hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

檀家寺さんに仏教初心者が訪れるのは、ご迷惑になるでしょうか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

最近、仏教に興味を持ちはじめ、
自分なりに様々な本を読んだり、知識を深め始めています。
そして、私の心の支えになっています。

仏教を学ぶにつれ、
「仏教徒になりたい」という思いや
「お寺さんと繋がりたい」という思いが湧いてきています。

私が現在住んでいるのは、
古くから住んでいる人が多い、いわゆる「田舎」の地域です。

私は、夫の仕事の都合でこの地域に引っ越してきたため、
地縁などもなく、つながりのあるお寺が全くありません。

お寺はありますが、檀家さんは皆、何代も前からのお付き合いのようだし、
「写経の会」などの対外的に開かれているイベントなども特別実施されていないようなので、
興味はあるものの、
「完全なよそ者が訪れても受け入れてもらえるだろうか」
と、不安になってしまい、敷居が高く感じられ、一歩踏み出せずにいます。

また、まだ特定の宗派を信仰する、
というところにまでは至っていないため、
そのような状態で、檀家寺さんを訪れるのも
もしかしたら迷惑になってしまうのかな・・・とも考えてしまいます。

昔からの檀家さんばかりのお寺に、
私のような、仏教初心者が訪れるというのは、
お坊さんの本音として、いかがなものでしょうか?

都市部に足を延ばせば、
私のように、仏教に興味を持ち始めた人でも
気軽に参加できるイベントなどが行われているお寺があるようなので
遠いけれど、そういうものに参加した方が良いのかな・・・とも感じます。

2015年3月31日 23:55

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お寺はお寺を愛する人のもの

昔からの先祖からの付き合いとはいえ、住職さんも一世一代。
何代も前の先祖さんと付き合いがある訳ではありません。
檀家さんも、それぞれ今の代の方とのお付き合いですから、一代一代のお付き合いです。
お寺は、心のお医者さんだと思って頂ければと思います。
病院だって患者さんに対して分け隔てなく、治療しますし、医療行為を施します。
お寺も、お寺側で敷居を高くしているお寺などありません。
どうぞ、敬遠されることなく縁を深めて頂きたいと思います。
山は山を愛する人のものである、と道元禅師はお示しです。
お寺も仏法も、それを愛し求める人の為にこそあるのです。

2015年4月4日 23:10
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

まずはお電話をなさってみては?

私のお寺では初めての方を歓迎しています。
お寺の前をたまたま通りかかった方でもお越しになれるよう、ポスターや掲示板で出来る限り呼びかけています。
実際にお寺の法座にお参りなさる方の中には、檀家ではなく私の知らない方もおられます。
どこの誰かなど私は問わないので、「誰だったんだろ~」で終わることもあります。(ほんとはそれではダメなのかしれませんが…)

ただし、やはり檀家以外のお参りを嫌がるところも実際あります。
理由としては、お寺は檀家の寄付で建立され護寺されているのだから檀家以外は利用して欲しくない・・・と。
住職さんや檀家さんの中にこのような意見を持たれた方がおられます。
私個人としてはそのようなお寺があることは悲しいことだと思っていますが・・・。

やはり初めてお寺に参られる際には一度お電話なさることをオススメします。
「檀家でなくてもお参りできますか?」とストレートに聞いたらいいと思います。
電話越しの雰囲気でsaoriさんが行きたいと思えば行けばいいでしょうし、なんか違うと思えば他のお寺を考えたらいいです。

檀家制度は良い面ももちろんありますが、悪い面が目立ってきたのかもしれません。

2015年4月4日 23:10
{{count}}
有り難し
おきもち

始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

質問者からのお礼

釈心誓さま

実際にお寺に電話をかけてみるという発想は
今まで私の中になく、
「その手があった!」と思いました。

確かに、実際に電話をかけてみて
その会話の中で、お寺さんや住職さんのお考えを聞くのは
縁を結ぶ一歩なのかもしれないと感じました。

今までは、自分の住んでる地域では
お寺と縁を結ぶのは難しいかもしれない・・・と思っていましたが、
電話をかけてみれば、もしかしたら自分を受け入れてくれるお寺との縁が
繋がる可能性があるかも知れないと前向きに考えることができました。

ありがとうございました。

丹下 覚元さま

檀家さんは先祖代々お寺と、家同士の付き合いがあるとはいえ、
住職さんと、檀家さんの当主の方とののお付き合いは一世一代、
という言葉は、目から鱗の思いでした。

そして、お寺は心のお医者さんであるというお言葉や、
道元さまの「山は山を愛する人のものである」というお言葉、
これらの言葉は
「やはり私は、お寺との縁を深めるために一歩踏み出して良いのだな」
と改めて思うことができました。
勇気を出して、一歩踏み出してみようと思います。

ありがとうございました。

「お寺に参拝・訪問」問答一覧

お参りを拒否される事はあるのでしょうか?

こんにちは。お忙しい中、私の質問を見て頂きありがとうございます。 おかしな話かもしれないので投稿を悩んだのですが、類似状況が何度か起こっている為、気になってしまい質問させて頂きました。 前々から「●月●日はお参り(寺社仏閣や先祖のお墓参り)に伺おう」と日にちを決め、準備を順調に進めていました。 ところが、前日 あるいは当日になって、以下のような事が突然起こり、お参りに伺えなくなるという事が何度も起こっています。 ※肉体面での体調不良→起き上がれない・動けない程の頭痛や腹痛など。或いは歩行が辛く感じるような外傷的な痛みなど(真っ直ぐ立てない、或いは長時間電車に揺られるのが困難な膝や腰、脚の痛みなど) ※精神面での体調不良→(現在重度のうつ病を患っており、治療と社会復帰に向けたリハビリに取り組み中の状態ですが)お参り前日や当日にショッキングな出来事に遭遇し、精神的にパニックを起こし、その後 全く動けなくなるという事があります。 医師から処方された薬を飲んで動こうとしても、ショックの度合いが強すぎる時は心も体もついていかない事が多く、結局「寝たきりで過ごす」事が多々あります(時間をかけてクールダウンすると治る、というか症状が収まるのですが、当初予定していたお参り当日に伺う事はできなくなります…) 以前、知人にこの話をした時に『そんなのはお前が弱いのが悪いんだよ。肉体的にも精神的にも強くなるしかないじゃん』と言われたことがあり、自分でも『やっぱり、私の弱さが全て悪いんだろうか…』とも思いました。 ただ、一方で…『もしかしたら、こんな状態の私がお参りに伺う事を神仏やご先祖様が嫌がっているのではないか…?』という気もしてしまうのです。 もしかしたら、私が未熟すぎるから、何か許しがたい非があるから、肉体的または精神的に問題があるから、『今のあなたの状態では来てはいけません。出直して来なさい』と示されているのではないか…?と。 そこでお坊様に質問をさせて頂きたいのですが『神仏やご先祖様から、参拝をお断りされる事』はあるのでしょうか?それとも、このような事は考えすぎなのでしょうか? 支離滅裂な文書で恐れ入りますが、お知恵を拝借頂けますと幸いです。お忙しい中恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

参拝中に、同じ花の香りがします。何か意味はありますか?

いつもお世話になっております。 2年ぶりの投稿となりますが、現在はキャリアアップの為の就職活動中です。 神社やお寺は気持ちが清らかになるので、よくお参りに行きます。 その際、日頃の感謝の気持ちと目標を必ずお伝えするようにしてます。 GW中も、観光の他何ヶ所かお参りに行きました。 最初に寄った神社の参拝後、 甘くみずみずしく、かつ懐かしいような(実家を思い出す?)花の香りが充満していました。 周りを確認したのですが、何の花かどこで咲いているのか分かりませんでした。 別日で2ヶ所目、帰り際ほのかにその香りがしました。 気のせいかな?と思いました。 間が空き3ヶ所目、参拝の列に並んだ際、今度は強くその香りが鼻に入ってきて驚きました。 やはり、どこに香りの元があるのかは不明でした。 もともと酷い鼻炎で、香りが分かりにくく、とても不思議でした。 就職活動が長引いており、疲れているのかな?とも思ってしまいましたが… とても優しく、上品な香りでした。 香りに、何か意味はあると思いますでしょうか? ご回答、宜しくお願い申し上げます。 ※以前は何度か質問にご回答頂きまして、有難う御座いました。 2年経ち、大きな変化は特にありませんが、とても気持ち的に安定し生活ができています。今振り返ると、小さな事でクヨクヨと悩んでいたなと思います。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

お寺の皆さん、すみませんでした!また行ってもいいですか?

 いつもお世話になっております。約2週間ほど前、ついに とある行者様から、厳しいお言葉をを頂いてしまいました。  内容としては、慣れすぎたことによる著しいマナー意識の低下、 諸々の脆弱性に対する指摘と訓戒、  また、就職活動や諸訓練へ通所し、それらを修正せよ、 というご指導です。  数日後、しっかり考え直して頭を冷やし、ご注意くださった 職員さんには、丁重に謝罪し、今後の方針をご報告しました。  笑顔でお許しの言葉を頂くことができました。  実際、現在は診察に加えてカウンセリングも受け始め、 新しい訓練所への通所も決まりつつあります。    私は生来の神経障害に加え、これまでの生育環境から 自己主張の要領、恐怖や不安といった防衛本能のコントロール 方法がわからず、そのため突飛な行動、たとえば、  他の参拝客に話しかけられると怒鳴りつけてしまう、 泣きながらお坊さんの所に走って行ってしまう、 視線を感じると自分の鞄を叩いてしまう、  等の異常行動がありました。    また、変に相手の顔色を見すぎてしまい、トラブルに巻き込まれ そうになったこともあります。  ですが、今は心理士によるカウンセリング、ロールプレイを 通して要領を得ることができています。  本日、実に18日ぶりにお寺へ行こうと思います。実際の場面に 遭遇したら、心理士からの教授どおり、 「平凡で丁寧に、冷静かつ社会的に、やんわり自分の権利を 主張して」対処します。  祈願寺は参拝に当たって厳密なルールが定められているので、 それらが強力な武器になるのが救いです。    とりあえず、その行者様に会ったら、今後の方針や、 現状の報告をしようと思います。  また、お寺側から「不審客」として警戒されないか不安です。  問題ないでしょうか?

有り難し有り難し 31
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る