hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

二つ質問があるのですが、まずはお墓についてです。

回答数回答 4
有り難し有り難し 23

『お墓』の相談なんですが、
時々『お墓を買いませんか?』という電話がかかってきます。
そのたびに『ありますから結構です』と断っていました。
ですが、会社の人かたが言うのには、
「これからはご先祖のお墓は近くにあったほうがいいですよね?歳をとってくると、行きたくても行けなくなるから、近くにあったほうが便利ですよ」と。
気持ちはわかるのですが、
私としては、やっぱり生まれて育った所に墓を作ってあげたほうがいいかなと思うのですが。どうなんでしょう。
うちにある仏壇は、父方の祖父母です。
因みに、父は毎日、仏壇に手を合わせています。ですが、私の場合、わけがありましてできないんです。
友人が言ってました。
『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』と。そうなんですかね?
二つの悩みは、改めて


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お墓について

お墓についての考え方は、宗派によって、お寺によって対応が違うところがあると思われます。
まずはお手つぎのお寺のご意見もお聞きになってみてはいかがでしょうか。

浄土真宗では、お墓を亡き人のすみかと考えるわけではありません。
阿弥陀様のお浄土にお生まれになった亡き人のお骨を納めているのであって、亡き人はお浄土にいらっしゃるのです。

お墓にお参りするという点では確かに近くにお墓があることは便利でしょうが、亡き人はお浄土にいらっしゃるのですから、お墓がどこにあっても同じということもいえます。
そういうふうに考えると、お仏壇に手を合わせるということで充分。
いけるときに故郷のお墓へ。
とも言えます。(お仏壇にお参りできないという事情がよくわかりませんが・・・)

また、お墓を移すとなると、改葬の手続きも必要です。お寺様の合意も必要となるでしょう。

友人のお言葉、『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』
これもどういうシチュエーションで言われたものなのか不明ですので、真意がわかりませんが、浄土真宗の考え方でお答えいたします。

亡き人は阿弥陀様のお浄土で諸仏となっておられます。
そして、阿弥陀様の元から、私たちをお導きになります。
ですから、亡くなった人(諸仏)にも、きちんと私たちの思いは伝わっています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


真宗山元派上西山正善寺住職

とどく思い

かおりさま

はじめまして。眞宗大谷派正徳寺の平松と申します。
よろしくお願いします。

>友人が言ってました。
>『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』と。そうなんですかね?

藤堂師がお答えになったように、どういうシチュエーションでお話になったかわからないと何とも言えませんが。
亡くなった方でも、本でしか読んだことのない先達でも、もっと言えばお釈迦様の声でも、いま現在の生活に響いてくるときがあります。
むかしおばあちゃんに言われたことや、おじいちゃんに遊んでもらったこと。
ふと思い出して、懐かしさとともに、いま現在・現実のわが子などに、されてうれしかったことなどをしたりします。
また、祖父の知り合いや叔父から生前のことを聞いて、影響を受けたりもします。

自分はこれらすべて、いろいろなものを超えて届いた声だと思いますし、届いた思いだと思います。

それに応えようとする私の思いもまた、すべてにとどく思いだと思います。

「亡くなったらすべておしまい」「死んでも生きている」これらの考えを、仏教では「有無の邪見」として偏った考え方としてきました。
亡くなったら、亡くなった方との新しいお付き合いが生まれるものと思います。

>私の場合、わけがありましてできないんです。

お仏壇にお参りできないわけ、少し気になります(^^)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...

かおりさん、こんにちは。
セールスの電話、たまに掛かってきますよね。なぜかお寺にもかかってきます(汗

”私としては、やっぱり生まれて育った所に墓を作ってあげたほうがいいかなと思うのですが。どうなんでしょう。”
というお墓についてもご質問ですが・・・。
スタンダードとしては、一家に一塔。お墓がある・・というものが日本のメインストリームです。
「遠くの親戚 近くの他人」・・ちょっと意味が違いますが、言葉を変えてみましょう。
「実家近くのお墓 自宅近くのお参りどころ」
いざとなったら拝むとき、というものが来ます。そんなときに「近くにあったらどうですか」、とセールスはかけてくるのでしょう。
それならば、こちらで用意してしまいましょうか。近くの成田山とか、神社とか、仏壇とか。
家の近くに墓を作り直すこと・・・大変です。ご無理なさらず。

”『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』と。そうなんですかね?”
というご質問ですが・・・。
私は、生きている人の声は亡くなった人には届いているか”確認はできない”。亡くなった人の声は生きている人には届いている。と思います。
届いているときはありませんか?虫の知らせ、草葉の陰が見えないでしょうか。
亡くなった人は声を”伝え”ようとはしていないと思います。生きている人に”伝わる”だけ、と言えるのかなと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

かおり様。

先ずは、貴女の御友人が仰る 『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』…は、藤堂 尚夫師や、釈 理薫師がお答えになったように、
どういうシチュエーションでお話になったのかが判らないと何とも言えませんが、ちゃんと届いているものですよ。声というより、心として…ですが。

お墓については、今は貴女が其れを観る代ではないのでしょうから、今暫くはお考えに成らなくとも良かろうと存じます。行く行くは、お考えに成るとしても…
時期の問題ですから。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...

質問者からのお礼

ありがとうござました。
お墓について真剣になりすぎた部分もあります。
何度も「お墓を買って欲しい」という電話が来たので、
家の近くに墓を作り直すのってどうなの?と
やっぱり人は死んだら生まれたところに帰ったほうがいいと。
でも、両親も「どうなんだろう」と悩んでいました。

向井さんへ、
ありがとうございます。
お墓について投稿した後、いろんな人に聞いてみました。
お墓をどうしようか考えていた方がいまして、その方の両親が足腰が弱っているのと、
子供達にも毎年、墓参りに来て欲しいのと、墓参りについて知って欲しいからとのことでした。
私のところは、今のところ、このままでいいとのことでした。^^;

雑談;さきほど、「梅コンポート」を作りました。
    スイーツでも手芸でも作るのは凄く癒されます。ストレス発散にもなります。^^;

「お墓」問答一覧

お墓について

こんばんは。いつも拝読しております。 今回はお墓のことについてご質問させてください。 わたしには子供がふたりいるのですが、わたしの両親が自分達の苗字で〇〇の墓と、生前のうちから建ててしまいました。ただここで問題なのは隣におばあちゃんのお墓もあるわけですよ。  うちの親は私たちが死んだらその墓を潰して拝んでもらって私たちの墓を作りなさいと言います。 でも結局、うちの子供達は二つも墓をみないといけないわけなんです。 それよりなら、すこし離れた場所に永年供養墓ができまして、ここなら家族用もあるそうなんです。 合祀墓もあるのですが、合祀墓にはいろんな人が入る墓と聞きました。 私はとても人見知りで、おそらくそんなお墓に入ったらパニック起こしてしまうと思うのです。死んでしまえばかんけないと言う方もいらっしゃいますが、怖いテレビとかで成仏できず墓をかえてくれーって番組みました。人は死んでもこの世に意思はあるといいますが、本当でしょうか? もし本当ならば永代供養墓、関係ないのであれば合祀墓でもいいのかなと考えております。 料金もかなり違いますので、どうかよきアドバイスよろしくお願いします

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

墓じまいについて

母が方のお墓なんですが、母の兄弟が弟と妹で家督は弟が継いでいます。 弟(叔父)は十数年前に他界し叔母(叔父配偶者)と娘(2人)が継ぐことになるでしょうが、 叔母の信仰宗教上、当初から全く墓参りもせず墓守を放棄した状態でした。 ただ、母と叔母(母の妹)が時折、墓参りをして墓の清掃もしていましたが、 このままでは私の世代で墓守がいなくなり無縁仏になってしまいますので ゆくゆくは墓じまいして永代供養にしようと思っておりました。 母方の菩提寺は曹洞宗です。 父方の菩提寺は臨済宗です。 当家は父が次男の分家で特にお寺とお付き合いはなく無宗派状態です。 今年、母が他界し葬儀の時に葬儀屋からの紹介で 菩提寺とは別の臨済宗のご住職をご紹介いただきお付き合いが始まりました。 そのご住職は永代供養にもご熱心で 母方の墓じまい、永代供養と両親と私(妻子無し)の永代供養の相談に乗って頂いております。 これを機に私が先導して母方の墓じまいと永代供養したい旨を親戚一同に説明し了承を頂き 先日、お墓の閉眼供養を終えております。 お墓は土葬で墓石でなく墓標が建てられているだけで6基分ありますが 残っている墓標は1基だけです。 おそらく火葬で骨壺が埋葬されているのは祖父母だけで 遺骨を移せるのも祖父母だけで他は埋葬のままになるかと思われます。 墓地は市が所有する共同墓地でお墓所有者の地区長が管理しています。 先日、とある霊能者の相談で墓じまいの事を聞くと 『長年、供養されてきたお墓を引き払い永代供養するのは「あなた(私)」の勝手な都合で ご先祖はよく思わない、ましてや母方分家のあなたがするのはおかしい。 先ずはあなたがちゃんと墓参りして供養の気持ちを伝えていきなさい。 それから自分自身が体力的や諸事情で墓参りが難しくなったら考えればいい』と叱られました。 確かに自分の勝手な都合で今すぐすることでもないことも理解できます。 親戚にはある程度進めて閉眼供養までしており できればこのまま墓じまいして永代供養したいと思っていますが 自分勝手な事だと思うとと迷ってしまいます。 このまま墓じまいしても先祖供養に差し障りないでしょうか? それとももう少し先延ばしにした方がいいのでしょうか? もし先延ばしするのであれば閉眼供養してしまった事は また開眼供養すればいいのでしょうか?

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

墓、仏壇選びと四十九日

初めまして。先日母が亡くなりました。母の弟は創価 学会で、母は学会に入ってませんが、小さな手のひらサイズのご本尊をお借りしていつも南無妙法蓮華経と手をあわせていました。ご本尊は母の弟に返しました。 今回葬式をするのに、私の父も弟も私も、無宗派なので母の弟に色々お願いしました。学会の葬式を初めて見たので、お坊様がいないこと、学会の方が普通にスーツでお経を唱えられたこと、戒名がもらえないこと、等を知りました。母の死に私達家族3人は余裕がなく、任せてしまったのですが、 私達が勉強不足だったと反省です。 しかし四十九日にもまた母の弟にお願いするのか、父は位牌に俗名でなく戒名がいいからどこかお寺を決めてお坊様にお願いしたいと言ってます。学会に入っていないけど、母は南無妙法蓮華経といつも唱えていたのであれば、日蓮のお寺にお願いしても間違いではないでしょうか?学会との関係がよくわからないのですが、さすがに母の弟には聞けず悩むところです。仏壇も家が狭いので小さいのを置きたいのですが、仏壇屋さんに、本尊を選ぶ為に宗派を決めて来て下さいと言われました。 それと私と弟は結婚してますが子供はいません。なので私達の代で終わってしまう為に、永代供養墓を考えています。しかし親が10年以上前に墓の土地だけ買ってます。父は土地手放してもいいし、好きにしていいと言ってますが、母はきっとそこにお墓を建ててもらうつもりでいただろうなーと思うと悩みます。 初めての事ばかりだし、周りに相談する人もいなくて、こちらに相談させて頂きました。色々無知で申し訳ありません。母は色々知ってて頼りになる人だったのに、その母がいなくなり私達家族は無知ばかり残って情けないです。母にはきちんとした供養をしたいので何卒アドバイスお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る