お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

兄の死

今日、30年会ってない兄の死を遠い街の警察から知らされました。
このまま引き取りにこられないと無縁仏になってしまうので兄弟であるなら引き取りにきて是非供養して上げて下さいとのことでした。
今現在自分も仕事がなく葬式ももちろん供養なんて自信がありません。
兄にとって供養してくれない身内と供養してくれる無縁仏とではどちらが幸せなんでしょうか?

有り難し 2
回答 1

質問投稿日: 2014年9月29日 23:39

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

この世に無縁仏は存在いたしません

色々複雑な御事情がおありだったのでしょうね。
とはいえ、せめてお骨ぐらいは先祖のお墓に一緒に葬って差し上げるのが兄弟の義理というものではないかと。
80代というご高齢では、移動もままならない事でございましょうし、通夜・葬儀が難しいようならば、菩提寺さんを通じて最短ですませる一日葬儀でお願いして、お骨だけでも火葬場へ引き取りに行かれる事をお勧めします。供養に自信がないと言われましてもおよそ先祖のご供養はなさっておられると思いますのでご一緒に祀られればよいのではないでしょうか。
経済的な面は遺産から割りあてられれば良いと思います。
無縁仏になさると最終的に心に煩いを残されるのはあなた自身であると思います。
30年連絡を取り合わなかった兄弟であるからこそ、それなりの疎遠な対応をしてしまいたくなるのが人情というもの。しかれど、ぞんざいにすればそれなりの自責の念が起こるのもまた人情というもの。
頼れるお子さんや若い世代の御親戚にお願いして、高齢、体が不自由であることを理由に、謝礼をお出しすることを条件に代務として手伝って頂くのは如何でしょうか。
この世に無縁仏は存在しません。関わりがあって生まれてきたからです。関わりを断ってしまう冷たい人間の情があるだけ、我見がおこるだけです。親族の縁であるからこそ、あなた様のところに御連絡が入ったのです。
仮に縁を断っても、断つことが出来ないのが情愛・血縁なのです。
今一度、二人とも同じの親の子供であったことを思い起こし、すべての罪科を死と共に赦して差し上げ、血の通ったところへ導いてさしあげてはいかがでしょうか。
お体が不自由ならば代務であっても構いません。誰かにして頂いてでも、それをする事がこの世での何をさしおいてでもの人の子としての生き方ではないでしょうか。

3年8ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ