hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

人との距離感が分かりません

回答数回答 1
有り難し有り難し 13

仕事を退職したのですが、在籍していた職場の上司からメールがあり2人で飲みに行こうと誘われました。
上司は結婚されており、私個人としては何の感情もないので頂いたメールに返信をせずに放置しています。

ただ日々の生活の中で、返事もせずに放置している事が失礼なのではと考えてしまいます。
何度かお断りの返事を書こうとしたのですが、言葉が見つからず返信をする事が出来ません。

職場を辞めたのに、こんな事で悩む自分にイライラしてしまい心の平安を保つことが出来ません。
返信を待っている上司の事を考えると、申し訳ない気持ちと煩わしい気持ちがこみ上げてきます。

誰にも干渉されずに穏やかに過ごしたいと思うのは自分勝手な考えなのでしょうか。

2014年8月26日 0:14

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

妻子持ち男性コロリ

そういう誘いはおよそ不倫へのきっかけとなりますから用心用心。
「でしたら、まず奥様からご許可を頂けませんと、誤解を受けますので奥様から直接ご連絡を頂けますか?」
「お立場のある方ですので、私と二人でいる所を他の方に見られてあらぬ誤解を受けてもいけませんので、お断りいたします。」
「お誘いありがとうございます。その前に一度奥様と誤解のないようにお話をさせて頂きたいので、今夜御連絡させていただいてもよろしいでしょうか?」「(´・ω・`)ひゃー、そそそそれは、かかか勘弁。ききききき、キミ、ここここのことはわわわわ忘れてくれたまえガチャ。」
私があなたの立場でしたら、上記の文で一撃撃退でしょう。(笑)
お誘いのお礼と、それをする事が世間から誤解を受けかねないことであることをお伝えして相手に脈ありではないと悟らせることがベストであると思いますよ(^

2014年8月27日 18:22
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

質問者からのお礼

丹下様

アドバイスを頂きありがとうございます。
本当に付き合うべき人間とだけ付き合っていればいい、の言葉に気持ちが
軽くなりました。
そうですよね、元上司とか関係なく人間として見る事が大切なのだと気が
つく事が出来ました。
モヤモヤと悩んでいたのがスッキリしました。
ありがとうございます。

「人との距離感・付きあい方・接し方」問答一覧

他人と自分と上手に付き合っていく方法

初めて投稿いたします。よろしくお願いいたします。 他人と自分の感情の折り合いの付けかたがわからないのです。 自分も満足、他人も満足になり幸せになる…そんな他人との付き合い方を知りたいのです。 具体的に申しますと、以下の通りでございます。 【恋愛関係】 付き合って1年の彼が、自分の話ばかりになってしまっています。 一つ私が話題を投げかけると、全て自分の昔話や栄光の話になります。 しかも、一度話した内容をなんども繰り返し自慢げに話します。 わたしと会話をする気がないように聞こえてしまい、とてもイライラします。 私が知らないことも彼なりに教えてくれているのですが、彼も感情的なタイプなので、攻められているような気になり、さらに怒りの感情が湧きます。 自分で不安や怒りを大きくしている感じがするのですが、最近抑えられなくなってしまいました。 【人間関係】 職場の先輩が大変感情的、かつ、仕事のできない方ばかりで、困っています。 例えば、一度お客様から引き受けた仕事を1ヶ月近く放置した挙句、丸投げしてくるような人たちです。 お客様には関係ないので、怒りは一緒に担当している私のところへ参ります。 職場の人たちが過ごしやすい環境を自分が我慢して作っていくことが不平等と感じますので、周りに優しくなれず、すごく悪いループができてしまっているように感じます。 【自分自身】 上記のようなことがおきた時に自分でもどうしようもなく抑えられないほどイライラします。そうなった時にどうしようもない怒りとともにその場の対応をしますので、相手へ「復讐」したいような気持ちになってしまいます。 意地悪をしてしまったり、頭に血が上ったままで話をしたりするので、そのあと自分の行動を覚えておらず、後々にそれが自分の首をしめる結果となることが多いのです。 このままではいけないと感じており、そんなときにこのサイトを見つけ、相談した次第です。 いままでの人生では、そうなったときに「逃げる」という選択肢を繰り返しておりましたので、深く濃い人間関係が私にはありません。 しかし、このままでは私は自分のことも他人のことも大事にできない人生となり、それはとても悲しく寂しいことだと思いました。 こんな私にアドバイスをいただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

職場の方との距離感で悩んでいます

職場で一緒に働いている年上の男性との距離感に悩んでいます。 その方とは、休憩時間に色々と仕事の悩みを聞いてもらったり、お話をよくしていました。 年齢が離れているので、娘のように可愛がってもらっているようです。 その後、個人的な連絡先を聞かれ、仕事とは関係ないメールが頻繁に送られてくるようになりました。  また、誕生日の日には、高額な贈り物をいただき、受け取りを拒否して気まずくなるのも嫌だったので、どうして良いか分からないまま受け取りました。 休みの日にも夜遅くにも頻繁にメールが送られてきて、プライベートでも会いたいと言われるようになり、すべてお断りしました。  その男性は、私の上司ではなく、ただの同僚の方なのですが、 私の悩みを勝手に上司に告げ口されて、本当に困った時もありました。 その男性は、良かれと思って上司に告げ口してくれたと思うのですが、結果的には私が上司に謝罪、昇進にも関わることでしたので、嫌気がさしてしまいました。 悩みを話してしまった私の責任だと思い、その告げ口をした男性にも謝罪し、今後は世間話程度だけにしようと決めました。 その後もしつこい感じがあったので、私が、仕事で忙しい日が続くので今後はただ見守っていただければ幸いですというような事を、その男性にお伝えしたのですが、ショックを受けられたようで数日間は挨拶も返ってこない。 その男性が、異常なほどに優しく、繊細な方で、娘のように可愛がってもらっているのはありがたいのですが、やはり仕事の場ですので、私としては、公私混同せずに良い距離感を持って関わりたいと思っています。 すごく優しい方なので、冷たく接してしまうのも、こちら側としても申し訳ない気持ちになるし、正直あまり深く関わってきてほしくないです。 冷たく酷い人間だと思われそうなので、誰にも話せませんでした。 どのように今後その男性と接すれば良いか教えて下さい。

有り難し有り難し 25
回答数回答 1

思い込みのせいで失敗しました

先日、遠方で開催されているお祭りに行きました。 屋台を一通り見終え、持ち帰り用に買ったり、食べ歩きしたり、家族で楽しんでいました。 帰りに焼き鳥屋さんが目に入り、100円の札があったこともあり、妹にどれがいい?と聞いてリクエストの鶏皮をお願いしました。 握りしめていた100円を手渡すと「300円!」と言われました。 100円では?と思っていると、屋台のおじさんが身振り手振りで「こっちは100円、こっちは300円って書いてあるだろ!」と怒りがちに言いました。 てっきり全部100円だと思い込んでいたのですが、300円の札もありました。 私は100円なら…と思って屋台へ来たので、一瞬でパニックになり、どうしたらいいか悩みました。 おじさんが「買うのか?買わんのか?」と変わらずな態度で言うので咄嗟に「やめます」と言い100円を返してもらいました。 私は優柔不断で中々自分では決めらないのですが、この時は「いらないと言うのも勇気」だと思ったのです。 近くにいた家族と合流すると、買うのをやめた私に向かっておじさんが「◯△◻︎ボケ!」と言っていたことを聞きました。 確かに私の確認不足でしたし、私が100円を手渡しているところで既に皿に盛られた串を網にのせていました。 恥ずかしながら私は買い物は付き添い程度でしかしないので、肉の金額にどのくらい差があるのか分かりません…。 そして屋台で100円以上の焼き鳥を見たことがありませんでした。 それが100円の札しかないと思い込んだ原因でもあります。 家族は300円の札があったことに気付いていて、私も分かって買いに行っているのだと思っていたそうです。 私はそこまで言われるようなことをしてしまったのでしょうか? 一緒にいた家族も気まずそうにしていて本当に申し訳ないと思いました。 「向こうはプロだから、鶏皮が100円で買えるわけないだろ、と思ったかもしれない」「こっち(地元)で会わないから大丈夫でしょ」と家族はフォローをしてくれました。 300円を払わなかった自分がどう思われているのか…どれがいいか聞いた上で焼き鳥を買ってあげられなかったのが情けないというか、恥ずかしいというか、モヤモヤしています。 300円くらい…と払うべきだったでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る