hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

仕事のモチベーションがあがりません。

回答数回答 3
有り難し有り難し 23

仕事のことについて相談させてください。

私は契約社員として、ある部署に5年ほど所属し勤務していますが、1年ほど前に5つ年上の女性(以下Aさんとします)が同じく契約社員で同じ部署に配属されました。
同じ契約社員ですので、業務の引継ぎは私が担当することになり、後輩だけど年上だからと気を遣いつつ丁寧に行っていました。

業務の引継ぎは分かりやすく説明してきたと自負しています。
しかし、Aさんは飲み込みが良くなく、今でも同じミスを繰り返したり、以前に教えたことを何度も聞かれたりします。
他にも、単純な並べ替え作業ができず、他部署の方から何度か注意されました。その時はAさんも気をつけますが、しばらくするとまた順番がバラバラになってしまい、今は他部署の方が直してくれています。

「何度同じことを言っても直らない人は、本質的に『そういう人』だから仕方ないと思って、根気よく付き合うしかないよ」と、先輩からアドバイスされ、なんとか気持ちに折り合いをつけていましたが、つい先日、衝撃的なことを知りました。
なんと、Aさんは上司からの評価がとても良いんだそうです。(上司=私の上司でもあります。)

実はAさんは、人当たりが良く、話しやすいタイプです。
また、宴席でのコミュニケーションが非常にうまく、お酒も強いので、Aさんがいると宴席が盛り上がります。
私はお酒も弱く、宴会は好きですがAさんほど盛り上げるのは得意でないので、Aさんのことを素直に羨ましく思っていました。
もちろんそういった席には上司もいて、Aさんと一緒になって盛り上がっています。

Aさんはお世辞にも仕事ができるとは言えません。
それでも評価が高いのは、人間性が要因だと思います。
ただ、そうなると、評価は仕事云々より人間性のほうが高く評価されるのかと思ってしまいます。

私は、これまで「自分は仕事ができる!」と思っていたわけではありませんが、頑張ってきたという自信はあります。
上司から自分がどういう評価をされていて、Aさんと比べてどうかは分かりませんが、Aさんの仕事レベルで高評価になることが腑に落ちません。
評価=人間性なら、これまで頑張ってきた意味は?今後も頑張る意味があるのか?など、仕事に対するモチベーションが下がってしまいました。
自分の気持ちにどう折り合いをつけ、仕事に向き合えば良いでしょうか。

2016年9月28日 15:07

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

今はその人なだけです。

まなみ様

ご質問を拝読しました、それは辛い、納得できないですよね。
ただ、ひとにはいろいろな仕事のやり方があり、様々な事情で仕事をしていますよね、その年上の後輩の方はご自身の得手不得手を心得ておられるのでしょうね、作業は苦手だけども、コミュ力は高いという事ですものね。得意な事で仕事仲間に影響を与える、仕事をする上では重要かもしれません。
他人に影響を与えられる人はおのずと評価はあがってしまいますからね。
後輩はミスをしてしまい人にフォローされた時にキチンとお礼が言えていたり、謝ったりできていますか。出来ていればミスをした事で評価が下がりにくいものかもしれません。

評価者の多くは、自分と同じタイプの「人」を評価しがちです。楽しくワイワイするのが好きな人はそんな人を、コツコツ地道にミスなくするタイプはそんな人を。
なにより評価しやすいです。タイプが真逆ならなかなか評価して貰えないかもしれませんね。
まなみさんは評価されていないのではなく、後輩が評価されやすいだけです。ただそれだけです。

しっかりとミスなく、後輩指導もできて真面目に打ち込める人は会社にとって、まさに宝です。評価を気にする事なく今まで通りお仕事されるのが一番だとおもいますよ。
調子のよい後輩はそのうち今のような高評価は受けられないはずです、この世は無常ですから必ず変化は訪れます。いままで通り頑張ってくださいね。

2016年9月28日 15:35
{{count}}
有り難し
おきもち

一般家庭の長男として生まれ、会社員を約20年経て浄土真宗の僧侶となりました...

「仕事」のしかたを見直すチャンス

一緒に仕事をしたい相手だと思われることも、大事な要素だとは思います。
政治家なんかは、まさにそうでしょう。

昔、「作業と仕事は違う」と言われたことがあります。
その後輩Aさんは、「作業」は苦手だけど「仕事」はできるのかもしれません。
ラーメン屋さんが、いくらおいしいラーメンを作れても、一杯も売れなければ「仕事」はできていません。
あなたは、とてもおいしいラーメンです。
Aさんは、とびきりおいしいラーメンではないけれど、リピーターが多いラーメンです。

この機会にいま一度、あなたご自身の「仕事」のしかたを見直してみるのも良いでしょう。
もしかしたら、新たな発見があるかもしれません。
楽しみですね。

2016年9月28日 22:04
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

とりあえず頑張ってねぇ

まなみさま、はじめまして何とか頑張って仕事続けて下さいよ。仕事で嫌になればその場を離れてから、落ち着いてもう一度仕事を取り組めば良いかと思いますと言いたいですが、そんなに甘くないですよねぇ。仕事で悩んでおられたら周りの方に協力してもらって一緒に取り組まれたらどうですか。            合掌

2016年10月2日 17:02
{{count}}
有り難し
おきもち

山寺の住職です。他の仕事と兼務してます。

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。
気持ちの整理ができました。
「なぜAさんの評価が高いのか」というところに目が向いていましたが、御言葉のおかげで「自分の仕事」に目が向きました。
今まで通り仕事はしっかりやりつつ、これまでの仕事の仕方、仕事に対する考え方を振り返って、今後に生かそうと思います。
ありがとうございました。

「仕事が辛い・つまらない」問答一覧

心が折れそう

社会人3年目、金融の営業係に配属され10ヶ月になります。やることが多く、期日管理が上手く出来ずに怒られてばかりいます。 怒られたりすると仕事をするのが嫌になるというか、もう何も考えたくなくなり、営業で外出している時に休んでしまいます。30分とかではなく、2時間以上サボってしまう時があります。 私は武道をやっており、それなりの段位も認許されています。そのため、自分の弱い面と向き合うことの大切さや途中で投げ出さないこと、信念を持って取り組むことの重要性について理解はしているつもりです。しかし、仕事のことになるとそれが出来ない自分が居て、自己嫌悪です。 本当はサボりたくない、でも気力が湧かず何も考えたくない。 やらなきゃいけないのは分かっている、でも何も考えたくない。 分かっていてやらないのは、分かっていないのと同じである。でも出来ない……。 この仕事は自分に合っていないのだろうと思い転職活動も始めましたが、その気力さえ湧かずに踏み切れません。 好きなことにならば気力が湧くのに、本当にやらなきゃいけないことには心が動かないのが現状です。 「でも」「だって」の多い文章になってしまいました。ここからも、自身の甘さ故なのだろうと、頭では分かっているつもりです。 取り留めなく書いてしまいました。何か心が軽くなるお言葉、活力の出るお言葉をいただけないでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 2

研修指導がうまくできず辛いです

ひと月前に今の会社に転職いたしました。 そして勤務してひと月ちょっとという中、突然初めての研修指導をさせられました。社会人になって初めてのことでしたので、30人程の規模だったのですが、上の方も見に来られて、とても緊張しました。 普段から人前で喋ったり、人を指導する立場になかったので、資料の準備はしたものの、どう喋ったらいいのか、どんな質問が飛んでくるのか分からず、なるようになれという気持ちで挑んだのですが、見事にボロボロでした。 想定していなかった質問、緊張ですべてど忘れしてうまく返せなかったもの、普段思ってもいないことを話してしまったり、自分でも訳がわからない状態でした。 私が普段からこういうことに慣れていないのは上の方も理解してくださっていたのか、途中でフォローしていただいたり、「あまり慣れてないでしょ?でもちゃんと喋れていてよかった!」と声をかけていただけたりして、嬉しかった反面、申し訳なさと情けなさ、恥ずかしさで本気で落ち込みました。 時間が経てばいずれは忘れる、誰でも始めはうまくいかない、そのくらいの悩み些細なことと、自分でも理解しているつもりではいるのですが、気持ちを割り切ることができず、つい独り言をもらしてしまったり、ものに当たってしまったりを繰り返してしまいます。 あと数回研修が続くのですが、また同じことを繰り返してしまうのかと思うととても辛いです。 今の不安な状態から少しでも立ち直ることができないか、気持ちを和らげることができる考え方をお聞きしたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る