hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

今まで罪を犯した私に、生き方を教えてください。

回答数回答 3
有り難し有り難し 37

 最近、座禅のやり方を教えてもらい、一人でも家でやるとよいと言われ自宅でもやるようにしています。その時、無になるというか思考を止めるという事が出来ず、日頃の行いなどを思い返していました。

 園児の頃も学生時代の時だって、気に食わないと駄々をこねたり、友達と喧嘩をしたら殴ってしまったり、うるさいだの気持ち悪いという自己中心的な考えで虫を殺した事だってありました。思い返すと沢山の罪を犯し、また、人に迷惑をかけている事に気付きました。母親の話によれば、私がまだお腹の中に居た頃、足元が見えずに転びそうになった事があるとも言われました。私は胎児の頃から人に迷惑をかけていたようです。

 それに気付いた後、「陰徳を積む」という言葉を教えてもらいました。なのでもう昔の様に罪を犯す事はやめ、陰徳を積もうと思ったのですが、疑問が浮かびました。

 罪を償えた気になっているだけではないのか、よい事をした気になっている、思いあがっているのではないのかという事です。

 私が犯した罪は消えないと思うと自分に対して嫌悪感を抱きます。愚かな私に生き方を教えてください。様々な僧侶さんのご叱咤、お待ちしております。宜しくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

罪業(ざいごう)減らし功徳(くどく)増やそう

仏教的な罪・悪とは、悩み苦しみを増やす方向性を言います。
悩み苦しみの原因は煩悩です。
したがって、罪とは、煩悩を育てる行いです。
たとえば、殺せば殺すほどに、心には殺し癖がつく。盗めば盗むほど、嘘つけばつくほど…。
このように、悪いことをしたら悪い癖がたまること、またその悪い癖のことを、罪業と言います。
逆に、殺さなければ殺さないほど、殺さない癖がつく。慈しめば慈しむほど、許せば許すほど…。
このように、善いことをしたら善い癖がたまること、またその善い癖のことを、功徳と言います。
悪いカルマが罪業、善いカルマが功徳と言いかえてもいいですね。
過去の事実は消せませんが、過去に染み着いた悪い癖を、善い癖に矯正することはできます。
罪業を減らし功徳を増やすために、仏教が役立ちます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

その罪を出してみましょう

坐禅は無になるのではありません。具体的な教えも無く、無だ、無だ、と教える禅はウソ800だと思ってください。そういう指導者のものとで坐禅を学んでも無だ無だ無駄無駄ァー。
坐禅とは、この心身の上に縁に触れて全自動でどんどん出てくるおおやけの思いに手を付けずに、放っておくと、私的な思いの取扱いが外れるのです。おそらくその区別もなくただ思いが出てきちゃいけないと大ているでしょう。思いが出ている状態でありながら私的な思いに支配されたり影響されない状態が坐禅です。あなたは無になろうと思いの取り扱いを私的にしている。当然無になれるわけがありません。ちゃんとした指導者の下で坐禅をしなければ考えごとで終わります。
禅宗中国の二祖の慧可大師の元に、僧璨というものが訪ねてきました。
「私は罪深い人間であり、その罪故にらい病にかかってしまった。和尚の力で罪を無くして頂きたく懺悔をお願いしたい」
「では、その罪を消してあげるから、ここに出してみなさい」
「・・?」
僧璨は素直に自分の中に、本当に罪があるのかよくよく自分の心をみつめました。
そして、その罪と言うのは自らが作り出した、思いによる幻であることが分かりました。
「罪は形が無いのでどこにもみあたりません」
かくして僧璨は、はじめて考えの作り出した世界から、実相の世界という事実・現実の真実の世界に、眼が開いたのです。
僧璨はそこで即座に、ものの真実のありように眼が開いたのです。今までは自分の独自の思い方を中心としたものの見方しかしてこなかった。質問者様とまさに同じです。
およそ人間世界に苦しみがあるとすれば、それは自分の考えを中心としたものの見方です。
その考えが沸いて来ても、私的な取扱いをせずに過ごしてみてください。罪も晴れ、自分の思いから縛られないようになりますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

我は煩悩具足の凡夫なり

亀山純史と申します。私の宗派である浄土真宗の考え方で、少し述べさせてください。
まず、仏教における私たちの在り方として、①「私たちには悟りの可能性である仏性(如来蔵)がある」という見方と、②「私たちは善い行いをしようとしても、真に善い行いをすることなど出来ない煩悩具足の凡夫である」という見方、があります。私の宗派である浄土真宗は、私たちを②の煩悩具足の凡夫であるととらえておりますが、それは決して、善い行いをしなくてもよい、というわけではありません。「善い行いをしようとしても出来ないことに気づくこと」それが重要なのです。「小さな親切、大きなお世話」という言葉があります。人のために良かれと思ってやったことが、実は大きなお世話であったということですが、私がここで問題にしたいのは、自分が取った行動が、他人の大きなお世話になることがあることではなくて、大きなお世話になった時に、私たちは「そんなつもりでやったわけではなかった。」とか「こっちの気持ちも汲みとってもらいたいものだ。」と、自己弁護や相手への攻撃をしがちではないか、ということです。あるいは、「何か相手のためを思ってやったことに対して、何も相手は言ってこない」なんていう場合、ほとんどの人は、「お礼を言わないなんて、なんて非常識な人だ。」と思うのではないでしょうか。つまり、私たちはどんなに良い行いをしようと心掛けても、自己中心的な存在であるのです。そして、そのような私たちに、仏様(阿弥陀如来)は無量の智恵と慈悲 ―「あなたは、どこまでもそのままの状態でいいのだ、私はあなたを決して見捨てず、必ずあなたを救う」という働き― を振り向けてくださっているのです。
さて、前置きが長くなってしまいましたが、質問者のせいやさんの「罪を償えた気になっているだけではないのか、よい事をした気になっている、思いあがっているのではないのか」というお気持ちは、自分自身の内面を深く洞察しておられる結果であると思います。そして、「私が犯した罪は消えないと思うと自分に対して嫌悪感を抱きます」というお気持ちも併せて、まさに、「我は煩悩具足の凡夫なり」という自覚が出来ているということではないでしょうか。そうだとすれば、「あなたは、どこまでもそのままの状態でいいのだ、私は必ずあなたを救う」と言ってくださる仏様を拝んでいく生き方はどうでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

質問者からのお礼

願誉浄史様。回答ありがとうございます。仏教を通じて生き方を変えようと思います。ありがとうございました。

亀山純史様。回答ありがとうございます。実家が浄土真宗の檀家だった事もあって“「我は煩悩具足の凡夫なり」という自覚が出来ている”と書いてくださった部分には感動しました。これから浄土真宗について学んでいきたいと思います。

丹下 覚元様。無になると表現した事については語弊がありました。失礼しました。座禅の最中に湧き出る思考に囚われるな、という事をその様に書いた事については反省します。私の解釈が間違えていたようです。すみませんでした。
 さて、“およそ人間世界に苦しみがあるとすれば、それは自分の考えを中心としたものの見方です。
その考えが沸いて来ても、私的な取扱いをせずに過ごしてみてください。罪も晴れ、自分の思いから縛られないようになりますよ。”の部分に感動しました。今まで十何年も思考に縛られていた私が、簡単にそれから解き放たれるとは思えませんが、自分の思考に縛られないように努めていきたいと思います。ありがとうございました。

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

私の命の使い方

22歳、今年大学を卒業したばかりです。 学生の頃、私は大きな夢や野望をたくさん持っていました。また、それと同時に、自分の置かれている立場や住んでいる場所、全てに不満を抱えていたのです。卒業してすぐに、家族の反対を押し切り以前からずっと憧れていた街に飛び出しました。しかしそこでの暮らしは思い描いていたものとは大きく異なり、鬱のような状態になった私はすぐに実家に帰ることになりました。そして家族の有り難さにようやく気付いたその頃から、私の中の一部がまるで他の人と入れ替わってしまったような気がするのです。以前は猪突猛進でやりたいことに向かって後先考えず進むような性格だったのですが、そんな人格はどこかへ消えたかのように、家の中に引き篭る生活を何ヶ月も続けました。その間に段々、叶えたかった夢のこともどうでもよくなりました。家があること、母のご飯を食べられること、ただそれだけで幸せだと思うようになったのです。自分の目的の為なら家族や親友を犠牲にしても良い等と言っていた私が突然そんな風に変わったのですから、両親も驚いていました。 そして非正規ではありますがやっと仕事も見つかりました。それは学生時代、就活中に友人が馬鹿にしていた職種であり、当時の私自身もそんな仕事をすることは永遠にないと思っていました。けれど、この度のことで自らの愚かさや傲慢さに気付いた私は、誰もが憧れるような仕事をしたいという欲を捨て、自分でもできることをやっていこうと思い直したのです。何も出来ない、資格も無い私には元々そんな生き方がお似合いだったのかもしれません。 最近はよく「自分の人生なのに何故そんなに他人事でいられるの?」「若いのに何故もっと頑張らないの?」と言われ、色々と考えてしまい疲れます。 周りの友人は、今も目標に向かって頑張っています。しかし私はそれを見て焦るということもなく、このままでいいと思うのです。少しのお金を稼ぎ、適度に趣味も楽しんで、家族と平和に暮らしていきたいと思うだけです。とにかく今は、家族に恩返しがしたいです。それ以上のことは望みません。 私の考え方は間違っているでしょうか? 目標も夢もない人生を送るのは、せっかく与えられた命を無駄にしていることと同じなのでしょうか?

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

親の言う通りに努力したら失敗

私はオールAの成績を取っても親から「学校のレベルが低いのに何、もっと頑張りなさい」 90点でも「10点たりない」 コンクールで日本一になっても「ただの学生レベルにすぎない」と言われてきたのが印象に強く残っています。 常に「二度と間違えないようにしなさい」 「再発防止策を考えて紙に書け」 「改善策を考えて紙に書け」 と言われて、言う通りに努力しました。 「人の生きる道を教えるのが親の仕事であり、それでないと子どもは犯罪者になる」と言われてきました。 ただ、間違いの起こさない人間などいなかったようで、全ての悩みに改善策を書き出そうと、図書館に通い文献に当たりながら、子どもなりに最善を尽くしましたが、考えすぎて、脳疲労で幻聴が聞こえるまでになり、それで薬を飲まされると、眠くなるし、体も動かなくなり、10年以上半分寝たきりです。 問題を二度と起こさないようにしようとするのをやめる、 対策を立てないのが対策だったのでしょうか? 悩みは解決しなければならない決まりは無かったのでしょうか? もしかして、成長しようとするのをやめたら、考え事のしすぎで脳が疲れるのは治るのではと思います。 幸せの青い鳥は、青い鳥を探す必要などなく、最初からここにあったのだという結論です。 マインドフルネス瞑想をしているのですが、思考によって解決するのではなく、思考により答えを探し求めなくとも最初から安らぎはここにあったのではないかと感じるようになりました。 10代半ばから半分寝たきりのため、一般教養がありません。 私はずっと、自分を適性のある仕事につけて、成長させ、失敗しないよう努力するとか、人間や社会や自然の仕組みを知ればもう困らないのではないかとか…そう考えてきました。 適性は見つかってきました。 ただ、教養をやり直すかと考えた時、こんな調子で、中年になっても老人になっても改善策のため努力するより、何も知らない自分、人間も社会もわからない自分のまま、再発防止策の探究に没頭するのをやめ、周りの事も見たら、トラブルも減るのではと思っています。 自分の世界に入り込んで常に考えるのをやめれば、教養の勉強にまたのめり込むよりいいですよね? もしかして幸せの青い鳥は勉強の先にあるのではなく、最初からここにあったのではないかと思うのですが…

有り難し有り難し 29
回答数回答 2

病気だらけの人生。私に出来ることは?

私は生死をさまようような病気をはじめ、大小様々な病気を30種類以上してきました。病気だらけの人生です。 まず7歳で年齢的には珍しい病で開腹手術をしました。その時にある病院では「うちでは助かったケースはない」と言われましたが、転院先で手術は成功。生き延びることができました。 しかし、その後、お腹の中で溶けるはずの糸が傷口から飛び出てきて、ピンセットで引き抜くような痛い思いもしました。 その手術との因果関係は不明ですが、小3から内臓疾患になり、乗り物酔いや吐き気に悩まされました。 中学から離人症になり、突然、夢か現実か分からなくなる精神疾患になりました。 小中と心身の病があり、学校を休みがちでした。 勉強は好きで自宅学習をしていたので成績は良かったのですが、逆に災いし、酷いいじめにもあいました。 後に不登校を乗り越え教員となります。 高校からは新しい内部疾患になりましたが、明るく前向きな気持ちで過ごし、楽しい学生生活でした。 大学卒業後は教員になりました。教え子から麻疹がうつり、42度の熱が1週間続き、生死をさまよい、母に育ててくれた感謝の言葉を述べ、死を覚悟しました。 後遺症で記憶力の低下があります。 その後、仕事や介護、家業の手伝いなどがプレッシャーとなり、20代後半で双極性障害(躁鬱病)になりました。 家族の癌が発覚、ショックで寝たきりの鬱になり、車椅子生活でした。転院の末、徐々に回復し、家族の介護を行い見送ることができました。 双極性障害は重症化し、今では数日おきや一日の中でも躁鬱の波に苦しんでいます。 数年前に私の心身の病気を理解してくれる夫と結婚できたことが、人生最大の幸せだと思っています。 子供が欲しいのですが不妊治療が必要で、心身の持病が悪化する可能性があり、迷っています。 自分の子供を産みたいので養子は考えていません。 小さい頃からほぼ毎日のように病気に振り回されてきましたが、なんとか生き延びることができているのは有り難いです。 同じ病気の人の為になれたらとSNSもやっていますが、あまり共感を得られず、考え方や書き方に問題があるのかと落ち込みます。 なぜこんなに病気の多い人生なのでしょうか? 誰かの役にたちたいです。 私は何を学び、何をする為にいきているのでしょうか? 人生の指標を探しています。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

自分の障害と生きづらさ

私は昔から、短気な性格でした。怒ると歯止めがきかなくなるところはずっと自覚していました。 この性格で苦しみ出したのが、彼氏ができるようになってからです。付き合う人に対して悲しさや怒りを感じると歯止めが効かなくなって、自分でも怒っている時は記憶がなくなるくらい罵倒したりしてしまっていました。その彼からは拒否されるような形で振られてしまい、その後自分は何をしたんだろうと強い自己嫌悪に陥り、自分の存在価値を見失ってしまい、鬱病を発症してしまいました。 その後、こんな私でも大切に思ってくれる、将来のことを考えてくれる素敵な人と出会い、同棲をしました。この人とならずっと一緒にいられる、いてもらえると思っていました。 でも、同棲生活が長くなり私自身も知らぬうちに彼に甘えてしまっていました。段々彼に対して不満を感じた時に止まらない怒りが爆発して彼を傷つけてしまいました。 彼からもう別れた方が良いと提案され、私は全てを失った気がして、強い自己嫌悪に陥っています。 前は鬱病というだけで向き合えませんでしたが、自分は境界性パーソナリティ障害なのではないかと、自分自身も家族に相談しても思っており、治療をしながら原因も病気と分かり、彼とやり直せたらと思っております。 しかし、彼は別れた方がいいという考えで、病気だとなかなか理解してもらえず、性格だと思っています。私が納得するまで急に離れたり拒否することはないから安心して、とは言ってくれますが、同棲解消で付き合いは続けるなど色々提案しても、自分の思っていることや気持ちをうまく伝えてくれず、ずっともどかしい状態が続いています。 彼が居なくなるならば、私はやっと自分と向き合い気づけた障害にも、もう立ち向かって努力できる気がしません。少しでも彼の存在を感じてたい、努力して、癇癪を起こしたりしない想ってくれてたときの自分に戻り、それから彼に別れるかの判断して欲しいと思うのは、わがままなのはわかっていますがどうしたらいいのかわからなくて辛い気持ちのままです。 別れたいと思わせるような事をしてしまった自分自身が嫌で嫌でたまらなく、人を傷つけてしまう自分に今すぐ死んでしまいたいとずっと思ってしまいます。 どうしたら私は病気と立ち向かい、彼に理解してもらえますでしょうか。今は自傷行為をしてしまい死にたくてたまりません。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

過去の過ち これからの生き方

何度も、質問してしまいすみません。そして数ある質問の中から私の質問を見つけてくださりありがとうございます。 以前質問した私の過ちに対して有難いお言葉を頂き自分の犯した過ちと向き合って同じ過ちをもう二度としないと心に誓っています。 今まで私は、過ちを犯した人間なので一生幸せになることが出来ない、なってはいけないと思っていました。一時期は、もう生きてちゃダメなのかなとも思っていました。ですが、少し前に母と喧嘩した際初めて大喧嘩をし、その後仲直りする時私は大号泣してしまったのですが、初めてその時母も泣いていて泣きながら私を抱きしめてくれてくれてこんなにも愛されているんだととても感じました。また、喧嘩した時パニックになって祖父や祖母に助けを求めた時沢山心配してくれていて私をこんなにも愛してくれている人がいるのに死のうと思っていたこと、生きてても楽しくないと母の目の前で言ってしまったことに対し、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。母が一生懸命産んでくれた命なのに、あんなことを言ってしまってとても後悔しています。その後から、こんな私ですが、私を愛してくれる人もいるということに気づくことが出来、幸せになってもいいのかと思ってしまいました。私は自分のことが嫌いですが自分自身を愛してもいいのかなと思ってしまいました。嬉しいことがある度私なんかが幸せを感じていいのかな、なんて思わず、純粋に幸をを感じでいいのかなと思ってしまいました。 読みづらい言葉使いですみません。 そこで、質問なのですが私はこれから過去に過ちを犯してしまった人間ですが、幸せを感じて生きてもいいのでしょうか。 幸せになってもいいのでしょうか。 自分をすきになってもいいのでしょうか。 長々と書いてしまいすみません。最後まで見ていただきありがとうございます。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る