっくらやみのなかできいたラジオから
「荒浜に300人以上の遺体が打ちあがっています」という言葉を
何度も何度も聞きました。

実際には2万人近い死亡者、行方不明者を数える甚大なる被害で
あったことは御承知の通りです。

友人、知人も多くなくなりました。
出来うる限りの供養も務めてきたと思っています。

しかしそれでも

「荒浜で300人の遺体が。。。」という、あの声は、
消えないのです。ずっと残ったままです。

小生のなかで、いまだ300人以上の御遺体が、まだ
供養できていないのだ。
そうおもって以来、月命日には必ず荒浜というところに行きます。
それを3年続けております。

それでも時折、頭の中に、あの声が聞こえてきます。
もうこれは消えないのでありましょう。
だから小生は命日には荒浜にいって供養することと決めました。

自分のはなしばかりですみません。

元彼様への思いがあるうち、というよりもそれはもう
消えないものであります。
ですから、今の旦那様にお話しなさるかどうかはご判断におまかせで
ありますが、御命日など、思い出したときなどにお墓詣りをなさっては
如何でしょうか。
それで変わるかどうかはわかりません。
しかし、その祈りの縁は、あなたを癒し、元彼様にとっても、善き供養
となるものだと存じます。
どうか、元彼様、そしてあなた様が安らかと成りますよう。
さちあれ、さちあれ。合掌

3年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答ありがとうございました。お礼の書き方がわからず大変遅くなり申し訳ありませんでした。
お墓参りは行ってもいいということで安心しました。
中にはお墓参りは行かない方がいい、もう忘れたほうがいいと言う人もいたので…。
でも忘れることなんて到底無理なことなので、元彼のことは私の心の中だけに留めておいて心の中で供養してあげようと思います。ありがとうございました。

ご回答ありがとうございました。お礼の書き方がわからず大変遅くなり申し訳ありませんでした。
お墓参りは行ってもいいということで安心しました。
中にはお墓参りは行かない方がいい、もう忘れたほうがいいと言う人もいたので…。
でも忘れることなんて到底無理なことなので、元彼のことは私の心の中だけに留めておいて心の中で供養してあげようと思います。ありがとうございました。

ご回答ありがとうございました。お礼の書き方がわからず大変遅くなり申し訳ありませんでした。
お墓参りは行ってもいいということで安心しました。
中にはお墓参りは行かない方がいい、もう忘れたほうがいいと言う人もいたので…。
でも忘れることなんて到底無理なことなので、元彼のことは私の心の中だけに留めておいて心の中で供養してあげようと思います。ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ