お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

親に甘えきった過去と今。自分を変えたい。

私の両親は祖父の代から引き継いで、会社を経営しています。
倒産寸前だった会社を立て直し、今では大手の会社にも取引をもつ会社になりました。その裏にはどれだけの苦労があったか、昔の私は知ろうともしませんでした。
望むものは何でも与えてくれて、高校卒業後、短大と専門学校にも行かせてくれました。
せっかく就職したのに、結婚したくて6ヶ月で退職。
そして離婚。今では4歳と5歳の子供と共に、職場も給料も面倒見てもらっています。
そして、私は昔から自分の容姿に異常な執着があり、親のお金で美容整形ばかり繰り返してきました。目も胸もやりました。学費含め、何千万私にかけてくれているかわかりません。それでもありがたいと思う気持ちも薄く、
沢山もらっている給料を大事にする事なく、今年に入って鼻の整形手術。
術後の辛さでやっと目が覚め、情緒不安定になる程、自分なりに後悔も反省しました。しかし、美容整形と共に10年前に前歯の矯正も行っていて、これは一生続くものです。
歯の寿命は短くなり、いつか矯正している6本全て抜け落ちれば入れ歯がインプラント。
インプラントは400万かかります。
歯の寿命もいつまでもつのか、こればかりはわかりません。
何で私はこんな金のかかる無駄な事ばかりしてしまったんだろうと、過去の私を憎んでも憎み切れない。こんな自分が大嫌いです。
私の顔は生まれたままのパーツは耳以外、何1つありません。
仕事も大して出来ず、子育ても4歳の娘は軽度の発達障害で、いつも怒鳴ってばかり、幼稚園の行事ごとはことごとく忘れて、私は人として母として、生きている意味はあるのでしょうか。
後悔と自己嫌悪で、胸が潰されそうです。苦しい。自己責任なのに、それを受け止める強さがありません。
綺麗になって、自分に自信を持って、愛されたかっただけなんです。
自分が情けなくて、毎日涙が出ます。
過去の事、自分の歯の事、全て受け入れて親に今までの恩返しが出来る生活が出来るようになるのでしょうか。
そんな自分に変われますでしょうか。
胸が苦しいです。助けて下さい。

有り難し 13
回答 1

質問投稿日: 2016年6月30日 18:42

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたは既に変わりはじめておられます。

たくめ様

釋 慧心と申します。

拝見させて頂きました。

随分お苦しみになられましたね。

苦しみの無い者には、救いの意味は分かりません。

与えられた環境を自分で戒めて抑制することは難しいものです。

美しくありたいと思う心を咎めることも難しいでしょう。

もう既にされてしまわれたものは仕方がないでは御座いませんか。
これからの歯のメンテナンスも仕方がないですよ。

もっと費用をかけて、全ての歯をインプラントしている方もおられるでしょう。

仏さまは我々の容姿は全くお心に掛けておられません。

そして貴女は、既にもう気づき、慚愧(ざんぎ)の心をお持ちで、悔い改めようとされていらっしゃいます。

貴女はよく頑張られました。
中々そのように恵まれた環境に於いて、誰の咎めなく気づくのは難しいことです。

そうしたことは、仏さまが大変慶ばれ、白い蓮の華のように美しいお心と褒め称えられ、
貴女に仏さまの仲間入りをさせたいと願われます。
素直に受け取って頂きたいと思います。

慚愧とは恥じるという意味です。

変わりたいと願う貴女に大事なことは、気づきとこの慚愧の心です。
あとは、これからもそのお心をお忘れないように、
またご両親のご恩を思うて手が合わされば、それだけで十分です。

その気づきは、慚愧へと導き、慚愧は悔い改める心をおこさせます。

それらが感謝のうちの日暮しに繋がり、やがて必ず、素晴らしい方へ導いてくださいます。

一つだけ、
「たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」
というお言葉があります。

私のことを慶んで頂く御仏(みほとけ)や、私をそのようになるまで、温かく見ていてくれた親の恩を今思い、
手が合わさるような心が私におこったなら、そのことに私が気づいたのは今だけど、

ずっとずっと前から常に私を赦し、私を見守り、私を願い続けていてくださっていたのだということを慶んでくれよ。

貴女の先祖方々や、ご両親や仏さまは、貴女が気づくずっとずっと前から、貴女を願い、いつも近くにお働きくださっていたのです。

それに気づくとき、私達は本当に変われる、自ずと変わらされてしまうのかも知れません。

3年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

温かいお言葉、本当に有り難うございます。
涙が出ます。
頑張ったと、言われた事もありませんでした。自業自得なのだからずっとずっと苦しめと、自分で自分を追い詰めるばかりの精神状態でした。
今までの私は、過去を振り返る事もなく、自分の事ばかり考えていました。
すぐに立ち直り気持ちを切り替えるのは難しい事ですが、
日々私を支えてくれている両親、見守ってくれているご先祖様と、私を成長させてくれる子供達に感謝の気持ちを持ちながら、この今の感じている心を忘れずに生きていければ良いと思っています。
たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ
有難いお言葉感謝します。
心が軽くなりました。いつか、このご縁として明覚寺に伺わせていただけたらと思います。
歯の事、これからの事とちゃんと向き合って、自分を大切に思えるように頑張ります。
本当にありがとうございました。

「過去にとらわれる」問答一覧

「過去にとらわれる」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ