hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

お坊さんに告白されました

回答数回答 3
有り難し有り難し 36

お寺の院代さんから告白されました。独身でイケメンで、まだ若く、彼女もいないです。お寺を継ぐ方です。しかし、私は結婚してます。そのことは彼もよく知っています。旦那のことも知っています。旦那はお寺のお膝元で売店をしている会社に勤めておりお寺との繋がりも大変深いので旦那と別れてお付き合いすることも出来ません。彼も結婚しないと後継も周りから期待されています。そのような関係性にも関わらず告白してくるとは遊びでしょうか?私も彼を尊敬していてかっこいいなと思っています。いけないと思っていても最近だんだん意識してしまうようになりました。会えば会うほど惹かれています。奥さんがいるお坊さんの不倫の話はよく聞きますが、、、逆なので、彼はそんなことして大丈夫なのか?私はこれからどうしたら良いでしょうか?

2014年10月25日 15:56

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

本心はどこに?

すでに問答が終わりお礼まで出ていますが、一言だけ。

告白がどのようなものなのかわかりませんが、
ただ好意をいだいてしまっている、ということだけなのならば、遊びということではなく、貴方に告白することで気持ちに踏ん切りをつけているようにも見ることができます。

旦那様からあなたを奪いたいという気持ちではなく、貴方に心惹かれている、ただそれを伝えるだけで気持ちの整理ができることもあります。

彼をかばうようではありますが、善し悪しをハッキリさせすぎると彼の本心を見失う気がいたしましたので失言いたしました。

2014年10月25日 23:55
{{count}}
有り難し
おきもち

私達は本当に悩んでいる事は、なかなか相談する事ができませんよね、私も10年...

話すべきは一言のみ「貴方はそれでも僧侶ですか?」

 現在の彼は袈裟衣をまとう資格のない最低の僧侶です。彼の将来を思ってあげるのならこう言いましょう。
「貴方はそれでも僧侶ですか?」
 ちなみに、江戸時代を代表する慈雲尊者(ジウンソンジャ)という傑僧は、お釈迦様が示された仏教の基本である『十善戒』を「人の道」として、一生涯、僧侶へも娑婆の方々へも説き続けました。当山ではお通夜などで尊者の教えを読誦し、法話を行っています。そこにある文章です。これを彼へ教えてもらっても結構です。
「男子、女人共に、我に属せぬ者には心寄するべからず。妄(ミダ)りに慣れ睦まじくすることなかれ。」
「不邪淫戒は、万巻の書を諳(ソラ))んずる者も、持たねば身に災いあり。甚だしきに至りては、家を滅ぼし国を滅ぼす。」
「五欲の中には触欲最も重く、情欲の中には愛欲最も深し。この淫欲の法、身心を繋縛(ケイバク)して累劫(ツイゴウ)の憂いとなる。愛欲に随順すればこの世界悉く執着となる。流れて我慢となり、あるいは争いを起こす。」
 当山の周囲にもこうした破戒僧がいました。彼はついに邪淫以外の罪も犯すようになり、周囲の女性たちを不幸にしました。
 恐ろしい悪業(アクゴウ)に惑わされる貴方は、このあたりではっきりと目を醒まさねばなりません。破戒僧の悪業に穢されず家族を護るために。――まだ若い彼を地獄行きにせず、まっとうな僧侶にするためにも。
 自他に発する心の暴風をくぐり抜けて来た経験者として、断固、悪業を否定しないではいられません。救いの道は、〈み仏の説かれた真理に目覚めること〉しかないのです。
 以下もご参照ください。http://hourakuji.blog115.fc2.com/blog-entry-4357.html

2014年10月25日 19:06
{{count}}
有り難し
おきもち

不邪淫戒について

蜜魚様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

お坊さんの不倫の話をよく聞かれますか、、誠に情けないことでございます。

本来の僧侶のあり方としては、女人と接する、交わることですら戒律としての制限があり、妻帯などはもってのほかなことではございますが、現代日本仏教界では僧侶の妻帯も普通に平然と認められていることになってしまっております。もちろん、戒律に厳格なテーラワーダ仏教やチベット仏教ゲルク派などでは現在でも女人と接することでさえも厳しい制限がございます。

現代日本仏教界の色々な事情も踏まえて、妻帯はやむ無しの感はあるにしても(かくいう拙生も妻帯してしまっております・・)、不倫は言語道断にて、僧俗拘らず仏教徒としては基本中の基本としての五戒の一つである「不邪淫戒」すら守れないとなるとやはり問題であるのではないかと存じます。「不邪淫戒」につきましては、これまでにも下記の各問いにて扱わせて頂いております。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/不邪淫戒

不倫という悪業の報いは、結構すぐに受けることになるのは世間の様々な例を引くまでもございません。蜜魚様にその気が無いのであれば、きっぱりとお断りになられることです。また、その気がある、大変に好きになられてしまわれたのであれば、不貞行為にならないように旦那様とまずは離婚されて、独身に戻られてから交際をなさられる分には表面上は特に問題は無いかとは存じます。

ただ、旦那様を始めとして家族や周りを傷付けてしまうことへの配慮やその院代さんに生じる誤解などへの対処など色々と先において覚悟しておかないといけないこともあるかとは存じます。その院代さんや蜜魚様の好き云々の感情まで否定するつもりはございませんが、双方共に理性的な面もある程度必要になるのではないかと存じております。

また、そこまでは無いかとは存じますが、どこかその院代さんに、色々な立場を利用して強引にまで自分の想いを実現させたいというような傲慢・高慢な感じが出てくるようでありましたら、尚更に厳しく諌める必要性があるかとは存じます。

どうかご賢察の程を賜われましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

2014年11月14日 10:19
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

有難うございます。心に突き刺さりました。自分のことばかり考えておりましたが、彼の将来のため。これが頭にありませんでした。由緒正しきお寺を継ぐものとして彼には立派に成長していただきたいですし、しっかり話をしたいと思います。しかし、プライベートな時間に接した彼を僧侶としてではなく一人の人間であり男として見ておった私自身も考えも恥ずべきで、改めねばと思いました。有難うございました。

「お坊さんと出会い、恋愛、結婚」問答一覧

彼が修行僧です。

こんにちは。 私がお付き合いしている方が、修行のため3月から上山致しました。彼のお父さんと、一緒に上山を見送り、今でも彼のお父さんお母さんから、彼の様子がわかると連絡を頂いています。その連絡が今の私にとって励みでもあり本当に、感謝しています。今、私はただ彼を想い、毎日が無事に終わることを願うばかりです。 彼の宗派は曹洞宗です。上山前、彼から100日間は外部との連絡がとれず、100日後に手紙がやっと書けると言われました。また、春上山した者は、8月末から面会との事でした。当時の私は、手紙を書こう面会に行こうと思っていましたが、実際それが正しいことなのか、彼の為になるのか、彼が上山してから自分で調べ、考えているうちにわからなくなりました。 家族でもない私が手紙を送ること、面会することで、上の方から何か言われたり目をつけられたりしないか、悪い方向ばかり考えてしまいます。自分で調べている時に、このような場を知り、実際に修行をした皆さんに聞くのが良いのではないかと考え、今回このような形で相談させていただきました。 そして補足ですが、今世の中が大変な時期で、夏になって仮に落ち着いたとしても、面会に行こうとは考えていません。 このような時期に、私事の相談で大変恐縮ですが、もしご自身の経験から、少しでも何か回答を頂けましたら幸いです。宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

お寺で働いていた小僧さんと仲良くなるには

先日、厄除けで有名な日蓮宗のお寺へお参りに行きました。 ご縁日で参る人も多く、お寺側もたくさんの人が働いていましたが、その中で対応して頂いた学生…よりも少し歳上(23~5才位)の若いお坊さん(小僧さん)と再びお話がしたい、仲良くなりたいです。 その方が私の御朱印、御首題を担当して下さり、書いて頂く間とその後も少しお話したのですが、 とても良いことを言って下さり、悩みが晴れて心が軽くなりました。 またお会いしてお話したいと思っていますが、 名前もわからないし、どのような役職の方なのか、 25才位と思いますが実はまだ学生だったりしたら…アルバイトの方かもしれないとか、 わからないことが多すぎて、 お話のお礼が言いたくお寺に問い合わせようにも情報が少なく困っています。 またお会いしてお話が出来るようになるにはどうしたら良いでしょう? 相手の方は、 ・御朱印授与、その他雑務をやっているようでした ・茶色っぽい袈裟?と橙色の服装 ・彼の隣にいた、彼と同年代くらいの方に檀家さんが今何年目になった?と質問し『今年で5年目になります』と言っていた。(修行期間の話かな?と勝手に想像…) 少ない情報ですが、彼はどのような方なんでしょう? 日蓮宗のお寺の内情もわからず、年が若くても実は凄い役職の方だったりしたら、 (お話の内容もかなりしっかりされていて、頂いた御朱印、御首題も驚くほど達筆でした) 気安く話しかけてはいけなかったのかな?とも。 ご時勢が落ち着きましたらまた縁日に参ろうかと思っていますが、人が多いので、うまく見つけられるか不安です。 日蓮宗のお坊様、または内情に詳しい方、少ない情報からですが彼の役職をご推測頂きたいのと、 今後も仲良くなるために話しかけて良いか、アドバイスを下さい。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

僧侶をしている彼の人間性

私は僧侶と交際しています。 以前に何度も相談させていただいていますが、いまだ別れられずにいます。 先日、友人と些細なトラブルがありました。 無料で譲ってもらえると思っていたものが、あとから金銭を要求されたのです。 高額ではなく、私の認識違いもあったので支払うことにしました。 しかし彼は、金銭授受の関係が発生するような友達とは関係を切れと言いました。 彼と知り合う前からの友人で、私の認識不足でのことなのにです。 彼は私から100万近くの借金をしています。なんとか返済してもらい残り25万程になりましたが、自分のことは棚に上げて何言ってるんだろうと思いました。 彼に貸したお金というのは、彼が京都にある本山や静岡や仙台などのお寺に行くための交通費や滞在費が手持ちになかったためです。 それが少しずつ遊ぶためのお金になりました。 そしてそのお金のために私は債務整理をすることになりました。 弁護士さんからは自己破産もすすめられましたが、それをすると家族に知られるのと、借りたお金は返したいので債務整理を選びました。 ですが、自己破産にしようかなと漏らした時に彼は、そんなことしたら別れると言いました。 お金のことに対して私も甘かったので、それについては反省しています。 ですが、彼はそれを言える立場ではないでしょう?と思ってしまいます。 それなのに彼は、そんな変な友達がいる女、自己破産するような女と関係があることが寺にバレれば、自分の立場がなくなり破門になるだろうし、親兄弟も反対するだろうと言います。 もし私が逆の立場なら、今の自分の立場や家族より好きな人を選びます。男性と女性は違うのでしょうか。 私は彼の財布がわりにあてにされていただけなのでしょうか。 自分の親に借りるなり、消費者金融やクレカ・・・いくらでも自分で用立てる方法はあったはず。なのに自分は傷つかないで私だけ・・・。共倒れですが。 私が彼の声を聞きたくて電話してもいいかメールすると断りますが、彼の都合で電話は来ます。お金の無心です。 約束の日にお金を返して貰えないこともあります。 寺の事務方さんの手違いだったりもしますが、そんな約束通りにならなかった時は「自分の思い通りにならないことを諸行無常という」などと、都合のいいことを言います。 別れればいいのでしょうがまだ彼が好きで離れられないのです。

有り難し有り難し 29
回答数回答 2

お坊さんとお話しできるきっかけ

年末年始お忙しくされているなか、失礼いたします。 私自身のことなのですが、一年ほど前から気になっているお坊さんがいます。 私の一目惚れでもあります。 初めてお見かけしたのは叔母の法事でした。 この一年のあいだに法事でお見かけしたのは二度ほどで、どのようなかたなのかまで詳しく知ることができません。 インターネットでお寺さまを検索して、ご住職でおられること、経歴など、また月に数回、お寺さまの日記のようなものを公開されておられます。 私もこの日記のほうにお寺さまに咲いてあるお花の感想を投稿させていただいたことがあります。 こちらは日記を読まれておられるかた、皆さんに投稿を目にされるので個人的なことは書くのは失礼かなと思いますし、突然、私の気持ちを書くのもご住職さまにイヤな気持ちにさせてしまうと思います。 個人的にご住職さまとお会いできることは難しいでしょうか。 ご住職さまはお母さまと住んでおられるようで未婚だと思います。 接点になる知り合いのかたもおられなくて悩んでいます。 ご住職の同じ宗派のお寺さまがお寺での婚活パーティーをされているのを拝見しまして、もしかすると、私が気になっているご住職さまのことを知っておられるかなと思いましたが、突然、私の気持ちを述べられても困ると思ったもので、お話しすることはできませんでした。 まとまりのない文章ですが、読んでいただけたら有難いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

親戚の菩提寺の副住職様への恋

はじめまして。めぐみと申します。 不謹慎かもしれませんが、祖父の葬儀でお見かけした、親戚の菩提寺の副住職さんを好きになってしまいました。 葬儀後の法要でお話しする機会があり、その後お寺の行事にお誘いいただいたことがきっかけで、個人的な連絡先は知っております。 しかしながら、お寺様と檀家(側)、というと、教師と生徒といった壁を感じ、私から何かしらお誘い等してもよいものか、烏滸がましいのではないかと躊躇われてしまいます。 私は20代後半、お相手は30代前半で、ご住職とお話しする限り、明確な恋人や婚約者はおられないようです。 ただ、確りしたお寺さんのようで、お寺関係のお見合いは多いのではないか、また、私は在家でお寺関係者ではありませんので、身分が不釣り合いなようにも思います。 また、共通の知り合いや接点が全くない状態です。 これら背景を踏まえ、この恋は諦めるべきか、諦めなくてもよいのであれば、どのようにアプローチをしたらよいのか、ご助言をいただきたく質問致します。 (現在親戚は代替わりしており、先々代まではお寺様との繋がりはそれなりにあったようですが、現在では月参り、葬儀等程度のお付き合いとのことです。) 現在は、私から連絡をすればお返事をいただけますが、お相手から連絡をいただいたことはなく、また、二人きりでプライベートでお会いしたことはありません。 久しぶりに、好きだ、と思えるお方に出会え、何とかご縁を結べたなら幸せだな、と考えています。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 28
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る