hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

二つ質問があるのですが、まずはお墓についてです。

回答数回答 4
有り難し有り難し 23

『お墓』の相談なんですが、
時々『お墓を買いませんか?』という電話がかかってきます。
そのたびに『ありますから結構です』と断っていました。
ですが、会社の人かたが言うのには、
「これからはご先祖のお墓は近くにあったほうがいいですよね?歳をとってくると、行きたくても行けなくなるから、近くにあったほうが便利ですよ」と。
気持ちはわかるのですが、
私としては、やっぱり生まれて育った所に墓を作ってあげたほうがいいかなと思うのですが。どうなんでしょう。
うちにある仏壇は、父方の祖父母です。
因みに、父は毎日、仏壇に手を合わせています。ですが、私の場合、わけがありましてできないんです。
友人が言ってました。
『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』と。そうなんですかね?
二つの悩みは、改めて


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お墓について

お墓についての考え方は、宗派によって、お寺によって対応が違うところがあると思われます。
まずはお手つぎのお寺のご意見もお聞きになってみてはいかがでしょうか。

浄土真宗では、お墓を亡き人のすみかと考えるわけではありません。
阿弥陀様のお浄土にお生まれになった亡き人のお骨を納めているのであって、亡き人はお浄土にいらっしゃるのです。

お墓にお参りするという点では確かに近くにお墓があることは便利でしょうが、亡き人はお浄土にいらっしゃるのですから、お墓がどこにあっても同じということもいえます。
そういうふうに考えると、お仏壇に手を合わせるということで充分。
いけるときに故郷のお墓へ。
とも言えます。(お仏壇にお参りできないという事情がよくわかりませんが・・・)

また、お墓を移すとなると、改葬の手続きも必要です。お寺様の合意も必要となるでしょう。

友人のお言葉、『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』
これもどういうシチュエーションで言われたものなのか不明ですので、真意がわかりませんが、浄土真宗の考え方でお答えいたします。

亡き人は阿弥陀様のお浄土で諸仏となっておられます。
そして、阿弥陀様の元から、私たちをお導きになります。
ですから、亡くなった人(諸仏)にも、きちんと私たちの思いは伝わっています。

{{count}}
有り難し
おきもち


とどく思い

かおりさま

はじめまして。眞宗大谷派正徳寺の平松と申します。
よろしくお願いします。

>友人が言ってました。
>『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』と。そうなんですかね?

藤堂師がお答えになったように、どういうシチュエーションでお話になったかわからないと何とも言えませんが。
亡くなった方でも、本でしか読んだことのない先達でも、もっと言えばお釈迦様の声でも、いま現在の生活に響いてくるときがあります。
むかしおばあちゃんに言われたことや、おじいちゃんに遊んでもらったこと。
ふと思い出して、懐かしさとともに、いま現在・現実のわが子などに、されてうれしかったことなどをしたりします。
また、祖父の知り合いや叔父から生前のことを聞いて、影響を受けたりもします。

自分はこれらすべて、いろいろなものを超えて届いた声だと思いますし、届いた思いだと思います。

それに応えようとする私の思いもまた、すべてにとどく思いだと思います。

「亡くなったらすべておしまい」「死んでも生きている」これらの考えを、仏教では「有無の邪見」として偏った考え方としてきました。
亡くなったら、亡くなった方との新しいお付き合いが生まれるものと思います。

>私の場合、わけがありましてできないんです。

お仏壇にお参りできないわけ、少し気になります(^^)

{{count}}
有り難し
おきもち


平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...
このお坊さんを応援する

かおりさん、こんにちは。
セールスの電話、たまに掛かってきますよね。なぜかお寺にもかかってきます(汗

”私としては、やっぱり生まれて育った所に墓を作ってあげたほうがいいかなと思うのですが。どうなんでしょう。”
というお墓についてもご質問ですが・・・。
スタンダードとしては、一家に一塔。お墓がある・・というものが日本のメインストリームです。
「遠くの親戚 近くの他人」・・ちょっと意味が違いますが、言葉を変えてみましょう。
「実家近くのお墓 自宅近くのお参りどころ」
いざとなったら拝むとき、というものが来ます。そんなときに「近くにあったらどうですか」、とセールスはかけてくるのでしょう。
それならば、こちらで用意してしまいましょうか。近くの成田山とか、神社とか、仏壇とか。
家の近くに墓を作り直すこと・・・大変です。ご無理なさらず。

”『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』と。そうなんですかね?”
というご質問ですが・・・。
私は、生きている人の声は亡くなった人には届いているか”確認はできない”。亡くなった人の声は生きている人には届いている。と思います。
届いているときはありませんか?虫の知らせ、草葉の陰が見えないでしょうか。
亡くなった人は声を”伝え”ようとはしていないと思います。生きている人に”伝わる”だけ、と言えるのかなと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...
このお坊さんを応援する

かおり様。

先ずは、貴女の御友人が仰る 『生きている人の声は亡くなった人には届かない。亡くなった人の声は生きている人には届かない』…は、藤堂 尚夫師や、釈 理薫師がお答えになったように、
どういうシチュエーションでお話になったのかが判らないと何とも言えませんが、ちゃんと届いているものですよ。声というより、心として…ですが。

お墓については、今は貴女が其れを観る代ではないのでしょうから、今暫くはお考えに成らなくとも良かろうと存じます。行く行くは、お考えに成るとしても…
時期の問題ですから。

{{count}}
有り難し
おきもち


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうござました。
お墓について真剣になりすぎた部分もあります。
何度も「お墓を買って欲しい」という電話が来たので、
家の近くに墓を作り直すのってどうなの?と
やっぱり人は死んだら生まれたところに帰ったほうがいいと。
でも、両親も「どうなんだろう」と悩んでいました。

向井さんへ、
ありがとうございます。
お墓について投稿した後、いろんな人に聞いてみました。
お墓をどうしようか考えていた方がいまして、その方の両親が足腰が弱っているのと、
子供達にも毎年、墓参りに来て欲しいのと、墓参りについて知って欲しいからとのことでした。
私のところは、今のところ、このままでいいとのことでした。^^;

雑談;さきほど、「梅コンポート」を作りました。
    スイーツでも手芸でも作るのは凄く癒されます。ストレス発散にもなります。^^;

「お墓」問答一覧

知らない家のお墓を掃除、お参りしました。

父と母のお墓参り(階段を何段も上がった山のような場所で、区画にはお墓が20ほどです)の帰り、ふと目に入ったお墓とその隣のお地蔵様のような(恐らく子どもをまつっている?)が雑草で隠れているような状態になっていました。造花がいけてあったのですが、それも朽ちかけており、お水を入れるところには苔が生え線香立ても倒れていました。恐らく長い間なんらかの事情でお参りされていない状態だと思い、よかれと思い、もしかしたら宗派とか違ったりあるだろうけど、私には今時間があるのでお掃除させて下さいとお墓に伝えて草をむしり、お水を替え、自宅用に買ってあったお花を造花が入っていない方の筒にお供えしました(回収も責任を持ってしようと思っています)。そして、線香を立てて帰ってきました。  その後、ネットで調べたり友人から聞いて他人のお墓を参っても掃除してもいけないものだと知り、余計なことをしてしまったのではないかと反省しています。もし、そのお墓に眠っておられる仏様が寝ている子を起こされたような気持ちになったり、憤慨されていたらどうしようかと心配になっています。もし、このことが相応しくなかったことであれば、今後一切しないでおこうと思いますが、してしまったことに対してどのようにしたらよいのでしょうか。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

愛人がお墓を継ぐことについて

80代男性と愛人関係にある、50代独身女性です。彼の九州の実家の家(老朽化したのを建て直している)と土地とお墓を継いで欲しいと言われ、合意しています。お子さんはおらず、不仲でほとんど交流がない独身の妹さんがいます。奥様は東京の方で、ご実家のお墓に入られるので、夫の実家もお墓もいらないとのこと。 弁護士に相談し、公正証書遺言を作成し、遺贈と祭祀承継について指定してもらおうと考えています。 自分が祭祀承継者となった場合に必要な手続きや経費について、質問内容上身元を伏せて、彼の実家の菩提寺(浄土真宗本願寺派)に問い合わせたところ、ある程度覚悟はしていたものの、予想を超えた失礼な態度で回答拒否されました。 彼本人が訊いた時も、要領を得ない、納得のいかない対応をされたそうです。 教義上、またその地域の保守的で閉鎖的な土地柄上、そのお寺の住職さんが、自分のような立場の人間に失礼な態度を取ることは、理解できますが、奥様が祭祀承継したくない以上、彼や彼のご両親の霊を弔い、供養を引き受ける人間がいるのは悪いことではないと思うのですが。「当寺には墓地はありません」などと、見え透いた慇懃無礼な嘘までつかれました。 法的効力をもつ遺言で祭祀承継者を指定したとして、菩提寺に拒否権はあるのでしょうか。 法的効力があるからといって、無理矢理お寺側に私が祭祀承継者であると認めさせても、円満な関係は築けず、不快な思いに悩まされるだけだと思います。 彼が離檀や別のお寺や墓地への改葬などしない限り、そのようなお寺とは関わらず、墓参するだけにして、実家にある仏壇だけを引き受ければよいのでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺