お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

母親の死

10日まえに母親が亡くなりました。約10年前に肝硬変と診断され5年前位より肝臓ガンになりカテーテル手術を数回致しましたが、1年前より肝臓ガンが大きくなり、年齢も考えると体力もなく手術もできなくなりました。食欲もなく体力もなくやせ細り、最後は苦しみながら旅立っていきました。亡くなる前に家に連れて帰りましたが、姉と一緒にみましたが以前よりの看病疲れや仕事の疲れも重なり、母が間なしに水をというのに対して、怒ってしまいました。今更ながら後悔していることがたくさんあり、毎日自責の念、後悔、悲しみ、虚しさ、これからの人生どうすればという気持ちがこみあげてきます。
日によって、時間によって悲しみの波が押し寄せてきます。
私はバツイチで子供もなく両親と同居してましたが、母親とはケンカすることも多く、亡くなる一年前は母と口を聞かないことがあり、また色々なことでものすごく親不孝してきました。母親は姉に亡くなったあとの私の行く末について心配していたそうです。私はかなりの情緒不安定なので、冷静になり物事を考えなさいとの事も言っていたそうです。母の遺言を受け、改めて生きていかなくてはと思ったり、もう生きていきたくないと虚しさがあったり。どうしていいのかわかりません。母親に対して、申し訳ない、後悔の気持ちでいっぱいです。
母親は許してはくれないでしょうね。苦しみから解放され天国へいってることを信じたいです。長くなりすみませんでした。とにかく後悔、何故母親を苦しめてしまったのかと、そして、母親が成仏してくれることを願いたいです。生きる気力をなくしました。私も母の元へ行きたい気持ちもあります。

有り難し 46
回答 2

質問投稿日: 2015年3月29日 18:12

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お母さんは、今、仏様となってあなたを導いてくださっております

亀山純史と申します。
うみさんは、「母親に対して、申し訳ない、後悔の気持ちでいっぱいです。母親は許してはくれないでしょうね。」と言っていますが、どのような子であれ、実の子を許さない親はいないのではないでしょうか。(世間では、実の子を虐待死させてしまう親もいますが、そのような親は、本当の親ではないと思います。)何歳になっても、親から見れば自分の子どもは子どものままです。そして、中国の道綽禅師は、「前に生まれんものは 後を導き 後に生まれんひとは 前を訪(とぶら)え〔意味:先にこの世に生まれた者は、後に生まれた者を導き、そして、後に生まれた者は、先に生まれた者を頼っていきなさい。〕」と仰っております。今、お母さんはあの世に行かれてしまったわけですが、お母さんはあなたの行く末を心配なさっていた。その思いをしっかりと受け止めて、生きていってもらいたいと思います。亡きお母さんの思いは、私利私欲によるものではなく、どこまでもあなた一人に向けられたものだったのです。そして、そのような思いをしっかりと受け止めるとは、お母さんは、今、仏様となってあなたを導いてくださっていると、敬っていくことに他ならないと思っております。
この助言が少しでもお役に立てれば幸いです。

4年4ヶ月前

懺悔

あなた自身が仏道を求めて菩提を円かにすることです。
それが一番の供養です。
あなたもそれによって安らかになります。
まず、冷静に考えてみましょう。
お母さんに対する思いであなたは苦しんでいます。
お母さんが亡くなったことで悲しんでいるというより、お母さんに対して、こうしてあげたかった、悪いことした、不憫でならない、、、という自分の中の思いであなた自身があなた自身を一番責めて苦しんでおられるのではないでしょうか。
お母さんは、あなたにどうしなさいと言っていましたか?
それを本当に最優先で採用することです。
ご自分がしたいことが先にあると、お母さんの言われることが本当に素直に入ってこないし、その遺言の通りに実行しないのではないですか?
それこそ、親不孝という事になってしまうではないでしょうか。
本当にお母さんの願いを改めて、受け止めてみましょう。
人が人の話を本当に採用し実行するとういう事は、その言葉を聞いて沸き起こってくる自分の思いなど、優先させてはいけません。
本当に、お母さんの言うとおりになさってみてください。
お母さんと一年口を利かなかったという事は、お母さんは寂しい思いをされていたのではないでしょうか。
御霊前で、ちゃんとお話をなさる事で、希望的な生き方が見出されるはずです。
仏教では、懺悔(さんげ)という行があります。
懺悔文をお唱えして、心の底から懺悔することです。
〇懺悔文
我昔所造諸悪業 皆由無始貪瞋痴
従身口意之所生 一切我今皆懺悔

読み方
がしゃく しょぞう しょあくごう
かいゆう むし とんじんち
じゅう しん く い し しょしょう
いっさい がこん かい さんげ

もしくは信仰されている宗派のものに 懺悔の際に唱えるものがあろうと思いますので
お母さまへのご供養 お勤めとして 49日までは 毎日三回 お唱え下さい。
あなたが自ら命を絶つことは お母さんを一番かなしませる行為です。
生ある中で報恩に通ずる行いをお勤めくださいませ。

4年4ヶ月前

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ