hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お寺とヨガは関係あるのですか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 14

お寺でヨガとか最近聞くのですが、お寺とヨガってそもそも関係あるのでしょうか?自分は男ですがヨガは興味あります。姿勢も矯正できそうだし、精神を落ち着かせたりいつも余裕な毎日を送れるような気がしています。お坊さんもヨガをしたりするのですか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ヨガは、仏教における瞑想・禅定修行の一つ

tak 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

ヨガ・ヨーガ Yogaは、仏教では、瑜伽として、古来より瞑想・禅定修行の一つの手法として用いられて参りました。例えば、禅における「坐禅」もその一つとなります。

詳しいヨガの分類につきましては、下記が最も参考になるかと存じます。

ウィキペディア・ヨーガ 参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC

近年は健康やダイエットのためとして、お寺でのヨガ教室の開催も目立ってきておりますが、もともとは、心身を安定・向上させて高い境地(悟り)を目指すというのが、仏教におけるヨガの目的と言えるのではないかと存じております。

ヨガを積極的に取り入れることで仏教において発展した学派としては、瑜伽行唯識派、瑜伽行中観派といった系譜もございます。

仏教では、ヨガなどの瞑想・禅定修行を通じて、心に良き変容をもたらして、心を善い状態に保ち、煩悩・無明(根本的無知)を抑えて退治し、悪行を成さずに善行に励み、また、更に、菩提心も養って慈悲・利他行の実践へと向かうことが求められて参ります。菩提心に関しましては、下記拙論をご参照頂けましたらと存じます。

『菩提心論』
http://t.co/aSBtLQQI

釈尊は、厳しい修行の最終段階において、菩提樹下に坐しての瞑想・禅定によってお悟りを開かれました。その内実は、「四聖諦」(苦・集・滅・道)が主なものであったと考えられています。

瞑想・禅定修行によって、より深く心の有り様を観察し、また外界の有り様も観察していくことで、何が真理(空や縁起の理法など)であって、何が私たち凡夫の迷い苦しみとなっていて、その原因が何であるのか、その迷い・苦しみを滅していくためには何が必要となるのかなどを如実に洞察・了解して、実際にその迷い・苦しみを排撃させていくこと、またやがては高い境地を得ることによって、一切衆生の迷い・苦しみの排撃にも取り組んでいくことが求められるものになると存じております。

少しでもヨガへの興味を通じて、仏教の教えにも親しんで頂ければ幸いであるかと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

「お寺全般」問答一覧

お寺を移る場合について教えてください

一年前に父が急に亡くなり、本家に勧められるまま本家当主と住職が古くから友人関係としての付き合いがあるお寺(臨済宗になります)にお世話になることになりました。 つい先日、父の一周忌を終え、節目としてお寺を移りたいと考えています。 理由としては、昔から本家筋から難癖や高圧的な行動を受けることが多く、折り合いが悪いという状態にあります。本家と付き合いがあるお寺さんでこれからもお世話になると本家関係で不都合が生じてしまい(この一年で実際に何度かありました)、出来ることであれば避けたいと思っています。 移らせていただきたいと考えているお寺さんには事情などを説明し、受け入れていただくという話はついています。 なので、質問としては、一年お世話になったお寺さんに移らせていただきたいという旨の話をしっかりとつけるべきかどうか。つけるべきであれば電話だけでいいのか直接伺うべきなのか。お気持ちとして包ませていただいた方がいいのか。など、寺を移ることに関して、行った方がいいことなどを教えていただきたいです。 なお、お墓はまだなく、今のお寺さんに遺骨や位牌などは一切預けていない状態です。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

困窮者はお寺を頼れますか

今までの質問や他の方との問答で、個人的な悩みについて色々助けていただきました。ありがとうございます。 社会的に気になることについても、ここでお尋ねできるでしょうか。 貯金のおぼつかない生活をする中で、もし仕事が途切れて家賃も通信費も払えず情報も頼れる先も見つからなくなったような時、役所でも「まだ働ける可能性がある」「血縁者が存命」などで生活保護が受けられず追い払われてしまった時、行き当たったお寺で助けを求めることはできるのだろうかと疑問を持ちました。考えてみれば、ホームレスのような方をお寺で見かけたことはないように思います。 キリスト教の団体では募金や炊き出しをしているのを知っていますが、仏教ではあまり目につきません。 一部、セーフティネットとなるべく取り組んでおられるところもあるようですが、ネットで名前があがるのは一部の意識の高いお寺の個別の取り組みのように見えます。 歳末ですが、越年、越冬が難しいような方にいま頼られたら、お寺の皆さんはどのように対応なさいますか。 個々のお寺でなくても、困窮した人を現実的に助けているような場所、団体を紹介なさったりすることはあるのでしょうか。 せっかく公開の質問ですから、私だけでなく、今ネットは見られるにしてもいつ厳しい状況になるかわからないような人みんなのためと思ってお答えをいただければと思います。 これは厄介な質問と思われるかもしれませんが、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る