hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

修行中に異性を好きになったりしませんか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 12

結婚を許されている宗派もあると思うのですが、許されていない宗派の方も、異性を好きになったりしませんか?

私はもうかれこれ3~4年片思いしている人がいます。
正直、好きになってすぐは『付き合いたい、触れたい』と所有欲と衝動的な欲求もありました。それが3年過ぎたあたりから、ただ好きなだけになりました。
その人はずっと彼女がいないから、前は『彼女が出来たと聞いたら、泣いちゃうかもな』と思っていました。今は、もし急に『結婚することになった』と聞いても多分大丈夫です。
一番つらいのは、その人から軽蔑されたり、嫌いになって見放されることです。

人を好きになるって片思いでも、心の中がほかほかしてきて素敵なことですね。心の中に決して消えないロウソクの灯りがともっているようです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

修行中は他の余裕なんてなかったです。

私の場合、修行中は体力的にも知力的にも精神的にも限界を超えていたので、どんな小さな事も全力投球でないとこなせなかったので、とても恋愛とかそんなことまるで別世界でした。

物事はわりと遠目に観ていた方が無難で綺麗で理想化される事が多いと思います。
しかし、実際に飛び込んでみると経験したものにしか感じ取れない世界が広がっていたりするのだと思います。

恋愛も片思いだと、切ないですが美しい恋心だと思います。

しかし、両思いになり恋愛に発展するとちょっとどろどろとした部分も出てくると思います。
そして結婚すればその生活の中でどろどろはもっとハードになっていく事が多いかもしれません。

しかし、そのどろどろの中でこそ掴める喜びや幸せもあると思います。

どちらを選んで行くかはその人次第ですね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

質問者からのお礼

最近、禅に関する本を少し読みました。雑念を取り払って、目の前にあることだけに集中するのが修行とあって、修行中はそれどころじゃない、という意味が理解できました。(日常のお掃除や料理などでも修行になるんですね。) お坊さんの修行に少し興味が湧きました。 少し離れたところからみる景色が一番きれいというのも納得です。離れているからこそ、理想が膨らみます。 答えにくかったと思いますが、ご回答いただいてありがとうございました。

「お坊さんと出会い、恋愛、結婚」問答一覧

この気持ちは諦めるほか無いのでしょうか

私は訳あってシングルマザーですが、 今は8歳年下の真言宗のお坊さんと数ヶ月前からお付き合いさせて頂いています。 出会いは宗教は全く関係のない、趣味の場でした。 彼はこの春から就職で600kmほど離れた土地に移住しました。 元々お寺の息子さんで後を継ぐため大学在学中に休学し、高野山で修行も済ませており、後々はおうちを継がれると言うことで伺っております。 遠距離恋愛となって数週間、電話やLINEで会話をする日々ですがやはりさみしく、彼も慣れない土地、新しい仕事で悩みやイラつきもあるのでしょう…先日喧嘩になってしまいました。 もとより、私がバツイチ子持ちである事を理由に両親には紹介できないと言われてはいたのですが、彼のことが好きでしたので、それでも一緒に居れるならとお付き合いをしていただくことになりました。 先日の電話で、同期や移住先の方達にも秘密にすると言われ、なぜそこまで隠されないといけないのかと悲しみと怒りを覚えました。 個人的にバツイチ子持ちが悪いとは全く思ってないが、家族は違う、どこから家族の耳に入るかわからない、大切に思っているけどバレてしまうのが怖い、と。 その言い合いの果て「個人としての自分はあってないようなもので、家族への依存というより寺の存在が大きい」というような事を仰っており、わたしには理解が及ばず戸惑っています。 恋愛にのめり込むまいとわざとそっけないような態度をとっているようにも見えます。 将来のことを考えられないから、愛情を伝えるのは私のことを騙しているようで気が引ける、と落ち込んだ様子で伝えられたこともあります。 それでも彼のことが好きで一緒にいれば、元気をもらえるので、できることなら離れたく無いのですが、彼のことを考えたときに、やはり離れた方がいいのだろうか、とも思います。 兎にも角にも悔しく、さみしく。 仏教とは寺とは個人としての人生を奪ってしまえるほどのものなのか、と真言宗に嫉妬しております。 私は無知な俗世の人間ですが真言宗の家系の人間です。 今まで仏壇に手を合わせお経を唱えたり、現代では信仰心の厚い方だと思っておりました。 仏教とは迷い苦しむ人たちの拠り所、救いではないのですか。 まさかこんな形で仏教に裏切られるとは思ってもみませんでした。 この気持ちはどうしたらいいのでしょうか。 苦しいです。 ご教授いただければ幸いです。

有り難し有り難し 30
回答数回答 1

お寺の服装について

私は今、お坊さんと真剣にお付き合いさせて頂いています。 彼の家がお寺で、遊びに行った事もあり、その際に私の見た目が派手だと言われました。 明るめの茶髪で、よくミニスカートにタイツなど履いてお邪魔していました。 彼のご両親から髪の色や服装について、もっと落ち着いた髪色で地味な服を着なさいと言われ、私は凄く嫌な気持ちになりました。 洋服が好きで、彼の前ですしオシャレもしたいし、まだ彼女という立場から、見た目全部をお寺に合わせなくても、いいんじゃないかと思っています。 「お檀家さんの目もあるし、お檀家さんから攻撃されないように、なるべく言われることを少なくしなさい」 「将来お寺に入るときに、その住職さんにもこの2人なら任せられるとアピールしなきゃいけないから、今のうちに誰に見られてもいいようにしなさい」 ご両親の言うことも分かりますが、どうも自分の中で納得できないのです。 後でも先でも、やらなければならない事は承知しているのですが、自分らしさを抑えて、好きでもない服を着ることに抵抗があるのです… これはワガママなのでしょうか? どうしたら気持ちを落ち着かせて、前向きになれるのでしょうか?

有り難し有り難し 41
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る